映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末。

スポンサーリンク
映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末2022年製作

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ザ・コントラクター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ザ・コントラクター』
2022年製作/104分/G/アメリカ
原題:The Contractor
配給:クロックワークス
【監督】
タリク・サレ
【製作】ベイジル・イバニク エリカ・リー【製作総指揮】マイカ・グリーン ダニエル・ステインマン ダン・フリードキン ジョナサン・ファーマン エスター・ホーンスタイン エリック・ウォーレン・シンガー トム・ラサリー ジョシュ・ブラットマン ピーター・タッチ サマンサ・オールウィントン クリス・パイン マイケル・フリン ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン ジョン・フリードバーグ サミュエル・J・ブラウン【脚本】
J・P・デイビス【撮影】ピエール・アイム【美術】ロジャー・ローゼンバーグ【衣装】ルイーズ・ニッセン【編集】タイス・シュミット【音楽】アレックス・ベルチャー
【出演】
クリス・パイン ベン・フォスター ジリアン・ジェイコブス エディ・マーサン J・D・パルド フロリアン・ムンテアヌ キーファー・サザーランド

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』外部リンク

HPサイト】
映画『ザ・コントラクター』公式サイト

【予告映像】
映画『ザ・コントラクター』トレーラー

【公式Twitter
映画『ザ・コントラクター』

IMDbサイト】
映画『ザ・コントラクター』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ザ・コントラクター』 

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』のオススメ度は?

3.0

星3つ半です

面白い

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の作品情報・概要

『ザ・コントラクター』『Walad Min Al Janna』でカンヌ国際映画祭の脚本賞を受賞した、スウェーデン出身のタリク・サレ監督作品。クリス・パイン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ベン・フォスター、ジリアン・ジェイコブス、エディ・マーサン(映画『キャッシュトラック』や映画『ジェントルメン』『バイス』)、JD・パルド、フロリアン・ムンテアヌ(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、キーファー・サザーランド(映画『スタンド・バイ・ミー』)らが出演。

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の受賞歴

無し(2022年現在)

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ:起

陸軍のジェームスは膝にケガを負ってからリハビリに努めていました。

妻と息子のために軍にいたいと考えていましたが、新しい上官から目を付けられてしまい名誉除隊となるのです。

上官に目を付けられていたジェームスは軍の施設を後にし、民間の軍事企業などを当たることに…。

家には借金があって年利18%との知らせを妻から受けたこともあり、戦友のマイクを訪ねることにします。

マイクは久しぶりに会ったジェームスを歓迎しつつ、家族に彼を紹介。

そこで割の良い仕事に就いていると聞いて自身も雇ってもらえないかと持ち掛けました。

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ:承

マイクはリーダーのラスティの元にジェームスを連れていきます。

ラスティはジェームスの過去を調査済みで、腕っぷしを見込んで仕事を依頼することにしました。

こうしてジェームスは飛行機に乗ってドイツへ行き、生物兵器の研究者を見張るよう言われます。

ある日、連絡が入って合流地点に向かうとマイクの他、数人の仲間がいて武器などの準備を整えることに…。

研究所に行って目的のデータを入手し、ジェームスは研究者を静かに殺しました。

警察が向かっていると聞いて研究所に放火した一同ですが、警官隊に追い込まれてジェームスとマイクは大きな水道管に避難。

仲間は死に、撃たれたマイクも窮地に陥りますがジェームスのおかげで助かりました。

マイクは先にデータを持ってラスティに届けに行き、ジェームスも休憩してから合流場所へ。

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ:転

ホテルにはマイクの姿が無く、ジェームスはラスティの指示で救助隊と合流しようとしますが、不穏な気配を察して逃げました。

案の定、救助隊はジェームスを殺そうとし、ラスティの指示だとわかったジェームスは追っ手を殺しつつ安全な場所へ…。

そこで一人の男に助けてもらいます。男に助けられたジェームスはベッドで目覚め、彼は安全だと判断。

一緒に食事をとりますが、外から狙撃されたことで再び逃げることになりジェームスは研究者が残したバックアップデータを入手することにします。

映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ:結

研究者の妻に会いに行き、有無を言わさず貸金庫に案内させました。

そこでデータを入手すると研究者は人のためにワクチンを研究していたと知り、アメリカに戻ることにします。

マイクも殺されたと考えていたジェームスは彼の家へ。そこで彼が生きていると知り、ラスティのせいで自分は家に帰れないと声を荒げました。

ジェームスはマイクを説得してラスティを殺しに行くことに…2人は家にいた男たちと共にラスティを殺しましたが、マイクは重傷を負ってしまって亡くなります。

こうしてジェームスは妻子の待つ家に戻るのでした。

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の感想・内容

ジェームスが膝の負傷が原因で特殊部隊を除隊されるまでの流れは重いストーリーとなりましたね。

軍に尽くしてきたのに退職金などはなし…名誉除隊なら民間企業に雇ってもらえるだろうと言われますが、ジェームスの表情が明るく無いのが印象的です。

そうしてラスティに前金をもらったジェームスは妻に新しい仕事を説明しますが、彼女はジェームスが死んでしまうのではと不安そうにしていましたね。

家族のために仕事に行くとジェームスは話しつつ、こうして亡くなってしまう人が多かったのだなと認識できました。

家族を大切にしていたジェームスですが対象となる研究者の男を監視していく中で、家族と共に平穏に暮らしているのを見やることになりましたね。

監視対象を毎日、雨の日でもしっかりと見張る姿からもプロだと感じさせます。

家族で過ごす研究者を見ておそらく自身と重ね合わせたかと思いますが…研究所を襲った際にその男を殺す際の心境は計り知れません。

研究者は苦しまずに殺されましたが、その際にバックアップが貸金庫にあるとジェームスだけに話していましたね。

そのデータがジェームスを助けるキッカケとなるのが良かったです。

研究者の妻に銃を突き付け、息子も車に乗ってもらうという緊迫するシーンに…。

子供はジェームスのことを父親の友人だと説明されていたので、大人しくしており話しかけてくる様子が印象的でした。

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の考察・評価

そうしたシリアスなシーンもしっかり映し出すことで、ジェームスの心境を示していたのが今作の見どころでしょう。

また、アクションシーンも凄かったです。研究所に潜入する際には見取り図を確認し、覆面を付けた仲間たちはまず監視員を捕えました。

静かに素早く行動する様からもプロだなと感じさせつつ、指紋認証の扉を開けていく一同…。

その後、警官隊に仲間が捕まったり、狙撃されたりと容赦無いシーンが続きます。
ジェームスは戦友のマイクと逃げつつも負傷している2人の神妙な面持ちが印象に残りました。

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の結末

最後のシーンではマイクがラスティの家を狙撃し、その間にジェームスが中へ。息の合った行動を見せてくれましたね。

マイクが打たれた際の演出や、ラスティの真剣な面持ちなどラストに相応しい見せ場だと思いました。

ジェームスの戦いも凄かったですが、機転を聞かせるシーンも見どころでしたね。

ガスを利用して爆発させたり、警察犬の捜索を妨害するために対策を講じたり特殊部隊にいた際の経験を活かしていたのが印象的。

過酷な任務を経てジェームスが最後に家族の元に戻ったのだと思いますが、数日のできごとを真剣に描きつつもアクションなどにこだわっていることを感じさせる映画でした。

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』のキャストについて

ジェームス(クリス・パイン)
マイク(ベン・フォスター)
ブリアン(ジリアン・ジェイコブス)
ヴァージル(エディ・マーサン)
J・D・パルド
フロリアン・ムンテアヌ
ラスティ(キーファー・サザーランド)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ザ・コントラクター』一言で言うと!

「カッコ良い」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『罪の声』実話?ネタバレ・あらすじ「団塊の世代はfossil(化石)」「学生運動」の残党が真犯人?感想「小栗旬は俳優最盛期と言える」結末「身勝手な正義を強要した悲劇」
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『ザ・コントラクター』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
タリク・サレ
製作
ベイジル・イバニク エリカ・リー
製作総指揮
マイカ・グリーン ダニエル・ステインマン ダン・フリードキン ジョナサン・ファーマン エスター・ホーンスタイン エリック・ウォーレン・シンガー トム・ラサリー ジョシュ・ブラットマン ピーター・タッチ サマンサ・オールウィントン クリス・パイン マイケル・フリン ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン ジョン・フリードバーグ サミュエル・J・ブラウン
脚本
J・P・デイビス
撮影
ピエール・アイム
美術
ロジャー・ローゼンバーグ
衣装
ルイーズ・ニッセン
編集
タイス・シュミット
音楽
アレックス・ベルチャー
ジェームス(クリス・パイン)
マイク(ベン・フォスター)
ブリアン(ジリアン・ジェイコブス)
ヴァージル(エディ・マーサン)
J・D・パルド
フロリアン・ムンテアヌ
ラスティ(キーファー・サザーランド)
2022年製作/104分/G/アメリカ
原題:The Contractor
配給:クロックワークス

タイトルとURLをコピーしました