映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」

スポンサーリンク
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」2019年公開

映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ランボー ラスト・ブラッド』
(101分/R15+/アメリカ/2019)
原題『Rambo: Last Blood』

【監督】
エイドリアン・グランバーグ
【脚本】
マシュー・シラルニック シルベスター・スタローン
【製作】
アビ・ラーナー ケビン・キング・テンプルトン ヤリフ・ラーナー レス・ウェルドン
【出演】
シルベスター・スタローン
パス・ベガ
セルヒオ・ペリス=メンチェータ
アドリアナ・バラッザ
イベット・モンレアル
オスカル・ハエナダ
ジーニー・キム
ホアキン・コシオ
【HPサイト】
映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイト
【予告映像】
映画『ランボー ラスト・ブラッド』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』のオススメ度は?
  2. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要
  3. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』の感想・内容
  5. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』の結末・評価
  6. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』のキャストについて
  7. まとめ 映画『ランボー ラスト・ブラッド』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』
      2. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      3. 映画『ルース・エドガー』
      4. 映画『ハリエット』
      5. 映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』
      6. 映画『マディソン郡の橋』
      7. 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』
      8. 映画『キングダム』
      9. 映画『リメンバー・ミー』
      10. 映画『風をつかまえた少年』
      11. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      12. 映画『レディ・マエストロ』
      13. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      14. 映画『さよなら くちびる』
      15. 映画『王様になれ』
      16. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      17. 映画『ガラスの城の約束』
      18. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      19. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      20. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      21. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      22. 映画『チワワちゃん』
      23. 映画『芳華-Youth-』
  9. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報

映画『ランボー ラスト・ブラッド』のオススメ度は?

2.0

2つです

一人でも友だちと一緒でも楽しめます

アクション映画としては良いと思います

最初から最後まで全開です

全く飽きません

ツッコミどころ満載です

戦いは終わらないでしょう

スポンサーリンク

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要

『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ

アメリカアリゾナ州のボウイ。父が残して残してくれた牧場で旧友マリア・ベルトランとその孫娘ガブリエラと共に静かに暮らしていた。ガブリエラを実の娘のように可愛がっている。ある日ガブリエラが蒸発した父探しに行きたいと言い出した。ランボーとマリアが留意するが、ガブリエラはメキシコへ旅立ってしまう。そして誘拐され売春を強要される。そしてランボーが単身メキシコへ乗り込んで救出を試みるが、、、、。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の感想・内容

こんにちは、ラッキーマスクマン3号です。お久しぶりです。みなさん、お元気ですか?

コロナ対策していますか?まだまだ感染する危険性はありますので、十分ご注意してください。

さて、行ってきました。観てきました。ロッキーを!いや失礼ランボーをでした。

そうです。我らがスタローンです。すごかったです。「これで終わり」と言われてます。

でも絶対に終わらないでしょう。絶対に続編があります。だって、結論から言ってしまうと「ランボー、死んでません」となるのです。

詳細は後述しますが、あれだけ激しい戦闘を経験して未だに生きているのが不思議なくらいの男です。無敵です。

一体どんな体なのか人間ドックに入って検査して欲しいくらいです。今回のランボーですが、かなり痛めつけられました。

フルボッコのシーンがあります。メキシコの人身売買組織にです。

「どうしてトドメをささないのか!」とツッコミますが、それでは映画になりませんのでやめましょう。

さてさて、ランボーシリーズですが、第1作は1982年ですから遡ること40年。今回は第5弾です。

8年に1作品ずつ世に送り出されいる計算です。その度に時代と世界情勢の流れをよみながら勧善懲悪な物語として描かれてきました。

ベトナムへ行ったり、アフガンへ行ったり、ミャンマーへ行ったりと、ランボー現るところすなわち戦場です。しかも大殺戮が展開します。

てことは「ランボーがいなければこんなに人死なないじゃん」という見方もありますが、それを言っちゃダメです。

さて本映画『ランボー ラスト・ブラッド』はタイトルにラストとありますが、正式に終わるとは明言されていません。

そして第1作『ランボー』の原題が『 First Blood』となっていることも最終作品をイメージさせたのかもしれません。ですが終わらないでしょう。

スタローンは現在74歳ですが、映画の中ではまだまだ動いています。さすがに若かりし頃のように走ったりはしませんが、頭を使った戦術に磨きがかかっているように感じました。

今回の敵はメキシコの人身売買の組織でした。正直言って今まではアメリカの敵、世界の敵とたった一人で戦ってきたランボーにとってはチョロい相手だったのではないでしょうか

おそらくですが、次作はやはりISとの戦いになるのではないでしょうか。もしくはコロナウイルス関連を内包した新たなる国を想定しているのではないか、、、。

いやランボーの心の傷を癒して終結するためにはやはりベトナムで最後を遂げるのが一番かと思います。次回はベトナムですね。

肝心の映画は「何も考えずに観る」映画として今年一番だと思います。最初から最後まで派手なアクションと大音響が途切れることなく構成されています。

お涙頂戴的な演出もあります。今までのシリーズと違うのは本映画『ランボー ラスト・ブラッド』はランボーのプライベートな復讐劇になっていることです。

かつては上官や政府からの命令で戦地に赴くことが多かったのですが、今回は完全なる自身の家族を殺され、復讐の鬼となるランボーに必見です。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の結末・評価

前作でやっと故郷のアリゾナに戻ってランボーは静かに暮らしていました。

父が残してくれた牧場で旧友マリア・ベルトラン(アドリアナ・バラッザ)とその孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンリール)と共に。とても平和な生活です。

ガブリエラを実の娘のように可愛がっています。成長したガブリエラが「お父さんに会いたい」と言い出します。

どうして自分を捨てたのかを聞きたいと、、、。ここから全てが始まります。「ヨッ!待ってました」と言ってしまいました。

中には「このバカ娘のせいで」と叱咤する人もいるでしょうが、ガブリエラがいなければランボーの活躍が見えないわけですから、最大の功労者は彼女なのです。

そしてガブリエラはメキシコへ父を探しに行きのですが、案の定誘拐されます。そして薬物を投与されて売春婦にされるのです。

いやいや、よくあるパターンですね。それを知ったランボーがメキシコへ行き救出するのです。

でも、でもです。救出した瞬間にガブリエラはランボーの手の中で死亡しちゃいます。

ここからです。ここからランボーにメラメラと復讐の炎が燃え盛るのです。再びメキシコへ行き数人を殺戮して、アリゾナの牧場へ誘い込むのです。

牧場の下には地下道が張り巡らされています。

もちろんランボーが彫ったものですが、これはベトナム戦争時代へのオマージュも込められていますが、やはり戦争PTSDの影響も色濃く反映されている描写だと言えます。

ランボーの心には深い闇が覆っているのは間違いありません。この心の傷はシリーズごとに重たくなると思うのですが、ランボーは「よく精神が破綻しないなあ」って感心してしまうこともしばしばです。

さて本映画『ランボー ラスト・ブラッド』の見所は何と言ってもランボーの殺しっぷりです。

これでもか、これでもかってくらいに残虐に殺しまくります。かなりグロい場面も用意されています。

わたしはグロいのが苦手なので時折、目を逸らしましたが、そもそも「あり得ない」と思って観ればなんとか耐えられるでしょう。

メキシコの人身売買組織を殲滅した後、ランボーはデッキチェアーに腰掛けます。夕日が照らしています。黄昏って雰囲気です。

この黄昏が確かにシリーズ最後を彷彿させますが、そうは問屋が卸しません。スタローンが生きている限りハリウッドは稼ぐ必要があるからです。

「俺の戦いはまだ終わっちゃいない」という叫びに対しての答え「俺の戦いは終わった」という言葉はありませんでした。つまり「to be Continue」ですね。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』のキャストについて

ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)
カルメン(パス・ベガ)
ウーゴ・マルティネス(セルヒオ・ペリス=メンチェータ)
マリア・ベルトラン(アドリアナ・バラッザ)
ガブリエラ(イベット・モンレアル)
ビクトル・マルティネス(オスカル・ハエナダ)
ジーニー・キム
ホアキン・コシオ

まとめ 映画『ランボー ラスト・ブラッド』一言で言うと!

「まだ終わっちゃいない」

ランボーの叫びが聞こえます。あの忌まわしきベトナム戦争でおった心の傷が疼いています。アフガンでもミャンマーでも、そしてメキシコの激戦を超える悲惨な戦いがベトナムのです。ベトナムの悪夢を払拭しなければランボーの心に安らぎは来ません。次回が楽しみです。

合わせて観たい映画

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

大学へ行って「絶対に作家になるんだ!」夢と勇気がもらえる映画

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

男女差別があった時代の女流作家の生き方が描かている

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『ルース・エドガー』

両親には感謝しているけど「良い子」でいるのもキツイ

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『ハリエット』

人を助けるのがわたしの使命

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画
映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

目指すは全米制覇!

実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!
実話映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』チアダン・ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!チアダン 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要 『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017年3月11日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、 山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

映画『マディソン郡の橋』

夢見た人とひと時の恋

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』

この国の行方をタクシーに乗せて

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。
映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』の作品情報・概要 『タクシー運転手 約束は海を越えて』英題『A Taxi Driver』2017年公開の韓国映画。監督はチャン・フン。ソン・ガンホ主演。トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル共演。1980年の光州事件時の実話をモチーフに描いている。ドイツのジャーナリスト、ユルゲン・ヒンツペーターとタクシー運転手の友情物語も内包。第90回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品。韓国、日本でも大ヒット、興行収入958億ウォン。

映画『キングダム』

目指すは天下の大将軍

映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見!
映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見! 映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キングダム』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『キングダム』の作品情報・概要 原泰久原作マンガの『キングダム』を映画化(『週刊ヤングジャンプ』(集英社)連載中)実写化不可能と言われていたが、佐藤信介監督によって実現。脚本に原泰久も加わりわかりやすい構成にしたことがヒットを後押しした。

映画『リメンバー・ミー』

父の夢は僕の夢

映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。
映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。あなたは泣ける?泣けない?金曜ロードSHOW!テレビ初登場!ミゲルの歌・歌詞がすばらしい!ピクサー最高映画作品。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい映画です。「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」映画『リメンバー・ミー』の詳細な解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介!物語のラストまで解説しています。ディズニーサイト公式などでの、作品情報・キャスト情報のご確認ができます。

映画『風をつかまえた少年』

貧しくても夢があれば生きていける

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
エイドリアン・グランバーグ
製作
アビ・ラーナー ケビン・キング・テンプルトン ヤリフ・ラーナー レス・ウェルドン
製作総指揮
リュウ・ロン チャン・クン ルイス・アリオラ ジェフリー・グリーンスタイン ジョナサン・ヤンガー クリスタ・キャンベル ラティ・グロブマン アリエル・ブロメン ジェフ・ガム
キャラクター創造
デビッド・マレル
原案
シルベスター・スタローン
脚本
マシュー・シラルニック シルベスター・スタローン
撮影
ブレンダン・ガルビン
美術
フランコ=ジャコモ・カルボーネ
衣装
クリスティーナ・ソペーニャ
編集
トッド・E・ミラー カーステン・カーパネック
音楽
ブライアン・タイラー
ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)
カルメン(パス・ベガ)
ウーゴ・マルティネス(セルヒオ・ペリス=メンチェータ)
マリア・ベルトラン(アドリアナ・バラッザ)
ガブリエラ(イベット・モンレアル)
ビクトル・マルティネス(オスカル・ハエナダ)
ジーニー・キム
ホアキン・コシオ
2019年製作/101分/R15+/アメリカ
原題:Rambo: Last Blood
配給:ギャガ

タイトルとURLをコピーしました