映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出

スポンサーリンク
映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出2018年製作

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』
(2018年製作/135分/G/アメリカ)
原題『Solo: A Star Wars Story』
【監督】
ロン・ハワード
【製作】
キャスリーン・ケネディ アリソン・シェアマー サイモン・エマニュエル【製作総指揮】ローレンス・カスダン ジェイソン・マクガトリン フィル・ロード クリストファー・ミラー【キャラクター原案】ジョージ・ルーカス【脚本】ジョナサン・カスダン ローレンス・カスダン【撮影】ブラッドフォード・ヤング【美術】ニール・ラモント【衣装】グリン・ディロン デビッド・クロスマン【編集】ピエトロ・スカリア【音楽】ジョン・パウエル【テーマ曲】ジョン・ウィリアムズ【オリジナル音楽】ジョン・ウィリアムズ【視覚効果監修】ロブ・ブレドウ
【出演】
オールデン・エアエンライク
ウッディ・ハレルソン エミリア・クラーク ドナルド・グローバー タンディ・ニュートン フィービー・ウォーラー=ブリッジ ヨーナス・スオタモ ポール・ベタニー ジョン・ファブロー エリン・ケリーマン リンダ・ハント ワーウィック・デイビス クリント・ハワード アンソニー・ダニエルズ レイ・パーク
【HPサイト】
映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』 2021.3.5 よる9時~11時34分放送
    1. 2021.3.5 よる9時~11時34分放送
  2. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のオススメ度は?
      1. 『スター・ウォーズ』シリーズの鑑賞順を紹介しています
  3. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要
  4. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の感想・内容
      1. ジョージ・ルーカスの盟友スティーブン・スピルバーグヒット作
      2. ジェームズ・キャメロン監督も『スター・ウォーズ』シリーズが好きだと思う
  6. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の考察・評価
      1. 猿の惑星もルーカスにいい影響を与えたと思う
      2. 宇宙ではなく「時間」旅行で楽しませてくれます
      3. 爆笑SF映画「監督ティモ・ブオレンソラは偉大」です
  7. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の結末
      1. インドのSF映画は日本を超えている
      2. マイケル・クライトンの描く物語は必見!
  8. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のキャストについて
  9. まとめ 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  12. 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』 2021.3.5 よる9時~11時34分放送

2021.3.5 よる9時~11時34分放送

2週続けて『スター・ウォーズ』シリーズです

あまりヒットしませんでしたが「面白い」ですよ

若者の失恋と再出発物語として観ましょう!

移民の国アメリカ人らしい物語です

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

ハンが「ハン・ソロ」になります

駆け落ちに失敗します

盗賊から成り上がって「パイロット」になります

恋人奪還に失敗「失恋」します

『スター・ウォーズ』シリーズの鑑賞順を紹介しています

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原題『Solo: A Star Wars Story2018年公開のアメリカ映画。当初フィル・ロード&クリス・ミラー(映画『スパイダーマン:スパイダーバース』)が監督だったが「創作上の相違」から降板。急遽ロン・ハワードが監督を務めることになり話題になる。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。主演はオールデン・エアエンライク、映画『ガラスの城の約束』や映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のウディ・ハレルソン、映画『ボディガード(1992)』1992)』のエミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ

遠い昔 はるかかなたの銀河系で。それは法のない時代、複数の犯罪シンジケートが、食料、薬、ハイパー燃料などの資源をめぐり争っていた。造船で有名な惑星コレリアでは卑劣なレディ・プロキシマが逃亡者たちに保護と引き換えに犯罪行為を強要。そんな危険地帯で必死に生きる一人の若者がいた。銀河を飛び回る日を夢見て。 

惑星コレリアでハン(オールデン・エアエンライク)と恋人のキーラ(エミリア・クラーク)はレディ・プロキシマに犯罪行為を強要されて暮らしていた。そんな生活に辟易して逃亡を図る。しかし出国できたのはハン・ソロだけ。キーラは囚われの身になってしまう。ハンは帝国軍に加わりパイロットを目指す。その際、名前のハンに苗字がソロと付けられて「ハン・ソロ」となる。一人前のパイロットになって、絶対にキーラを迎えに行くという強い信念を持っているが、事は簡単に進まない。ある日、強盗団を率いるトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)とヴァル(タンディ・ニュートン)、リオ・デュラント(ジョン・ファヴロー)に出会い、仲間に加えて欲しいと嘆願する。しかし脱走兵と見破られ囚われてします。そして収容所で運命の出会いが待ち受けていた。生涯の相棒となるウーキー族の戦士チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)と初めて顔を合わすのだった。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の感想・内容

「ハン・ソロが失恋する映画」です。本映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が公開されるとネット上に多くの批判的コメントが羅列されたのは記憶に新しいです。

その内訳は「ハン・ソロのソロに決められ方が安直すぎる」とか「恋愛は要らない」とか「師匠を殺すなよ」「アクションシーンが多すぎる」など、散々です。

特に『スター・ウォーズ』ファンが一番がっかりしたのは、はやはり、ハン・ソロの出自に触れたことだと思います。

ハン・ソロ信仰なるものが存在するくらい、「ハンはミステリーであって」欲しかったのです。

まあ、孤児であることは許されますが、「女と駆け落ち」する際に、適当に名前を付けられたとあっては納得が行きません。

ジョージ・ルーカスの盟友スティーブン・スピルバーグヒット作

名前って大事ですよね。

例えば映画『ゴッドファーザー』で、幼いビトーがニューヨークへ流れ着いて、入国管理で名前を聞かれて出身地の「コルレオーネ」と言ってしまって、「ビトー・コルレオーネ」と名付けられたのは良いと思うのです。

それはこれらから、新世界アメリカで生きていくという市民権であり、希望でもあるからです。

でもハン・ソロの場合は国を出ていく時に名付けれらるのは全く意味が異なってくるのです。

自分を受けれ入れてくれなかった国からの脱出、つまり新しい自分を探す旅に恋人と連れ立っているところの命名は確かにガクッと来ます。

ジェームズ・キャメロン監督も『スター・ウォーズ』シリーズが好きだと思う

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の考察・評価

でもこういう脚本にした理由もわかるのです。アメリカって移民の国ですよね。

ヨーロッパの重たい階級社会から逃れて来た人たちの集合国家です。多くの人は苗字を持っていなかったと思うのです。

持っていたとしても、アメリカ入国時にそれまでの苗字を捨てて、「由緒ある血統」を想像されるような苗字を付けた人もいるでしょう。

苗字を辿ればヨーロッパの祖先にたどり着くわけですから、彼らの存在理由を表す大事なことなのです。

そう言ったことを考慮すると、ハンにソロと名付けた理由がわかります。「どこにも出自を持たないし、属さないひとり」の人間で生きる、ということです。

脚本家のジョナサン・カスダン ローレンス・カスダンがそこまで考えたかどうかは不明ですが、彼らの出自がユダヤ系であり、「流浪の民」であったいうことも見逃せません。

猿の惑星もルーカスにいい影響を与えたと思う

もしくはですね。「名無し」でも良かったと思うのです。

『スター・ウォーズ』って元々、宇宙を舞台にした西部劇オペラじゃあないですか。

ジョージ・ルーカスが尊敬する黒澤明の時代劇とジョン・フォードらの西部劇を「宇宙でやっちゃえ」的なノリでスタートしたと思うのです。

無法者やならず者って、本名名乗らないことが多いです。クリント・イーストウッドの映画『荒野のストレンジャー』なんて「名無し」なんです。

さらにドル箱三部作と言われている映画『荒野の用心棒』から始まる映画『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』 地獄の決斗』もほぼ名前がありません。

ということを鑑みるとソロに苗字は要らない設定も観たかったです。

宇宙ではなく「時間」旅行で楽しませてくれます

それと恋愛要素も排除すべきというコメントがありますが、わたし的には恋愛はあった方が良いと思います。

批判的な人は後に出会うレイアとの恋愛イメージが壊れるというものです。

「若者ってたくさん恋しますよね」恋の数だけ人間成長があるのですから、ハン・ソロの性格がちょっとひん曲がった理由も本映画のキーラ(エミリア・クラーク) との恋愛が失恋に終わったことに要因にしていると考えれば落ち着きます。

そりゃ、失恋って凹みますよ。

愛する女性を国を飛び出そうとしたのに、その女性だけが取り残されたのです。

ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は「絶対に救出にくる」と誓って、厳しい修行の末、戻ったのに「すでに他の男のモノ」だったのです。

これはキツイでしょ。キーラの気持ちもわかるのですよ。

ハン・ソロのことを愛しているけど、「お世話になった人を裏切れない」のです(でも殺しましたけど)

ただ、この二人が一緒に逃げていたら後のカイロ・レンが生まれませんし、『スター・ウォーズ』シリーズすらなかったわけですから、ある意味、ハン・ソロに別れを告げたキーラに感謝すべきでしょう。

爆笑SF映画「監督ティモ・ブオレンソラは偉大」です

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の結末

次に「師匠を殺すなよ」ですが、確かにこれはハン・ソロらしくないと思います。容赦無く殺します。

先に発泡するのです。これは日本の武士道精神にも、西洋の騎士道精神にも反する行為です。

よく西部劇で一対一の決闘をする際「抜け」という合図の元、殺し合いが始まります。ハンはそれ以前に撃っているのです。

これはダメですね。いくら自分を裏切った師匠と言えど「アウト」です。ハンの冷酷なイメージが付いてしまいます。

この場面を観て思い出すのはハリソン・フォード主演の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』です。短剣を振り回して決闘を挑んでくる人間に即さま発砲して殺す場面です。これも人道に反します。

しかもコメディっぽく殺人を演出しています。ひょっとしたら監督のロン・ハワードは、その場面へのオマージュとしての演出だったのでしょうか。

インドのSF映画は日本を超えている

最後に「アクションシーンが多すぎる」ですが、これは同感です。

もちろん本シリーズがアクションシーンが多いのは周知ですが、あまりにもカメラが動きすぎているのです。振り回しすぎなんです。

特にロングショットで左右にパンしたり、上下にティルドアップとダウンはキツイです。映画で固定ショットで、「きっちりかっちり」と観せてくれる場面の比重が多いほど、心に響くものです。

撮影監督のブラッドフォード・ヤングのプロフィールを見ますと、映画以外にもMGMT、ノラ・ジョーンズ、ベックなどのアーティストのミュージックビデオの撮影もされていますから、納得しました。

ただ、ハン・ソロの人間形成にとっては本映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』はアクセントになていると思います。

挑戦、葛藤、挫折、復活、再挑戦、失恋、再出発が描かれているからです。

エンディングのチューバッカと共にファルコン号を操る顔には未来への希望があったので、良かったと思います。

やっぱり若者の明日へ向かって生きるエネルギーって素晴らしいし、応援したい気持ちになりました。

マイケル・クライトンの描く物語は必見!

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のキャストについて

ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)
ドバイアス・ベケット(ウッディ・ハレルソン)
キーラ(エミリア・クラーク)
ランド・カルリジアン(ドナルド・グローバー)
ヴァル(タンディ・ニュートン)
L3-37(フィービー・ウォーラー=ブリッジ)
チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)
ドライデン・ヴォス(ポール・ベタニー)
リオ(声)(ジョン・ファブロー)
エンフィス・ネスト(エリン・ケリーマン)
レディ・プロキシマ(声)リンダ・ハント
ウィーゼル(ワーウィック・デイビス)
クリント・ハワード
アンソニー・ダニエルズ
ダース・モールレイ・パーク

スポンサーリンク

まとめ 映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』一言で言うと!

「若い時は好きなように生きなさい」

羨ましい映画です。こんな若者になりたかったです。若い時って、恐れを知らないものです。なんでも挑戦します。歳をとると「ダメなんじゃあないか」って言い訳を作って挑戦しません。好きなことをもっとやっておけば良かったと感じるこの頃です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ロン・ハワード
製作
キャスリーン・ケネディ アリソン・シェアマー サイモン・エマニュエル
製作総指揮
ローレンス・カスダン ジェイソン・マクガトリン フィル・ロード クリストファー・ミラー
キャラクター原案
ジョージ・ルーカス
脚本
ジョナサン・カスダン ローレンス・カスダン
撮影
ブラッドフォード・ヤング
美術
ニール・ラモント
衣装
グリン・ディロン デビッド・クロスマン
編集
ピエトロ・スカリア
音楽
ジョン・パウエル
テーマ曲
ジョン・ウィリアムズ
オリジナル音楽
ジョン・ウィリアムズ
視覚効果監修
ロブ・ブレドウ
ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)
ドバイアス・ベケット(ウッディ・ハレルソン)
キーラ(エミリア・クラーク)
ランド・カルリジアン(ドナルド・グローバー)
ヴァル(タンディ・ニュートン)
L3-37(フィービー・ウォーラー=ブリッジ)
チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)
ドライデン・ヴォス(ポール・ベタニー)
リオ(声)(ジョン・ファブロー)
エンフィス・ネスト(エリン・ケリーマン)
レディ・プロキシマ(声)リンダ・ハント
ウィーゼル(ワーウィック・デイビス)
クリント・ハワード
アンソニー・ダニエルズ
ダース・モールレイ・パーク
2018年製作/135分/G/アメリカ
原題:Solo: A Star Wars Story
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました