映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画

上映中
映画『さよならくちびる』公式サイト
解散を意識したデュオ“ハルレオ”と、付き人シマ。最後にうみ落としたその曲は、3人の未来を変えていく――。主題歌 提供 秦 基博・挿入歌 提供 あいみょん 奇跡の音楽映画誕生

『さよなら くちびる』(116/日本/2019

映画『さよなら くちびる』のオススメ度は?

4.5

星4つ半です。

音楽をやっている人のみならず、何かに挑戦している人は必見です!

勇気と力が出てきます。

絶対に損はさせません!とても良い映画です。

単なる女の子の音楽映画ではありません。

友情、恋愛、夢、そして生きる意味について深く考えさせてくれます。

また若手俳優の成田凌、門脇麦、小松菜奈の3人の軌跡を今、観ておいた方が良いでしょう!

絶賛です。

以下、作品情報とか感想とか書いてあります。チャラーと読んでください。

映画『さよなら くちびる』の作品情報

【原題】
『さよなら くちびる』
【製作年】
2019年
【製作国】
日本
【上映時間】
116分
【日本公開】
2019年
【原案】
塩田明彦
【監督】
塩田明彦
【脚本】
塩田明彦
【キャスト】
小松菜奈
門脇麦
成田凌
篠山輝信
松本まりか
新谷ゆづみ
日高麻鈴
青柳尊哉
松浦祐也
篠原ゆき子
マキタスポーツ

映画『さよなら くちびる』の作品概要

若い二人の女性が音楽ユニットを作り活動する過程であぶり出された人間性を軽快な音楽に乗せて真の友情へと真価させるロードムービー。自身の才能と存在に悩み、恋をつかもうと格闘する姿に胸が締め付けられる。

映画『さよなら くちびる』のあらすじ・ネタバレ

作詞作曲の才能が秀でたハルと歌唱能力が高いレオとの出会いは必然だった。二人は路上ライブをスタートさせ、全国のライブハウスへ活動の場を広げていく。そこにローディー&マネージャーとしてシマという男が参入して更に勢いが増した。しかしちょっとした誤解からハルとレオは不仲になり解散を口走る。あとが引けなくなった二人の面倒をみるシンだが、二人の意思は硬く解散コンサートを開く。そして最後のコンサートが終わり、東京へ戻るが、、、。

映画『さよなら くちびる』の感想・評価・内容・結末

「ハルレオ」門脇麦と小松菜奈の歌声に背中がゾクゾクした

やっぱり音楽は良い。ギターを弾きながら歌を唄うことに憧れたこともある。でもこの映画の「ハルレオ」みたいな容姿も無ければ特徴のある声も持っていないから諦めた過去がある。

本作を観ていると胸がずっと締め付けられっぱなしだった。儚いのだ。そう、歌手は儚い存在に見えるのだ。

しかも青春が加わるから尚更だ。「ハルレオ」あの細い体から発せられる憂いを帯びた声が背中をゾクゾクさせる。力強くないのが良い。

ちょっとのっぺり調子で力を抜いた感が良い。ギターもとびっきり上手くないのも良い。見据えた瞳も近くの人ではなく、どこか異次元を見ているようで更に良い。

青春は儚い だからこそ美しいのだ 躓いても進め

私はロックンロールのような直線的に訴えてくる音楽、強制的に心に割り込んでくる音楽は苦手だ。その点、このハルレオのようにのっぺりと来る音楽はとても良い。

そして儚く感じるのは映画だからだ。この映画の物語が解散という悲劇的な運命へ向かっているのもある。来るべき解散コンサートに向かってのカウントダウンが聞こえてくるのだ。

夢は覚めて現実に戻ってしまう。つまり儚く切ない青春の躓きなのだ。あ~、胸が苦しい。

この映画自体が一編の詩でありメロディーを奏でてる

そしてこの映画は最初から最後まで集中力が切れることなく引っ張ってくれた。一編の歌を聴いているように観た。力のある映画だった。

まず第一に役者が良い。門脇麦さん、この人は本当に独特な雰囲気を持っている。どこか涼しげというか、冷めた目で見るあの佇まいは誰にも真似できない。心ここに在らずというか、距離感を覚えるが、思いっきり抱きしめたくなるのだ(ちなみに私は彼女が満面の笑みをしている演技を見た記憶がない)

小松菜奈さん、この人も素晴らしい。ズボラな役もお上品な役もすっと入ってくる。本作のショートヘアーにはボーイッシュな印象を持ったが、か弱い乙女心満載でたまらなかった。

そして私が今最も注目している俳優が成田凌くんだ。とにかくカッコイイのだ恐ろしくカッコイイのだ。媚をうるようなカッコ良さではない(わかるかなあ、この表現)あの年齢であの雰囲気はそういないと思う。

『チワワちゃん』も『愛が、なんだ』も全く違う演技だが心に張り付いて離れないのだ。いやー、本作はこの3人をずっと見ることができて幸せだ。

「方向性の違い」とは結局は金銭問題なのだ

映画の内容に戻るが、古今東西、バンドというのは結成した瞬間に解散という宿命を背負うものなのだろうか。解散理由は多々あるが、やはりお金の問題が多いのではないだろうか。

よく「方向性の違いから」という理由を聞くが、本音はメンバーを引っ張っているのはやっぱり楽曲を作る人間になるのだ。売れた際の楽曲者が手にする印税は多額だ。

他のメンバーは嫉妬するし、自身の才能と比べて引け目を感じるだろう。更にもし報酬がメンバー間で平等であったならそれこそ最悪の事態を招くだろう。

“才能”で格差が生まれてしまうのだ

本作も然り。結局ハルの才能が際立っている。そのことに引け目を感じたレオ。チヤホヤされ流のはハルだ。

そりゃあ、ボーカルだけに注力することはできるが、作詞も作曲もできなければミュージシャンとして悲しくなるでしょう。特にクリエイティブな作業はいくら勉強してもたやすく身につかないという。

生まれ育ち、学び、経験した上での感性が芽生えてくるその時に爆発的な才能がクリエイティブな表現に繋がるそうだ。だからレオは悲しい。

“恋愛”もバンドの継続に大きな影響を与える

もう一つ、このこのハルレオの活動が不安定になる要因はやはり恋愛だろう。チーム内での恋愛感情は本当にバンドの将来に大きな影響を与えるようだ。

それが祝福されるものであれば未来は明るい。でもネガティブな感情が噴出したらもう終わりだろう。そういったバンドは多くあったと思う。

解散コンサートは再生コンサート?

さてさて、映画は計画通り解散コンサートを終える。最後の重たい沈黙に涙腺が緩んでしまう。この3人の若手俳優の底力を見た。

とにかく私に青春の文字を思い出させてくれたし「生きることは儚い」でも生き続けようと背筋を伸ばしてくれた映画だった。

塩田監督と立教大学で映画サークルの同期だった黒沢清監督も最新作を発表した。同時期に二人の作品を観ることでできて幸せだ。二人ともまだまだチャレンジしている。

以下、黒沢清監督の最新作

『旅のおわり世界のはじまり』

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『さよなら くちびる』まとめ 一言で言うと!

頑張れ!青春、夢を抱いて前へ前へと進み続けろ!

若さとは挑戦する特権がある。しかも挑戦は若さの味方をする。青春の儚さに気がつくのは年老いてから。今は何も考えず挑戦するべし!

以下、成田凌くん、門脇麦さん出演の映画

『チワワちゃん』

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

『愛がなんだ』

映画『愛がなんだ』は恋愛依存というより“東京依存”の物語だ。ネタバレ、評価、感想。
『愛がなんだ』(123分/日本/2019) 監督 今泉力哉 東京という街自体が孤独なのだ。何かにしがみ付いていないと狂ってしまう。 『愛がなんだ』と『愛とはなんだ』は違う。若者に『愛がなんだ』と言わせるのがすごい 『愛が...

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 塩田明彦
原案 塩田明彦
脚本 塩田明彦
製作 依田巽 中西一雄 定井勇二
エグゼクティブプロデューサー
小竹里美
企画 瀬戸麻理子 プロデュース 瀬戸麻理子 プロデューサー根岸洋之 高橋尚子 音楽プロデューサー 北原京子 協力プロデューサー村野英司 ラインプロデューサー大日方教史 撮影四宮秀俊 照明秋山恵二郎 録音鶴巻仁 美術竹内公一 装飾石田満美ス タイリスト伊賀大介 ヘアメイク倉田明美 編集佐藤崇 サウンドエディター伊東晃 音楽きだしゅんすけ 主題歌プロデュース秦基博 挿入歌あいみょん スクリプター近藤真智子VFX 浅野秀二助監督 毛利安孝制作担当 小川勝美 アソシエイトプロデューサー増山紘美
キャスト
小松菜奈西野玲緒(レオ)
門脇麦久澄春子(ハル)
成田凌志摩一郎(シマ)
篠山輝信
松本まりか
新谷ゆづみ
日高麻鈴
青柳尊哉
松浦祐也
篠原ゆき子
マキタスポーツ
作品データ
製作年 2019年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 116分
映倫区分 G