映画『突撃隊』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。スティーブ・マックイーンvsドン・シーゲル監督作品。クリント・イーストウッドはまだ無名だった。

お茶の間映画館
スポンサーリンク

映画『突撃隊』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

Hell Is for Heroes (1962) - IMDb
Directed by Don Siegel. With Steve McQueen, Bobby Darin, Fess Parker, Harry Guardino. Small squad must hold off German attack.
突撃隊(日本語吹替版)

『突撃隊』(90分/アメリカ/1962)
原題『Hell is for Heroes』

【監督】
ドン・シーゲル
【製作】
ヘンリー・ブランク

【出演】
スティーブ・マックィーン
ボビー・ダーリン
ジェームズ・コバーン

スポンサーリンク
  1. 映画『突撃隊』のオススメ度は?
  2. 映画『突撃隊』の作品概要
  3. 映画『突撃隊』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『突撃隊』の感想・評価・内容・結末
    1. スターダム街道真っしぐらのスティーブ・マックイーンの映画
    2. ドン・シーゲル監督がスティーブ・マックイーンと組んだ唯一の作品
    3. スティーブ・マックイーンを意識しているはず
    4. スティーブ・マックイーンvsクリント・イーストウッド
    5. 第二次世界大戦の米軍側から見た戦争
    6. こんな少数で守れと言われても、、、
    7. 実際の戦争を撮影したフィルムを使うシーゲル
    8. 米軍兵士初の自爆を演じたスティーヴ・マックィーン
  5. まとめ 映画『突撃隊』一言で言うと!
    1. 【スティーブ・マックイーン出演映画】
      1. 映画『荒野の七人』
        1. まだまだ駆け出しのマックイーンが初々しいです
      2. 映画『大脱走』
        1. 本作で世界の大スターになりました
      3. 映画『パピヨン』
        1. 脱獄映画の金字塔であり、入門作品
    2. 【ドン・シーゲル監督作品】
        1. 泣く子も黙るドン・シーゲル
        2. クリント・イーストウッドの脱獄劇
    3. 合わせて観たい映画
    4. 【戦争映画】
      1. 映画『プライベート・ウォー』
      2. 映画『アルキメデスの大戦』
      3. 映画『芳華-Youth-』
      4. 映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
      5. 映画『 ホテル・ムンバイ』
      6. 映画『世界の涯ての鼓動』
      7. 映画『田園の守り人たち』
      8. 映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』
      9. 映画『バイス』
      10. 映画『ソローキンの見た桜』
      11. 映画『アメリカン・スナイパー』
  6. 映画『突撃隊』の作品情報

映画『突撃隊』のオススメ度は?

3.5

3つ半

白黒映画です。

第二次世界大戦の映画です。

若きスティーブ・マックイーンがいます。

ジェームズ・コバーンもいます。

やはりドン・シーゲルの演出が秀逸です。

スポンサーリンク

映画『突撃隊』の作品概要

ドン・シーゲルと後の世界的大スターになるスティーブ・マックイーンが組んだ戦争アクション映画です。米軍側からの目線で描かれています。

スポンサーリンク

映画『突撃隊』のあらすじ・ネタバレ

帰国するはずだった6人が突如、前線に駆り出されます。援軍が到着するまで独軍の侵攻を阻止する命令を受け奮闘します。独軍に少数だとバレないようにあの手この手を尽くします。自動小銃の連写、火炎放射器など。

スポンサーリンク

映画『突撃隊』の感想・評価・内容・結末

スターダム街道真っしぐらのスティーブ・マックイーンの映画

この映画は何と言ってもスティーブ・マックイーンがすべての作品だと言えます

本映画の2年前の『荒野の七人』でマックイーンは評価されて本作で勢いをつけて1963年の『大脱走』で確実に世界のスターダムにのし上がります。

それゆえに本作ではマックイーンの功名心が見え隠れするのです。

マックイーンの魅力は何と言っても「キング・オブ・クール “The King of Cool”」と呼ばるほど、顔だけで演技ができるところにあります。

その風貌が若者を中心に「アンチヒーロー」として人気を博し反体制の象徴にされることもありました。

ドン・シーゲル監督がスティーブ・マックイーンと組んだ唯一の作品

そしてこの映画はドン・シーゲルが監督をしています。

シーゲルは後にスパゲッティー・ウエスタンで世界的なスターになったクリント・イーストウッドと組んでヒットを発表します。

この『突撃隊』が製作された1961年のクリント・イーストウッドは、ほとんどの無名で、同世代のマックイーンの活躍にかなりの遅れをとっています。

シーゲルはこれから急上昇していくマックイーンと本当は映画を撮りたかったのかもしれません。しかしマックイーンはシーゲルの手の届かない程の人気になってしまい諦めた感もあります。

スティーブ・マックイーンを意識しているはず

それでクリント・イーストウッドに陽の目が当たった可能性があるのです。

シーゲルとイーストウッドがマックイーンを意識しているのはフィルモグラフィーを見れば如実にわかります。

マックイーンは1973年に『パピヨン』に出演します。これは脱獄映画の金字塔で以降の脱獄映画の基本になります。もちろん世界的に大ヒットします。

その数年後の1979年にシーゲルとイーストウッドは『アルカトラズからの脱出』を発表します。同じ脱獄映画です。こちらは『パピヨン』ほどヒットはしませんでした。

スティーブ・マックイーンvsクリント・イーストウッド

同じ脱獄映画でスティーブ・マックイーンとクリント・イーストウッドを比べると、やはりマックイーンの方が優っていると思います。

マックイーンの反抗的な表情から全く逆の絶望的な顔が映画全体を完全に支配しました。

対してイーストウッドの顔はハンサムすぎて犯罪者としては迫力がないのです。

その後のマックイーンは相変わらず骨太なアメリカンな男を演じ1980年の『ハンター』を遺作に映画界から去りました。

イーストウッドは『ブロンコ・ビリー』など少しコメディー路線に走ります。

アメリカン・タフガイは間違いなくスティーブ・マックイーンに軍配が上がったと言えます。

第二次世界大戦の米軍側から見た戦争

さて、本映画について解説します。第二次世界大戦を舞台にしています。

簡単に言えば米軍対独軍の戦いです。独軍の侵攻を止めるために少数精鋭で踏ん張る男たちの物語です。

リーズ(スティーヴ・マックィーン)は勲章をもらう活躍をしましたが、酒癖が悪く降等されています。

コービー(ボビー・ダーリン)は戦利品を手に入れて帰国したら売りさばこうと考えています。その他、一癖も二癖もある人物が前線に駆り出されます。

ルーミス大尉(ジョセフ・フーバー)、コリンスキー(マイク・ケリン)、ヘンショー(ジェームズ・コバーン)など。

兵士たちは帰国を楽しみにしていたのに、、、たった6人で独軍を食い止めなければいけません。

こんな少数で守れと言われても、、、

しかし如何せん人数が足りません。独軍に少数を知られることが戦況を左右します。

6人はあの手この手で戦います。

いま観ると戦闘シーンが迫力に欠けるようなイメージがありますが、当時としては画期的な戦闘だった思います。

自動小銃の連写はもとより火炎放射器、さらに地雷の爆破なども計算されています。砂埃の立ち方が足元ギリギリです。

塹壕は今や戦地ではほとんど掘られません。

今の戦争は空中戦が主でほとんど現場へ行かず、遠く離れた基地からポタンを押してミサイルを発射する戦いだからです。

本映画のように地上戦で塹壕越しの戦いはある意味新鮮に見えます。

実際の戦争を撮影したフィルムを使うシーゲル

そしてこの映画のドイツ軍側の様子を観て気が付いたと思いますが、実際の第二次世界大戦で撮影されたフィルムを使っています。

一瞬、違和感を覚えますがこの手法を用いたドン・シーゲルはやっぱり只者ではありません。

戦争の醜さを表すと同時に自身の撮影した映像が負けていないという自負も感じます。

米軍兵士初の自爆を演じたスティーヴ・マックィーン

映画は最終的にリーズ(スティーヴ・マックィーン)の活躍によって米軍が勝つであろう雰囲気で終わります。

ここでリーズの死に方にとても興味を持ちます。自身で爆弾を持って敵陣に入り自爆するからです。

近代戦争において初めて自爆行為、つまりテロを行ったのは何と言っても悲しき日本軍です。神風特攻隊は米軍を恐怖のどん底に陥れました。

欧米思想では自殺行為は賞賛されません。

ですから実際の第二次世界大戦では連合国側の自爆は皆無に近かったのではないでしょうか。

にも関わらず、シーゲルがこの演出をした意味が大きいと思います。

もしかしたらこの映画の製作当時の時制はソビエトとの冷戦、あるいはベトナム戦争へ向かう道のりであって、アメリカ兵士の勇気を表現したのかもしれません。

シーゲルはとにかく早撮りで、しかも暴力シーンが多いですが、本作は割と抑えている作品だと思います。

スポンサーリンク

まとめ 映画『突撃隊』一言で言うと!

「戦争に命をかけて何を得る?」

いつの時代も戦争で犠牲になるのは若者です。そして次に犠牲になるのは女性、子どもです。あの第二次世界大戦で人間は戦争のおぞましさを知ったのに今の世界のどこかで争いが繰り広げられています。おそらく戦いという闘争本能は人類が滅亡するまで続くでしょう。で、戦争で命をかけて何を得るのでしょうか?何も得ません。得るとしたら新たな“憎悪”だけです。

【スティーブ・マックイーン出演映画】

映画『荒野の七人』

まだまだ駆け出しのマックイーンが初々しいです

映画『大脱走』

本作で世界の大スターになりました

映画『パピヨン』

脱獄映画の金字塔であり、入門作品

【ドン・シーゲル監督作品】

泣く子も黙るドン・シーゲル
クリント・イーストウッドの脱獄劇

 

 

合わせて観たい映画

【戦争映画】

映画『プライベート・ウォー』

戦場を仕事場にする勇気ある女性ジャーナリスト

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『アルキメデスの大戦』

第二次世界大戦突入に向かう日本軍部の内情

映画『アルキメデスの大戦』戦争を阻止と言っているが結局、止められなかった数学者。ネタバレ・感想・評価 菅田将暉さんだけの130分
『アルキメデスの大戦』(130分/日本/2019) 映画『アルキメデスの大戦』のオススメ度は? 星2つ 第二次世界大戦がおわって74年。 戦争は反対です。 そのことを念頭に観に行きましょう。 映画『アルキ...

映画『芳華-Youth-』

中国、文化大革命とベトナムとの戦争に翻弄される若者

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

イラク戦争はなぜ起きた?ジャーナリストの葛藤

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価
イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。

映画『 ホテル・ムンバイ』

宗教争う、民族紛争はいつ終わるのか

映画『 ホテル・ムンバイ』ネタバレ・感想・評価。少年テロリスト誕生の理由。宗教・民族争いの根源は?日本の平和に感謝。
映画『ホテル・ムンバイ』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想について記述。インドは多民族、他宗教の人たちが共存しています。隣国のパキスタンはイスラム教で両国の関係は良好ではありません。この映画はイスラム原理主義の思想を植えつけられた少年たちがムンバイのタージマハル・パレス・ホテルを急襲し殺戮の限りを尽くします。狙われたのは欧米系の金持ちたち。ホテルの従業員たちは宿泊客を守るべくあの手この手で活躍します。

映画『世界の涯ての鼓動』

戦時でも愛し合う二人

ヴィム・ヴェンダース監督作品 映画『世界の涯ての鼓動』作品情報・あらすじ・ネタバレ・感想・評価。世界の果てと涯ての絶望的な二人の愛は共鳴する。大人の純愛映画。
ヴィム・ヴェンダース監督最新作『世界の涯ての鼓動』は大人の男女の恋愛物語である。女性生物数学者とMI6諜報員の出会って、別れて、再会を恋焦がれる様が切ない。深海と南ソマリアは絶望的な距離なのか。空間も時間も越えて二人は生きる糧として魂から共鳴し合う。果たして二人は無事生還して地上で再び出会うことが叶うのか。純愛です。

映画『田園の守り人たち』

夫、息子を戦争に取られて残された女は、、、

映画『田園の守り人たち』土地を守る女の戦い。ミシェル・ルグラン監督とミレー。ネタバレ・あらすじ・感想・内容。農業の近代化到来。女が自立する力強さも描く。ナタリー・バイとローラ・スメット母娘共演。
『田園の守り人たち』(135分/フランス・スイス合作/2017) 原題『Les gardiennes』 映画『田園の守り人たち』のオススメ度は? 星三つ半 絵画好きな人は是非とも観てください。 確かにミレーっぽ...

映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』

フィンランドでこんな激しい戦争があったとは、、、

映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』フィンランドの世界での立ち位置が理解できる。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
日本人が抱くフィンランドのイメージはとても華やかな物が多い。ムーミン、サンタクロース、オーロラ、デザインなど。特に多くの女性が憧れを持っている。でも本映画を観ると地理的に微妙な立ち位置をせざる得なかった理由がわかる。領土奪還の戦争をしたことによって民主化を保てたと言っても良い。本作は無名の戦士の家族を守る戦いである。

映画『バイス』

戦争の影で皮算用する人が必ずいる

チェイニー副大統領モデルの実話『バイス』を観れば現在の世界の争いが見えてくる。ネタバレ、評価。
ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に副大統領として仕えたディック・チェイニーについて描いた作品である。世界はこの人間を中心に動いた。そして現在の悲劇をもたらしたと言っていい。当時はメディアも盲目的になり、イスラムへの敵意を増長させてしまった責任も大きい。情報を自在に操ることで悪を正義に変える恐ろしさも伝えている。

映画『ソローキンの見た桜』

戦争に翻弄された日本人女性とロシア人の恋愛

100年前の日本人女性とロシア人将校の秘められた恋物語『ソローキンの見た桜』ネタバレ、感想、評価
ロシア革命直前、日本の松山で繰り広げられた恋物語。公開前の触れ込みは日本女性とロシア将校の『ロミオとジュリエット』とあったからとても楽しみにしていた。戦争に翻弄された二人とあるが、そんなに翻弄されていないと思う。もっと翻弄された人は多いはず。しかも日本人女性をチープに描いているところに違和感を覚える。

映画『アメリカン・スナイパー』

スナイパーほど悲しい仕事はない

クリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』実話は映画史上最高傑作の反戦映画である。ネタバレ、感想、評価
クリント・イーストウッドは多くの戦争映画を制作している。西部劇作品も一貫して戦争映画だ。『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も戦争映画だ。そして本作はおそらくイーストウッド自身ストレートに描いた最高傑作の反戦映画であると言える。事実、アメリカの戦争映画の興行収入の記録を作った。そこに反戦の事実がある。

 

スポンサーリンク

映画『突撃隊』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ドン・シーゲル
製作
ヘンリー・ブランク
原作
ロバート・ピロッシュ
スティーブ・マックィーン
ボビー・ダーリン
ジェームズ・コバーン
ハリー・ガーディノ
1962年製作/90分/アメリカ
原題:Hell is for Heroes