映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。

スポンサーリンク
映画『グッド・ボーイズ』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカンキッズ“性春”真っ盛り。目指せ!「ファーストキス・パーティー」であの娘の唇。セス・ローゲンプロデュース。2019年公開

映画『グッド・ボーイズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『グッド・ボーイズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『グッド・ボーイズ』
(90分/PG12/アメリカ/2019)
原題『Good Boys』

【監督】
ジーン・スタプニツキー
【脚本】
リー・アイゼンバーグ ジーン・スタプニツキー
【製作】
リー・アイゼンバーグ エバン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン ジェームズ・ウィーバー
【出演】
ジェイコブ・トレンブレイ
キース・L・ウィリアムズ
ブレイディ・ヌーン
モリー・ゴードン
リル・レル・ハウリー
ウィル・フォーテ
ミドリ・フランシス

【HPサイト】
映画『グッド・ボーイズ』公式サイト
【予告映像】
映画『グッド・ボーイズ』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『グッド・ボーイズ』のオススメ度は?
  2. 映画『グッド・ボーイズ』の作品情報・概要
  3. 映画『グッド・ボーイズ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『グッド・ボーイズ』の感想・内容
    1. 映画館はより“空席”が多くなっていました
      1. 15歳の山口百恵さん主演映画
    2. 傑作“おバカさん”映画です
      1. 14歳で嫁いだ少女は第三夫人になった
    3. アメリカには“ファーストキス・パーティー”があるの?
      1. 6歳の時にアメリカの白人夫妻の養子になった少年
    4. 父親のドローンを使ってキスを撮影しようとするが、、、
      1. まだあどけない少年たちが戦った悲しい歴史
    5. 日本はまだ健全な国だと再認識できる
      1. 山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈共演
  5. 映画『グッド・ボーイズ』の結末・評価
    1. 性春真っ盛りって万国共通
    2. リアルキスを初めて見た時の衝撃
    3. アメリカと日本の“性”のツボが違うところが面白い
      1. 「誰も知らない」存在って悲しすぎます
    4. ポップコーン片手に観る最適な映画
  6. 映画『グッド・ボーイズ』のキャストについて
  7. まとめ 映画『グッド・ボーイズ』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【キッズが活躍するオススメ映画】
      1. 映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』
      2. 映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
      3. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      4. 映画『アマンダと僕』
      5. 映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』
  9. 映画『グッド・ボーイズ』の作品情報

映画『グッド・ボーイズ』のオススメ度は?

3.0

3つです

「おバカさん」映画です

青春ではなく性春映画です

思春期で悩むことは万国共通ですね

ポップコーンとコーラ持参で観るには最適!

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の作品情報・概要

『グッド・ボーイズ』原題『Good Boys2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジーン・スタプニツキー監督作品。主演はジェイコブ・トレンブレイ。『40歳の童貞男』『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で世界的なコメディアンになったセス・ローゲンが製作に加わっている。

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』のあらすじ・ネタバレ

12歳のマックス(ジェイコブ・トレンブレイ) は性に興味津々。親に隠れてネットでちょっとエッチなサイト見ている。友人のルーカス(キース・L・ウィリアムズ) とソー(ブレイディ・ヌーン) を巻き込んで大人の入り口に立っている。学校のイケてるメンバーから「ファーストキス・パーティ」に誘われる。マックスが思いを寄せる女の子も来る。しかし、キスのやり方がわからない。3人はネットで検索したり、隣の年上の女性ハンナ(モリー・ゴードン)をドローンで覗いて研究するが、、、。ドローンが落下してしまい、、、、。

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の感想・内容

映画館はより“空席”が多くなっていました

こんにちはラッキーマスクマン3号です。大変お久しぶりです。

まだまだコロナウイルスの感染が完全には収まっていませんが映画館へ行ってきました。

映画館の座席は緊密にならないように一席おきに座るようになっています。

しかし元々、映画館は閑古鳥が泣いている状態なので、更なる空席となっておりますので、感染の心配はよほどないのではないでしょうか。

みなさん、映画館へ行ってください。

映画業界を応援してください。お願いします。

15歳の山口百恵さん主演映画

傑作“おバカさん”映画です

さて、今回わたしが観た映画ですが、『グッド・ボーイズ』というアメリカンなおバカさん映画です。

「おバカさん」とバカにしているように思われますが、この映画「めっちゃ面白かった」です。

笑えます。こんな可愛い少年たちに拍手喝采してしまいました。

映画の内容は青春映画ならぬ性春映画なのです。

しかも12歳のキッズたちが主役です。誰しも性への謎を持つ年齢を迎えます。

男女ともに「子どもはどうやって作るの?」という素朴な疑問を持ちます。

親たちにとってその質問が来ることに恐怖を感じる者、あるいは前もって答えを準備しておく者など様々です。

でも子どもは親の気持ちも知らないで、子ども同士で情報を集めて学んでいるものです。

14歳で嫁いだ少女は第三夫人になった

アメリカには“ファーストキス・パーティー”があるの?

さて、映画は12歳のマックス、ルーカス、ソーの3人が女の子とのファーストキスを目指して、てんやわんやする話です。

3人ともキスの仕方がわかりません。さすが現代っ子です。ネットで検索します。

しかしネットで検索したサイトは、いわゆる18禁サイトで、かなりハードなプレイを行なっています。

キッスすらありません。ここが笑えます。

しかも父親の寝室へ行くと、何やら大人のオモチャがあります。もちろん少年たちはそれが性の道具とは知りません。

彼らがそれを使って遊ぶ場面には大笑いしてしまいます。

6歳の時にアメリカの白人夫妻の養子になった少年

父親のドローンを使ってキスを撮影しようとするが、、、

キッスの仕方がわからないマックスが父親のドローンを使って、隣人のハンナ(モリー・ゴードン)が恋人を連れ込んでキスしていないか偵察します。

しかしドローンが見つかってしまい、撃墜されてしまいます。

父親の大事なドローンが人質に取られてしまって、さあ大変状態に入ります。

なんとか返してもらおうとハンナを訪ねますが、無理です。

そしてハンナの友人のリリー(ミドリ・フランシス)のバックを盗んでしまうのです。

まだあどけない少年たちが戦った悲しい歴史

日本はまだ健全な国だと再認識できる

そのバックの中にモリー(アメリカでは合法らしい)という麻薬がありませした。

もうこのあたりから映画はぐちゃぐちゃになっていきます。

子どもの性春映画ではないの?まさか麻薬肯定映画?などと頭の中でわたしの中のお節介な正義論がグルグルと回り出します。

そしてアメリカという国は本当に薬物汚染にまみれている恐ろしい国だなあ、と感じるのです。

同時に日本はなんて健全なのだと胸を撫で下ろしてしまったのです。

山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈共演

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の結末・評価

性春真っ盛りって万国共通

さてさて、性春真っ盛りの3人はドローンを取り返し(新品購入)、ハンナたちはモリーを手に入れてハッピーエンドへ真っしぐらとなって行きます。

でも、でもです。

ここで一番肝心のファーストキスを達成できるのかという本映画『グッド・ボーイズ』の大目標が残っていることに気がつきます。

結果的にはマックスだけが思いを寄せる女の子とキスをしました。

リアルキスを初めて見た時の衝撃

この映画『グッド・ボーイズ』は単なるおバカさん映画ですが、大人のわたしたちが観ると自分たちの思春期を思いだしてほくそ笑む人もいるかと思います。

わたしなどは初めて生キス(テレビ以外)を目撃したのは小学校5年生の時でした。

ふとした偶然でした。学校帰りでした。

橋をみんなで渡っていると目の前で大人の人がキスをしていたのです。今でもはっきりと覚えています。

今では若い人たちは平気でキスをしていますが、わたしの子どもの頃はそんなに乱れていませんでしたから衝撃的でした。

アメリカと日本の“性”のツボが違うところが面白い

もちろん帰宅して親に「今日、橋の上でキスしてたよ」と言ったら困った顔をしたので、こういう話は大人にしてはいけないのだと感じ取りました。

でも翌日の学校ではその話題で持ちきりでした。

性への興味って日本でもアメリカでも、その他の国や地域でもとてもデリケートな扱いであることは昔も今も変わらないのでしょう。

ただ本映画『グッド・ボーイズ』に出てきたアメリカンキッズたちのツボと日本人のツボはかなり違うことがわかりました。

日本もそうですが、やはり女子の方が先に知っていることはあ共通しているなあと感じました。

「誰も知らない」存在って悲しすぎます

ポップコーン片手に観る最適な映画

本映画『グッド・ボーイズ』はお子さんと一緒に行くのも良いと思います。でも気まずくなっても知りません。

ただモリーという薬物を扱っているので注意した方が良いでしょう。

アメリカでは合法かもしれませんが、やはりキッズが登場する映画に薬物関連があるとちょっと引いてしまう自分がいます。

全体的なまとめ考察としては何も考えずに観てください。「何か学ぼう」とか「見どころは?」などと考えてはいけません。

ポップコーンとコーラを持ち込んでゲラゲラ笑いながら観るエンタメ作品です。

わたしラッキーマスクマン3号はこういう「おバカさん」映画好きです。

大好きです。「金返せ!」などとは言いません。

映画という創造物、知的財産に敬意を込めてお金を散財するのがわたしの映画愛なのです

良い映画でしたよ。

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』のキャストについて

ジェイコブ・トレンブレイ
キース・L・ウィリアムズ
ブレイディ・ヌーン
モリー・ゴードン
リル・レル・ハウリー
ウィル・フォーテ
ミドリ・フランシス

スポンサーリンク

まとめ 映画『グッド・ボーイズ』一言で言うと!

性春の通過儀礼って世界中にある」

子どもがに興味を持つのはごく自然の成り行きとも言えます。しかし大人のわたしたちにとって性について教えることが意外と苦手です。これは世界中どこへ行っても同じなのかもしれません。特に宗教を中心とした国や地域ではよりデリケートなことかもしれません。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【キッズが活躍するオススメ映画】

映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』

狼に育てられた少年が強くなる

ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。
ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『The Jungle Book』実写の少年とCGIアニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。脚本はジャスティン・マークス。

映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』

すみっコが好きな気持ちわかります

【ネタバレ考察】映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじ・結末『IT』『ジョーカー』を越えた理由・今年一番の感動&ヒット作品
映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ考察・あらすじ・結末まで書いています。「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞したサンエックス株式会社の大人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場版アニメーション。ナレーション井ノ原快彦と本上まなみ。主題歌原田知世が担当している。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

ちょっと母親が過干渉気味です

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『アマンダと僕』

アマンダの涙にもらい泣き必至!

映画『アマンダと僕』バンサン・ラコストと子役イゾール・ミュルトリエが父子になっていく様を見届けたい映画 応援したい ネタバレ・あらすじ・感想・評価
フランス映画の未来を担うミカエル・アース監督が今もっとも注目されるバンサン・ラコストと組んで作り上げた家族愛の物語。子役のイゾール・ミュルトリエが最高に可愛い。大切な人を失った時、人はどうやって再生していくのか。立ち直ること、希望を持つこと、人生は光に包まれている。諦めない、挫けない、頑張れ!と応援したくなる映画です。

映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』

夢がある物語です

映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』は『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック出世作で名優ロビン・ウィリアムズの遺作。ネタバレ・あらすじ・結末。
映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・感想・結末について書かれています。ロビン・ウィリアムズの遺作です。『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディー・マーキュリーを演じたのラミ・マレック出世作です。まだまだ初々しい演技を見ることができます。コメディアン俳優ベン・スティラーは流石の演技です。
スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジーン・スタプニツキー
製作
リー・アイゼンバーグ エバン・ゴールドバーグ セス・ローゲン ジェームズ・ウィーバー
製作総指揮
ネイサン・カヘイン
脚本
リー・アイゼンバーグ ジーン・スタプニツキー
マックス(ジェイコブ・トレンブレイ)
ルーカス(キース・L・ウィリアムズ)
ソー(ブレイディ・ヌーン)
モリー・ゴードン
リル・レル・ハウリー
ウィル・フォーテ
ミドリ・フランシス
2019年製作/90分/PG12/アメリカ
原題:Good Boys
配給:パルコ

タイトルとURLをコピーしました