映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』ネタバレ・あらすじ・感想。30年後の未来に夢と希望を描こう!

スポンサーリンク
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』ネタバレ・あらすじ・感想。30年後の未来に夢と希望を描こう!SF映画

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2
107分/アメリカ/1989
原題『Back to the Future Part II

【監督】
ロバート・ゼメキス
【脚本】
ボブ・ゲイル
【製作】
ボブ・ゲイル ニール・キャントン
【出演】
マイケル・J・フォックス
クリストファー・ロイド
リー・トンプソン
トーマス・F・ウィルソン
エリザベス・シュー
ジェームズ・トルカン

HPサイト】
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2IMDbサイト

【予告映像】
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』6月19日(金)21時より放送。
    1. 6月19日(金)21時より放送。
      1. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は子供から大人まで楽しめます
  2. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のオススメ度は?
  3. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の作品情報・概要
  4. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の感想・内容
      1. シリーズ映画で一番面白いのは第2作
      2. SF映画と言ったらやっぱり『スター・ウォーズ』です
    1. レンタルビデオの普及もヒットの後押しをした
    2. 家族団らんで観るには一番良い映画
      1. スピルバーグとクリント・イーストウッドが手を組んだ映画
  6. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の結末・評価
    1. 映画の展開がわかるから嬉しくなる
      1. デロリアン開発者の悲しき人生
    2. 30年前に描いた未来は現実化しているのか
    3. 時間と空間を移動するたびに結構「頭を使う」映画です
      1. スピルバーグはやっぱり宇宙が好き
    4. 少年少女に大きな夢と希望を与えてくれた映画
      1. 若者の夢と希望と愛が溢れた映画
  7. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のキャストについて
  8. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)追記
  9. まとめ 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)一言で言うと!
  10. 合わせて観たい映画
      1. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
      2. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
      3. 映画『マーウェン』
  11. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の作品情報

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』6月19日(金)21時より放送。

6月19日(金)21時より放送。

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ロバート・ゼメキス監督作品です。

公開されてから30年経ちますが、今尚、大人気の映画です。

子どもから大人まで間違いなく楽します。

あの音楽「タッタラーン、タッターン」が聴こえた瞬間、間違いなく空を飛んでいる自分に会えます。必見!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は子供から大人まで楽しめます

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の作品情報・概要『バック・トゥ・ザ・フューチャー』原題『Back to the Future』1985年のアメリカ映画。SF映画。本作の大ヒットを受けて2、3シリーズ化される。監督はロバート・ゼメキス。主演のマイケル・J・フォックスは本作で世界的大スターの仲間入りを果たす。同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の作品情報・概要映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ第三弾です。最終話。前作の尺が長かったため2分割され『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の誕生となりました。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ。監督はロバート・ゼメキスです。主演もマイケル・J・フォックス。1885年のアメリカの西部が舞台となります。
スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のオススメ度は?

3.5

3つ半です

何も考えずに観ましょう!

音楽が良いですね

悩みなど吹っ飛びます

まだまだ未来を描ける!

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の作品情報・概要

1作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のヒットを受けて製作されたアメリカ映画。SF映画の金字塔作品。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、監督は前作と同様ロバート・ゼメキス。前作発表から4年、本作で完結する予定だったが上映時間が長くなることを懸念しPART2PART3と分けられた。本作公開の半年後に完結編として『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』が公開された。

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のあらすじ・ネタバレ

前作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で1955年から1985年に戻ったマーティ。ジェニファーとデートへ向かうところにドクが現れる。ドクは未来から帰還してきた。そしてマーティに「未来で君たちの子どもが大変だ」と言って二人を連れて行く。デロリアンのプルトニュウムからゴミを再利用した燃料で時空を移動できるようになっている。ジェニファーに未来を見せないように眠らせる。そして2015年に着いた未来は大きな進歩を遂げていた。

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の感想・内容

シリーズ映画で一番面白いのは第2作

1作がヒットすると映画はシリーズ化されることが多々あります。シリーズ化された映画は第2作が一番面白いと言われています。

映画『ゴッドファーザーPARTII』も『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』も文句なしに面白かったです。そして本映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』も同様です。

前作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から4年後の1989年製作されています。

この4年間が良かったと思います。世界中の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンが首を長くして待っていたのです。

そして公開されるやシリーズ最大のヒットとなりました。

SF映画と言ったらやっぱり『スター・ウォーズ』です

レンタルビデオの普及もヒットの後押しをした

当時はレンタルビデオの時代でした。映画が公開されてしばらくするとリリースされます。

日本はVHSBETACAMの規格争いも終結し、VHSの時代に落ち着いたところです。

世界中で、容易にレンタルビデオが借りることが可能になり、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンの裾野が広がり、ヒットに加担したと言えます。

ビデオは複製、さらに複製を繰り返され、世界の津々浦々まで流通して行きました。奇しくもそれもヒットへ繋がります。

家族団らんで観るには一番良い映画

さて、本映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』ですが、もう何も言うことが無いほど良くできています。

まず音楽が良いですね。あの「タッタラーン、タッターン」と聴いた瞬間にワクワクします。もう空を飛んでる気持ちですね。

そして時系列をしっかりと練りこんであるので「あの時、マーティーが捨てるから」とか「ビフ、何するの!」さらに「ああ、そういうことか」と伏線を読むことでさらなる楽しみを与えてくれます。

の映画は家族団らんして是非とも観ていただきたい映画です。もちろん、一人でも十分楽しめますよ。

スピルバーグとクリント・イーストウッドが手を組んだ映画

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の結末・評価

映画の展開がわかるから嬉しくなる

最大の見所は?と聞かれると答えるのに難しいです。わたし的には空飛ぶスケートボードのホバーボードでしょうか。

1作でマーティが地面を駆ってビフたちから逃げて後に、彼らが肥料を積んだトラックにツッコミますが、未来ではホバーボードが宙を舞って、同じような展開になります。

お約束です。そしてこのお約束は『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』にも引き継がれます。予想される展開が当たるとなんだか嬉しくなります。

デロリアン開発者の悲しき人生

30年前に描いた未来は現実化しているのか

未来の映画の宣伝が『ジョーズ19』というのも笑えます。本作のプロデューサーのスピルバーグ作品ですね。

『ジョーズ』は1975年製作ですから実に40年後の2015年まで大ヒットしているという、ジョークを交えているのも良いです。

実際、『ジョーズ』に影響を受けたサメの映画は毎年のように公開されています。その他、未来は空飛ぶ自動車が描かれています。こんな時代が本当に来るのだろうかと夢見ていました。

時間と空間を移動するたびに結構「頭を使う」映画です

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観ていると意外に頭を使うことに気がつくと思います。

先に述べましたが「あの時のマーティがあんなことしたから」とか「ということは次は過去へ行くのか」などと年表と浮かべて想像してしまうのです。

残念ながらこれはわたしたち日本人よりアメリカ人の方がより一層理解できる脚本になっていると思います。

監督のロバート・ゼメキスは後に『フォレスト・ガンプ』でも過去の歴史をなぞる作品を作っています。

本作も同様に過去のアメリカの文化、風習、歴史をさりげなく挿入している点も評価されたのでしょう(ただ残念なのは有色人種の扱いが雑です)

スピルバーグはやっぱり宇宙が好き

少年少女に大きな夢と希望を与えてくれた映画

映画の内容や感想はもう何も言うことありません。ただ本映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが多くの人々に良い影響を与えたのは確かです。

公開された時に少年少女だった人たちが「ホバーボードを作るぞ!」とか「空飛ぶ車に乗るんだ!」等の夢を抱かせてくれたことです。

実際、それらの技術が実現しています。少年少女の夢が30年の時を得て、今の子どもたちにもっと大きな夢や希望を与える連鎖につながっていると思います。

マーティの人間成長物語はあまり描かれていませんでしが、あの時の子どもたちは確実に成長したと思います。

若者の夢と希望と愛が溢れた映画

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)のキャストについて

<マーティ・マクフライ> マイケル・J・フォックス(山寺宏一)
<ドク・ブラウン> クリストファー・ロイド(青野武)
<ロレイン・マクフライ> リー・トンプソン(佐々木優子)
<ビフ・タネン> トーマス・F・ウィルソン(谷口節)
<ストリックランド校長> ジェームズ・トルカン(大木民夫)
<ジェニファー> エリザベス・シュー(勝生真沙子)
<3-D> ケイシー・シーマツコ(小室正幸)

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)追記

先にロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ』ついて書いていますが、追記させていただきます。

映画『フォレスト・ガンプ』は第67回アカデミー賞において、作品賞/監督賞/脚色賞/主演男優賞/編集賞/視覚効果賞を獲得していますが、全く評価されていません。

それは本映画は「白人映画」「差別映画」「歴史歪曲映画」と呼ばれているからです。白人のちょっと頭の行かれたフォレストがあちこち旅しながらアメリカの歴史的出来事に遭遇する、という一見良い話に聞こえます。

しかし内容的には白人至上主義に繋がる人種差別映画であると言われています。

わたしたち日本人は「とても感動した」などと涼しげな顔で言っている人がいますが、もしアメリカで本映画を絶賛したのであるなら石をぶつけられる可能性もあるので注意してください。

どこがいけないのかはたくさんありすぎますので、一点だけ書きます。

1960年代を描いているのに、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の活動に全く触れていません。これがどういうことかを考えるとアメリカ史上最悪の映画なのです。

どうして『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』の記事に書いたかというと、ロバート・ゼメキス監督はやはり「白人目線」の映画をずっと作ってきたからです。彼の源流である『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズにおいて、黒人、ネイティブ・アメリカン、そして日本人の扱いが非常に雑であることが今になって気になるからです。

スポンサーリンク

まとめ 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)一言で言うと!

「あの時の子どもたちよ、ありがとう」

本映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』を観て将来の夢や希望を描いた少年少女たちに感謝します。良い時代だったと思います。今のように暗澹とした雰囲気ではなかったと思います。まだ「夢」を描けた最後の時だったのかもしれません。過去を羨んでも始まりませんから、新しい気持ちで未来を生きていこうと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の作品情報・概要『バック・トゥ・ザ・フューチャー』原題『Back to the Future』1985年のアメリカ映画。SF映画。本作の大ヒットを受けて2、3シリーズ化される。監督はロバート・ゼメキス。主演のマイケル・J・フォックスは本作で世界的大スターの仲間入りを果たす。同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の作品情報・概要映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ第三弾です。最終話。前作の尺が長かったため2分割され『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の誕生となりました。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ。監督はロバート・ゼメキスです。主演もマイケル・J・フォックス。1885年のアメリカの西部が舞台となります。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。
スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(バック・トゥ・ザ・フューチャー2・BTTF2)の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ロバート・ゼメキス
製作
ボブ・ゲイル ニール・キャントン
製作総指揮
スティーブン・スピルバーグ フランク・マーシャル キャスリーン・ケネディ
原案
ロバート・ゼメキス ボブ・ゲイル
脚本
ボブ・ゲイル
撮影
ディーン・カンディ
美術
リック・カーター
編集
アーサー・シュミット ハリー・ケラミダス
衣装
ジョアンナ・ジョンストン
音楽
アラン・シルベストリ
マイケル・J・フォックス
クリストファー・ロイド
リー・トンプソン
トーマス・F・ウィルソン
エリザベス・シュー
ジェームズ・トルカン
ジェフリー・ワイズマン
ケイシー・シーマツコ
ビリー・ゼイン
J・J・コーエン
ハリー・ウォーターズ・Jr.
チャールズ・フライシャー
ジョー・フラハティ
フリー
リッキー・ディーン・ローガン
ダーリン・ボーゲル
イライジャ・ウッド
クリスピン・グローバー
1989年製作/107分/アメリカ
原題:Back to the Future Part II
配給:UIP

タイトルとURLをコピーしました