映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」

スポンサーリンク
映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」お茶の間映画館

映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『スタンド・バイ・ミー』
(1986年製作/84分/G/アメリカ)
原題『Stand by Me』
【監督】
ロブ・ライナー
【製作】アンドリュー・シェインマン レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス
【原作】スティーブン・キング【脚本】レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス【撮影】トーマス・デル・ルース【美術】デニス・ワシントン【音楽】ジャック・ニッチェ
【出演】
ウィル・ウィートン リバー・フェニックス
コリー・フェルドマン ジェリー・オコンネル リチャード・ドレイファス キーファー・サザーランド フランシス・リー・マッケイン マーシャル・ベル ジョン・キューザック ケイシー・シーマツコ
【HPサイト】
映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイト
【予告映像】
映画『スタンド・バイ・ミー』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『スタンド・バイ・ミー』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2021.5.28 よる9時30分〜11時24分放送
    1. 2021.5.28 よる9時30分〜11時24分放送
  2. 映画『スタンド・バイ・ミー』のオススメ度は?
  3. 映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要
      1. 兄・リヴァー・フェニックスの意志を受け継いで「名優になった」ホアキン・フェニックス
  4. 映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『スタンド・バイ・ミー』の感想・内容
    1. 主題歌の『スタンド・バイ・ミー』と、若くして亡くなったリバー・フェニックスの魅力にある
      1. キッズが大活躍する映画の金字塔!
    2. “死体探し”の冒険の向こうには大人への「成長物語」がある
      1. このキッズの胸の痛みがわかる「毒親」が憎い!
  6. 映画『スタンド・バイ・ミー』の考察・評価
    1. 小学校の友だちは、やはりその時の価値観のみで繋がっている狭い世界
      1. “性”に興味津々になるのはどこの国のキッズも同じ
    2. 12歳の子どもが抱える家庭環境とは?
      1. お母さんにまだまだ甘えたいのに、、、、
    3. テディの抱える家庭環境は深刻「毒親」だから
      1. 跳びはねるキッズの理由がわかりました
  7. 映画『スタンド・バイ・ミー』の結末
    1. 「わたしも同じだった」という懐古思想を発動させる映画
      1. このキッズには夢を実現させて欲しい
  8. 映画『スタンド・バイ・ミー』のキャストについて
    1. ゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン)
    2. クリス・チェンバース(リバー・フェニックス)
    3. テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン)
    4. ヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)
  9. まとめ 映画『スタンド・バイ・ミー』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』
      2. 映画『行き止まりの世界に生まれて』
      3. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』
      4. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』
      5. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      6. 映画『ルース・エドガー』
      7. 映画『ハリエット』
      8. 映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』
      9. 映画『マディソン郡の橋』
      10. 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』
      11. 映画『キングダム』
      12. 映画『リメンバー・ミー』
      13. 映画『風をつかまえた少年』
      14. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      15. 映画『レディ・マエストロ』
      16. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      17. 映画『さよなら くちびる』
      18. 映画『王様になれ』
      19. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      20. 映画『ガラスの城の約束』
      21. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      22. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      23. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      24. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      25. 映画『チワワちゃん』
      26. 映画『芳華-Youth-』
      27. 映画『翔んだカップル』
      28. 映画『WAVES ウェイブス』
  12. 映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報

映画『スタンド・バイ・ミー』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2021.5.28 よる9時30分〜11時24分放送

2021.5.28 よる9時30分〜11時24分放送

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』のオススメ度は?

4.0

星4つです

切ないです

美しすぎる「リヴァー・フェニックス」

少年は旅をして「大人になる」

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要

『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品(『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング(映画『ドクター・スリープ』や映画『シャイニング』『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。

兄・リヴァー・フェニックスの意志を受け継いで「名優になった」ホアキン・フェニックス

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ

有名作家ゴードン・ラチャンス(リチャード・ドレイファス )は、車を止めて新聞を読んでいる「弁護士クリストファー・チェンバーズ刺殺される」という記事が目に止まる。そして自身の12歳の夏を思い起こす。1959年の夏。12歳のゴーディは、オレゴン州の田舎町キャッスルロックで暮らしていた。人口1500人ほどだが、治安がよい場所ではない。ごディの兄のデニーは将来のアメフト選手を期待されていたが、不慮の事故で亡くなっていた。両親は兄の死を乗り越えられない。ゴーディに愛を注がない。ゴーディには頭のいい少年クリス(クリストファー・チェンバーズ)、父がDVのテディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン) とノロマで肥満児のヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル) と仲良しだ。四人は木の上に組み立てた秘密小屋の中に集まっては、タバコを喫ったり、トランプをしたりと、少年期特有の仲間意識で結ばれていた。ある日のこと、ヴァーンが「少年の死体」の在り処を聞きつけてきた。それは小さな町で起きた大事件であり、誰もが死体の行方を気にしていた。四人は「有名になる」ことを合言葉に「死体探し」の大冒険へと出かける。

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』の感想・内容

主題歌の『スタンド・バイ・ミー』と、若くして亡くなったリバー・フェニックスの魅力にある

「男性にとってとても人気のある青春映画」となります。本映画『スタンド・バイ・ミー』はスティーブンキング原作の映画です。

スティーブン・キングと聞けば、ホラー・サスペンス、さらにクライムストーリーとイメージさせますが、本映画『スタンド・バイ・ミー』はそれほど恐怖心を駆り立てません。

どちらかと言うと「爽やかすぎる」との印象が強いです。

そして、映画『スタンド・バイ・ミー』が今でも世界中の人々の心の琴線をくすぐる理由は主題歌の『スタンド・バイ・ミー』と、若くして亡くなったリバー・フェニックスの魅力にあることも否めません。

美しいです。

主題歌の『スタンド・バイ・ミー』はベン・E・キングが歌っていますが、多くの人のイメージはジョン・レノンのカバーではないでしょうか。

同様にリバー・フェニックスの早逝はジャームズ・ディーンに重ねたことも、人気を後押しする結果となっていると思います。

キッズが大活躍する映画の金字塔!

“死体探し”の冒険の向こうには大人への「成長物語」がある

本映画『スタンド・バイ・ミー』四人の少年たちのある夏の冒険物語です。

その冒険の向こうにはしっかりと「成長物語」への期待が描かれています。

少年たちは12歳です。それぞれ悩みを抱えて生きています。

大人への自我が芽生えています。彼らはいつも仲良く遊んでいました。

しかし少年たちは、心のどこかにこの時間が「永遠に続くはずがない」と思うようになっています。

本映画『スタンド・バイ・ミー』はこの夏を境に四人の少年たちが別の別の道を歩む心情光景を静かにやさしく描いている秀作と言えます。

それが12歳の夏だったのです。

彼らが別々の道を歩むようになったきっかけを作ったのは死体だったのです。

死体は彼らと同じくらいの少年です。

彼らが暮らしていたのはアメリカの小さな町です。でも彼らにとっては世界のすべてでした。

ある日、少年が行方不明になったニュースが町を駆け巡ります。みんな大騒ぎです。

ゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン) 、クリス・チェンバース(リバー・フェニックス) 、テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン) 、ヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル) も心中穏やかでは要られません。

そしてヴァーンが兄の話を盗み聞きして、死体の在り処がわかるのです。

四人はキャンプと偽って死体を探しに行きます。彼らの目的は「有名になること」です。

映画の基本的なゴールは死体探しですが、四人の少年たちの家庭環境や将来への不安などが随所に散りばめられながら展開していきます。

死体探しを通して一夜のキャンプ、死体の処遇、そして帰路に着いた頃には、彼らは少年から大人へと脱皮し始めたのです。

このキッズの胸の痛みがわかる「毒親」が憎い!

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』の考察・評価

小学校の友だちは、やはりその時の価値観のみで繋がっている狭い世界

映画でも語られていますが、主役のゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン) とクリス・チェンバース(リバー・フェニックス)はその後も交流を重ねていきます。

テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン) とヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)とは学校で会っても、挨拶する程度の友人関係になっていきます。

これはよくあることだと片付けられています。わたしたちも小学校の時は仲が良かった友だちとは永遠には続いていません。

小学校の友だちは、やはりその時の価値観のみで繋がっている狭い世界です。

一方、中学、高校へと進むにつれて新たな価値観を持った友だちへと変わって行きます。

そういう経験を持っている人も多いと思います。

本映画『スタンド・バイ・ミー』は自身の夢や目標によって友だちの種類も変わっていくと言うことにも共感を覚えるのではないでしょうか。

その点も人気を支えてると思われます。

甘酸っぱいあの少年時代は確かに素晴らしかったでしょう。永遠にこの友達との関係が続くのだろうと思っていました。

でも続かないとわかるのです。自分が目指す道とは違う友だちが必要なのです。

そして自分たちが住んでいた町が世界の全てだと思っていたのですが、外にはもっと大きな世界があると気がついたのです。

ゴーディが死体探しが終わって町に帰ってきた時「街が小さく見えた」と言葉が全てを物語っています。

コーディは死体探しによって未来を築いたのです。クリスも同様です。

“性”に興味津々になるのはどこの国のキッズも同じ

12歳の子どもが抱える家庭環境とは?

コーディの抱える問題は「両親の愛が欲しい」です。

ゴーディの兄デニー・ラチャンス(ジョン・キューザック)は将来アメフトの有望選手でしたが、不慮の事故で死んでいます。

両親はデニーの死から立ち直れません。父は兄を溺愛しており、コーディには興味を持っていません。

それがコーディの悩みでした。

一方、クリスは素行の悪いアルコール依存症の父親のせいで学校からも町からも異端児扱いされていました。

とても賢い少年なのですが、家庭のせいで未来を夢見ることができませんでした。

ですから頭の良いコーディに自分の夢を重ねるように励まします。「お前は頭が良いから、進学クラスへ行け」とか「お前は作家になるんだ」と。

その言葉に勇気を持って、コーディは作家になる道を選びます。

そして、クリスもコーディに感化されて勉学に励み、大学へ進学し弁護士となるのです。

彼らはお互いに刺激をうけながら、努力の末、将来の道を開拓する結果になります。

お母さんにまだまだ甘えたいのに、、、、

テディの抱える家庭環境は深刻「毒親」だから

一方、テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン) 心を病んでいるような少年です。

理由ははっきりと描かれています。「毒親が原因」です。

彼の父の存在です・父はノルマンディー上陸作戦において大活躍した兵士となっています。

しかし、帰還後PTSDを発症して精神的な病に罹っています。幼いテディに対して暴力を働き、右耳をガスコンロに押し付けて火傷を負わせます。

それでもテディーは父親のことを愛しています。誇りにも思っています。

テディにとっては英雄なのです。ゴーディにはそれが理解できません。

いわゆるテディは父親の暴力に支配されて洗脳されてしまったのです。

幼少期の洗脳はなかなか脱することができないことを表しています。テディはあまり勉強ができません。

夢は父親と同じく兵士ですが、入隊できません。目と耳が悪いからです。

結局、彼の人生は父親に支配されて進んでいくことになります。

ヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)は太っちょで気弱な少年です。

兄のビリー・テシオ(ケイシー・シーマツコ)が不良グループに入っています。兄に対してビクビクした生活をしています。

頭もそんなに良くはありません。悪さをする度胸もありません。人に流されやすいタイプです。

他の3人と比べるとそれほど家庭環境に問題があるとは思えません。彼は普通に成長して、町の材木屋で働く人生となっています。

跳びはねるキッズの理由がわかりました

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』の結末

「わたしも同じだった」という懐古思想を発動させる映画

本映画『スタンド・バイ・ミー』は、大人になり、作家(リチャード・ドレイファス)になったゴーディの回想を主軸に描かれています。

冒頭とエンディングに表されています。

ゴーディとはスティーブン・キング自身のことを描いていると思われます。もちろん全てが現実に起きた出来事ではないでしょう。

キングが体験したことをつなぎ合わせて、いわゆるコラージュさせることによって完成された物語です。

作家とはどこまでが真実なのか、どこまでが虚構なのか分からなくなるほど物語を紡いで行きます。

ただこのような少年期の経験は男子なら誰でも心に思い浮かべることが可能なのではないでしょうか。

もちろん、住む場所も国も、時代も異なりますが、どこか遠い昔、「わたしも同じだった」という懐古思想を発動されます。

本映画『スタンド・バイ・ミー』を鑑賞すると、少年のままの気分にさせてくれる素晴らしい映画だと言えます。

このキッズには夢を実現させて欲しい

スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』のキャストについて

ゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン)

主人公。本名はゴードン・ラチャンス。12歳。真面目で大人しい。物語を作る才能がある。年の離れた兄デニーは将来のアメフト選手になることを嘱望されていたが、交通事故によって他界。デニーを溺愛していた両親はゴーディに愛を注がない。ゴーディは両親の愛に飢えている。

ウィル・ウィートンの演技はとても素直なものでした。大仰でもないし、下手でもなく、素直な12歳を演じていたと思います。一番の見所はやはりヒルに陰部を噛まれていた時の表情だと思います。

クリス・チェンバース(リバー・フェニックス)

本名はクリストファー・チェンバーズ。ゴーディの親友。とても頭が良い少年。正義感が強い。しかし家庭環境が劣悪。父親がアルコール依存症で、兄は町の不良。そのためクリスも「素行が悪い」というレッテルを貼られている。ゴーディの作家としての能力を認めて励ます。そして中学に入ると一生懸命に勉強した。ゴーディとの友だち関係は続く。大学へ進み弁護士になるが、レストランで目撃した喧嘩の仲裁に入り刺殺される。

リバー・フェニックスの演技はもう完成していると言えます。吸引力が凄まじいです。彼の一挙手一投足に注目してしまいます。寂しげな眼差しが世界の人々を魅了します。

テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン)

本名はセオドア・ドチャンプ。黒縁の大きな眼鏡をかけている。頭は良くない。DV癖のある父親をい信望している。父親はノルマンディーで大活躍した英雄と信じている。しかし戦争によるPTSDによって、精神を病んでいる。テディの耳は父親がガスコンロに押し当てて火傷を負わした。父親を侮辱する奴は「許さない」と怒り狂う。

コリー・フェルドマンの演技はとても良かったです。難しい役柄だったのではないでしょうか。父親からDVを受けているのにも関わらず、父親を愛している心情をうまく表していました。

ヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)

太っちょで鈍臭い少年。性格は臆病でうっかり者。動作も遅い。頭も良くない。兄は不良グループに入っている。兄たちが「死体を見た」という話を盗み聞きして、ゴーディらに伝える。

ジェリー・オコンネルの演技も良かったと思います。少年が四人も集まれれば、必ずこういう太っちょでうっかり者が必要になります。「目立たず騒がす」のキャラクターでいることは難しかったと思います。

作家リチャード・ドレイファス
エース・メリル(キーファー・サザーランド)
ラチャンス夫人(フランシス・リー・マッケイン)
ラチャンス氏(マーシャル・ベル)
デニー・ラチャンス(ジョン・キューザック)
ビリー・テシオ(ケイシー・シーマツコ)

スポンサーリンク

まとめ 映画『スタンド・バイ・ミー』一言で言うと!

「確かに懐かしい友だちっています」

遠い昔の友だちを思い出すと「今は何をしているのだろう?」と去来するものがあります。そして「会わないほうがいい」と思うこともあります。それは会うことで、あの素晴らしかった時代の思い出に泥が塗られるような気がするからです。思い出はそのままにして、触れない方が美しいこともあります。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『アルカトラズからの脱出』ネタバレ・あらすじ・その後「クリント・イーストウッド」vs「ドン・シーゲル」最後の映画。脱走モノ。
映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

大学生活は思いっきり遊んで勉強もするぞ!

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!
映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の作品情報・概要『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』原題『Booksmart』2019年公開のアメリカ合衆国の青春映画。『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』『リチャード・ジュエル』出演女優オリヴィア・ワイルドの監督デビュー作品。女優のみならず演出の才能もあることを披露。主演は『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタインと『デトロイト』『ビューティフル・ボーイ』のケイトリン・ディーヴァーが務める。「ガリ勉女子」という設定に全米が熱狂&狂喜した。  

映画『行き止まりの世界に生まれて』

苦しかった日々を乗り越えて「挑戦」するのだ!

映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ!
映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ! 映画『行き止まりの世界に生まれて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『行き止まりの世界に生まれて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『行き止まりの世界に生まれて』の作品情報・概要『行き止まりの世界に生まれて』原題『Minding the Gap』ビン・リュー監督作品のドキュメンタリー映画。2018年公開。イリノイ州ロックフォードで育ったスケートボード好きの3人の青年たちの「心の闇」を描いている。共通しているのは暴力を振るう「毒親」だった。サンダンス映画祭ブレイクスルー映画製作米国ドキュメンタリー部門特別審査員賞を受賞。第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート。オバマ前大統領が絶賛した映画。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』

移民の僕でもチャンスがある国フランス

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。
映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要『ファヒム パリが見た奇跡』原題『Fahim』2019年制作のフランスのドラマ映画。バングラデシュでチェスで有名になったため妬み・僻みやあ嫌がらせを受けた息子を守るためフランス・パリへ逃れる。パリでチェスの頭角を表す。不法移民として国外退去にされそうになるが、ジュニアのフランスチャンピオンになることで父子ともに滞在許可を得る。原作はファヒム・モハンマドの書籍、“Un roi clandestine”(ファヒムの書籍/「もぐりの王様」監督はピエール=フランソワ・マンタン=ラバル。アサド・アーメッド主演。ジェラール・ドパルデュー、ミザヌル・ラハマン、イザベル・ナンティ共演。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

大学へ行って「絶対に作家になるんだ!」夢と勇気がもらえる映画

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

男女差別があった時代の女流作家の生き方が描かている

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『ルース・エドガー』

両親には感謝しているけど「良い子」でいるのもキツイ

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『ハリエット』

人を助けるのがわたしの使命

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画
映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

目指すは全米制覇!

実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!
実話映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』チアダン・ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!チアダン 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要 『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017年3月11日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、 山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

映画『マディソン郡の橋』

夢見た人とひと時の恋

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』

この国の行方をタクシーに乗せて

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。
映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』の作品情報・概要 『タクシー運転手 約束は海を越えて』英題『A Taxi Driver』2017年公開の韓国映画。監督はチャン・フン。ソン・ガンホ主演。トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル共演。1980年の光州事件時の実話をモチーフに描いている。ドイツのジャーナリスト、ユルゲン・ヒンツペーターとタクシー運転手の友情物語も内包。第90回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品。韓国、日本でも大ヒット、興行収入958億ウォン。

映画『キングダム』

目指すは天下の大将軍

映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見!
映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見! 映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キングダム』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『キングダム』の作品情報・概要 原泰久原作マンガの『キングダム』を映画化(『週刊ヤングジャンプ』(集英社)連載中)実写化不可能と言われていたが、佐藤信介監督によって実現。脚本に原泰久も加わりわかりやすい構成にしたことがヒットを後押しした。

映画『リメンバー・ミー』

父の夢は僕の夢

映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。
映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。あなたは泣ける?泣けない?金曜ロードSHOW!テレビ初登場!ミゲルの歌・歌詞がすばらしい!ピクサー最高映画作品。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい映画です。「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」映画『リメンバー・ミー』の詳細な解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介!物語のラストまで解説しています。ディズニーサイト公式などでの、作品情報・キャスト情報のご確認ができます。

映画『風をつかまえた少年』

貧しくても夢があれば生きていける

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『翔んだカップル』

薬師丸ひろ子が時代を築いた理由がわかります

映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた
映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた。映画『翔んだカップル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んだカップル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『翔んだカップル』の作品情報・概要『翔んだカップル』日本の青春映画(1980年7月26日に東宝系で全国公開)相米慎二初監督作品。脚本は丸山昇一。鶴見辰吾と薬師丸ひろ子の初主演映画。石原真理子のデビュー作。漫画家の柳沢きみおが週刊少年マガジンで連載していた作品を映像化。高校生が“同棲”するというトピックスで人気を博した。

映画『WAVES ウェイブス』

アメリカの高校生の青春は残酷な運命に、、、

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”
映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”。映画『WAVES ウェイブス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『WAVES ウェイブス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAVES ウェイブス』の作品情報・概要 『WAVES/ウェイブス』原題『Waves』は2019年のアメリカ合衆国の青春映画。トレイ・エドワード・シュルツ監督。主演は『ルース・エドガー』のケルヴィン・ハリソン・Jrと『エスケープ・ルーム』テイラー・ラッセル。共演は『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズ。音楽はトレント・レズナー アティカス・ロス、その他カニエ・ウエストも提供している。
スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ロブ・ライナー
製作
アンドリュー・シェインマン レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス
原作
スティーブン・キング
脚本
レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス
撮影
トーマス・デル・ルース
美術
デニス・ワシントン
音楽
ジャック・ニッチェ
ゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン)
クリス・チェンバース(リバー・フェニックス)
テディ・デュチャンプ(コリー・フェルドマン)
ヴァーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)
作家リチャード・ドレイファス
エース・メリル(キーファー・サザーランド)
ラチャンス夫人(フランシス・リー・マッケイン)
ラチャンス氏(マーシャル・ベル)
デニー・ラチャンス(ジョン・キューザック)
ビリー・テシオ(ケイシー・シーマツコ)
1986年製作/84分/G/アメリカ
原題:Stand by Me

タイトルとURLをコピーしました