映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

スポンサーリンク
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」2021年製作

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
(2021年製作/98分/G/アメリカ)
原題:Venom: Let There Be Carnage
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【監督】
アンディ・サーキス
【製作】アビ・アラド マット・トルマック エイミー・パスカル ケリー・マーセル トム・ハーディ ハッチ・パーカー【製作総指揮】バリー・ウォルドマン ジョナサン・カベンディッシュ ルーベン・フライシャー【原案】トム・ハーディ ケリー・マーセル【脚本】ケリー・マーセル【撮影】ロバート・リチャードソン【美術】オリバー・スコール【衣装】ジョアンナ・イートウェル【編集】メリアン・ブランドン スタン・サルファス【音楽】マルコ・ベルトラミ【視覚効果監修】シーナ・ダガル
【出演】
トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ ウッディ・ハレルソン ナオミ・ハリス リード・スコット スティーブン・グレアム ペギー・ルー

スポンサーリンク
  1. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』外部リンク
  2. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のオススメ度は?
  3. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要
  4. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:起
    2. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:承
    3. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:転
    4. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:結
  5. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の感想・内容
    1. ・ヴェノムの人間らしさに注目!
  6. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の考察・評価
  7. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の結末
    1. ・アクションも見もの!
  8. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のキャストについて
  9. まとめ 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  12. 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』外部リンク

【HPサイト】
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式

【予告映像】
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』トレーラー
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』IMDbサイト
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 Rotten Tomatoesサイト

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のオススメ度は?

4.0

星4つです

間違いなく「楽しめます」

笑いもあります

年末年始「絶叫」して乗り越えましょう!

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:起

1996年、独りぼっちのクレタスは孤児院でシュリークに救われ、2人は仲を深めました。

しかし、シュリークは音波を使う能力を持っていたことから研究所に連れていかれることに…。

その後、クレタスは大量殺人を犯して刑務所で過ごす中、記者のエディが呼ばれたのです。

エディはマリガン刑事に「クレタスから未発見の遺体の場所を探ってくれ」と頼まれ、クレタスと面会して言葉を交わしつつ彼の部屋を見ました。

すると、エディに宿っている宇宙生命体のヴェノムが壁に描かれた絵を見て場所の特定に成功。

未発見の遺体が発見されたことでエディは記者としての地位を確立しました。

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:承

しばらくして、エディの元恋人のアンから連絡があったことで久々に会うことになりますが、彼女はダンと結婚すると打ち明けます。

エディもヴェノムもショックを受け、ヴェノムはエディを励ましますが、そこにクレタスから手紙が届きました。

「死刑執行前に会いたい」と綴られていたことからエディはクレタスの元へ行き、鉄格子越しに話をします。

その際にエディを侮辱されたヴェノムはクレタスに掴みかかってしまい、クレタスは噛みついてヴェノムと同じような強力なモンスター「カーネイジ」に変身できるようになりました。

死刑執行を逃れたクレタスは脱獄して最愛のシュリークを助けに研究所へ行き、多くの人々を殺しつつ彼女を救い出しました。

そうして2人は結婚式を挙げようと動き出すのです。

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:転

一方、エディは「人間を食わせろ」とうるさく言うヴェノムとの暮らしに嫌気が刺し、大ゲンカをしてしまいます。

エディは部屋の感知器を鳴らしたことで、そうした音が苦手なヴェノムは外へ。他の人間を乗っ取りつつ、自由に街を回ります。

クラブで仮装パーティーをしている人たちに取り込まれたヴェノムは、リアルなモンスターの見た目が好評で人気を得つつ楽しむのですが…。

エディ以外の身体だと長く宿ることができず、行きつけの店に倒れ込みました。

しばらくして店に現れたのはアンだったのです。彼女はエディの頼みでヴェノムを探しに来て自身に宿らせてからエディの元へ。

エディはクレタスの悪行により、調書のためマリガン刑事に拘束されていましたがヴェノムのおかげで外に出られました。

エディはヴェノムに謝ることにし、クレタスに宿るカーネイジを倒そうと考えます。

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ:結

その頃、クレタスはエディを、シュリークはマリガン刑事を、カーネイジは父親とも言えるヴェノムを消そうとし、アンが人質に取ります。

エディはダンから知らせを受けてクレタスたちの待つ教会へ行き、戦うことに…。

エディやダン、ヴェノムは協力して戦いますがカーネイジは強く、ヴェノムは勝てないと思い始めます。

それでもエディの励ましにより諦めることなく挑み、弱点をついて倒すことができたのです。

エディはアンとダンを逃がし、ヴェノムと共に孤島に移り住むことにしました。

そこで何かの力が働き、テレビには「スパイダーマンの正体はピーターパーカー」という報道がヴェノムは何かに気付いた様子で物語は幕を閉じます。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の感想・内容

・ヴェノムの人間らしさに注目!

前作でヴェノムは人の内臓などを食べて生きる糧としており、その中でも人の脳を食べるのが大好きだったイメージが強かったですね。そのため、エディと離れた際には「また人を食べてしまうのではないか」とハラハラしましたが、エディと「人を食べない」という約束を交わしていたのを律儀に守っていたのは意外でした。

そうした細かなことの他にも、ヴェノムが人間らしいなと思えたシーンがいくつかありましたね。アンのことは好きと言ったり、ダンのことが嫌いだったのに最後には少し見直していたりまた、ドラマを見て楽しんだりしていたのも踏まえると人間社会のことを多く学んで適応しつつ、人らしい感情に寄ってきたのかなと思いましたね。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の考察・評価

人らしい面に感心する一方で、エディとヴェノムがケンカをするにあたり、頭突きから発展していって互いに大切にしていたものを人質にし始める展開は思わず笑ってしまいました。エディはヴェノムの親友のニワトリを手にし、ヴェノムは部屋にあった高価なテレビを窓から落とす一方的にエディを攻撃できるほどの強さがありながらも、ヴェノムが彼を大切に思っているのだろうと考えさせられました。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の結末

・アクションも見もの!

エディに宿るヴェノムは、顔だけ出すこともあれば身体全体を乗っ取って巨大なモンスターのようにもなるのが見ものでしたね。ビル間を飛び回ったり、脱出のために壁を軽々と破壊したりするのです。そんな彼と同等以上の力を持ったカーネイジはさらに凶悪復讐の触手を使うため手数が多く、先端を鋭利にすることでヴェノムを何度も貫くのです。そして、誕生したばかりだとは思えないほど、柔軟に動きを変えて戦うのも強さの秘訣だと言えるでしょう。

一方、ヴェノムは細かに形状を変えられませんが、カーネイジに足払いや背負い投げをして体制を崩し、殴っていくというパワープレイを見せましたね。最後には教会の鐘を鳴らすことでクレタスとカーネイジを切り離してカーネイジを喰らうという機転を利かせるのには目を見張りました。ヴェノム自身も音が弱点である中、エディやアン、そしてダン共に戦ったからこその勝利が良かったなと思います。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のキャストについて

エディ・ブロック/ヴェノム(トム・ハーディ)
アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)
クレタス・キャサディ/カーネイジ(ウッディ・ハレルソン)
フランシス・バリソン/シュリーク(ナオミ・ハリス)
ダン(リード・スコット)
マリガン(スティーブン・グレアム)
チェン(ペギー・ルー)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』一言で言うと!

「絶叫することは体に良い!」

いま世界中で蔓延している感染症のため、人々の心は疲弊しています。ストレスが爆発しそうです。こんな時こそ、「絶叫」してストレスを発散するのが良いと思います。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アンディ・サーキス
製作
アビ・アラド マット・トルマック エイミー・パスカル ケリー・マーセル トム・ハーディ ハッチ・パーカー
製作総指揮
バリー・ウォルドマン ジョナサン・カベンディッシュ ルーベン・フライシャー
原案
トム・ハーディ ケリー・マーセル
脚本
ケリー・マーセル
撮影
ロバート・リチャードソン
美術
オリバー・スコール
衣装
ジョアンナ・イートウェル
編集
メリアン・ブランドン スタン・サルファス
音楽
マルコ・ベルトラミ
視覚効果監修
シーナ・ダガル
エディ・ブロック/ヴェノム(トム・ハーディ)
アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)
クレタス・キャサディ/カーネイジ(ウッディ・ハレルソン)
フランシス・バリソン/シュリーク(ナオミ・ハリス)
ダン(リード・スコット)
マリガン(スティーブン・グレアム)
チェン(ペギー・ルー)
2021年製作/98分/G/アメリカ
原題:Venom: Let There Be Carnage
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました