映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画

スポンサーリンク
映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画2019年公開

映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ハリエット』
125分/G/アメリカ/2019
原題『Harriet

【監督】
ケイシー・レモンズ
【脚本】
グレゴリー・アレン・ハワード ケイシー・レモンズ
【製作】
グレゴリー・アレン・ハワード デブラ・マーティン・チェイス ダニエラ・タップリン・ランドバーグ
【出演】
シンシア・エリボ
レスリー・オドム・Jr.
ジョー・アルウィン
ジャネール・モネイ
マイケル・マランド
オマー・J・ドージー
ヘンリー・ハンター・ホール
ジェニファー・ネトルズ

映画『ハリエット』公式サイト

【予告動画】

映画『ハリエット』本予告_6月5(金)全国ロードショー

スポンサーリンク
  1. 映画『ハリエット』のオススメ度は?
  2. 映画『ハリエット』の作品情報・概要
  3. 映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ハリエット』の感想・内容
      1. 人種差別も性差別も描かれている悲惨な映画
      2. 死刑囚にされた黒人を助ける弁護士
      3. 黒人差別をコミカルに描いた名作です
      4. 黒人というだけで逮捕されてしまう悲劇
      5. インドのカースト制度は変わりようがない気がする
      6. ユダヤ人差別が凄まじい
      7. LGBTQ映画の代表的な作品誕生
      8. 親が無知すぎるため存在を失っている子ども
      9. 黒人ミュージシャンと白人タクシードライバーの友情物語
      10. ユダヤ教にとって同性愛は許されないことなのか、、、
  5. 映画『ハリエット』の結末・評価
      1. クリント・イーストウッドがアジア人に唾を吐きかけます
      2. エルトン・ジョンも性差別に苦悩しました
      3. 恋愛の対象が同性であった何が悪い!
      4. 差別と偏見の街パリで生きるのは大変だ
      5. この黒人たちを観よ!
      6. 容姿で差別される究極映画
      7. もはや逃げる力さえ残っていない社会がある
  6. 映画『ハリエット』のキャストについて
    1. ハリエット・タブマン(ミンティ)シンシア・エリボ
    2. ウィリアム・スティル(レスリー・オドム・Jr.)
    3. ギデオン・ブローダス(ジョー・アルウィン)
    4. マリー・ブチャノン(ジャネール・モネイ)
    5. ビガー・ロング(オマー・J・ドージー)
    6. ウォルター(ヘンリー・ハンター・ホール)
    7. エリザ・ブローダス(ジェニファー・ネトルズ)
  7. まとめ 映画『ハリエット』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【差別をテーマにしたオススメ映画】
      1. 映画『ナイチンゲール』
      2. 映画『レ・ミゼラブル』
      3. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      4. 映画『ブラック・クランズマン』
      5. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      6. 映画『グリーンブック』
      7. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      8. 映画『ジョジョ・ラビット』
      9. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      10. 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』
      11. 映画『存在のない子供たち』
      12. 映画『風をつかまえた少年』
      13. 映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』
      14. 『美女と野獣(1991)』
      15. 映画『天使にラブ・ソングを…』
      16. 映画『37セカンズ』
  9. 映画『ハリエット』の作品情報

映画『ハリエット』のオススメ度は?

4.0

4つです

こんな勇気ある女性がいたのだ

差別は許さない

「自由か死」しかない

人のために人生を捧げる

人間は生まれながらに自由であるべきだ

スポンサーリンク

映画『ハリエット』の作品情報・概要

『ハリエット』原題『Harriet2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

スポンサーリンク

映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ

1849年、アメリカのメリーランド州が舞台。白人が奴隷を所有、売買することが許されていた時代。幼少の頃から白人のフローダース家の農園で過酷な労働に従事していたミンティはいつか自由になる日を夢見ていた。母が45歳で奴隷から解放される予定であったが一蹴されてしまう。しかも主人であるエドワード・ブローダス(マイケル・マランド)が死去し、ミンティは売り飛ばされることに、、、。結婚しても同居もできないし、永遠に続く貧乏、、、。ミンティは決死の覚悟で逃亡する。逃げたペンシルバニアは奴隷制が廃止されており名前をハリエットに改名。「地下鉄道」の車掌として再度メリーランド州へ潜入し多くの黒人たちを救出する。やがてハリエットに賞金がかけられ追われる身となる。

スポンサーリンク

映画『ハリエット』の感想・内容

とても素晴らしい映画でした。胸が張り裂けそうな場面がたくさんありました。私は有色人種であり、黄色い人間です。本映画『ハリエット』の主人公は黒人たちです。肌の色では最も差別の対象となってきた人たちです。主に「アメリカ」という国で差別されてきました。いえ、今でも差別され続けています。いまアメリカで起きているデモ行動もしくは暴動はまさに黒人たちの純粋な魂の叫びから来るものだと信じたいです。

人種差別も性差別も描かれている悲惨な映画

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

しかし抗議デモと暴動は全く異なるものであると言うことを主観的にも客観的に認識しなければいけません。遠く離れた日本でアメリカからの映像を見ていると、それはポジティブな未来を期待する抗議では無いように映るのです。店舗やオフィスを襲撃して、商品を盗み出す略奪者や無法者にしか見えないのです。中にはこの抗議運動に便乗してお祭り騒ぎのように街に繰り出している輩たちがいることも忘れてはいけません。

死刑囚にされた黒人を助ける弁護士

かつてアメリカをグレイハウンドのバスで旅をしたことがあります。南部や中西部の内部へ行けば行くほど有色人種であるわたしへの視線が異質になっていくのを感じました。空っ風が吹いて「ここは西部劇の舞台か」と思わせるような街は寂れた通りにはカウボーイ気取りの白人が昼間から酒を飲んで睨みつけてきました。いかにもDVをふるいそうな男たちでした。アメリカを旅行したことがある人ならうなずくかと思いますが、アメリカにはとてつもない頭の悪い人たちがいます。びっくりします。知性教養が感じられないのです。

黒人差別をコミカルに描いた名作です

映画『スタンドバイミー』のワンシーンにあったかと思いますが「スーパーマンとミッキーマウスはどっちが強いんだろう?」それに対して「スーパーマンに決まってるだろ、だってミッキーが漫画だろ」と言う会話がありましたが、それはまだマシな方です。本当に信じられないくらい幼稚な人がいました。本当にびっくりしました。でも、それはアメリカの懐の大きさを実感した瞬間でもありました。頭の良い人はとんでもなく良いのです。また心が優しい人も「どこまで自己犠牲するのだろう」と心配してしまうほどの人もいました。

黒人というだけで逮捕されてしまう悲劇

わたしは思います。いまアメリカで行われている暴動で略奪行為をしている人たちは知性教養に乏しい人たちだと思うのです。相当にストレスが溜まっているのだと思います。もちろんコロナという感染症への不安も要因にあると思います。どう頑張っても埋めら荒れない貧富の差、富める者は守られ、弱者、貧者がいつも犠牲者になるアメリカ社会、、、。そんな現状とコロナストレスで鬱屈していた矢先に起きた白人警官が黒人を殺害した事件は一気に爆発しないはずがありません。

インドのカースト制度は変わりようがない気がする

今回の暴動は過去のロサンゼルス暴動とは全く異なります。もはやガス抜きとは言えません。暴動に加担している人たちは差別の事など何も興味がない人たちのように見えます。便乗しているだけなのです。こうなると本当の人種差別撤廃実現は困難な気がします。白人階級への抗議デモが虚無になってしまうでしょう。「黒人は危ない」というレッテルが貼られてしまうからです。印象操作も行われる可能性が高いです。

ユダヤ人差別が凄まじい

さて映画の話に戻します。シンシア・エリボ演じるハリエット・タブマン(ミンティから改名) が生きた時代は1800年代です。まだ黒人が白人の奴隷にされていたおぞましい時代です。黒人は白人の所有物であり財産としてみなされていたそうです。黒人を多く持つことで裕福さを競っていたそうです。黒人を売り買いしてその利ざやを稼ぐ白人たちが多くいました。一見、紳士淑女のように振る舞っています。立派な家に住み、綺麗な衣装も着風っています。わたしは彼らが気色の悪いセレブのように写り、観ていて吐き気がしました。本当に気持ち悪い人たちです。この演出は良かったと思います。

LGBTQ映画の代表的な作品誕生

また黒人たちが子どもを産めば財産となり売りさばくのです。親から兄妹から引き離されるのです。もう悲惨です。映画の中にもありましたが、黒人と豚は同じような扱いなのです。本当にひどい時代です。ここまで酷い差別があると憎悪や怨恨を消すのは難しいでしょう。現在まで続く諸悪の根源を取り除くのは相当な時間を要すると思います。

親が無知すぎるため存在を失っている子ども

ハリエットはある白人エドワード・ブローダス(マイケル・マランド) の家に働かされていました。母親がある年齢になると自由になると言う契約があり、雇用主に直談判しますが一蹴されます。この場面は辛かったです。しかも子どもであるハリエットも永久にそこで働かされる可能性があるとのこと。結婚したばかりの夫とも一緒に住めません。ハリエットは逃げることを決めます。夫も共だって逃げる計画でしが、結局は1人で逃げます。野山を越え川を渡り、メリーランド州から隣のペンシルバニアのフィラデルフィアまで逃げます。徒歩で160キロです。裸足です。ペンシルバニアは奴隷制が廃止された自由州でした。着の身着のまま逃げたハリエットを助けてくれたのはウィリアム・スティル(レスリー・オドム・Jr. と言う黒人です。

黒人ミュージシャンと白人タクシードライバーの友情物語

スティルは『地下鉄道』と言う組織を持っていました。黒人たちを奴隷から救出する組織です。ハリエットは組織の車掌になります。そしてハリエットは再びメリーランド州に戻り多くの黒人たちをペンシルバニアに連れてくるのです。数十回行い70人以上救出しています。一度たりとも失敗していません。全て成功です。当然のことながらハリエットに賞金がかけられましたが、しかしハリエットは負けませんでした。この強い精神力に人間としても魅力があると思います。命をかけて人の自由を獲得するのです。

ユダヤ教にとって同性愛は許されないことなのか、、、

スポンサーリンク

映画『ハリエット』の結末・評価

映画の中で見逃せないポイントがいくつかあります。まず白人のギデオン・ブローダス(ジョー・アルウィン) です。そして黒人のビガー・ロング(オマー・J・ドージー) とウォルター(ヘンリー・ハンター・ホール) です。白人のギデオンは執拗にハリエットを追い続けます。まさに白人至上主義者の象徴のような男で見ていて憎たらしいのです。1800年代はこういった白人がごく普通にいたかと思います。これを現在に照らし合わせると、今回の白人警官に重なって見えてきます。

クリント・イーストウッドがアジア人に唾を吐きかけます

時代は変わっても一度、植え付けられた優勢思想や概念を変えることは難しいです。ここで教育の大切さを思い知らされます。正しい知性教養の引継ぎが行われなかったのです。ここにアメリカ社会の教育基盤の脆弱さが見えてきます。私たち日本人は逆に自虐的な教育を受けすぎたため、自分たちのアイデンティティーに誇りを失ってしまいました。(日本人はすぐに「わたしが悪いんです」「わたしの責任です」と言います。それはそれで問題ですが)アメリカも少しは過去の間違った歴史を見つめ直し、再教育する必要があるかと思います。

エルトン・ジョンも性差別に苦悩しました

そして本映画に登場する黒人のビガーとウォルターの生き方には悲痛の叫び声が内包しているように思えました 。二人は同じ黒人なのにハリエットを捕まえようと追いかけます。しかし彼は白人の奴隷の言いなりにはなりません。とにかくお金のために黒人を追いかけ捕まえます。しかしウォルターはハリエットの気高い精神性に惹かれて、ハリエットを助けます。でもビガーは御構い無しに黒人に対しても暴力を振るいます。これは怖かったです。ビガーの振る舞いがいま正にアメリカで暴動を起こしている人たちの姿なのです。お金のためでもありますが、やはり「知性教養」が足りないのです。

恋愛の対象が同性であった何が悪い!

このビガーに対してとても強い違和感を覚える人もいるかと思います。そりゃそうです。すべての黒人が黒人の仲間とは限りません。それは私たちが社会で生きるにおいても同じ目的意識を持った仲間でも裏切る人がいます。それは当たり前に起きることなので、黒人の彼を責める事はできません。もっと言うならビガーも奴隷制度によって生み出された犠牲者なのです。「こんなことしなければ生きていけない」時代だったのです。逆に白人の中でも『地下鉄道』に協力して、黒人を救おうと理解を持っていた人は当時の白人から見たら裏切り者なのです。この描き方はとても素晴らしいと思いました。全ての白人を悪者にしなかった事実をしっかりと描いていたと思います。

差別と偏見の街パリで生きるのは大変だ

さて、ハリエットはなぜこれほどまでに逃亡に命をかけたのでしょうか。親兄弟友人を救出しただけで、良かったのではないでしょうか。普通の人間ならそこで止めています、止まなかったからハリエットが「英雄」になったのです。ハリエットは「自由か死か」をモットーに活動していました。「奴隷でいることより死を選ぶ」と言う決意です。そして神がかり的な力を持っていました。睡眠発作です。ナルコプレシーです。突如眠たくなって倒れてしまう病気です。当時はそれが病気の一種としては認知されていなかったようです。

この黒人たちを観よ!

映画『ブラックパンサー』ネタバレ・あらすじ・感想。マーベル初黒人ヒーローがトランプ大統領にパンチ!
映画『ブラックパンサー』ネタバレ・あらすじ・感想。マーベル初黒人ヒーローがトランプ大統領にパンチ!映画『ブラックパンサー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブラックパンサー』ディズニー・スタジオ公式サイトならびにIMDbサイトも案内しています。作品情報・キャスト情報をご確認できます。 映画『ブラックパンサー』の作品情報・概要『ブラックパンサー』『Black Panther』2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとして第18作品目の映画となる。製作はマーベル・スタジオ。配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。ライアン・クーグラー監督作品。出演はチャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ。2019年(第91回)アカデミー賞で、ルドウィグ・ゴランソンが作曲賞、ハナー・ビーチラーが美術賞、ルース・E・カーターが衣装デザイン賞を受賞。

ですからハリエットの発作を間近で見た人たちは、ハリウッドに神の姿を感じたのです。「黒いモーセ」と言われるようになった所以です。睡眠に陥る目覚めるた時のハリエットの言動と決断が的中し、逃亡が次々と成功します。よってカリスマ性も高まったのです。そしてハリエットは逃亡計画を成功させたと言う達成感が終始追い求めていたのではないでしょうか。無事、黒人を奴隷から自由へ導き、彼らから感謝される、その満たされた感情ほどエネルギーになるものはありません。

容姿で差別される究極映画

生きる意味においてハリエットは水を得た魚のように縦横無尽にアメリカの大地を駆け抜けたのです。素晴らしい勇気です。素晴らしい愛です。自由への渇望です。ハリエットはは90歳で亡くなりますが、最後に残した言葉が胸に沁みます。「あなたたちの住む場所は用意してあるわ」だったそうです。素晴らしい映画でした。

もはや逃げる力さえ残っていない社会がある

スポンサーリンク

映画『ハリエット』のキャストについて

ハリエット・タブマン(ミンティ)シンシア・エリボ

物心ついた時から白人の奴隷として過酷な労働をさせられている。母の解放と当時に自由になる予定であったが、無効にされ逃亡を決意。逃亡成功後、何人もの黒人の救出に励む。シンシア・エリボは「素晴らしい」のひとことです。圧巻でした。プロフィールを読むと身長154センチで実際のハリエットと同じくらいだそう。ただスクリーンでは本当にエネルギーに満ち溢れており、とても大きく見えました。霊歌を歌い上げる場面は背筋がゾクゾクっとするほど魂に沁み入ってきました。セリフも表情も仕草ももはや達観の域に入っているかのようでした。すごい俳優です。

ウィリアム・スティル(レスリー・オドム・Jr.)

自由黒人(奴隷から解放された黒人)ペンシルバニアで「地下鉄道」組織を率いている。ハリエットに住居を与える。黒人のたまに尽力している。レスリー・オドム・Jr.はとてもスマートな演技でした。自由黒人というキャラクターをお坊っちゃまぽい雰囲気を出していたのが良かったです。

ギデオン・ブローダス(ジョー・アルウィン)

白人で農園の息子。超差別主義者。サディスト。ハリエットに特殊な感情を持っている。ジョー・アルウィンの演技は素晴らしかったです。「気持ち悪さ」全開でした。一切笑いませんでした。それが恐ろしかったです。

マリー・ブチャノン(ジャネール・モネイ)

自由黒人。ハリエットが住む住居のオーナー。気品がある。ハリエットに白人と接する際のマナーを教える。ハリエットのカリスマ性に気がつき心酔する。ジャネール・モネイは綺麗ですね。すごくしっとりとした雰囲気でした。知的な印象でした。『マーウェン』での演技も良かったです。

ビガー・ロング(オマー・J・ドージー)

自由黒人であり、賞金稼ぎ。逃亡奴隷を捕まえて金を稼いでいる。白人にも堂々と立ち向かう。オマー・J・ドージーの目はとても腐っている雰囲気を出していたと思います。風体も大きいので、威圧感がありました。冷酷非道な良い演技だったと思います。難しい役柄をよくやりきったと思います。

ウォルター(ヘンリー・ハンター・ホール)

自由黒人。土地勘に優れており、フットワークも軽い。当初はビガーと逃亡黒人を捕まえる側でしたが、ハリエットの生き様に感化される。一瞬、マイケル・ジャクソンかと思いました。似ています。憎めない役柄でした。これからが期待できます。

エリザ・ブローダス(ジェニファー・ネトルズ)

エドワード・ブローダス(マイケル・マランド) の妻でギデオン・ブローダス(ジョー・アルウィン) の母。黒人を人間扱いしない非道な女性。自らの暮らしを守るために黒人の自由を奪い、高く売ることを考えている。ジェニファー・ネトルズが白人から追い詰められた時の言動はある意味強いメッセージでした。自分たちの正当性を訴えて敵意を黒人に向けました。すごい迫力ある演技でした。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ハリエット』一言で言うと!

「自由か死か」

この言葉はとても重いです。奴隷になるくらいなら死んだほうがマシなのです。一生、囚われの身で、命令されて、虐げられて、どこにも行けない、、、。籠の中の鳥どころではありません。この世に産まれてきたのなら自由に生きたいものです。好きなことやって人生を終えたいです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【差別をテーマにしたオススメ映画】

映画『ナイチンゲール』

ジェニファー・ケント監督が描く#MeToo映画最高傑作

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『レ・ミゼラブル』

華やかなパリには差別世界が広がっている

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

ここはアメリカですか?

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ブラック・クランズマン』

黒人差別をコミカルに描いた名作

スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』は人種差別問題をコメディータッチで描くことで痛烈なメッセージ送った。ネタバレ、あらすじ、感想。
スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』はカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得、さらにアカデミー脚色賞獲得した名作。ようやくアメリカ映画界もスパイク・リーの功績を評価し始めたと言える。遅すぎた春だ。本作は人種差別という重たいテーマをコミカルに描くことで痛烈なメッセージを投げかけてきた。このメッセージを未来に繋げたい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

若い二人の恋愛に差別の障害が、、、涙が止まりません

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『グリーンブック』

黒人ミュージシャンと白人ドライバーの友情物語

2019年アカデミー賞 三部門受賞!納得『グリーンブック』は実話の男の友情物語。感想、評価、ネタバレ
この映画は天才黒人ピアニストが危険を承知の上で南部アメリカを旅することで人種差別撤廃を訴えている。共に旅するのが、陽気なイタリア人の用心棒。凸凹コンビが織りなすドラマに涙する。喜怒哀楽は元より、差別と言う醜い人間の感情を撤廃しなければ幸せな未来は訪れないと痛感させる映画である。人間は本音で話し合えば仲良くなれるのだ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インドのカースト制度は終わらない

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『ジョジョ・ラビット』

ユダヤ人差別が凄まじい

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

LGBT映画の最高作品

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

ネイティブインディアンのために戦う白人

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。
映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』下記サイトにて作品情報・キャスト等をご確認ください。ケビン・コスナー、製作・監督・主演の最高傑作です。アメリカ先住民との交流を見事に描いています。先住民を善として描いています。人権も動物も大事にして映画製作されているのも評価されている理由でしょう。

映画『存在のない子供たち』

存在さえ認められないとは酷すぎます

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『風をつかまえた少年』

黒人であるがためにチャンスも乏しいのか、、

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』

これは必見!動物から差別される人間を描いている

ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。
ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『The Jungle Book』実写の少年とCGIアニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。脚本はジャスティン・マークス。

『美女と野獣(1991)』

見かけで判断していはダメ

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『天使にラブ・ソングを…』

ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー

映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー
映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー 映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『天使にラブ・ソングを…』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要 1992年製作のアメリカのコメディー映画。閉鎖的なイメージの修道院で繰り広げられるドタバタコメディーだが、友情、挑戦、変革等の要素を上手く取り入れている。主演のウーピー・ゴールドバーグの絶賛演技。ハーヴェイ・カイテルの座った演技とコミカルな雰囲気も素晴らしい。アメリカでは6ヶ月のロングランを記録。

映画『37セカンズ』

これは必見です!佳山明さんの演技がすごい!

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。
スポンサーリンク

映画『ハリエット』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ケイシー・レモンズ
製作
グレゴリー・アレン・ハワード デブラ・マーティン・チェイス ダニエラ・タップリン・ランドバーグ
製作総指揮
ジョシュ・マクラフリン シェイ・カマー ビル・ベネンソン ペン・デンシャム ジョン・ワトソン クリスティーナ・ケンドール チャールズ・D・キング
原案
グレゴリー・アレン・ハワード
脚本
グレゴリー・アレン・ハワード ケイシー・レモンズ
撮影
ジョン・トール
美術
ウォーレン・アラン・ヤング
衣装
ポール・タズウェル
編集
ワイアット・スミス
音楽
テレンス・ブランチャード
主題歌
シンシア・エリボ
ハリエット・タブマン(ミンティ)シンシア・エリボ
ウィリアム・スティル(レスリー・オドム・Jr.)
ギデオン・ブローダス(ジョー・アルウィン)
マリー・ブチャノン(ジャネール・モネイ)
ボンディ・カーティス=ホール
エドワード・ブローダス(マイケル・マランド)
ジョン・タブマンザカリー・モモー
ベン(ベンジャミン)・ロス(クラーク・ピータース)
リット(ハリエット)・ロス(バネッサ・ベル・キャロウェイ)
ビガー・ロング(オマー・J・ドージー)
ウォルター(ヘンリー・ハンター・ホール)
エリザ・ブローダス(ジェニファー・ネトルズ)
2019年製作/125分/G/アメリカ
原題:Harriet
配給:パルコ

タイトルとURLをコピーしました