映画『ふりむけば愛』ネタバレ・あらすじ「山口百恵と三浦友和が結婚を決意したサンフランシスコロケ」感想「大林監督恐るべし!」結末

スポンサーリンク
映画『ふりむけば愛』ネタバレ・あらすじ「山口百恵と三浦友和が結婚を決意したサンフランシスコロケ」感想「大林監督恐るべし!」結末お茶の間映画館

映画『ふりむけば愛』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ふりむけば愛』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ふりむけば愛』
(1978年製作/92分/日本)

【監督】
大林宣彦
【脚本】
ジェームス三木
【原案】
ジェームス三木
【製作】
堀威夫 笹井英男
【制作補】
岩上昭彦 ジャン大森 金沢博
【撮影】
萩原憲治
【出演】
山口百恵
三浦友和
森次晃嗣 玉川伊佐男 奈良岡朋子 黒部幸英 神谷政浩 名倉良
高橋昌也 南田洋子 大内勇 藤木啓士 安西卓人 星野晶子
【HPサイト】
映画『ふりむけば愛』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ふりむけば愛』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』のオススメ度は?

2.0

星二つです

コンビ初の海外ロケ

アメリカ・サンフランシスコです

2人は愛を深めました

「結婚の約束」をした作品です

大林宣彦監督「恐るべし!」映画です

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』の作品情報・概要

『ふりむけば愛』1978年製作の日本映画(東宝)。山口百恵・三浦友和の主演コンビ8作目。大林宣彦監督作品。2人にとって初めての海外ロケとなる(アメリカ・サンフランシスコ)本映画で2人は結婚の意思を確かめあったと言われている。2人には珍しいベッドシーンもある。三浦友和演ずる田丸哲夫 が軽薄すぎるところが気になる。大河内修役の森次晃嗣の好演は見逃せない。

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』のあらすじ・ネタバレ

調律師・石黒杏子(山口百恵) はアメリカ・サンフランシスコへ旅行へ行った際、田丸哲夫(三浦友和) という日本人に出会う。そしてすぐさまベッドイン。杏子にとって初めての男性となった。すっかり田丸に惚れてしまった杏子の愛は深まるばかり。一方、田丸は杏子を日本へ返すために嘘をつく。「お払い箱したい」のだ。杏子は日本でも再会を信じて帰国するが、会えず仕舞い。手紙を送るが宛先不明で戻ってくる始末。傷心の杏子は交通事故に遭う。運転していた男は大河内修(森次晃嗣) 。とても優しい人柄に惹かれて結婚することに、、、。しかし杏子の心にサンフランシスコの田丸が飛来する。意を決して再びサンフランシスコへ飛ぶが、、、、。

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』の感想・内容

正直言って「駄作です」というより「恥ずかしい映画」と言ってしまうくらいチープなのです。何がと言いますと、三浦友和さんのキャラクターが酷いのです。「頭悪い、女好き、信念がない」のです。いわゆる軽薄な男です。女と見れば即ナンパしてベッドに誘い込むのです。そして言い訳を作って「ポイ」と捨てるのです。何か謎めいた雰囲気を出しています。後半に明らかになるのですが、お金持ちの医者の息子です。でも日本を飛び出しアメリカ・サンフランシスコでヒッピーのような暮らしをしています。こんなキャラクターの三浦友和さんは観たくないと思ってしまうほどの「クソ男」なのです。

さて本映画『ふりむけば愛』は後に巨匠?と言われる大林宣彦監督の劇場公開映画第三弾作品です。正直、大林監督の映画で印象的な作品は思い出せないのですよ。『転校生』についてもコメントしたくないし、『時をかける少女』はエンディングだけが素晴らしかったという印象です。ですから、本映画『ふりむけば愛』は期待をして観てはいけないと思っての鑑賞となりました。「もうドタバタ」です。「コメディかい!」とツッコミが何度も入ります。でも、でもです。良いところがあるのです。本映画『ふりむけば愛』のサンフランシスコロケによって山口百恵さんと三浦友和さんが愛を深めて「結婚しよう」というきっかけと作ったのです。この事実は周知されていますから作品の出来不具合は抜きにして祝福しましょう。

さてさて本映画『ふりむけば愛』ですが、メッセージ色はほとんどありません。芸術色も全くないと言って良いでしょう。『絶唱』のような絶望感もないし、『炎の舞』のような崇高なる芸術性もありません。ふたりの前作『霧の旗』のような重厚かつミステリアスな物語もありません。本当に「サンフランシスコロケしちゃった」という映画なのです。ですから感想を書くのがとても辛いのです。

まず物語はアメリカ・サンフランシスコを観光する石黒杏子(山口百恵) から始まります。日本ではピアノの調律師をしています。いきなりナンパされます。そのナンパ師からプータローのような生活をしている田丸哲夫(三浦友和) を紹介されます。そしてなんだかんだとサンフランシスコを案内されてベッドインします。その時、田丸は「初めてだったのか?」と言います。強がりを気取りますが、杏子の心はもう田丸に落ちていきます。田丸は内心「面倒臭いなあ」とか「とっとと日本へ帰そう」と思っている様子です。そう思わせる演技をする三浦友和さんはさすがです。

初めての恋でお花畑状態の杏子はサンフランシスコに残りたいのですが、田丸が「日本で会おう」という言葉を信じて東京へ戻ります。しかしそんな約束を果たす田丸ではありません。手紙を出すも宛先不明で戻ってきます。結局は嘘だったのです。失望する杏子は車にはねられます。大河内修(森次晃嗣) という実業家にはねられました。この大河内さんがとても良い人なんですよ。事故の保障をしっかりと行います。しかもとても優しいのです。そして大河内は杏子に惚れちゃうんです。杏子も田丸のことを忘れて大河内と結婚することを誓います。

でも、でもですね。女心というのでしょうか。初めてを捧げた男に会いに行くのです。サンフランシスコへ。いわゆる決別したいのですね。再度、サンフランシスコを訪れた杏子は田丸のアパートへ行って驚愕します。驚愕というより激怒と絶望です。何と田丸は別の女性(アメリカ女性)とベッドインしているという有様です。その光景を目の当たりにした杏子は即座に帰国し、大河内との結婚へ歩を進めます。そしてそして、なぜか大河内が今度は杏子を追いかけて東京までやってくるのです。ここで笑えるのですが、大河内はお金がなく航空券が買えません。友人から借りたり、ギターを売ったりしてやっと帰国の途につくのです。そして東京で杏子に会って「好きなんだ」と伝える無計画ぶりを発揮するのです。でも杏子に痴漢扱いされて終わり。そして負け犬のごとく、サンフランシスコへ帰ります。

いやいや、これで「めでたし、めでたし」で終わらないのが大林宣彦監督なのです。杏子と大河内は結婚して、新婚旅行へ行きます。その先がなぜかサンフランシスコなのです。「えーっ」ですわ。間違いなくトラブルが起きるとわかっています。

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』の結末・評価

案の定、もうここからは「グタグタ映画」に成り下がっています。杏子と大河内がディスコへ行くと田丸がギターを持って歌い始めるのです。映画のタイトルの『ふりむけば愛』という曲です。それを聴いて杏子の心が震えるのです。可哀想なのは大河内さんです。歌っている田村に殴りかかるので。この演出をやるとまるで大河内さんが悪者になってしまうのですよ。「逆やん」ってツッコミを入れてしまいます。もうディスコの中で大河内さんと田丸の殴り合いが止まらず、他のお客さんも殴り合いに発展するのです。これってよくあるハリウッドの映画の演出そのまんまです。安いバーで喧嘩が始まるとみんなが殴りあうってヤツです。クリント・イーストウッドの映画『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』 のエンディングに似ています。

いやいや兎にも角にも、結局、大河内さんは日本にいる母親に国際電話をかけて「杏子とは離婚する」と言います。そしてそして、サンフランシスコの名所であるゴールデンゲートブリッジを背景にタコをあげる田丸の元へ杏子が駆け寄りハッピーエンドとなるのです。いやはや本当に「何だったのこの映画?」って感じなんですよ。でも実際の2人が愛を結実したのだからオッケーとしましょう。

さて映画『ふりむけば愛』を観ていて、多くの人が指摘する箇所があります。日本からアメリカ、アメリカから日本へと飛行機が飛びますが、その時のVFX(視覚効果)に驚愕するのです。ある意味画期的です。「監督、これ、オッケーしちゃうの?」って感じです。紙芝居みたいなんです。あるいは飛び出す絵本みたいなんですよ。これはすごいです。大林監督の『時をかける少女』のタイムリープもすごかったのですが、本映画『ふりむけば愛』の飛行映像はもっとすごいです。これは必見です。本映画『ふりむけば愛』は1978年製作です。せっかく海の向こうアメリカへ行ったのですから、もう少しVFXの勉強をして帰ってこいと言いたいくらいです。だって映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 1977年製作で、今でも通用するVFX技術なんですよ。当時は日本映画とハリウッド映画はそんなに接点がなかった証拠なのか、それともお金がなかったのかわかりませんが、ある意味衝撃を受けた映画でした。

スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』のキャストについて

石黒杏子(山口百恵)
田丸哲夫(三浦友和)
大河内修(森次晃嗣)
石黒信太郎(玉川伊佐男)
石黒松子(奈良岡朋子)
石黒保(黒部幸英)
石黒誠(神谷政浩)
松下幸平(名倉良)
新井教授(高橋昌也)
大河内トミ(南田洋子)
不動産屋主人(大内勇)
ピアニスト(藤木啓士)
警官(安西卓人)
掃除婦(星野晶子)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ふりむけば愛』一言で言うと!

「結果良ければすべてよし!」

いやはや、ふたりが出演した映画の中でワーストになるかもしれません。けれど結婚を決意するきっかけとなったということでオッケーとしましょう。しかしながら大林宣彦監督恐るべし!です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「クソ人間」「児童失踪2万件(年間)」の韓国の闇を暴く!
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【山口百恵文芸シリーズ】

映画『伊豆の踊子(1974)』

山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルの始まり!

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

山口百恵も良いが漁師の三浦友和の男気が最高です

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

もう「絶望的」としか言いようがない映画です

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『風立ちぬ(1976)』

昭和初期の上流階級の二人の悲恋

映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。
映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。映画『風立ちぬ(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風立ちぬ(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風立ちぬ(1976)』の作品情報・概要『風立ちぬ』1976年製作の日本映画。山口百恵主演文芸作品第5弾。ホリプロの堀威夫社長が率先して映画化。東宝配給。前作『エデンの海』でコンビを解消したかのように思われた山口百恵と三浦友和コンビが復活して大ヒット。『絶唱』と同様、悲恋映画である。山口百恵は当時の不治の病である結核で亡くなる役を熱演。若杉光夫監督作品。往年のスター芦田伸介、河津清三郎、宇野重吉らが出演。若き日の森次晃嗣と松平健が初々しい。

映画『炎の舞』

あまりにも「絶望的な結末」の絶句します

映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」
映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」映画『炎の舞』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『炎の舞』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『炎の舞』の作品情報・概要『炎の舞』1978年製作の日本映画。原作は加茂菖子の小説『執炎』監督は河崎義祐。山口百恵・三浦友和ゴールデンカップルの9作目。平家の落人の末裔を演じる山口百恵の神秘性と激しい情愛に恐怖を感じるほどの演技と言える。能の舞もあり芸術性の高い映画である。反戦映画の部類に入る。

映画『ホワイト・ラブ』

山口百恵&三浦友和海外ロケ第二弾はスペイン

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!
映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!映画『ホワイト・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイト・ラブ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ホワイト・ラブ』の作品情報・概要『ホワイト・ラブ -White Love-』1979年製作の日本映画。東宝配給。山口百恵・三浦友和の主演コンビ10作目。原案は一般からの公募で中川美知子さん作品。監督は小谷承靖。サンフランシスコロケをした『ふりむけば愛』以来の2度目の海外ロケはスペイン。マドリードやサラゴサ、さらにパンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭り)」の映像は必見。出演に若き日の田中邦衛、岩城滉一ら。文芸シリーズと打って変わって爽やかなハッピーエンドを迎える物語。

山口百恵出演映画全リスト三浦友和との愛の軌跡が見える『伊豆の踊子』から『古都』

山口百恵出演映画全リスト三浦友和との愛の軌跡が見える『伊豆の踊子』から『古都』
山口百恵出演映画全リスト。山口百恵出演映画全リスト三浦友和との愛の軌跡が見える『伊豆の踊子』から『古都』日本の芸能界の歴史上最高のアイドル歌手であり、女優。活動期間は10年も無い。俳優・三浦友和と結婚して引退。その後、一切表舞台にはたってない。山口百恵が出演した全映画作品をリスト化。山口百恵の魅力を探る。『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』『絶唱(1975)』『エデンの海』『風立ちぬ』『春琴抄』『泥だらけの純情』『霧の旗』『ふりむけば愛』『炎の舞』『ホワイト・ラブ』『天使を誘惑』『古都』『としごろ』『お姐ちゃんお手やわらかに!』『花の高2トリオ 初恋時代』『昌子・淳子・百恵 涙の卒業式~出発~』
スポンサーリンク

映画『ふりむけば愛』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
大林宣彦
脚本
ジェームス三木
原案
ジェームス三木
製作
堀威夫 笹井英男
制作補
岩上昭彦 ジャン大森 金沢博
撮影
萩原憲治
美術
佐谷晃能
音楽
宮崎尚志
録音
高橋三郎
照明
川島晴雄
編集
鍋島惇
助監督
斉藤信幸
スチール
岩井隆志
石黒杏子(山口百恵)
田丸哲夫(三浦友和)
大河内修(森次晃嗣)
石黒信太郎(玉川伊佐男)
石黒松子(奈良岡朋子)
石黒保(黒部幸英)
石黒誠(神谷政浩)
松下幸平(名倉良)
新井教授(高橋昌也)
大河内トミ(南田洋子)
不動産屋主人(大内勇)
ピアニスト(藤木啓士)
警官(安西卓人)
掃除婦(星野晶子)
1978年製作/92分/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました