映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。

スポンサーリンク
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。お茶の間映画館

映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『伊豆の踊子(1974)』
82分/日本/1974

【監督】
西河克己
【脚本】
若杉光夫
【製作】
堀威夫 笹井英男
【出演】
山口百恵
三浦友和
中山仁
佐藤友美
一の宮あつ子
四方正美
石川さゆり


【HPサイト】
映画『伊豆の踊子(1974)』公式サイト
【予告映像】
映画『伊豆の踊子(1974)』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『伊豆の踊子(1974)』NHK BSプレミアム放送 6月22日(月)午後9時00分~10時23分
    1. 6月22日(月)午後9時00分~10時23分
      1. 山口百恵文芸作品シリーズ第二弾は三島由紀夫作品
      2. 山口百恵文芸作品シリーズ第三弾は大江賢次作品
  2. 映画『伊豆の踊子(1974)』のオススメ度は?
  3. 映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要
  4. 映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『伊豆の踊子(1974)』の感想・内容
    1. 悲恋映画ではなく社会派の映画である
      1. 見た目や身分で人を判断してはいけない
    2. 山口百恵さんの歯並びの美しさに注目
      1. 新海誠の映画の恋愛には障害がある
    3. 山口百恵の演技より雰囲気が感じる映画
      1. 地球と宇宙という壮大な障害の中の恋愛
    4. 撮影も挑戦的な試みをしている
      1. 絶対に成就しないと言われている恋
  6. 映画『伊豆の踊子(1974)』の結末・評価
    1. アイドル映画の中で社会的なメッセージを扱う
      1. 映画のスクリーンの女優に恋してしまうと、、、
    2. 女性差別と女性への侮蔑があった時代
      1. 悲恋映画の金字塔はやはりこの映画
    3. 川端康成をもう一度読んでみたくなった
      1. これは女性差別かそれとも、、、
  7. 映画『伊豆の踊子(1974)』のキャストについて
  8. まとめ 映画『伊豆の踊子(1974)』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【山口百恵文芸シリーズ】
      1. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      2. 映画『絶唱(1975)』
      3. 映画『風立ちぬ(1976)』
      4. 映画『炎の舞』
      5. 映画『ホワイト・ラブ』
    2. 【障害を乗り越えたオススメ恋物語】
      1. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      2. 映画『天気の子』
      3. 映画『秒速5センチメートル』
      4. 映画『君の名は。』
      5. 映画『ロミオとジュリエット』
      6. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      7. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      8. 映画『37セカンズ』
      9. 映画『Wの悲劇』
  10. 映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報

映画『伊豆の踊子(1974)』NHK BSプレミアム放送 6月22日(月)午後9時00分~10時23分

6月22日(月)午後9時00分~10時23分

山口百恵さんと三浦友和さん主演です。

三浦祐太朗と三浦貴大の両親です。

『伊豆の踊子(1974)』から二人は12本共演します。

映画は大ヒットします。

山口百恵文芸作品シリーズ第二弾は三島由紀夫作品

山口百恵文芸作品シリーズ第三弾は大江賢次作品

 

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

山口百恵さんが初々しいです

三浦友和さんはハンサムです

旅芸人の悲哀

身分が違う叶わぬ恋物語

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ

一高生(東京大学等)の川島(三浦友和) は誰にも告げず伊豆へ旅に出た。山中、出会った旅芸人と懇意になる。その一座の少女かおる(山口百恵) に淡い恋を抱く。「旅は道連れ、世は情け」のごとく川島は彼らに同行し心が打ち解けていく。世間の人々が旅芸人に対して差別・偏見的な視線に戸惑いも覚える。かおるは川島に恋をする。川島の同様。純愛である。言葉では想いは伝えられないまま別れるが、お互い相思相愛であることは確認できた。

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』の感想・内容

悲恋映画ではなく社会派の映画である

川端康成の名作を映画化した作品です。

過去、少なくとも6度映画化されています。テレビドラマやラジオドラマ等も製作されています。

正直言って、「踊り子がかわいそう」という感想を持ちました。ずっと昔、映画『伊豆の踊子(1974)』を観たときはそんな感想は持ちませんでした。

「山口百恵が可愛い」くらいです。

でも改めて観ると「女性を食い物にしている」そして「差別と偏見」が根強かった時代に胸が痛みました。

実は単なる悲恋ではなくとても社会派的な映画だと認識しました。

見た目や身分で人を判断してはいけない

山口百恵さんの歯並びの美しさに注目

その前にこの映画の良いところから見ていきます。トップカットです。

かおる(山口百恵)の顔のアップから始まります。とっても可愛いです。あどけなさがいっぱいです。

山口百恵は当時15歳です。

アイドルとして売り出すためにホリプロからの要望もあって、トップカットはアップから始まったと思われます。映画ではよくあることです。

この時の山口百恵さんは真っ白な歯を出して笑っています。それが印象に残るのです。

歯並びが抜群に良いのです。

今となってはみんなが歯並びを気にして矯正していますが、当時の映像を観ると逆に八重歯をセールスポイントにして活動するアイドルもいましたから、山口百恵さんの歯並びの美しさには驚きました。

新海誠の映画の恋愛には障害がある

山口百恵の演技より雰囲気が感じる映画

ただ全体的な演技としては映画デビュー第二作目なのでいまひとつです。

山口百恵さんと言えばあの独特の雰囲気があります。本作ではその雰囲気を感じる映画だと思います。

寂しそうで、潰れそうで、ひとりぼっちなあ少女という、そしてどこか幸が薄い雰囲気ですが、本映画『伊豆の踊子(1974)』ではまだ発揮されていません。

でも川島(三浦友和)を見る目は恋心があるのは一目瞭然です。

三浦友和さんはとにかくハンサムで爽やかな印象が全開していますね。演技もとても良いと思います。

実際、この『伊豆の踊り子』の共演をきっかけに仲を深めていったのでしょう。

地球と宇宙という壮大な障害の中の恋愛

撮影も挑戦的な試みをしている

そして撮影についてですが、ロングショットの多用と、ズームイン、ズームアウト、さらには左右にパン移動するショットが随所に見受けられます。

当時はこういった撮影手法がj流行りだったと思われます。

ロングショットから対象物にズームインしていく理由は伊豆の美しい自然を全体で捉えるのには有効的です。

その流れで歩いてくる川島(三浦友和) にズームインしていくますが、普通はここで一度カットがかかります。

でもすぐにキャメラは左にパンして旅芸人一行を捉えています。

このショットには驚きました。長いのですが、一連で撮影しています。

ただ伊豆での撮影かと思っていましたが、なんと撮影は全て奥多摩とのこと。ロングショットを用いたのにまんまと騙されました。

ただ全体的に撮影はかなり挑戦的な試みをしている気がしました。

また山口百恵と三浦友和の顔を撮る時のフィルターも変えています。

絶対に成就しないと言われている恋

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』の結末・評価

アイドル映画の中で社会的なメッセージを扱う

さて、映画『伊豆の踊子(1974)』には明治あるいは大正時代の日本の世相を読み取ることができます。

茶屋の婆さん(浦辺粂子)が川島(三浦友和)に「あんな連中に関わっちゃダメだ」とか「誰とでも寝る人たち」などと言い放ちます。

宿へ泊まっても同様で皆が旅芸人のことをロクな人間じゃないと言います。

また旅芸人が村の中を通ることを禁じた看板や彼らをからかう子供たち、そして村人の視線は侮蔑的です。

アイドルを主役に据えて、このような差別・偏見の描写を入れてあるのはとても珍しいことだと思います。

映画のスクリーンの女優に恋してしまうと、、、

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

女性差別と女性への侮蔑があった時代

さらに紙屋(三遊亭小円遊) が、かおる(山口百恵) を「水揚げしたい」と買値交渉する場面にはショックを覚えました。

この場面ではのぶ(一の宮あつ子) が毅然として断りを入れたのでホッとしました。

そして、そして最後がとても悲しいのです。「これは酷い」と叫んでしまうようなエンディングショットで終わるのです。

かおる(山口百恵) は港で東京へ旅たつ川島(三浦友和) を見送って再会を夢見ていると思います。

しかし夜の酔っ払いが集まるお座敷で男に手篭めにされるかのような雰囲気で終わるのです。酔っ払いがかおるの首に手をかけて、倒そうとしているのです。

このエンディングカットは衝撃的でした。

西河克己監督はアイドル映画を単なるセールス映画に終わらせたくない、ちゃんとしたメッセージを届けたいという作家のプライドの一環が見せつけられた瞬間でした。

女性という“性”が軽く扱われていた悲しき時代があったことを忘れてはいけません。

悲恋映画の金字塔はやはりこの映画

川端康成をもう一度読んでみたくなった

本映画は確かに純愛を貫き「いつか恋が成就する」ことを期待させますが、結局は芸人は芸人、、、。

その身分から抜け出せない悲哀が描かれています。

川端康成が当時、差別される身分の旅芸人の踊り子に淡い恋心を抱く青年を優しき人間として描いたのはとても画期的で評価される要因になったのは間違いありません。

川端康成原作の『伊豆の踊り子』は随分と前に読みましたが、当時の時代背景までは読み取ることができませんでした。

川端康成の女性への処女性”“死生観さらに同性愛へ考察を深めるために一度読んで見たくなりました。

これは女性差別かそれとも、、、

スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』のキャストについて

かおる(山口百恵)
川島(三浦友和)
栄吉(中山仁)
千代子(佐藤友美)
のぶ(一の宮あつ子)
百合子(四方正美)
おきみ(石川さゆり)

スポンサーリンク

まとめ 映画『伊豆の踊子(1974)』一言で言うと!

「好きになったら、決して差別に屈しない」

日本も明治、大正時代はまだまだ封建的であったのでしょう。今でも家柄によって恋愛に邪魔が入ったりしますが、当時は難しかったのだろうと思われます。職業差別もありますが、やはり女性差別が酷かったです。でも今の日本では割と自由に恋愛ができるようになったことは歓迎しましょう。世界にはまだまだ人種や宗教の違いから好きな物同士が恋愛できない現状もあります。もちろんLGBTQへの差別もあります。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【山口百恵文芸シリーズ】

映画『潮騒 しおさい(1975)』

山口百恵も良いが漁師の三浦友和の男気が最高です

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

もう「絶望的」としか言いようがない映画です

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『風立ちぬ(1976)』

昭和初期の上流階級の二人の悲恋

映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。
映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。映画『風立ちぬ(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風立ちぬ(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風立ちぬ(1976)』の作品情報・概要『風立ちぬ』1976年製作の日本映画。山口百恵主演文芸作品第5弾。ホリプロの堀威夫社長が率先して映画化。東宝配給。前作『エデンの海』でコンビを解消したかのように思われた山口百恵と三浦友和コンビが復活して大ヒット。『絶唱』と同様、悲恋映画である。山口百恵は当時の不治の病である結核で亡くなる役を熱演。若杉光夫監督作品。往年のスター芦田伸介、河津清三郎、宇野重吉らが出演。若き日の森次晃嗣と松平健が初々しい。

映画『炎の舞』

あまりにも「絶望的な結末」の絶句します

映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」
映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」映画『炎の舞』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『炎の舞』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『炎の舞』の作品情報・概要『炎の舞』1978年製作の日本映画。原作は加茂菖子の小説『執炎』監督は河崎義祐。山口百恵・三浦友和ゴールデンカップルの9作目。平家の落人の末裔を演じる山口百恵の神秘性と激しい情愛に恐怖を感じるほどの演技と言える。能の舞もあり芸術性の高い映画である。反戦映画の部類に入る。

映画『ホワイト・ラブ』

山口百恵&三浦友和海外ロケ第二弾はスペイン

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!
映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!映画『ホワイト・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイト・ラブ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ホワイト・ラブ』の作品情報・概要『ホワイト・ラブ -White Love-』1979年製作の日本映画。東宝配給。山口百恵・三浦友和の主演コンビ10作目。原案は一般からの公募で中川美知子さん作品。監督は小谷承靖。サンフランシスコロケをした『ふりむけば愛』以来の2度目の海外ロケはスペイン。マドリードやサラゴサ、さらにパンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭り)」の映像は必見。出演に若き日の田中邦衛、岩城滉一ら。文芸シリーズと打って変わって爽やかなハッピーエンドを迎える物語。

【障害を乗り越えたオススメ恋物語】

映画『あなたの名前を呼べたなら』

宗教が絡むと自由に恋愛はなかなか、、、

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『天気の子』

新海誠作品は悲劇を盛り込んできます

新海誠監督作品
「新海誠監督作品」の記事一覧です。

映画『秒速5センチメートル』

これは重い、、、

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『君の名は。』

時間と空間が障害になると厄介だ

新海誠『君の名は。』ネタバレ解説と考察・評価。巫女さん三葉と瀧の恋は結末。恋は成就したのか
迫り来る彗星。飛騨地方のある町めがけて落ちる運命にある。三葉と滝の時間と距離と空間を超えた恋愛物語をベースの彗星落下による被害から人を守ろうと努力する二人。人名救助にも励む。時間を超えて惹かれ合う。恋の行方はそして人の命を救うことができるのか。いつか二人は再会して新たな恋物語を奏でるのか。

映画『ロミオとジュリエット』

本家本流の悲劇な恋愛映画の代表作品です

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

国家の障害を乗り越えて、、、

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

黒人だから、、、という理由だけで、、、

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『37セカンズ』

私は私らしく生きたいんです!

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。

映画『Wの悲劇』

メディアと世間が障害となってくると、、、

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。 映画『Wの悲劇』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『Wの悲劇』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『Wの悲劇』の作品情報・概要 『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。澤井信一郎監督作品。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。三田佳子、世良公則、三田村邦彦、高木美保共演。夏樹静子原作小説をモチーフにしている。舞台劇を構成を取りながらスターを目指す女優の恋愛、成功、失敗物語を内包した秀逸の脚本となっている。芸能界のタブー的な要素も盛り込んで話題となった。
スポンサーリンク

映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
西河克己
脚本
若杉光夫
原作
川端康成
製作
堀威夫 笹井英男
撮影
萩原憲治
美術
佐谷晃能
音楽
高田弘
録音
木村瑛二
照明
高島正博
編集
鈴木晄
助監督
中島芳人
スチル
山崎松雄
ナレーション
宇野重吉
かおる(山口百恵)
川島(三浦友和)
栄吉(中山仁)
千代子(佐藤友美)
のぶ(一の宮あつ子)
百合子(四方正美)
おきみ(石川さゆり)
よし子(宗方奈美)
しの(田中里代子)
おとき(有崎由見子)
島屋(江戸家猫八)
紙屋(三遊亭小円遊)
飴売りの男(青空はるお)
福田屋の板前(鈴木ヒロミツ)
薬売り(千家和也)
高等学校生(新保克芳)
1974年製作/82分/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました