映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!

スポンサーリンク
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!2019年公開

映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ルース・エドガー』
(110分/PG12/アメリカ/2019)
原題『Luce』

 

【監督】
ジュリアス・オナー
【脚本】
J・C・リー ジュリアス・オナー
【製作】
ジョン・ベイカー ジュリアス・オナー アンドリュー・ヤン
【出演】
ナオミ・ワッツ
オクタビア・スペンサー
ケルビン・ハリソン・Jr.
ティム・ロス

【HPサイト】
映画『ルース・エドガー』公式サイト
【予告映像】
映画『ルース・エドガー』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ルース・エドガー』のオススメ度は?
  2. 映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要
  3. 映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ルース・エドガー』の感想・内容
      1. 差別は絶対に許さない!
      2. なぜ黒人というだけで逮捕されるのだ!
      3. 職業差別と女性差別が厳しかった時代がありました
      4. 憧れのフランスのパリは差別社会かもしれない
  5. 映画『ルース・エドガー』の結末・評価
      1. ユダヤ人はなぜずっと差別されているのか?
      2. 黒人差別を笑いに変えてやれ!
  6. 映画『ルース・エドガー』のキャストについて
    1. エイミー・エドガー(ナオミ・ワッツ)
    2. ハリエット・ウィルソン(オクタビア・スペンサー)
    3. ルース・エドガー(ケルビン・ハリソン・Jr.)
    4. ピーター・エドガー(ティム・ロス)
  7. まとめ 映画『ルース・エドガー』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【差別をテーマにしたオススメ映画】
      1. 映画『ナイチンゲール』
      2. 映画『レ・ミゼラブル』
      3. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      4. 映画『ブラック・クランズマン』
      5. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      6. 映画『グリーンブック』
      7. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      8. 映画『ジョジョ・ラビット』
      9. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      10. 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』
      11. 映画『存在のない子供たち』
      12. 映画『風をつかまえた少年』
      13. 映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』
      14. 『美女と野獣(1991)』
      15. 映画『天使にラブ・ソングを…』
      16. 映画『37セカンズ』
  9. 映画『ルース・エドガー』の作品情報

映画『ルース・エドガー』のオススメ度は?

4.0

4つです

人間の本質などわからない

「良い子」を演じるのは疲れる

自由に生きたい時ってある

善人でも悪人でもどっちでも良いじゃないか

スポンサーリンク

映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要

ルース・エドガー』原題『Luce2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。JC・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ

アフリカの小国エリトリアの内戦下で生まれた少年はゲリラによって殺人マシーンとして育てられていた。アメリカの白人夫妻のエイミー・エドガー(ナオミ・ワッツ) とピーター・エドガー(ティム・ロス)には子どもがなく、養子として少年を迎え入れた。名前は光を意味するルースに。高校生に成長したルースは幼少の頃のトラウマを払拭しており、文武両道の期待の星。オバマ2世と言われている。しかしある日、学校に歴史教師ハリエット・ウィルソン(オクタビア・スペンサー) がルースの書いたレポートに過激思想があると両親に報告する。それから、、、。

映画『ルース・エドガー』の感想・内容

本映画『ルース・エドガー』を観た人の多くは何だかわからないモヤモヤ感に包まれることでしょう。作品のイメージとして黒人差別に対するメッセージ、あるいはサスペンス映画を思うかべて観に行った人も多いでしょう。もちろんそれらの要素はあります。しかしそれだけではない何か得体の知れない存在に心が振り回されます。映画のトップカットは高校のロッカールームが映し出されます。照明が抑えられています。「これから恐ろしいことが始まるのだ」と予感させます。

差別は絶対に許さない!

でも映画の色調はどんどんアメリカンなモノへと変わっていきます。もちろんハリウッドの西海岸的なカラフルなものではありませんが、ごくありきたりのアメリカの家や道や人々の顔も明るいです。主人公のルース・エドガー(ケルビン・ハリソン・Jr. の笑顔が本当に綺麗なのです。笑った顔は太陽のように輝いています。人当たりも良いです。文武両道で、学校の期待の星です。彼はオバマ二世と言われています。

なぜ黒人というだけで逮捕されるのだ!

ルースの生まれはアフリカのエリトリア。彼は幼い頃から戦士として戦っていました。両親はいません。ゲリラ組織に洗脳され殺人マシーンへの道を真っしぐらでした。そんな状況下、エイミー・エドガー(ナオミ・ワッツ) とピーター・エドガー(ティム・ロス)がルースを養子として迎えてアメリカへ連れて育てます。白人の両親の元、黒人であるルースは何不自由なく成長していきます。両親にとっては自慢の息子です。

職業差別と女性差別が厳しかった時代がありました

しかし高校の歴史の先生であるハリエット・ウィルソン(オクタビア・スペンサー) がルースの提出したレポートに疑問を抱きます。物語はここから進展していきます。ルースの書いたレポートは、アルジェリア独立運動の革命家フランツ・ファノンの過激な思想を評価する内容だったからです。しかもルースの使っているロッカーから危険な花火が見つかりました。ハリエットは真っ先にエイミーに連絡します。

混乱したエイミーはピーターにも相談します。そして自身の息子が恐ろしい怪物なのではないかと苦悩するようになるのです。エイミー夫妻は子宝に恵まれなかったので、戦争孤児のルースを養子として迎え育ててきました。でもひょっとして彼は「過激思想」の持ち主であるのか、そしていつか「犯罪」を犯す存在になるのだろうかという疑念が払拭できません。この葛藤に悩むエイミー表情が秀逸なのです。我が子と思って育てたが「やはり洗脳は取り払えない」のか等を表す仕草が素晴らしいのです。

憧れのフランスのパリは差別社会かもしれない

映画『ルース・エドガー』の結末・評価

物語は終始、さざ波で揺れる船のように進んでいきます。ゆっくりとです。この映画『ルース・エドガー』の狙いはそこにあったと思います。観ているわたしたちは人を見た目や経歴で判断しがちです。一瞬で内面までは見抜くことは難しいです。映画の中のルースはまさに「完璧な人間」なのか、それとも「悪人なのでは」という考えにずっと揺れ続けるのです。最後まで揺れ続けます。映画を観終わってからも揺れ続けています。

ユダヤ人はなぜずっと差別されているのか?

とても難しい映画だと思います。しかも黒人差別に関するメッセージを全面に出していません。それが良かったと思います。この映画を観て何となく現代社会の生き辛さを垣間見た気がします。特に子どもたち。小さな頃からずっと「良い子」と言われて育てられてきています。良い子であることはとても辛いことではないでしょうか。良い子を演じることはイバラに座っているようなものです。同様にわたしたちの社会も一度のミスが許されないほど緊張感に包まれた日々を過ごしています。一度の失敗で会社をクビになるなんてことはザラです。昔はもっと寛容なる社会があったと思います。

ルースはまさに「良い子」でいるのに疲れ果てているのではないでしょうか。両親から、学校からの期待に押しつぶされそうになっており、たまには羽目を外したいのです。ガールフレンドの一人や二人いても良いのです。レポートで過激な内容を書いても良いのです。アメリカは自由の国なのではないのか、思想も自由に持って良いのではないか、人間には二面性があっても良いのではないか、そんな心の叫びが聞こえてきた映画でした。

黒人差別を笑いに変えてやれ!

映画『ルース・エドガー』のキャストについて

エイミー・エドガー(ナオミ・ワッツ)

心優しい母親です。養子であるルースを我が子のように育て、愛を注いでいます。若干、過干渉気味です。 ナオミ・ワッツもいい母親を演じる年齢になったと思います。まず目線が良いと思います。言葉に出さなくても彼女の目を見れば起きていることがわかります。

ハリエット・ウィルソン(オクタビア・スペンサー)

歴史教師です。正義感が強い。でも思い込みが激しい一面もあります。教員として間違いや不正に対して目を瞑っていられないタイプ。影の主役はオクタビア・スペンサーだと思います。大きな体なので豪快な演技かと思われますが、実に繊細な振る舞いでした。素晴らしいです。目線はもちろん、セリフの回し方、仕草まで無駄が全くありません。最後の涙する場面が良かったです。

ルース・エドガー(ケルビン・ハリソン・Jr.)

主人公。アフリカの小国エリトリア生まれ。殺人マシーンとして育てられていた時にエドガー夫妻の養子になる。文武両道の優等生。期待の星。ケルビン・ハリソン・Jr.の演技は素晴らしかった。最後まで「良い人」なのか「怪物」なのかわからないまま終わりました。今後、もっとも期待できる俳優でしょう。

ピーター・エドガー(ティム・ロス)

エイミーの夫でルースの父。ルースに対して少し距離感を持っていました。でも終盤、ルースを必死で守ります。そこには父親の愛情があったからでしょう。ティム・ロス、渋いですね。背中で演技ができる俳優さんになっています。『パルプフィクション』の鮮烈さが忘れられません。

まとめ 映画『ルース・エドガー』一言で言うと!

「わたしのプライバシーなど君には関係ない」

人間というのは他人のプライバシーにとても興味を持つ生き物です。特に恋人や配偶者に対して。なんとかして秘密を探ってやろうと躍起になりすぎるあまり、犯罪につながることもあります。多くは「嫉妬」から来る犯行です。親しい人に執拗な行いをすると必ずしっぺ返しがあります。もう元には戻れません。

合わせて観たい映画

【差別をテーマにしたオススメ映画】

映画『ナイチンゲール』

ジェニファー・ケント監督が描く#MeToo映画最高傑作

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『レ・ミゼラブル』

華やかなパリには差別世界が広がっている

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

ここはアメリカですか?

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ブラック・クランズマン』

黒人差別をコミカルに描いた名作

スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』は人種差別問題をコメディータッチで描くことで痛烈なメッセージ送った。ネタバレ、あらすじ、感想。
スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』はカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得、さらにアカデミー脚色賞獲得した名作。ようやくアメリカ映画界もスパイク・リーの功績を評価し始めたと言える。遅すぎた春だ。本作は人種差別という重たいテーマをコミカルに描くことで痛烈なメッセージを投げかけてきた。このメッセージを未来に繋げたい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

若い二人の恋愛に差別の障害が、、、涙が止まりません

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『グリーンブック』

黒人ミュージシャンと白人ドライバーの友情物語

2019年アカデミー賞 三部門受賞!納得『グリーンブック』は実話の男の友情物語。感想、評価、ネタバレ
この映画は天才黒人ピアニストが危険を承知の上で南部アメリカを旅することで人種差別撤廃を訴えている。共に旅するのが、陽気なイタリア人の用心棒。凸凹コンビが織りなすドラマに涙する。喜怒哀楽は元より、差別と言う醜い人間の感情を撤廃しなければ幸せな未来は訪れないと痛感させる映画である。人間は本音で話し合えば仲良くなれるのだ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インドのカースト制度は終わらない

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『ジョジョ・ラビット』

ユダヤ人差別が凄まじい

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

LGBT映画の最高作品

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

ネイティブインディアンのために戦う白人

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。
映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』下記サイトにて作品情報・キャスト等をご確認ください。ケビン・コスナー、製作・監督・主演の最高傑作です。アメリカ先住民との交流を見事に描いています。先住民を善として描いています。人権も動物も大事にして映画製作されているのも評価されている理由でしょう。

映画『存在のない子供たち』

存在さえ認められないとは酷すぎます

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『風をつかまえた少年』

黒人であるがためにチャンスも乏しいのか、、

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』

これは必見!動物から差別される人間を描いている

ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。
ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『The Jungle Book』実写の少年とCGIアニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。脚本はジャスティン・マークス。

『美女と野獣(1991)』

見かけで判断していはダメ

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『天使にラブ・ソングを…』

ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー

映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー
映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー 映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『天使にラブ・ソングを…』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要 1992年製作のアメリカのコメディー映画。閉鎖的なイメージの修道院で繰り広げられるドタバタコメディーだが、友情、挑戦、変革等の要素を上手く取り入れている。主演のウーピー・ゴールドバーグの絶賛演技。ハーヴェイ・カイテルの座った演技とコミカルな雰囲気も素晴らしい。アメリカでは6ヶ月のロングランを記録。

映画『37セカンズ』

これは必見です!佳山明さんの演技がすごい!

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。

映画『ルース・エドガー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジュリアス・オナー
製作
ジョン・ベイカー ジュリアス・オナー アンドリュー・ヤン
製作総指揮
ロブ・フェン アンバー・ウォン J・C・リー
原作
J・C・リー
脚本
J・C・リー ジュリアス・オナー
撮影
ラーキン・サイプル
美術
リサ・マイヤーズ
衣装
ケリ・ランガーマン
編集
マドレーヌ・ギャビン
音楽
ベン・サリスベリー ジェフ・バロウ
エイミー・エドガー(ナオミ・ワッツ)
ハリエット・ウィルソン(オクタビア・スペンサー)
ルース・エドガー(ケルビン・ハリソン・Jr.)
ピーター・エドガー(ティム・ロス)
2019年製作/110分/PG12/アメリカ
原題:Luce
配給:キノフィルムズ、東京テアトル

タイトルとURLをコピーしました