映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。

上映中
ビリーブ 未来への大逆転 : 作品情報 - 映画.com
ビリーブ 未来への大逆転の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「博士と彼女のセオリー」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ主演で、実話をもと...

『ビリーブ 未来への大逆転』(120分/米/2018)

原題 On the Basis of Sex

監督 ミミ・レダー

アメリカはウーマンリブの先駆的国家と思っていたが、実は性差別があったとは、、、

ガッツと情熱、そして知性教養を武器にして戦う

映画『RBG最強の85才』が公開された。ドキュメンタリーだ。それを観る前に是非ともこの作品を観ておく必要がある。

強い強いアメリカ女性の物語である。名前をルース・ベイダー・ギンズバーグという。小柄だ。でもガッツと情熱があるから大きく見える。

しかも知性教養がある。どんな強敵にも自分が正しいと思ったら立ち向かっていく。それが国家権力であったも屈しない。

実は日本は戦後から男女平等の憲法を制定していた

ルース・ベイダー・ギンズバーグがもしいなかったらアメリカは未だに男女同権ではなかったかもしれない。一見、アメリカはウーマンリブが盛んなイメージがあるが、女性の人権が男性と同等になったのは日本より遅かった遠いうのが驚きだ。

日本は戦後GHQが主体となって憲法を作ったがそこにはいかなる性別も差別してはならない、つまり平等であると書かれている。憲法で男女同権を認めていることは世界に誇れる憲法だ。

ルース・ベイダー・ギンズバーグの夫マーティンの存在が大きい

さて、映画はルースはハーバード大学、コロンビア大学で優秀な成績にも関わらず卒業後は就職に苦労する様子、そして弁護士の夢を諦めて大学教授になっても未練が残るあたりの描写がとてもうまく描かれている。

絶えず彼女は後ろ髪を引かれていたのだろう。そして彼女の弁護士への道を確実に開いたのが夫のマーティンであった。とにかく心が広いのだ。女が働くことを理解しているし、家事分担も率先して行なっている。料理、洗濯、育児までこなす。

今で言えば“イクメン”だろう。

社会が変化したら法律が変わるのが当たり前である

ルースは自ら弁護士として法廷に立つために母を介護する男の人の弁護を担当する。「男の人権が尊重されていない」というのだ。

まずは男の方から訴えて男女同権を獲得する作戦だ。苦難を得て裁判に勝つ。いくつか印象的な言葉がある。

「天気では判決は左右されない。でも時代の雰囲気で判決は左右される」「新しい時代には新しい判決を残すのが役目」「社会が変化したら法律も変わる」等々。

これから何かに“挑戦”する人は必見の映画です。

非常に説得力がある言葉の数々だ。古い物を大事にしたい気持ちはわかるが、人が変わると社会も変わるのだ、すると古い規則や法律も時代に合わせて変えなければならないのだ。

映画では正にこれから男から女の時代に変容しようとするアメリカその物の歴史がつぶさに伺える。この女性だけではなく、男性にも、そして今何かに挑戦しようとしている人たち全てに勇気と力を与える作品だと言える。

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 ミミ・レダー
製作 ロバート・コート ジョナサン・キング
製作総指揮 ジェフ・スコール ダニエル・スティープルマン ベッツィー・ダンバリーカレン・ループ
脚本 ダニエル・スティープルマン
撮影 マイケル・グレイディ
美術 ネルソン・コーツ
衣装 アイシス・マッセンデン
編集 ミシェル・テゾーロ
音楽 マイケル・ダナ
音楽監修 リンダ・コーエン
主題歌 ケシャ

キャスト
フェリシティ・ジョーンズルース・ベイダー・ギンズバーグ
アーミー・ハマーマーティン・ギンズバーグ
ジャスティン・セローメル・ウルフ
キャシー・ベイツドロシー・ケニオン
サム・ウォーターストンアーウィン・グリスウォルド
スティーブン・ルートブラウン教授
ジャック・レイナージム・ボザース
カイリー・スパイニージェーン・ギンズバーグ

作品データ
原題 On the Basis of Sex
製作年 2018
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 120
映倫区分 G