映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」

スポンサーリンク
映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」お茶の間映画館

映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『プリティ・ウーマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『プリティ・ウーマン』
(119分/アメリカ/1990)
原題『Pretty Woman』

【監督】
ゲイリー・マーシャル
【製作】
アーノン・ミルチャン スティーブン・ルーサー
【製作総指揮】
ローラ・ジスキン
【脚本】
J・F・ロートン
【撮影】
チャールズ・ミンスキー
【音楽】
ジェームズ・ニュートン・ハワード
【出演】
リチャード・ギア
ジュリア・ロバーツ
ローラ・サン・ジャコモ ラルフ・ベラミー ジェイソン・アレクサンダー ヘクター・エリゾンド
エリノア・ドナヒュー アレックス・ハイド=ホワイト エイミー・ヤスベック ジェイソン・ランダル ハンク・アザリア ナンシー・ロック
【HPサイト】
映画『プリティ・ウーマン』IMDbサイト
【予告映像】
映画『プリティ・ウーマン』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『プリティ・ウーマン』NHK BSプレミアム放送 12月9日(水)午後1時00分~3時00分
    1. 12月9日(水)午後1時00分~3時00分
  2. 映画『プリティ・ウーマン』のオススメ度は?
  3. 映画『プリティ・ウーマン』の作品情報・概要
  4. 映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『プリティ・ウーマン』の感想・内容
    1. ジュリア・ロバーツは『プリティ・ウーマン』で世界へ大躍進!
      1. 『美女と野獣(1991)』もある意味「シンデレラ・ストーリー」か?
    2. アメリカ・ハリウッドでは未だにベッドシーンに挑戦する女優は高い評価
      1. レイはスカイウォーカー家?それとも「シンデレラ」だったのか?
    3. 男目線の「娼婦のシンデレラ・ストーリー」に異論があることも確か
      1. 男女の立場が逆転する「シンデレラ・ストーリー」も必見!
    4. リチャード・ギアとこれから世界の頂点を目指す若きジュリア・ロバーツを合わせれば大ヒットというソロバン勘定
      1. 80年代を代表する「シンデレラ・ストーリー」間違いなし!
    5. 『プリティ・ウーマン』のオープニングで当時の世界が好景気なのがわかる
      1. 薬師丸ひろ子が描く「シンデレラ・ストーリー」の結末はいかに?
    6. お金持ちの男が娼婦と出会って、、、何が起きる、、、
      1. エル・ファニングは可愛すぎの「シンデレラ」は歌姫になる
    7. ジュリア・ロバーツの好感度を上げる演出がたくさんある
      1. 宗教が絡むと「シンデレラ」になるのは難しいようです
  6. 映画『プリティ・ウーマン』の結末・評価
    1. ビビアンに惹かれていく自分が抑えず「1週間買う」エドワード
      1. レディー・ガガが演じる「シンデレラ」は恋人はたまったもんじゃあない
    2. エドワードとビビアンの恋愛物語だけではなくサイドストーリーも用意されている
      1. 音楽界に舞い降りた彼女に「シンデレラ・ストーリー」は用意されていたのでしょうか?
    3. 娼婦の女は口にキスをしないはずが熱い抱擁でエドワードに「愛を告げる」
      1. 門脇麦さんと小松菜奈さんは日本映画の永遠の「シンデレラ」であって欲しい
    4. エドワードもビビアンの「人間成長物語」がちゃんとある映画
      1. もっと評価されて欲しい「シンデレラ」はアメリカ女性に自由と平等をもたらした
    5. エドワード「話の続きを聞かせてくれ」ビビアン「王女もナイトを救うの」のラスト
      1. ばるぼらは「シンデレラ」ではなく「ミューズ」だった
  7. 映画『プリティ・ウーマン』のキャストについて
  8. まとめ 映画『プリティ・ウーマン』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【差別をテーマにしたオススメ映画】
      1. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      2. 映画『ルース・エドガー』
      3. 映画『ハリエット』
      4. 映画『ナイチンゲール』
      5. 映画『レ・ミゼラブル』
      6. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      7. 映画『ブラック・クランズマン』
      8. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      9. 映画『グリーンブック』
      10. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      11. 映画『ジョジョ・ラビット』
      12. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      13. 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』
      14. 映画『存在のない子供たち』
      15. 映画『風をつかまえた少年』
      16. 映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』
      17. 『美女と野獣(1991)』
      18. 映画『天使にラブ・ソングを…』
      19. 映画『37セカンズ』
  10. 映画『プリティ・ウーマン』の作品情報

映画『プリティ・ウーマン』NHK BSプレミアム放送 12月9日(水)午後1時00分~3時00分

12月9日(水)午後1時00分~3時00分

ジュリア・ロバーツは本作で「世界の女優」になりました

音楽が良いです

ロイ・オービソンのオー・プリティ・ウーマン」

娼婦がシンデレラになる物語です

リチャード・ギアは本当は冷酷な乗っ取り屋です

ちょっと「女性蔑視」「性差別」が見受けられます

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』のオススメ度は?

3.0

3つです

とっても「可愛い」映画です

ジュリア・ロバーツの出世作です

リチャード・ギアが「優しすぎる」

娼婦のシンデレラ物語です

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』の作品情報・概要

『プリティ・ウーマン』原題『Pretty Woman1990年公開のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督作品。『愛と青春の旅だち』『嘘はフィクサーのはじまり』のリチャード・ギアと『ノッティングヒルの恋人』『ベン・イズ・バック』のジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。オードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』を下敷きにしている。ロイ・オービソンが1964年に発表した「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、大ヒットした。ジュリア・ロバーツは本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。ジュリア・ロバーツは、本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ

ニューヨークから出張でロサンゼルスへ来たエドワード・ルイス(リチャード・ギア)。彼は「ウォール街の狼」と呼ばれる乗っ取り専門の実業家。ビバリーヒルズで友人のパーティーに参加していたが抜け出すことします。その際、友人のフィリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー) の高級車ロータス・エスプリを借ります。ミッションギアの車に不慣れなエドワードは辛うじてハリウッドに乗り付けます。そこでコールガール、つまり娼婦として働いているビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ) を車に乗せます。二人はロスの夜をドライブします。そしてエドワードは一晩だけビビアンを買うことにします。そして翌朝、帰ろうとするビビアンにエドワードがある提案を出します。「1週間、雇いたい」です。ギャラは3000ドルです。それから二人の奇妙なホテルライフが始まります。

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』の感想・内容

ジュリア・ロバーツは『プリティ・ウーマン』で世界へ大躍進!

「リチャード・ギアが一番頂点」だった映画です。ジュリア・ロバーツは本作を持って大スターの仲間入りを果たします。

彼女は本映画『プリティ・ウーマン』で大勝負をかけたと言って良い作品でしょう。

当時、リチャード・ギアはテレンス・マリック『天国の日々』で演技派として認知され、『アメリカン・ジゴロ』ではハリウッドきってのプレーボーイのイメージを決定つけています。

もうセクシー、クール、さらにインテリジェンスを持った雰囲気でモテモテだったと思います。

『美女と野獣(1991)』もある意味「シンデレラ・ストーリー」か?

アメリカ・ハリウッドでは未だにベッドシーンに挑戦する女優は高い評価

そこに上り調子のジュリアはうまく乗ったと言って良いでしょう。劇中、体当たりの演技を魅せています。かなり濃厚なラブシーンに挑戦しています。(ただボディダブルだったと言われています)

実際、アメリカ・ハリウッドでは未だにベッドシーンに挑戦する女優は高い評価を得ます。そしてその後はステップアップすることが多いです。

ジュリア・ロバーツを見習ってかわかりませんが、アン・ハサウエイ然り。彼女は『アン・ハサウェイ/裸の天使』で体当たりの演技を披露し、その後『ブロークバック・マウンテン』そして『プラダを着た悪魔』で天下をとりました。

日本映画で例えるなら黒木瞳さん、そしていまは『ばるぼら』の二階堂ふみさんが堅調な例です。

レイはスカイウォーカー家?それとも「シンデレラ」だったのか?

男目線の「娼婦のシンデレラ・ストーリー」に異論があることも確か

さて、本映画『プリティ・ウーマン』を簡単に言ってしまうと「娼婦のシンデレラ・ストーリー」となります。

貧しく若く美しく、知性に乏しい女性がお金持ちの男と出会って、最後には結ばれるというとても単純な物語です。

でも、これを現在の感覚で考えてみるとひどく「女性をバカにしている」という意見があることも確かです。

未だに女性が貧乏になるとコールガール、つまり「娼婦の仕事をしなければいけないのか」というステレオタイプな男性目線側の映画だからです。

もしいま現在、同じような映画を作ろうものなら女性団体から「女性蔑視」「性差別」と糾弾されることでしょう。冷静に考えてみると確かにそうです。

男女の立場が逆転する「シンデレラ・ストーリー」も必見!

リチャード・ギアとこれから世界の頂点を目指す若きジュリア・ロバーツを合わせれば大ヒットというソロバン勘定

ビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ) は田舎からロサンゼルスへ男を一緒に出てきて、捨てられて、娼婦になったのですが、他にも仕事があったはずなんです。

でも敢えて、娼婦を選んだのは「知性教養がなかった」からなんです。

本映画『プリティ・ウーマン』ではその辺りの描き方がちょっと雑です。

でも言ってみればハリウッドきってのセクシースターのリチャード・ギアとこれから世界の頂点を目指す若きジュリア・ロバーツを合わせれば大ヒットというソロバン勘定が出した物語ですから、とやかくいう必要はありません。

80年代を代表する「シンデレラ・ストーリー」間違いなし!

【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末
【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末・ 歌詞・名言・テーマ曲と音楽の紹介。映画『愛と青春の旅だち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と青春の旅だち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と青春の旅だち』の作品情報・概要『愛と青春の旅だち』原題『An Officer and a Gentleman』1982年のアメリカの青春恋愛映画。テイラー・ハックフォード監督作品。リチャード・ギア主演。デブラ・ウィンガー、デビッド・キース、リサ・ブロント共演。鬼軍曹フォーリーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアが1982年度アカデミー助演男優賞を受賞している。主題歌『愛と青春の旅だち』もアカデミー歌曲賞を受賞している。ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った。本映画の成功は『トップガン』製作の後押しになったと言われている。

『プリティ・ウーマン』のオープニングで当時の世界が好景気なのがわかる

さてさて本映画『プリティ・ウーマン』のオープニングが面白いのです。

男が女性二人の手にコインをかざして、増やしたり、消したりしています。いわゆる「金転がし」です。

こっちにあるお金をこっちに移せば「ほら、こんなに儲かるよ」と言っています。一見、詐欺のような話ですが、当時の世界の景気状況を絶妙に表しています。

日本同様、本映画『プリティ・ウーマン』製作時はバブル絶頂の時代でした。まさかバブル崩壊を予想していたかわかりませんが、このオープニングは秀逸です。

そしてエドワード・ルイス(リチャード・ギア)が登場します。電話をかけています。

エドワードの身なりはいかにも成功したビジネスマンですが、どんな仕事をしているのかはわかりません。しばらくすると会社を安く買って、高く売る転売ビジネスをやっていることがわかります。

いわゆる乗っ取り屋ですね。

本当は憎まれ役なのですが、エドワードはとてもソフトなイメージを与えてきます。

それはニューヨークを舞台にした『ウォール街 』と違って、太陽の降り注ぐロサンゼルス舞台のロマンティック・コメディだからでしょう。

薬師丸ひろ子が描く「シンデレラ・ストーリー」の結末はいかに?

お金持ちの男が娼婦と出会って、、、何が起きる、、、

エドワードは友人のフィリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー) から借りた高級車ロータスでダウンタウンへ繰り出します。

ミッション車をうまく運転できない、エドワードに声をかけるのが娼婦のビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ)です。

一目見て娼婦だとわかります。

エドワードはビビアンに運転してもらってロサンゼルスの高級ホテルであるビバリーウィルシャー フォーシーズンズ ホテルに戻ります。

二人は一旦、別れる雰囲気ですが、やはりエドワードが疼いたのでしょう。「君に先約がなければ1時間100ドル払う」と言います。そこから二人の一週間が始まります。

エル・ファニングは可愛すぎの「シンデレラ」は歌姫になる

ジュリア・ロバーツの好感度を上げる演出がたくさんある

本映画『プリティ・ウーマン』を観ていると本当にジュリア・ロバーツの好感度を上げる演出がたくさんあることに気が付きます。

一番は娼婦の格好の服装から高級セレブのエレガントな衣装にチェンジするメタモルフォーゼがなされているところです。

その他はビビアンが高級ホテル内を歩く際に、他のお金持ちであろうお客が奇異な目線を投げかける場面で、わたしたちは三者三様の気持ちも理解できる演出をしています。

エドワード、お客、そしてビビアンの三人です。

自分と一緒にいる人物が娼婦であったのなら「とても恥ずかしいから離れて歩け」あるいは「気にせず一緒にいて」他の客であったなら「娼婦が来るところではない」と思うかもしれません。

そしてビビアンは「とっても恥ずかしい」「いいえ、堂々としていよう」などと思ったのは間違いないと思います。

監督のゲイリー・マーシャルはうまくお客さんを映画に引き込むことに成功したと思います。

この場面のどれをとっても全部ビビアン演じるジュリア・ロバーツの好感度アップへと繋がるのです。

もうひとつ、付け加えるなら本映画『プリティ・ウーマン』はビバリーウィルシャー フォーシーズンズ ホテルとのタイアップのなされている気がします。

ホテルの支配人(ヘクター・エリゾンド) の対応がとても紳士的なのです。

娼婦とわかっているのに邪険にしません。人は見た目で判断してはいけないということでしょうか。

宗教が絡むと「シンデレラ」になるのは難しいようです

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』の結末・評価

ビビアンに惹かれていく自分が抑えず「1週間買う」エドワード

さてさてエドワードは一夜だけのつもりでした、ビビアンに惹かれていく自分が抑えきれません。

さらに「1週間買う」のです。娼婦としてではなく仕事のパートナーとして雇います。

3000ドルです。そしてクレジットカードを渡して、好きなだけ買い物をしてこいと言います(これってお金で女性を意のままにしているという見方もあります)

ここが見どころという人も多いです。高武者な店員の態度に一矢報いるビビアンを応援したくなります。

ただですね、これはビビアンの力ではなくエドワードとヘクターの力なのですよ。

高級店の多くの店員は多分にもれず「品格」を大事にしていますから、あのような態度をとるのは当然なのですよ。

そりゃ、悔しいでしょうが、そうなった原因はどこにあるのかを考えれば「自分の無知性」に行き着くのです。

そして大量に買った紙袋を引っさげて意地悪したお店へ言って「大損害だね」などという辺りはちょっと恥ずかしく思います。

バカな女性を露呈しています。ここが時代を感じる演出ですね。

レディー・ガガが演じる「シンデレラ」は恋人はたまったもんじゃあない

エドワードとビビアンの恋愛物語だけではなくサイドストーリーも用意されている

さてさて本映画『プリティ・ウーマン』はエドワードとビビアンの単なる恋愛物語だけではなく、ちゃんとしたサイドストーリも用意されています

エドワードの生い立ちが紹介されて、どうして乗っ取り屋になったかの背景も描かれています。父親との確執です。母を捨てた大金持ちでした。

そして成長した父の会社を乗っ取り、バラバラにして売り飛ばします。父への復讐が達成されました。

ビビアンはカッコつけている男ばかりに興味を持って生きてきました。そして三番目の男と一緒にロスへ来ましたが、捨てられました。

行き場がなくて娼婦になりました。でも彼女は悩んでいることがわかります。

本当は「こんな暮らしから抜け出したい」と。印象的な言葉があります。「噂だけで世間は人に烙印を押すのよ。人間の中身を見ようとしないのよ」です。

音楽界に舞い降りた彼女に「シンデレラ・ストーリー」は用意されていたのでしょうか?

娼婦の女は口にキスをしないはずが熱い抱擁でエドワードに「愛を告げる」

エドワードとビビアンの終わりが近づいています。観ているわたしたちも追い詰められている感じがします。

エドワードはビビアンを連れ立ってサンフランシスコへ行きます。オペラ鑑賞です。

演目は『椿姫』です。初めてオペラを鑑賞するビビアンは大喜びです。

内容はお金持ちの男性が娼婦を恋に落ちて結婚するというものでした。

その夜から二人はもう離れられない存在だと気がつきます。

そして二人は熱い抱擁を交わします。

娼婦の女は口にキスをしないと言っていたのにビビアンはエドワードに唇を許します。

それは「愛している」と告げるには十分なキスでした。しかし独身貴族を気取るエドワードは悩みます。

門脇麦さんと小松菜奈さんは日本映画の永遠の「シンデレラ」であって欲しい

エドワードもビビアンの「人間成長物語」がちゃんとある映画

エドワードの仕事への向き合いかたも変わってきます。

本来であれば冷酷な乗っ取り屋ですが、ビビアンと過ごす日々で優しさが芽生えてきました。

乗っ取りを画策していた会社の人間を「共同経営しよう」と持ちかけるのです。

ここに本映画『プリティ・ウーマン』の人間成長物語が達成されます。

出来ることなら最初のリチャード・ギアが冷酷であった方が、より際立ったと思います。終始、柔和でした。

本映画『プリティ・ウーマン』の結末も予想通りです。

「たぶん、くっつくんだろうな」って思うのですが、やっぱり胸を打ちます。

アパートに帰って娼婦を止めて、学校へ行って勉強すると決意するビビアン。

エドワードはニューヨークへ旅立つ用意をしていますが、ビビアンのことが忘れられません。

そしてビビアンのアパートへ行きます。

ここで援護射撃したのがホテル支配人のヘクターです「この運転手が昨日ビビアン様をお送りしました」です。

なんかありがちなんですが、ホテルマンの心配りに熱くなりました。

もっと評価されて欲しい「シンデレラ」はアメリカ女性に自由と平等をもたらした

エドワード「話の続きを聞かせてくれ」ビビアン「王女もナイトを救うの」のラスト

ビビアンのアパートに到着したエドワードは花を買ってビビアンのアパートの階段を登って「話の続きを聞かせてくれ、ナイトは塔に登って王女を救った」と言います。

するとビビアンは「王女もナイトを救うの」と言って熱いキスを交わします。

現代に『椿姫』の誕生です。とても面白いロマンティックコメディ映画でした。まるでおとぎ話のようなシンデレラストーリーでした。

ばるぼらは「シンデレラ」ではなく「ミューズ」だった

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』のキャストについて

エドワード・ルイス(リチャード・ギア)
ビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ)
キット・ド・ルカ(ローラ・サン・ジャコモ)
ジェームス・モース(ラルフ・ベラミー)
フィリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー)
ホテルの支配人(ヘクター・エリゾンド)
ブリジット(エリノア・ドナヒュー)

スポンサーリンク

まとめ 映画『プリティ・ウーマン』一言で言うと!

「人生、一度は大勝負」

長いようで短い人生。誰でも一度は「成功したい」と思うのでしょうか。「静かでいたい」と思う人もいますから一概には言えませんが、何か目の前に訪れた好機ってあります。その時に対応できるかどうかでその後の人生が決まることがあります。本映画『プリティ・ウーマン』ではビビアンに一世一代のチャンス到来、そして演じるジュリア・ロバーツにとってもその後の活躍を見れば、大チャンスであったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【差別をテーマにしたオススメ映画】

映画『伊豆の踊子(1974)』

職業差別・女性差別が厳しすぎる

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『ルース・エドガー』

差別・偏見はアメリカ社会から消えないのか

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『ハリエット』

こんなに強い女性人権活動家はいない

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画
映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

映画『ナイチンゲール』

ジェニファー・ケント監督が描く#MeToo映画最高傑作

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『レ・ミゼラブル』

華やかなパリには差別世界が広がっている

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

ここはアメリカですか?

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ブラック・クランズマン』

黒人差別をコミカルに描いた名作

スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』は人種差別問題をコメディータッチで描くことで痛烈なメッセージ送った。ネタバレ、あらすじ、感想。
スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』はカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得、さらにアカデミー脚色賞獲得した名作。ようやくアメリカ映画界もスパイク・リーの功績を評価し始めたと言える。遅すぎた春だ。本作は人種差別という重たいテーマをコミカルに描くことで痛烈なメッセージを投げかけてきた。このメッセージを未来に繋げたい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

若い二人の恋愛に差別の障害が、、、涙が止まりません

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『グリーンブック』

黒人ミュージシャンと白人ドライバーの友情物語

2019年アカデミー賞 三部門受賞!納得『グリーンブック』は実話の男の友情物語。感想、評価、ネタバレ
この映画は天才黒人ピアニストが危険を承知の上で南部アメリカを旅することで人種差別撤廃を訴えている。共に旅するのが、陽気なイタリア人の用心棒。凸凹コンビが織りなすドラマに涙する。喜怒哀楽は元より、差別と言う醜い人間の感情を撤廃しなければ幸せな未来は訪れないと痛感させる映画である。人間は本音で話し合えば仲良くなれるのだ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インドのカースト制度は終わらない

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『ジョジョ・ラビット』

ユダヤ人差別が凄まじい

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

LGBT映画の最高作品

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

ネイティブインディアンのために戦う白人

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。
映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』下記サイトにて作品情報・キャスト等をご確認ください。ケビン・コスナー、製作・監督・主演の最高傑作です。アメリカ先住民との交流を見事に描いています。先住民を善として描いています。人権も動物も大事にして映画製作されているのも評価されている理由でしょう。

映画『存在のない子供たち』

存在さえ認められないとは酷すぎます

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『風をつかまえた少年』

黒人であるがためにチャンスも乏しいのか、、

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』

これは必見!動物から差別される人間を描いている

ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。
ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『The Jungle Book』実写の少年とCGIアニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。脚本はジャスティン・マークス。

『美女と野獣(1991)』

見かけで判断していはダメ

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『天使にラブ・ソングを…』

ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー

映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー
映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー 映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『天使にラブ・ソングを…』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要 1992年製作のアメリカのコメディー映画。閉鎖的なイメージの修道院で繰り広げられるドタバタコメディーだが、友情、挑戦、変革等の要素を上手く取り入れている。主演のウーピー・ゴールドバーグの絶賛演技。ハーヴェイ・カイテルの座った演技とコミカルな雰囲気も素晴らしい。アメリカでは6ヶ月のロングランを記録。

映画『37セカンズ』

これは必見です!佳山明さんの演技がすごい!

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。
スポンサーリンク

映画『プリティ・ウーマン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ゲイリー・マーシャル
製作
アーノン・ミルチャン スティーブン・ルーサー
製作総指揮
ローラ・ジスキン
脚本
J・F・ロートン
撮影
チャールズ・ミンスキー
音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード
エドワード・ルイス(リチャード・ギア)
ビビアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ)
キット・ド・ルカ(ローラ・サン・ジャコモ)
ジェームス・モース(ラルフ・ベラミー)
フィリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー)
ホテルの支配人(ヘクター・エリゾンド)
ブリジット(エリノア・ドナヒュー)
ディビッド・モース(アレックス・ハイド=ホワイト)
エリザベス・スタッキー(エイミー・ヤスベック)
ジェイソン・ランダル
ハンク・アザリア
ナンシー・ロック
1990年製作/119分/アメリカ
原題:Pretty Woman

タイトルとURLをコピーしました