映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。

上映中
スポンサーリンク
映画『風をつかまえた少年』公式サイト
アカデミー賞®作品賞受賞『それでも夜は明ける』キウェテル・イジョフォー初監督作品。図書館で出会った一冊の本を元に、自家製の風力発電で未来を切り開いた14歳の少年の奇跡の実話。世界を感動で包んだベストセラーついに映画化!8月2日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
『風をつかまえた少年』8/2(金)公開/予告編

『風をつかまえた少年』(113/イギリス・マラウイ合作/2018)
原題『The Boy Who Harnessed the Wind

スポンサーリンク
  1. 映画『風をつかまえた少年』のオススメ度は?
  2. 映画『風をつかまえた少年』の作品概要
  3. 映画『風をつかまえた少年』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『風をつかまえた少年』の感想・評価・内容・結末
    1. 学校にいけない子どもがいる。日本の義務教育に感謝したい
    2. マラウイでは子どもが学校へ行くのにお金がかかります
    3. 学校教育がもたらすメリットを教える必要がある
    4. 目先にあるお金に飛びつくのはどこの国も同じか、、、
    5. 興味を持ったことを貫いた場所には笑顔がある
    6. 少年が夢へ向かう成功物語とこのマラウイが抱える問題も内包している
    7. 小さな部族独特の風習とか慣習も入れて欲しかった
  5. 映画『風をつかまえた少年』まとめ 一言で言うと!
  6. 合わせて観たい映画
    1. 【虐げられた子どもたちをテーマにした映画】
      1. 映画『存在のない子供たち』
      2. 映画『ガラスの城の約束』
    2. 【毒親が登場する映画】
      1. 映画『ワイルドライフ』
      2. 映画『荒野にて』
      3. 映画『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      4. 映画『赤い雪 Red Snow』
      5. 映画『J・エドガー』
      6. 映画『ある少年の告白』
    3. 【子ども可愛がり映画】
      1. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      2. 『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
      3. 映画『パパは奮闘中』
    4. 【ある意味、毒親である気がする映画】
      1. 映画『ビューティフル・ボーイ』
      2. 映画『ベン・イズ・バック』
  7. 映画『風をつかまえた少年』の作品情報

映画『風をつかまえた少年』のオススメ度は?

4

4

表面上はとても単純な物語です。

子どもにもわかりやすいです。

でも本質はとても重たいテーマを孕んでいます。

差別、貧困、家父長制度、児童労働、南北格差、地球温暖化。

是非とも子どもと観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『風をつかまえた少年』の作品概要

アフリカの小国マラウイ出身の少年が書いた書籍を原作に製作された映画。監督は『それでも夜は明ける』の主演を務めたキウェテル・イジョフォー。学校へ自由に行けない国があること、貧困、差別、家父長制度から地球温暖化などの要素もしっかり入れた佳作である。

スポンサーリンク

映画『風をつかまえた少年』のあらすじ・ネタバレ

アフリカのマラウイの小さな村が舞台。住民の多くは農作物で生計を立てている。しかし毎年、大雨と干ばつに見舞われて安定した収穫がない。タバコ農家は葉っぱを乾かすために近隣の樹木を伐採し燃やす。樹木がなくなると洪水が起きる。現金収入が欲しい人、村を守りたい人が対立する。そんな状況の中、学校へ通うことで知識をつけた少年が風を使って電気を起こし、井戸から水を汲み上げ、畑に散水するというアイデアを思いつく。様々な困難を乗り越えて少年は目標を達成する。

スポンサーリンク

映画『風をつかまえた少年』の感想・評価・内容・結末

学校にいけない子どもがいる。日本の義務教育に感謝したい

とても良い作品だと思います。日本でホノボノと暮らしていると世界の子どもたちが苦難の中で生活していることなど何もわからないかもしれません。

私たちの国では小中学校は義務教育でよほどのことがない限り学校へ通えます。子どものとって半ば半強制的であるから「学校など行かずに遊んでいたい」と思った経験もある人もいるでしょう。

でももし学校へ行っていなかったら何をするのか考えてみるも何も浮かんできません。友だちと遊ぶにも数日でネタが尽きて飽きてしまう気がします。

また働くことなんてまっぴらごめんです。だから学校へ行くのは子どもにとって一番良いことだと言えるのではないでしょうか。

マラウイでは子どもが学校へ行くのにお金がかかります

この映画の舞台のマラウイでは子どもが学校へ行くにもお金がかかります。それも結構な高額です。

ある程度、収入がある家の子どもしか行けないようです。ちなみに現在は2019年です。

この時代に子どもが自由に学校に行けない現実を受け止める必要もあります(先に観た『存在のない子どもたち』もそうであったように)この映画の中でとてもショッキングなセリフがありました。

「子どもを学校に行かせるなんてバカだ。学校へ行けば知恵がつく、知恵がついたら家を出て行く」確かにそうです。当たっています。出て行かれたら稼ぎがなくなり大変です。

新しい知識を入れたらもっと知りたい欲求が出ます。つまりは大きな夢を描くようになるからです。大海に出たくなります。でもそれが若者にとっては至極自然な感情です。

それを否定するような考えですが、彼ら(大人たち)は別に悪気はないと思います。

学校教育がもたらすメリットを教える必要がある

何故ならば彼らの風習、習慣、文化には学校などはなかったのですから。学校などの教育は欧米諸国が持ち込んだシステムに過ぎないのです。

ですから急速な文明化のため、マラウイの人たちの価値観が欧米の価値観に付いて行けないだけなのです。何故、学校が必要なのかをしっかりと教える必要があります。

それは子どもが家を出ていく可能性も、また子どもが学ぶことで大きなメリットを家にもたらしてくれることも教えることが大切です。

目先にあるお金に飛びつくのはどこの国も同じか、、、

映画はとてもわかりやすい構成となっています。子どもに是非観てもらいたいです。

アフリカの貧しい国のマラウイにある小さな村は農業に頼って生計を立てています。しかし大雨や陥没に見舞われて収穫が不安定です。

しかもタバコ農家が葉っぱを乾かすために村の樹木を切り倒し燃やしています。村で教養のある者は樹木を倒すと洪水から守れないと説きますが、それを笑い飛ばし樹木を売ってお金が欲しい者と対立構造も生まれます。

興味を持ったことを貫いた場所には笑顔がある

主人公の少年が学校へ通ううちに少しづつ知識を学びます。まずは電気に興味を持ちます。電気を起こす装置の自作に取り掛かります。

動力を使って井戸から水を汲み上げ村の畑に散水すれば安定した収穫があげられると考えます。

そして樹木をきることもなくなり、皆の生活も豊かになるのだろうとを願うのです。少年はその目的にまっしぐらに進むが古い頭を持つ父親に反対されます。こんな話です。

少年が夢へ向かう成功物語とこのマラウイが抱える問題も内包している

最後は少年の目的は達成されハッピーエンドとなります。みんなが笑顔になります。

この映画はただ「少年が大志を抱く」話ではありません。

まず第一に教育の必要性を訴えている。第二に児童労働という悪行の撤廃。第三になぜマラウイはいつまでも貧困なのか第四に地球環境の様々な問題等についてだ。

ただ少年だけを追いかけているとこれだけ多くのメッセージが込められていることに気がつかないかもしれません。

実はとても複雑な物語なのです。この映画を監督したのは『それでも夜が明ける』の主演を務めたキウェテル・イジョフォーです。

初監督とは思えないほどきっちりかっちりと仕上げています。重いテーマを前面に出さず、深部に置いたことで更に胸に響く映画となっています。何度も観ればさらにマラウイの国、人のことがわかるでしょう。

ちろん主演のマックスウェル・シンバ の素朴な演技とアフリカの開放的な景色があったからこそ、しんみりした雰囲気にならなかったのは言うまでもありません。

もしこれを階級社会の束縛に苦しむヨーロッパの農民を舞台に描いたら真っ暗な作品になっていたでしょう。

小さな部族独特の風習とか慣習も入れて欲しかった

先に観た映画『北の果ての小さな村』は学校に通ってはいますが、学校教育より祖父母や両親、更に他の大人からの学びの方が大事だというメッセージがありました。

その通りです。祖父母、両親からの教えが一番大事です。でも今はそれだけでは不十分な時代になったことを認識しなければいけません。

イヌイットの教育は先進国がもたらした文明に対して揶揄した形も表していました。

でも本作ではこのマラウイの部族たちが持っている教育に対する知識が希薄という印象が強かったです。

私はちょっとその辺りに違和感を覚えました。本当は祖父母、両親、部族の長たちからちゃんとした教育がされていると思います。そこをもう少しうまく描いて欲しかったです。

でもとても良い映画でした。

スポンサーリンク

映画『風をつかまえた少年』まとめ 一言で言うと!

教育は確かに必要だが、その土地、その地域に合わせた教育がある。

子どもの仕事は遊ぶことだと思う。野山を駆け回って遊ぶのが一番だ。その遊びの中で学びもある、それが理想だ。でも実際はそうはいかない。これだけ文明が目まぐるしく発展すれば否が応でも受け入れなければいけない。受け入れるということは何かが押し出されることだ。そうやってその個人、その集団、その組織が築き上げてきた文化、芸術、伝統が失われていくことを忘れてはいけない。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【虐げられた子どもたちをテーマにした映画】

映画『存在のない子供たち』

虐待、児童労働、幼児売買、無戸籍にされる子どもたち

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『ガラスの城の約束』

舞台はアメリカですが、子どもを支配する毒親です。

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

【毒親が登場する映画】

映画『ワイルドライフ』

働かない夫に愛想をつかし、不倫へ走る妻。息子の眼前で情事に耽ります。

ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』ネタバレ・あらすじ 毒親を優しく見るエド・オクセンボールドの優しさ
ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』はアメリカが抱える社会問題をテーマに描いている。“毒親”についてだ。子どもに過干渉するのも毒親だが、一番は“無関心”であることが最悪だ。人間は無視されることほど傷つくことはない。この作品の少年は母親から存在を消されてもポジティブに生きる姿勢を持ったことが救いだ。

映画『荒野にて』

父親は働いていますが、子どもの教育に無関心です。

映画『荒野にて』ネタバレ、評価。新鋭チャーリー・ブルマーの眼差しが切ない
この映画『荒野にて』はアメリカ映画に慣れ親しんだ人には驚きを与えるかもしれない。とても淡々と静かに進んでいく。アクションなどない。明るさもない。とにかくこの映画の主人公のチャーリー・プラマーの孤独感が際立っている。初めての友達が馬だ。その馬の命を守るために旅に出る。しかし若いがゆえに、教養もないが故に、無くしたり得たりする。

映画『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

娘が薬物に溺れているのを救えませんでした。

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

映画『赤い雪 Red Snow』

我が子を押入れに押し込めて男との情事を楽しみます。

永瀬正敏✖️菜葉菜W主演+井浦新の映画『赤い雪 Red Snow』(実話)は“ズシリ”と積もった。人間の記憶は曖昧で都合よく作られる。感想とネタバレ。
この映画は実話を元に制作されたと言うが、とても残酷な物語だ。人間の記憶とは都合よく出来ている。自分への関心を防ぐため、あるいは興味を向けるために記憶を作り変えることも可能だ。それを行うのは気まぐれな心もあるが、実際は無意識に計算された心が作り出している。一度発動するとそれが新たな記憶になるが、心は不自由になってしまう。

映画『J・エドガー』

息子が可愛くて仕方ありません。徹底的な教育を施します。

クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』は実話。米大統領を操った男である。ケネディーの死にも関与している。ネタバレ、感想、評価。
『J・エドガー』(138分/米/2011) 原題『J. Edgar』 アメリカの近代史はJ・エドガー無しには語れない。功績も大きいが非難の声もある。 約50年、FBI長官を務める。情報収集に全力をかけた人生。 ジョン...

映画『ある少年の告白』

宗教的な観念で息子の自由を束縛します。

映画『ある少年の告白』LGBTへ理解を深めてくれます。ネタバレ、評価、あらすじ。
近年LGBTに関する映画が多く公開されている。今まで差別されてきた歴史もあるが、なぜこれほど多作されているのかを考えてみる。特にアメリカでは性的マイノリティーへの差別意識が高いことに改めて驚いた。その背景にはキリスト教プロテスタントの一派であるバプティスト教会の影響が大きい。本作を観ることでトランプ大統領とアメリカが観えてくる。

【子ども可愛がり映画】

映画『リアム16歳、はじめての学校』

気持ち悪いくらいに息子に干渉します。息子と恋人気分です。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

こちらは母親依存です。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』感想、評価、ネタバレ
息子のとって母親はこの世と同じくらい大切な存在と言える。母親を失うこと、つまり亡くすことは世界の終わりが来たことを意味する。本作の原作者の宮川サトシさんは独特の表現でこのタイトルを付けたと思う。とても共感できます。死に対する負のイメージがありますが、死にゆく人を見ていると意外とネガティブではないのかもしれません。

映画『パパは奮闘中』

蒸発した妻の代わりに子育てします。

映画『パパは奮闘中』ロマン・デュラスの育メン度が上がる様が良い。ネタバレ、あらすじ、評価
現代社会において結婚し、子育てをする環境はとても厳しいと言える。夫は収入をあげようと必死に働くばかりに家庭のことを後回しにする。日々、家事、育児は妻にとっては大きな負担になっていく。本作は現代版『クレイマー、クレイマー』と言える。夫は妻が消えて、初めて妻のありがたみをわかった。そして妻の帰りを子供と待つ美しい物語だ。

【ある意味、毒親である気がする映画】

映画『ビューティフル・ボーイ』

薬物依存になった息子を助けるために奮闘しますが、それが重荷になります。

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

映画『ベン・イズ・バック』

薬物施設を無断で出てきた息子を可愛がります。

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇
ジュリア・ロバーツが薬物依存で苦しむ息子を救おうと格闘する演技が素晴らしい。自身も年頃の息子を持つ身として体当たりで挑んでいる。アメリカ社会の深層について如実に描いている。薬物依存症から復活するのはとても難しい。自身の子供が壊れていくのは辛い。果たして息子は帰ってくるのか。そして以前のように平和に暮らす日々は戻るのか。
スポンサーリンク

映画『風をつかまえた少年』の作品情報

映画.comより一部引用

スタッフ・キャスト
監督
キウェテル・イジョフォー
製作
アンドレア・カルダーウッド ゲイル・イーガン
製作総指揮
フィル・ハント コンプトン・ロス ピーター・ハンプデン ノーマン・メリー ジェフ・スコール ジョナサン・キング ストライブ・マシイーワ ペイン・ブラウン ジョー・オッペンハイマー ローズ・ガーネット ナターシャ・ワートン
原作
ウィリアム・カムクワンバ ブライアン・ミーラー
脚本
キウェテル・イジョフォー
撮影
ディック・ポープ
美術
トゥレ・ペヤク
衣装
ビア・サルガド
編集
バレリオ・ボネッリ
音楽
アントニオ・ピント
ウィリアム・カムクワンバマックスウェル・シンバ
トライウェル・カムクワンバキウェテル・イジョフォー
アグネス・カムクワンバアイサ・マイガ
アニー・カムクワンバリリー・バンダ
マイク・カチグンダレモハン・ツィパ
ギルバート・ウィンベフィルベール・ファラケザ
ジョセフ・マーセル
エディス・スィケロノーマ・ドゥメズウェニ
2018年製作/113分/G/イギリス・マラウイ合作
原題:The Boy Who Harnessed the Wind
配給:ロングライド