【ネタバレ酷評】映画『ポップスター』あらすじ・感想・結末。「ナタリー・ポートマンどうしたの?」製作総指揮は無理。

スポンサーリンク
【ネタバレ酷評】映画『ポップスター』あらすじ・感想・結末。「ナタリー・ポートマンどうしたの?」製作総指揮は無理。2018年公開

映画『ポップスター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ポップスター』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ポップスター』
110分/アメリカ/2018
原題『Vox Lux

【監督】
ブラディ・コーベット
【脚本】
ブラディ・コーベット
【製作】
クリスティーン・ベイコン ダビド・イノホサ ブライアン・ヤング ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
【出演】
ナタリー・ポートマン
ジュード・ロウ
ラフィー・キャシディ
ステイシー・マーティン
ジェニファー・イーリー

映画『ポップスター』公式サイト – GAGA

【予告動画】

映画『ポップスター』6月5日(金)全国ロードショー/本予告

スポンサーリンク
  1. 映画『ポップスター』のオススメ度は?
  2. 映画『ポップスター』の作品情報・概要
  3. 映画『ポップスター』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ポップスター』の感想・内容
    1. 予告では壮大な物語を期待させた
      1. レネー・ゼルウィガー圧巻演技
      2. ナタリー・ポートマンどうしちゃったんだろう?
      3. 音楽映画として最高の映画!
    2. 何を伝えたいのかわからない映画
  5. 映画『ポップスター』の結末・評価
    1. 脚本をもう少し練るべき映画
      1. エルトン・ジョンの苦悩に心打たれます
    2. キャラクター設定からやり直して欲しい
      1. ミュージカル映画の金字塔
    3. この映画で感動する人はいないでしょう
    4. 役者に専念すべき二人
      1. やっぱりディズニー映画は音楽が素晴らしい
  6. ポップスター映画『ポップスター』のキャストについて
    1. セレステ(ナタリー・ポートマン)
    2. マネージャー(ジュード・ロウ)
    3. 少女時代のセレステ/アルベルティーヌ(ラフィー・キャシディ)
    4. エレノア(ステイシー・マーティン)
  7. まとめ 映画『ポップスター』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ音楽映画】
      1. 映画『ロケットマン』
      2. 映画『ジュディ 虹の彼方に』
      3. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      4. 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』
      5. 映画『さよなら くちびる』
      6. 映画『ティーンスピリット』
      7. 映画『嵐を呼ぶ男』
  9. 映画『ポップスター』の作品情報

映画『ポップスター』のオススメ度は?

1.5

1つ半です

正直良いところがないです

ナタリー・ポートマンどうしちゃったんだろう、、、

スポンサーリンク

映画『ポップスター』の作品情報・概要

『ポップスター』原題『Vox Lux2018年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はブラディ・コーベット。ナタリー・ポートマン主演と製作総指揮を務めた。Vox Luxの意味はラテン語で光の声になる。ジュード・ロウも出演と製作総指揮を兼任。アメリカ社会に衝撃をあ与えた学校での銃乱射事件をモチーフに物語を描いた。

スポンサーリンク

映画『ポップスター』のあらすじ・ネタバレ

14歳のセレステ(ラフィー・キャシディ) は音楽が好きな普通の少女。ある日、学校の授業中に同級生が銃を持って乱入。そして乱射。セレステは首を撃たれたがか一命を取り留める。追悼集会でセレステは自作の歌を歌い全米に流れる。それからセレステの運命が変わっていく。敏腕マネージャーと共に着実にスターの階段を駆け上がっていくが、、、。

スポンサーリンク

映画『ポップスター』の感想・内容

予告では壮大な物語を期待させた

正直申し上げて「何も面白くない」映画です。中身がありません。

冒頭は手持ちの家庭用カメラの映像から始まります。少女が歌を唄って将来の歌手を夢見ているようなニュアンスです。

それから学校の教室風景へ向かいます。予告にもありましたが、いち青年の無差別殺人が発生します。銃乱射です。

その惨劇の中、生き残った少女が人生をどう生きていくのかを描く物語、、、、となるはずでした。

それは幾多の苦悩、苦闘、葛藤、挫折、挑戦を交えて銃乱射という悪夢から立ち直って、みんなに勇気と力を与える映画になってほしいと期待していました。

少なくとも予告ではそういうイメージを持ちました。

レネー・ゼルウィガー圧巻演技

ナタリー・ポートマンどうしちゃったんだろう?

そうです。わたしはアメリカで実際に起きた忌まわしい悲劇をモチーフにした社会性の高いメッセージ映画だと思ったのです。

でも、でもです。それが全くありませんでした。とても残念です。

ぶっちゃけ言ってしまえば「頭が悪い自己顕示欲だけが取り柄の歌手が人に迷惑をかける話」となります。

ナタリー・ポートマン、どうしちゃったの?って何度もスクリーンに向かって呟いてしまいました。

音楽映画として最高の映画!

何を伝えたいのかわからない映画

本当にこの映画の良いところを探そうとしてもないのですよ。ポートマンの演技もなんか下品です。

言葉も仕草も酷い。歌もダンスもそれほど良くない。

映画『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガーと比べると雲泥の差です。

まあ本映画は実話ではないから比較はできませんが、一体、何を言わんとしているのかわかりません。公式サイトやユーチューブのインタビューを見ても伝わってこないのです。

スポンサーリンク

映画『ポップスター』の結末・評価

脚本をもう少し練るべき映画

ナタリー・ポートマンとジュード・ロウ、そして監督のブラディ・コーベットの話を要約すると「銃乱射の悲劇で奇跡的に助かった少女セレステがポップスターになっていく浮き沈みの激しい世界で格闘、そしてマスコミにバッシングされて苦悩する。さらに薬物、アルコールに溺れてどん底へ。でも今一度、復活するために頑張っている時に他の国で銃乱射事件が起きる。犯人たちはセレステに感化された可能性がある。精神的ショックを乗り切って復活する」というもの。

うーん、結局は脚本が練りこまれていないからこんな駄作になったのでしょう。

エルトン・ジョンの苦悩に心打たれます

キャラクター設定からやり直して欲しい

よくわかりません。「アメリカ銃社会へ」の提言なのか「ポップスターって職業は大変」なので同情して欲しいと訴えているのか、はっきりしないのです。

もし前者を訴求するのであればもっとトラウマを強烈に描かないといけません。

銃乱射事件のカットバックの多用です。他の犠牲者との絆や思いやりも必要です。

後者を描くなら真面目に頑張っている謙虚性も描かないと現代では難しいです。

従来のスター像は「わがまま、ドタキャン、自分勝手、高圧的、世間知らず」と言ったステレオタイプで描かれることが多いです。

でも本映画『ポップスター』のセレステは少女時代に悲惨な経験をしており、人の命の大切さや優しさ、さらに家族への愛を目の当たりにしたはずなんです。

ですからキャラクター設定の時点で間違っていると思います。

ミュージカル映画の金字塔

この映画で感動する人はいないでしょう

でも映画の中のセレステは「冷酷、極悪、非行、横暴、乱暴」と負のスターのイメージのオンパレードです。

このキャラクター設定がいけなかったと思います。人間は何か辛いことや悲しいことを経験すると人の温もりがわかる生き物です。

それが全く描けていなかったのです。従来のステレオタイプのスターのイメージを植え付けたのが失敗だったと思います。

この映画『ポップスター』で感動する人はいないでしょう。

兎にも角にも酷い映画でした。

役者に専念すべき二人

本映画『ポップスター』の製作総指揮にナタリー・ポートマンとジュード・ロウの名前があります。

もうこれでわかりました。下手に俳優が製作に加わると本当にお金をドブに捨てることになるという証明です。

ポートマンはもっと頭の良い人かと思っていましたが、映画製作は水物です。

ギャンブルです。

製作に手を出すのはやめた方が良いでしょう。

やっぱりディズニー映画は音楽が素晴らしい

スポンサーリンク

ポップスター映画『ポップスター』のキャストについて

セレステ(ナタリー・ポートマン)

銃乱射事件で首を撃たれたが一命をとりとめた少女。追悼集会で自作の歌を歌ったことでデビューへの道が開ける。ナタリー・ポートマンの演技に疑問を持ってしまいました。セレステの悲惨な経験がキャラクター設定に悪い影響を与えたのか、、、と思ってしまうほどのはちゃめちゃぶりでした。

マネージャー(ジュード・ロウ)

セレステのマネージャー。セレステを大スターにするためにありとあらゆる手法を使う。ジュード・ロウは雰囲気的にも辣腕マネージャーがぴったりの役でした。

少女時代のセレステ/アルベルティーヌ(ラフィー・キャシディ)

銃撃されたか弱いセレステ。姉思いのセレステ。さらにセレステの子どもも演じている。ラフィー・キャシディ歌声はとてもしっとりとしたものでした。とても清潔感がありました。そしてセレステの子ども役では割と不良っぽい雰囲気を出していたと思います。

エレノア(ステイシー・マーティン)

セレステの姉。作曲者。妹思い。当初は仲良くツアーにも行っていますが、マネージャーと関係を持ったことがセレステにバレてから冷遇される。ステイシー・マーティンは知的な雰囲気でした。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ポップスター』一言で言うと!

「かつては炎上ビジネスで潤った」

ひと昔前のスターはテレビや新聞などのマスコミを使って炎上ビジネスを展開することで楽曲を売ったりした人もいました。でも今は下手に発信するとバッシングされます。本映画『ポップスター』のセレステは時代に付いていけてない気がしました。今の大スターは礼節を守り謙虚でいる方が支持される時代です。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ音楽映画】

映画『ロケットマン』

エルトン・ジョンはやっぱりメロディーの宝庫

エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価
エルトン・ジョンは世界的に有名なミュージシャンである。彼の人生は波乱万丈であるが、命が救われたのは彼が真の愛を諦めずに探したからだろう。ゲイであることを世界にカミングアウトした勇気。ドラッグ、アルコール依存症からの復活。そして結婚、更に子どもをもうけるなど今ではとても幸せだ。本映画はミュージカルとなっておりとても楽しく観ることができる。

映画『ジュディ 虹の彼方に』

レネー・ゼルウィガーがこんなに歌が上手いなんて!

映画『ジュディ 虹の彼方に』ネタバレ・あらすじ・感想。レネー・ゼルウィガー圧巻演技と完全復活。アカデミー主演女優文句なし!
映画『ジュディ 虹の彼方に』ネタバレ・あらすじ・感想。レネー・ゼルウィガー圧巻演技と完全復活。アカデミー主演女優文句なし! 映画『ジュディ 虹の彼方に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュディ 虹の彼方に』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ジュディ 虹の彼方に』の作品情報・概要 『ジュディ 虹の彼方に』原題『Judy』2019年のアメリカ合衆国・イギリス合作のジュディ・ガーランドの伝記映画。ルパート・グールド監督。主演はレネー・ゼルウィガー。本作は2005年に初演されたピーター・キルター脚本の舞台劇『エンド・オブ・ザ・レインボー』を原作としている。ジェシー・バックリー、フィン・ウィットロック、ルーファス・シーウェル、マイケル・ガンボンらが共演。不世出のエンターテナーであるジュディ・ガーランドの悲哀な人生を描いている。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

東西冷戦下の命がけの恋

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

こんなおバカさんでまあ抜けで、でも涙が出る映画ないです

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『さよなら くちびる』

成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『ティーンスピリット』

エル・ファニングが可愛い

映画『ティーンスピリット』ネタバレ・あらすじ・結末。エル・ファニングの熱唱。ポーランド移民の成功物語。
映画『ティーンスピリット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ティーンスピリット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。『ティーンスピリット』『原題:Teen Spirit』2018年に公開された米英合作のドラマ映画。監督はマックス・ミンゲラ、主演はエル・ファニング。ポーランド移民の女の子が明日のスターを夢見る成功物語。プロデューサーは『ラ・ラ・ランド』のフレッド・バーガー 。

映画『嵐を呼ぶ男』

石原裕次郎も唄ってます

映画『嵐を呼ぶ男』ネタバレ・あらすじ・結末。時代が石原裕次郎だった。昔から芸能界は恐ろしかった。
映画『嵐を呼ぶ男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『嵐を呼ぶ男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予...
スポンサーリンク

映画『ポップスター』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ブラディ・コーベット
製作
クリスティーン・ベイコン ダビド・イノホサ ブライアン・ヤング ゲイリー・マイケル・ウォルターズ ロバート・サレルノ ミシェル・リトバク スベトラーナ・メトキナ デビッド・リトバク アンドリュー・ローレン D・J・グーゲンハイム
製作総指揮
ナタリー・ポートマン ジュード・ロウ シーア ジョシュア・スローン マーク・ギレスピー ロン・カーティス
撮影
ロル・クローリー
美術
サム・リセンコ
衣装
ケリー・ランガーマン
編集
マシュー・ハンナム
音楽
スコット・ウォーカー
音楽監修
マーガレット・イェン
主題歌
シーア
振付
バンジャマン・ミルピエ
ナレーション
ウィレム・デフォー
セレステ(ナタリー・ポートマン)
マネージャー(ジュード・ロウ)
少女時代のセレステ/アルベルティーヌ(ラフィー・キャシディ)
エレノア(ステイシー・マーティン)
ジョシー(ジェニファー・イーリー)
2018年製作/110分/アメリカ
原題:Vox Lux
配給:ギャガ

タイトルとURLをコピーしました