映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

スポンサーリンク
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』
2022年製作/102分/日本
配給:松竹ODS事業室

【原作】田中芳樹【監督】多田俊介【シリーズ構成】高木登【助監督】森山悠二郎【キャラクターデザイン】菊地洋子 寺岡巌 津島桂【総作画監督】後藤隆幸 菊地洋子【特技監督】竹内敦志【メカデザイン】竹内敦志 臼井伸二 常木志伸【オリジナルメカデザイン】加藤直之【プロップデザイン】太田恵子【プロップデザイン・紋章デザイン】秋篠Denforword日和【3D】ランドック・スタジオ I.G3D【3D監督】磯部兼士【美術】Bamboo【美術監督】竹田悠介【美術設定】塩澤良憲 曽野由大 金平和茂【美術デザイン】渡部隆【色彩設計】竹田由香【撮影監督】荒井栄児 小澤沙樹子【音響監督】三間雅文【編集】黒澤雅之【音楽】橋本しん 井上泰久【主題歌】SennaRin【テーマソング】SennaRin【制作】Production I.G【監修】らいとすたっふ
【出演】
宮野真守 鈴村健一 梶裕貴 諏訪部順一 小野大輔 中村悠一 川島得愛 遠藤綾 三木眞一郎 坂本真綾 花澤香菜 手塚秀彰 野島健児 小原雅人 岩崎征実 大塚芳忠 園江治 石川界人 山路和弘 三宅健太 丹沢晃之 鈴木達央 安元洋貴 上村祐翔 菅原雅芳 小谷津央典 美波わかな 屋良有作 羽多野渉 麻生智久 富樫美鈴 田久保修平

スポンサーリンク
  1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』外部リンク
  2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のオススメ度は?
  3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報・概要
  4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の受賞歴
  5. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:結
  6. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の感想・内容
  7. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の考察・評価
  8. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の結末
  9. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のキャストについて
  10. まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
    2. 【美少年が観られる映画】
      1. 映画『ハニーボーイ』
    3. 映画『永遠に僕のもの』
    4. 映画『仮面の男』
      1. 映画『エデンの東』
      2. 映画『明日に向かって撃て!』
      3. 映画『勝手にしやがれ』
      4. 映画『若い人(1962)』
      5. 映画『さよなら くちびる』
  13. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』外部リンク

HPサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』公式サイト

【予告映像】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』トレーラー

【公式Twitter
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』

IMDbサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のオススメ度は?

4.0

星4つです

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報・概要

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These策謀 第一章』は田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作により新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のフォースシーズン「策謀」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第112話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(1324話)、22年のサードシーズン「激突」(第2536話)に続く物語で、フォースシーズン全12話(第3748話)を3章に分けて上映するうちの第1章。宮野真守(映画『ミニオンズ フィーバー』や映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』や映画『竜とそばかすの姫』)、鈴村健一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』や映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、梶裕貴(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『ONE PIECE FILM RED』や映画『天気の子』)、諏訪部順一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』)、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、坂本真綾、花澤香菜、手塚秀彰、野島健児、小原雅人、岩崎征実、大塚芳忠、園江治、石川界人、山路和弘、三宅健太、丹沢晃之、鈴木達央、安元洋貴、上村祐翔らが声優。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の受賞歴

無し(202210月現在)

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:起

自由同盟軍のイゼルローン要塞を帝国軍のケンプ率いる艦隊はガイエスブルグ要塞が襲って数週間。

ケンプはついに要塞ごとイゼルローンにぶつけるという作戦を実行し始めます。

ケンプはミュラーに味方を引き連れて離れるように言い、単騎で要塞を操作。

イゼルローン要塞に向かって速度を上げていきますが、ヤン提督は敵要塞の進行を阻止する作戦を味方に伝えました。

その結果、ケンプもろともガイエスブルグ要塞は崩壊し、重傷を負ったミュラーはラインハルトに報告することに…。

銀河帝国軍の元帥であるラインハルトはケンプの失態に怒りを露わにしますが、考えを改めてミュラーたちの処罰を取りやめます。一方で技術部のシャフトは厳重に処罰されました。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:承

ラインハルトの秘書を務めるヒルデガルドは、彼を人としても素晴らしいと考えていました。

しかし、オーベルシュタインは機械的に判断できる元帥を望んでいたため、ヒルデガルドは彼と対立することになるだろうと考えます。

そうした中、ラインハルトのアンネローゼに会いに行く機会を得ました。

帝国を出たアルフレットが再度現れたことで、彼が誘拐を企てているのではと判明。

ラインハルトはアンネローゼの身を案じて護衛を付けたいと考え、ヒルデガルドに説得をお願いしたのです。

アンネローゼはキルヒアイスの死に責任を感じており、護衛されるほどの身ではないと言いますがヒルデガルドの説得が成功しました。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:転

ラインハルトはフェザーンがアルフレットの誘拐を手助けしていると考え、官僚のニコラスに真意を問います。

ニコラスは最初は滞りなく質問に答えますが、フェザーンが手を貸すのは帝国のためだと言いました。

しかし、ラインハルトの詰問により帝国が自由同盟と争うことで共倒れを期待していることがバレてしまいます。

それでもラインハルトは誘拐事件を静観すると言い、ニコラスはアルフレットたちへ行動を促しました。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ:結

ニコラスは陽動用の事件を起こし、その間にアルフレットたちは隠し通路から皇帝の住まいへ。

アルフレットの先代が残した地図により無事に部屋に到着し、皇帝に挨拶をしますが皇帝が暴れ始めたため眠らせると皇帝の叫び声に気付いた侍女が部屋へ。

アルフレットは動揺しつつも銃を向けると侍女は気絶し、その間に部屋を逃げ出します。警備が皇帝がいなくなったことを知った時には、敷地内からアルフレットたちが消えた後でした。

誘拐騒ぎのその後は続編にて語られていきます。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の感想・内容

球状の巨大なガイエスブルク要塞が進行してきた際には、そのスピード感が凄まじかったですね。

ヤン提督は要塞を止めるために味方に一斉射撃を要請するのですが、ガイエスブルグ要塞を真正面から攻撃するのではなく、集中砲火を求めるのはさすがだと思いました。

狙うのは左翼の一部分だけにし、進行方向を変えようとするそのためには精密射撃を要しますが、味方たちの綿密なやり取りを経て作戦を成功させるというのが凄かったですね。

進行してくる要塞の一点をめがけて集中砲火を浴びせ、それでも向かってきた要塞に対しては主砲を数回放つという一連のシーンからは目が離せませんでした。

勝利を収め、敵艦隊の8割を壊滅させた自由同盟軍ですが独断で逃げた敵を追う隊もいましたね。

2千ほど相手に追い打ちをと考えたようでしたが、まさか帝国軍のロイエンタールたちが助けに来ているとは思いもよらなかったでしょう。

ロイエンタールとミッターマイヤーはミュラーの艦隊を助けつつ、敵を蹴散らす今作の活躍も凄かったですね。

そんな名将とされる2人ですが、この後無理に自由同盟軍を追い詰めるようなことはせず、帝国に帰還したのはさすがです。

名将はおごることなく、引き際もしっかり判断できるのだなと改めて思いました。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の考察・評価

ケンプが単騎で要塞を動かし、大爆発と共に散った後のミュラーにも注目ですね。

爆発の際の余波で大怪我を負ったミュラーですが、仲間を鼓舞しつつ無事に帰還できるよう努めます。

そうしていつかケンプの仇を討つため、ヤン提督に復讐を決意する姿も忘れられません。

そんなミュラーが帰還した際には作戦が失敗したことでラインハルトは処罰を考えていましたが…。

亡き友であるキルヒアイスならどう考えるか再考し、処罰を無しにしたのは良かったですね。

側近であるオーベルシュタインの色に染まってしまっていそうに見えましたが、心にはまだキルヒアイスがいるのだなと感じました。

この頃のラインハルトに対し、ロイエンタールは「自分たちも使い捨てにされはしないか?」とミッターマイヤーにこぼしていましたね。

それに対してミッターマイヤーはラインハルトに付いていくだけだと言いますが…。

彼もまた自分が単純すぎるのかもしれないと考える姿が印象に残ります。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の結末

ラインハルトが心を閉ざす姿を心配していたのは秘書のヒルデガルドでしたね。

彼のために姉のアンネローゼの元に行き、説得するシーンも心に残ります。アンネローゼは子供だったキルヒアイスに「弟と仲良くしてあげて」と言ったことで彼の死につながってしまったのではと責任を感じていた…。

そのため、護衛の配置を断りましたが、ヒルデガルドは亡くなった者への思いも大切だが生きている者への配慮もすべきと言いました。

優しくて聡明な彼女ならではの言葉だなと思いつつ、ヒルデガルドが納得してくれたのは良かったです。

アンネローゼがヒルデガルドにお礼を言いつつ、2人の関係性が築かれていく展開にも注目でしょう。

ラインハルトは誘拐事件を経て、果たしてどうなっていくのかも気になりますが、自由同盟との戦いにも目が離せないなと思いました。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のキャストについて

ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ユリアン・ミンツ(梶裕貴)
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト(坂本真綾)
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(花澤香菜)
アドリアン・ルビンスキー(手塚秀彰)
ルパート・ケッセルリンク(野島健児)
ニコラス・ボルテック(小原雅人)
フョードル・パトリチェフ(岩崎征実)
ムライ(大塚芳忠)
エドウィン・フィッシャー(園江治)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(山路和弘)
グエン・バン・ヒュー(三宅健太)
サンドル・アラルコン(丹沢晃之)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
カール・グスタフ・ケンプ(安元洋貴)
ナイトハルト・ミュラー(上村祐翔)
アルフレット・ランズベルク(菅原雅芳)
レオポルド・シューマッハ(小谷津央典)
エルウィン・ヨーゼフ二世(美波わかな)
アントン・ヒルマー・フォン・シャフト(屋良有作)
ウルリッヒ・ケスラー(羽多野渉)
モルト(麻生智久)
コンラート・フォン・モーデル(富樫美鈴)
ラーベナルト(田久保修平)

スポンサーリンク

まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』一言で言うと!

「絶対に観るしかないです」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。

【美少年が観られる映画】

映画『ハニーボーイ』

ノア・ジュプとルーカス・ヘッジズは綺麗な顔です

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。
映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。映画『ハニーボーイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハニーボーイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハニーボーイ』の作品情報・概要『ハニーボーイ』原題『Honey Boy』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。アルマ・ハレル監督作品。主演はルーカス・ヘッジズ。俳優のシャイア・ラブーフの自伝的映画であり、本作の脚本を書き上げた。子役スターの栄光と挫折を“毒親”と関係から派生したPTSDを克服する様も描いている。Honey Boyはラブーフの子供時代のニックネーム。

映画『永遠に僕のもの』

ロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語

映画『永遠に僕のもの』実話はロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ペドロ・アルモドバル製作
1971年、アルゼンチンで起きた凶悪事件をモチーフに描かれています。犯人は若く美しい少年であった。残虐な手口ががさらに神秘性を高めた。本作はペドロ・アルモドバルが製作し、主演に新鋭ロレンソ・フェロを迎えて作られました。すでにアルゼンチンでは大ヒットしています。本作のテーマにはLGBTQへの理解も込められています。

映画『仮面の男』

レオナルド・ディカプリオが一番輝いている時代

映画『仮面の男』ネタバレ・あらすじ・感想・まとめ。レオナルド・ディカプリオが一番輝いている時代。作品はコケました。
映画『仮面の男』公式サイトにて作品情報・キャスト等の紹介をしています。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『仮面の男』(132分/アメリカ/1998) 原題『The Man in the Iron Mask』 ...

映画『エデンの東』

「ジェームズ・ディーンは永遠なり」

映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ「聖書を読めば深く理解できる物語」感想「ジェームズ・ディーンは永遠なり」結末
映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。映画『エデンの東』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの東』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『エデンの東』の作品情報・概要『エデンの東』原題『East of Eden』1955年公開のアメリカ映画。監督は『欲望という名の電車』『波止場』のエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックの同名小説。主演はジェームズ・ディーン。本作で世界の大スターになるが、公開後、事故死。共演がジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロス、バール・アイヴス。音楽はレナード・ローゼンマン。第28回アカデミー賞で監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞にノミネート。ジョー・ヴァン・フリートがアカデミー助演女優賞を受賞した。第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞も受賞している。アメリカ人が愛する映画。

映画『明日に向かって撃て!』

ニューマン&レッドフォードの哀愁歌

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『勝手にしやがれ』

フランス一番のイケメンはジャン=ポール・ベルモンド

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末
映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末映画『勝手にしやがれ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『勝手にしやがれ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画映画『勝手にしやがれ』の作品情報・概要『勝手にしやがれ』原題『À bout de souffle』英題『Breathless』1959年製作のフランスの映画。ジャン=リュック・ゴダール長編デビュー作。1960年、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)受賞。原案はフランソワ・トリュフォーで、実際にあった事件をモチーフに製作された。「ヌーヴェルバーグ」の先駆け的映画。石原慎太郎著作・脚本『狂った果実』の影響あり。

映画『若い人(1962)』

石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」

映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。
映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。 映画『若い人(1962)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『若い人(1962)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『若い人(1962)』の作品情報・概要 『若い人』は、石坂洋次郎の長編小説を映画化。映画化は本作を含めて4作品。テレビドラマにおいても数本ある人気作。ミッションスクールの男性教員と女子生徒と同僚の教員との三角関係を交えて映像化。監督は『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』 『絶唱(1975)』の西河克己。主演は『あいつと私(1961)』などの石原裕次郎と『キューポラのある街』の吉永小百合。共演は『夜霧よ今夜も有難う』などの浅丘ルリ子。

映画『さよなら くちびる』

成田凌くんは良い男だ

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

 

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
原作
田中芳樹
監督
多田俊介
シリーズ構成
高木登
助監督
森山悠二郎
キャラクターデザイン
菊地洋子 寺岡巌 津島桂
総作画監督
後藤隆幸 菊地洋子
特技監督
竹内敦志
メカデザイン
竹内敦志 臼井伸二 常木志伸
オリジナルメカデザイン
加藤直之
プロップデザイン
太田恵子
プロップデザイン・紋章デザイン
秋篠Denforword日和
3D
ランドック・スタジオ I.G3D
3D監督
磯部兼士
美術
Bamboo
美術監督
竹田悠介
美術設定
塩澤良憲 曽野由大 金平和茂
美術デザイン
渡部隆
色彩設計
竹田由香
撮影監督
荒井栄児 小澤沙樹子
音響監督
三間雅文
編集
黒澤雅之
音楽
橋本しん 井上泰久
主題歌
SennaRin
テーマソング
SennaRin
制作
Production I.G
監修
らいとすたっふ
ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ユリアン・ミンツ(梶裕貴)
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト(坂本真綾)
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(花澤香菜)
アドリアン・ルビンスキー(手塚秀彰)
ルパート・ケッセルリンク(野島健児)
ニコラス・ボルテック(小原雅人)
フョードル・パトリチェフ(岩崎征実)
ムライ(大塚芳忠)
エドウィン・フィッシャー(園江治)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(山路和弘)
グエン・バン・ヒュー(三宅健太)
サンドル・アラルコン(丹沢晃之)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
カール・グスタフ・ケンプ(安元洋貴)
ナイトハルト・ミュラー(上村祐翔)
アルフレット・ランズベルク(菅原雅芳)
レオポルド・シューマッハ(小谷津央典)
エルウィン・ヨーゼフ二世(美波わかな)
アントン・ヒルマー・フォン・シャフト(屋良有作)
ウルリッヒ・ケスラー(羽多野渉)
モルト(麻生智久)
コンラート・フォン・モーデル(富樫美鈴)
ラーベナルト(田久保修平)
2022年製作/102分/日本
配給:松竹ODS事業室

タイトルとURLをコピーしました