映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。

上映中

映画『王様になれ』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画「王様になれ」公式サイト
the pillows30周年アニバーサリー企画、 2019年秋劇場公開映画「王様になれ」公式サイトです。原案・音楽をthe pillows山中さわおが、監督・脚本を俳優であり舞台演出家のオクイシュージが担当。
映画『王様になれ』予告編

『王様になれ』(115/日本/2019年)

スポンサーリンク
  1. 映画『王様になれ』のオススメ度は?
  2. 映画『王様になれ』の作品概要
  3. 映画『王様になれ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『王様になれ』の感想・評価・内容・結末
    1. アーチスト原案の映画製作はとても難しい
    2. ピロウズのセールスプロモーションビデオなのか
    3. 登場人物の設定は良いと思う
    4. 空気読めないは悪くない、純粋なのだ
    5. 岡山天音くん、めっちゃ可愛い
    6. 師匠の優しさが身に染みます
    7. 師匠は弟子に全てを与えることが仕事
    8. つまりはピロウズ結成30周年の記念映画なのだ
  5. 岡山天音について
  6. 藤沢ユカリについて
  7. 虻川塁について
  8. 映画『王様になれ』まとめ 一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【夢に向かって頑張る映画】
      1. 映画『さよなら くちびる』
      2. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      3. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      4. 映画『チワワちゃん』
      5. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      6. 映画『芳華-Youth-』
      7. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      8. 映画『レディ・マエストロ』
      9. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      10. 映画『さよなら くちびる』
      11. 映画『王様になれ』
      12. 映画『風をつかまえた少年』
      13. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      14. 映画『ガラスの城の約束』
      15. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      16. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
  10. 映画『王様になれ』の作品情報

映画『王様になれ』のオススメ度は?

3

3つです。

アーチスト出演の映画です。

構成が難しいと思います。

青春映画です。

夢に向かって突き進む青年の挑戦と苦悩と格闘です。

若干、恋愛もあります。

師匠の優しさにジーンときます。

友だち、恋人と観にいってください。

スポンサーリンク

映画『王様になれ』の作品概要

オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された。原案はthe pillowsのメンバーである山中さわお。

スポンサーリンク

映画『王様になれ』のあらすじ・ネタバレ

ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す神津祐介(岡山天音)は叔父の営むラーメン屋で働きながら写真スタジオのアシスタントして悶々とした毎日を過ごしていた。ある日、店に訪れた藤沢ユカリ(後東ようこ)と仲良くなりthe pillowsのライブへ行き更なる刺激を得た。しかしスタジオをクビになり自暴自棄に。そしてミュージシャン専門のフォトグラファー虻川塁(岡田義徳)に弟子入りする事で運命が大きく変わっていく。

スポンサーリンク

映画『王様になれ』の感想・評価・内容・結末

アーチスト原案の映画製作はとても難しい

アーチスト主導の映画を作るのは本当に難しいと思います。オクイシュージ監督はよくまとめ上げたと思います。

映画としては可もなく不可もなしの出来だと思います。この映画は若者が夢への挑戦する過程で、苦悩、葛藤、格闘、失意、恋愛、再挑戦を通して成功を勝ち取ることがテーマになっていると思います。

ですが、その挑戦の過程の苦悩がいまひとつだったような気がします。途中までは良かったのです。

原因はアーチストが出過ぎてる点です。あまりにもライブ映像が多すぎるのと長いのです。

そのせいで挑戦者である若者へ心情移入が寸断されてしまったのです。そこが勿体無いと思いました。

監督は確かにアーチストに気を使ったでしょう。特にグレイのTERUJIROの演奏はフルバージョンで見せてますから。

あの場面は必要ないでしょう。たぶんファンサービスだと思いますが、全く物語に関係がありませんから思い切ってカットすべきです。

もし活かすのであれば、主人公の過去の経験や懸命に生きている様子をカットバックで入れるなどの工夫があっても良かったと思います。

ピロウズのセールスプロモーションビデオなのか

昨今、音楽映画が数多く作られています。『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』も然り。この2作はとてもうまく出来ていたました。

音楽の挿入が物語の邪魔にならないように、もっというなら更なるエッセンスを加える要素になっていました。

でも本作は「ピロウズのセールスプロモーションビデオ?」と思ってしまうくらいピロウズ色が強かったのが残念です。

確かにメンバーの山中さわおさんが原作ですからその気持ちを汲んで脚本にする苦労があったと思いますが、もう少しひねるべきだと思います。

登場人物の設定は良いと思う

さて、肝心の映画の方ですが、亡き父の影響でカメラが好きになり写真専門学校へ行き卒業したがいまだに芽が出ない青年、神津祐介(岡山天音)がミュージシャン専門のフォトグラファーを目指し挑戦していく物語となっています。

その過程で女の子と恋したり、スタジオをクビになったりとドタバタします。

まずこの祐介ですが空気読めない、人に気持ちがわからない、自己中心といった性格の持ち主で周りの人間の不信感を買っています。

その設定はとても良いと思います。岡山天音くんが絶妙の演技で祐介の不信感を出しています。

空気読めないは悪くない、純粋なのだ

スタジオをクビになる理由も笑えます。勝手に写真にレタッチしたり、モデルに失礼な振る舞いをしたりと通常ではあり得ない事ばかりです。

この映画を観ていると実際にこんなアシスタントはいるのだろうかと思ってしまいますが、稀にいます(わたし自身スタジオに出入りしていたのでわかります)

でも大抵のアシスタントは数ヶ月で先生の意図を理解します。そういう人が独立できる世界です。

ですから祐介が芽が出ない理由を如実に表している場面であると言えます。

岡山天音くん、めっちゃ可愛い

恋もします。でもその恋の相手にも不信感を募らせます。

藤沢ユカリ(後東ようこ)は幼い頃から心臓の病を患っています。ユカリは演劇をやっていますが、彼女もまた芽が出ません。

二人は急接近します。ユカリの人生はピロウズの存在無しでは語れません。

そのピロウズの悪口を言ってしまうというバカをやってしまいます。本当に人の気持ちがわからない青年です。

でもこういう青年っていましたよ。読めないからこそ純粋なのではないかと思うのです。わたしはどちらかというとこういう祐介みたいな青年が好きですね。

師匠の優しさが身に染みます

スタジオをクビになった祐介はアーチスト専門のフォトグラファー虻川塁(岡田義徳)に弟子入りを懇願します。

最初は断られますが、何度も土下座して受け入れてもらいます。わたしはこの映画の唯一素晴らしいと感じたのが、この師匠の優しさです。

大きな心で祐介を受け入れるところです。通常でしたらあり得ないミスを弟子がしたら「即クビ」ですが、虹川は暖かく見守るのです。

ミスを責めるのではなくチャンスさえ与えます。本当にいい師匠だと思います。虹川の言葉にグッときました。

「あいつにチャンスを与えたいんだ、あいつの人生を雑にしたくないんだ」これは本当に人間としての深みがある言葉です。

師匠は弟子に全てを与えることが仕事

写真でも映像でもはたまた陶芸でも、あるいは寿司職員でも大工仕事でも師匠の技を盗めとか、数年は修行だ、とか言われてずっと下働きをする習慣が日本にはありますが、わたしはそんなの不要だと思うのです。

そんなことしていたら若者は育ちません。特に現在の目まぐるしく進展する世界をみてください。その中で職人的な仕事を目指す若者が稀有です。大切にしないと伝統が途切れてしまいます。

ですから師匠はあっさりと技術や感覚、さらにはチャンスを与える事こどがその職人世界の繁栄に繋がるのです。

祐介は師匠から頂いたチャンスをきっちりモノにしたと思います。映画の最後の笑顔でわかりました。

つまりはピロウズ結成30周年の記念映画なのだ

この映画をまとめるとピロウズ結成30周年の記念映画として、ファンに感謝の気持ちを込めて制作された作品でなければいけない。

だから映画の中には感動がないとダメである。若者が夢への挑戦を通して成長していく物語にしよう、となる。

まあ、動機はどうであれ一応、最後は監督の力技でまとめあげた作品になっている。

スポンサーリンク

岡山天音について

天音くんはしっかりと脚本を読み込んでいるのがわかりました。この祐介の性格と挙動不信感を見事に演じています。あれだけの不信か雰囲気は中々出せないのではないでしょうか。顔はとてもハンサムですが、気色の悪さを浮き出す表情がたまりません。観ていてキューブリックの『シャイニング』のジャック・ニコルソンを彷彿させました。ただカメラの構え方がいまひとつでした。

スポンサーリンク

藤沢ユカリについて

良い演技だったと思います。年上のお姉さん感がとてもよく出ていました。不治の病という設定だったのですが、出演シーンが少ないせいかその苦悩が伝わるには不十分でした。1番のお気に入り場面はやはり祐介を叱るところです。「お金もらってるんだよね、それってプロでしょ。文句ばかり言わないで」とても迫真の演技でした。着物姿を観てみたいと思いました。

スポンサーリンク

虻川塁について

この人の演技は温かみがありますね。一見クールで自分が一番大事なフォトグラファーのイメージだったのですが、とても心が広くて優しさに溢れている人だわかると涙腺が緩みました。若者の未来のためにお願いする場面は秀逸でした。これからの活躍を期待できる役者さんだと思います。

スポンサーリンク

映画『王様になれ』まとめ 一言で言うと!

「青は藍より出でて藍より青し」

まさにこの映画の未来像はそうなって欲しいです。この世界は若者のためにあると思っています。若者が夢を描いて生きていける世界が本来あるべき姿です。ですから師匠たるや自身の持っている経験、技術、人脈からチャンスまでの全てを若者に捧げるのが本命だと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【夢に向かって頑張る映画】

映画『さよなら くちびる』

成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

青春をサーフィンに捧げる若者

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

 

スポンサーリンク

映画『王様になれ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
オクイシュージ
原案
山中さわお
脚本
オクイシュージ
製作
坂本敏明 門池三則 中林千賀子
エグゼクティブプロデューサー
山口幸彦 三浦一城
プロデューサー
三宅はるえ
アソシエイトプロデューサー
山内拓哉 新井千絵
撮影
福本淳
照明
市川徳充
録音
西山徹
装飾
徳田あゆみ
スタイリスト
阪上秀平
ヘアメイク
外丸愛
編集
鈴木理
音楽
山中さわお
音響効果
勝亦さくら
助監督
市原直
制作担当
星野友紀
神津祐介(岡山天音)
藤沢ユカリ(後東ようこ)
西小路健(岩井拳士朗)
曽田(奥村佳恵)
モデル(平田敦子)
古志野(村杉蝉之介 )
里子(野口かおる )
大将(オクイシュージ)
虻川塁(岡田義徳)
TERU
JIRO
ホリエアツシ
ナカヤマシンペイ
日向秀和
高橋宏貴
佐々木亮介
田淵智也
新井弘毅
鈴木浩之
yoko
楠部真也
平田ぱんだ
ビートりょう
星川ドントレットミーダウン
本間ドミノ
千葉オライリー
宮本英一
藤田恵名
宮崎朝子
松岡彩
吉川美冴貴
the pillows山中さわお
the pillows真鍋吉明
the pillows佐藤シンイチロウ
2019年製作/115分/G/日本
配給:太秦