映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇

上映中
スポンサーリンク
映画『ベン・イズ・バック』公式サイト 絶賛上映中!
アカデミー賞(R)主演女優賞受賞のジュリア・ロバーツ主演、「救えるとしたら、私しかいない」息子を全力で守る母の“衝撃と感動”のドラマ

映画『ベン・イズ・バック』(103分/米/2018)

原題 『Ben Is Back』

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』の作品情報

【原題】
『Ben Is Back』
【製作年】
2018年
【製作国】
アメリカ合衆国
【上映時間】
103分
【日本公開】
2019年
【世界公開】
2018年
【監督】
ピーター・ヘッジズ
【脚本】
ピーター・ヘッジズ
【キャスト】
ジュリア・ロバーツ
『プリティ・ウーマン』『ノッティングヒルの恋人』『ペリカン文書』『エリン・ブロコビッチ』『デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく』

ルーカス・ヘッジズ
『ムーンライズ・キングダム』『ゼロの未来』『グランド・ブダペスト・ホテル』『Three Billboards Outside Ebbing, Missouri』

キャスリン・ニュートン
『バッド・ティーチャー』『パラノーマル・アクティビティ4』『スリー・ビルボード』

コートニー・B・バンス
『ターミネーター:新起動 ジェニシス』『犬ヶ島』

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』の作品概要

コカイン、麻薬等の薬物はどれほど恐ろしいかを訴える物語である。

家族の中から薬物依存者が出たらそれは地獄の始まりの日々を意味する。

一度、薬物に陥ったら並大抵の努力では抜け出せない。

本人も家族も友人も失くし、破滅へと向かう。絶対に薬物に手を出してはいけないことを伝えてる映画だ。

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』のあらすじとネタバレ

寒いクリスマスイブの日、薬物施設から息子が突然帰ってきた。

家族にとっては歓迎できない帰省だ。ジュリア演じるホリーには子供が4人いる。全夫の息子であるベン(本作の主人公)、娘アイヴィーと現夫との間に男女。

ベンは薬物依存どころか売人もやっていた。それだけで家族にとっては大きな負い目であり恐怖だろう。

ベンはクリスマスを家族と過ごしたかったというが、皆が反対する中、母親だけは気持ちを同じにしてくれた。

しかし、故郷にはかつての薬物仲間や売人がたくさんいる。それが一番の誘惑であり依存なのだ。

果たしてベンと家族は薬物を断ち切ることができるだろうか、、、、。

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』の感想と評価

自身の子供た薬物依存になっていく様を辛いだろう 見ていられない

本年になってアメリカ映画の薬物をテーマにした作品は2本目になる。

ビューティフル・ボーイ』こちらは父親が息子の薬物依存を救おうと必死になる物語だ。

本作『ベン・イズ・バック』は母親が息子を助ける物語だ。

両作品とも親の苦闘、苦悩を軸に展開している。やはり自身の子供が薬物に溺れて堕落していく姿は辛いものだ。

いくら自制を促しても薬物は悪魔のように囁いて近ずいてくる。逃れよう逃れようと格闘しても追いかけてくる。

一度、薬物の快楽を知ってしまうと脳みそが条件反射のごとく思い出すのだ。ある薬物患者の言葉を思い出した「脳みそからよだれが出るほど気持ち良い」と。

その快感はよくわからないが、抜け出せないアリ地獄に陥った最後なのだろう。

アメリカ合衆国の暗部 薬物は撲滅できないのか

本作『ベン・イズ・バック』も『ビューティフル・ボーイ』もアメリカ社会の負の部分に着目した作品である。

アメリカ社会は自由だ。

自由の国と謳っているから薬物が自由とは限らない。

でもずっと昔から薬物がはびこり、人々を苦しめてきたのに未だに撲滅されていないのは何か理由があるのだ。

それは薬物で成り立っているビジネスモデルの存在だ。

“やる人、売り人、治す人”のピラミッドがある。

その人たちそれぞれで何らかのメリットがあるのだろう。一番悪いとされているのは無論売る人だ。

あれだけの大国だから、政府が一丸となって薬物販売の元締めを一斉に検挙することもできるはずだが、やらないのはなぜだろう。

薬物依存の息子の帰省で壊れていく家族

さて、映画は正直言って救いようのない話だ。薬物依存施設に送られていた息子が帰郷することで静かだった暮らしに不協和音が鳴り響く。

彼の帰郷によって全てが狂い出すのだ。息子はクリスマスだから帰ってきたが、薬物への欲求を捨てきれていない。

母親は息子を信じるが、結局は裏切られる。はっきり言って息子はクズだ。こんなクズにしたのも薬物のせいだろう。

本当に恐ろしい。薬物と縁を切るなら薬物のない国へ行くしかないだろう。

アメリカでは不可能だ。故郷にはかつて売人もいるし、誘惑も多い。どこへ逃げてもそっと忍び寄ってくる。

薬物依存の戦いは薬物との戦いというより“売人との戦い”なのだ。

この母と息子は互いに依存し合っている 甘やかせ過ぎではないか

映画を観ていて感じたのはジュリア・ロバーツ演じるホリーの強い母性愛だ。

同時に息子は孤独なゆえにマザコンにならざるを得ない。両者共に依存しているのだ。

そりゃ、確かに血を分けた我が子が可愛いかもしれないが、私から見たら甘やかしすぎなのではと言いたくなるのだ。

アメリカ社会では一度、薬物にハマったら並大抵の努力では抜け出せないことはわかっているはずだ。

息子は施設から許可が出たと言って帰省するが、それが嘘とわかった時点で送り返さなきゃいけないだろう。

結局、両者はそれぞれの首を絞めてしまって更なる深みに陥ってしまったのだ。

君子危うきに近寄らずと認識していても薬物がやってくる社会

このベンが薬物に陥るきっかけは怪我をして鎮痛剤と言われるオピノイドを処方されてからとあった。ケシの実から作られる立派な麻薬だ。

これによってアメリカは多くの死者を出しているようだ。

実際のアメリカ社会に住んでいないし、薬物中毒者にも会ったことがないので何ともコメントできないが、“君子危うきに近寄らず”が大事なのではないだろうか。

もちろん親も子供が薬物に行かないようにちゃんとしたコミュニケーションをとることが重要だと改めて感じた映画だった。

*それにしてもジュリア・ロバーツの顔のパーツは大きくて力強いと感じた。目鼻も眉毛も耳も全てが女優を主張している。

『プリティー・ウーマン』の時も可愛らしかったが、年輪が加わって更に魅力的になったように感じる。

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』まとめ 一言で言うと!

“君子危うきに近寄らず”絶対に薬物禁止!
もう、これしか言えません。いくら薬物が蔓延しているアメリカ社会と言えど全員が全員、薬物と関わるはずがないと信じたい。ちゃんとして人間関係を築いている場所には薬物はないでしょう。

*タイトルのBen Is Backだが、ベンは帰ってきたのか?この映画の意味合いはベンが薬物を断ち元に戻ったことを指している。しかし、ベンは薬物状態に戻ってしまった。違う方向に“帰ってしまった”のだ。
一体、どこに帰ってきたのだろうか。

以下、薬物依存との戦いを描いた『ビューティフル・ボーイ』

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

ルーカス・ヘッジズの他の作品

以下、薬物依存、アルコール依存についての描写がある映画

『ベン・イズ・バック』

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇
ジュリア・ロバーツが薬物依存で苦しむ息子を救おうと格闘する演技が素晴らしい。自身も年頃の息子を持つ身として体当たりで挑んでいる。アメリカ社会の深層について如実に描いている。薬物依存症から復活するのはとても難しい。自身の子供が壊れていくのは辛い。果たして息子は帰ってくるのか。そして以前のように平和に暮らす日々は戻るのか。

 

『ビューティフル・ボーイ』

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

 

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

 

『暁に祈れ』

『暁に祈れ』(117分/英仏合作/2017)
原題 『 A Prayer Before Dawn』 イギリスから来た青年が、タイでドラッグに溺れ沈没して刑務所にぶち込まれる。凶悪犯罪者の囲まれ、生き抜いていくための手段として用いたのは“拳”だった 最...

 

『アリー/ スター誕生』

『アリー/ スター誕生』(135分 米)
『アリー/ スター誕生』 原題 A Star Is Born レディー・ガガにどっぷり浸れる映画。ガガがこの映画で勝負しているのが実感できる。確実に“獲り”に行っている。 レディー・ガガ150パー...

 

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

 

『ボヘミアン・ラプソディ』

クイーン伝説『ボヘミアン・ラプソディ』フレディーの世界を変えた変えた生き様を観よ
ロック史上、いや音楽史上最高のバンド、クイーン。ボーカルを務めたのはフレディー・マーキュリー。唯一無二の美声と圧倒的なパフォーマンスで世界中を魅了した。しかしフレディーには大きな悩みがあった。出自ではなく自らのセクシャリティーだ。そして愛を求め愛を歌うことで、本当の愛を掴んだ。フレディー死すとも魂は伝承されていく。

アルコール依存症

『ドント・ウォーリー』

映画『ドント・ウォーリー』はアルコール依存症を克服する物語。ネタバレ、感想
映画『ドント・ウォーリー』は身体障害者になった人があらゆる困難に立ち向かい成功への階段を駆け上がる物語ではない。アルコール依存症というアメリカ社会が抱える社会問題を取り上げ、断酒することで人生を豊かにすることができるメッセージを送っている。勇気と力をもらえる映画である。また憎悪からは何も生まれない。許すことの大切さも

 

『魂のゆくえ』

イーサン・ホーク主演『魂のゆくえ』はポール・シュレイダー監督最高傑作。『地球のゆくえ』とも言える作品である。ネタバレ・あらすじ・評価
ポール・シュレイダー監督作品。50年の構想を得て書き上げた脚本を自ら監督した映画。教会の牧師があバリーコーガンつ夫婦との出会いによって自らのアイデンティティーについて深く考える。また自分のせいで戦死した息子への悔恨の思いが強く、自身も死へと向かう刹那的な物語だ。人間のせいで地球は破壊へと向かう。それを止めるべく取った行動とは、、、。

 

『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』実話は映画史上最高傑作の反戦映画である。ネタバレ、感想、評価
クリント・イーストウッドは多くの戦争映画を制作している。西部劇作品も一貫して戦争映画だ。『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も戦争映画だ。そして本作はおそらくイーストウッド自身ストレートに描いた最高傑作の反戦映画であると言える。事実、アメリカの戦争映画の興行収入の記録を作った。そこに反戦の事実がある。

 

こちらはギャンブル依存

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

世紀の対決『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』この一戦から女性の地位が向上した
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』(122分/米/2017) 原題  『Battle of the Sexes』 女性の地位向上と男女差別是正を目指したテニス選手の物語でもあるが、LGBTへの理解を世界に示した勇...

映画のことなら映画.comより引用

監督
ピーター・ヘッジズ
製作
ニーナ・ジェイコブソン 
ブラッド・シンプソン テディ・シュワルツマン ピーター・ヘッジズ
製作総指揮ダニエル・ステインマン マイカ・グリーン ダン・フリードキン ベン・スティルマン マイケル・ハイムラー ジェーン・エバンス ミッキー・リデル ピート・シレイモン

脚本
ピーター・ヘッジズ
撮影スチュアート・ドライバーグ
美術フォード・ホイーラー
衣装メリッサ・トス
編集イアン・ブルーム
音楽ディコン・ハインクリフェ
音楽監修スーザン・ジェイコブス

キャスト
ジュリア・ロバーツホリー
ルーカス・ヘッジズベン
キャスリン・ニュートンアイヴィー
コートニー・B・バンスニール

作品データ
原題 Ben Is Back
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 103分
映倫区分 G