映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。

スポンサーリンク
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。恋愛映画

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイト
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイト。2020年2月7日(金)全国ロードショー。
『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』 予告編

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』(114分/PG12/イギリス/2017
原題『Disobedience

【監督】
セバスティアン・レリオ
【製作】
フリーダ・トレスブランコ エド・ギニー レイチェル・ワイズ
【出演】
レイチェル・ワイズ
レイチェル・マクアダムス
アレッサンドロ・ニボラ

スポンサーリンク
  1. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のオススメ度は?
  2. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要
  3. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の感想・評価・内容・結末
    1. 単なるLGBT恋愛物語ではありません
    2. ユダヤ教徒の二人だから意義がある
    3. 人間は思考する生き物だから“性”の選択ができる
    4. 非常にデリケートな映画です
    5. ドキドキハラハラする演出
    6. 呪縛から開放された喜びを共有する喜び
  5. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のキャストについて
    1. ロニート・クルシュカ(レイチェル・ワイズ)
      1. とても癖のある役柄を難なくこなしています
    2. エスティ・クパーマン(レイチェル・マクアダムス)
    3. ドヴィッド・クパーマン(アレッサンドロ・ニボラ)
  6. まとめ 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』一言で言うと!
  7. 合わせて観たい映画
    1. 【LGBTに関連した映画】
      1. 映画『ロケットマン』
      2. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      3. 映画『さよなら くちびる』
      4. 映画『コレット』
      5. 映画『ある少年の告白』
      6. 映画『グリーンブック』
      7. 映画『女王陛下のお気に入り』
      8. 映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
      9. 映画『J・エドガー』
  8. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

単なるLGBT映画ではありません

ユダヤ教徒としても苦悩

自由を得たい

を選択できる時代

スポンサーリンク

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ

厳格なユダヤ教徒のラビの娘として育ったロニート・クルシュカ(レイチェル・ワイズ) は父と対立して家出した。ロニートの恋愛は男女問わず人を愛すること。遠くニューヨークでカメラマンとして生業を立てている。ある日、父が亡くなったとの知らせを受け帰郷する。そしてかつて愛したエスティ・クパーマン(レイチェル・マクアダムス) と再会する。しかしエスティは幼馴染のドヴィッド・クパーマン(アレッサンドロ・ニボラ)の妻となっている。3人は互いを交錯させながらラビの葬儀の日を迎えることに、、、。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の感想・評価・内容・結末

単なるLGBT恋愛物語ではありません

わたしたち日本人の宗教は一体なにでしょうか?この映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』は厳格なユダヤ教社会で繰り広げられる恋愛物語です。

でも単なる恋愛物語ではありません。近年、映画ではLGBTの人たちをテーマに作品が多く作られていますが、本作もその流れに乗っています。

ただもっと高度というか、知性的にも哲学的にもそして宗教的にも深い作品です。

ユダヤ教徒の二人だから意義がある

世界中には多くの宗教があります。それらの宗教で同性愛を認めているものはあるのでしょうか。

わたしの見解でパッと浮かぶ宗教はありません。大抵の宗教の教義では禁じられているような気がします(すみません、わたしの見識が足りないかもしれません)

本映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』は女性同士の恋愛をユダヤ教という宗教を舞台に展開していきます。

ユダヤ教徒と聞いてイメージするのはやは差別・偏見の歴史に翻弄され、世界を流浪してようやくイスラエルを建国した人たちです。

彼らは差別されてきたからこそ性の自由も認めるくらいの器量なのではと思いがちですが、やはりその点は異なるようです。

人間は思考する生き物だから“性”の選択ができる

人間は動植物と違って思考する生き物です。そして思考を繰り返して進化してきたと思います。

動植物界はオスとメスあるいは雄しべと雌しべに分けることができますが、思考を持ったわたしたちは自分でを決める自由を手に入れたのです。性の選択ができる生き物なのです。

確かに古くからの宗教や哲学、概念は大事ですが新しい思考の発展を止めることは出来ません。それが人間なのです。

非常にデリケートな映画です

この映画のロニート・クルシュカ(レイチェル・ワイズ) とエスティ・クパーマン(レイチェル・マクアダムス) も決して間違った人間ではありません。

一昔前なら同性愛の人たちを病気扱いしていましたが、今では多様性を認める社会になっています。堂々と公言できる時代です。

よってこの映画の厳格なユダヤ教を舞台に繰り広げれる物語はとても意義があると思います。

ユダヤ教の心の広さと受容性を世界に伝えなければいけませんから、脚本も演出も細心の配慮を持って作られているのがわかります。

ドキドキハラハラする演出

さて、映画を観ているととても切ない気持ちとハラハラドキドキする場面で心拍数が落ち着くませんでした。

ロニートとエスティーの再会する場面にドヴィッド・クパーマン(アレッサンドロ・ニボラ)がいる気まずさと周囲の人たちの視線。

でも二人はもう火がついています。再び燃え盛った炎は消えません。そして人目を忍んで愛し合います。

とても美しいです。お互いが優しさを持っていたわりながら愛を交わします。そして二人とも本当の愛の存在を確認します。

呪縛から開放された喜びを共有する喜び

結果的にエスティーはドヴィッドに本当の自分の存在を告げます。ドヴィッドはショックで狂乱します。

ですが、ここからがユダヤ教の懐の深さを見せるのです。「選択の自由がある」というのです。

この瞬間、ロニートとエスティーはようやく人として認められ自由になれたのです。

自然界の動植物は生まれた時、何らかの呪縛を持っているでしょうか。持っていません。

人間が思考を持ったから呪縛されてしまったのです。

ですからこの「選択の自由がある」という言葉は生まれた瞬間に立ち返ることができるのです。

呪縛されても良いし、自由になっても良いということです。自分自身で決めなさいということです。

とても深い映画でした。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のキャストについて

ロニート・クルシュカ(レイチェル・ワイズ)

厳格なユダヤの教えに抗い家出しカメラマンになっています。父親はユダヤ教のラビ。レイチェル・ワイズが本作に惚れ込んで製作も担当しています。演技も素晴らしい。野生的で自分を通す人間を表現するには十分でした。

とても癖のある役柄を難なくこなしています

エスティ・クパーマン(レイチェル・マクアダムス)

かつてロニートを愛していましたが、周囲に気がつかれやめました。女性しか愛せないことを隠してドヴィッドと結婚します。レイチェル・マクアダムスは物静かな女性を演じています。でも心には何かしらのシコリを持っています。それが切なくつたわてきました。

 

ドヴィッド・クパーマン(アレッサンドロ・ニボラ)

厳格なユダヤ教の教えを守っています。ロニートに思いを寄せていましたが、今はエスティーを妻に迎えています。ロニートの帰郷に不安を覚えます。厳しい宗教の次期指導者になる予定ですが、愛するエスティーのことが心配でたまりません。苛立ちを押し殺しながら苦悩する演技が良かったです。

まとめ 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』一言で言うと!

「熱せられた鉄を冷ますのは難しい」

一度、燃え盛って鎮火した鉄をもう一度、火にくべるとさらに強くなります。恋とは鉄を同じで再会すると収拾がつかないものです。若ければ若いほど熱くなるのです。

合わせて観たい映画

【LGBTに関連した映画】

映画『ロケットマン』

性について悩むエルトン・ジョンの魂の叫びが聞こえます。

エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価
エルトン・ジョンは世界的に有名なミュージシャンである。彼の人生は波乱万丈であるが、命が救われたのは彼が真の愛を諦めずに探したからだろう。ゲイであることを世界にカミングアウトした勇気。ドラッグ、アルコール依存症からの復活。そして結婚、更に子どもをもうけるなど今ではとても幸せだ。本映画はミュージカルとなっておりとても楽しく観ることができる。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

本当に美しい若い二人の恋物語です

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『さよなら くちびる』

主人公のハルは自身の性に悩みながら音楽活動をしている、彼女が思いを寄せる女性はすでに、、、、。

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『コレット』

フランスの女流作家の波乱万丈の人生を描いている。半世紀前に勇気を出して同性愛を告白した女性。

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。

映画『ある少年の告白』

同性愛を矯正する学校に入れらた少年たち。しかし本当の性を見つけて生きていく決意をする。

映画『ある少年の告白』LGBTへ理解を深めてくれます。ネタバレ、評価、あらすじ。
近年LGBTに関する映画が多く公開されている。今まで差別されてきた歴史もあるが、なぜこれほど多作されているのかを考えてみる。特にアメリカでは性的マイノリティーへの差別意識が高いことに改めて驚いた。その背景にはキリスト教プロテスタントの一派であるバプティスト教会の影響が大きい。本作を観ることでトランプ大統領とアメリカが観えてくる。

映画『グリーンブック』

有名な黒人ピアニストが人種差別を戦う過程で自身のセクシャリティーを告白している。

2019年アカデミー賞 三部門受賞!納得『グリーンブック』は実話の男の友情物語。感想、評価、ネタバレ
この映画は天才黒人ピアニストが危険を承知の上で南部アメリカを旅することで人種差別撤廃を訴えている。共に旅するのが、陽気なイタリア人の用心棒。凸凹コンビが織りなすドラマに涙する。喜怒哀楽は元より、差別と言う醜い人間の感情を撤廃しなければ幸せな未来は訪れないと痛感させる映画である。人間は本音で話し合えば仲良くなれるのだ。

映画『女王陛下のお気に入り』

イギリス王室の物語。アン王女と侍女の関係を描いている。

映画『女王陛下のお気に入り』は豪華絢爛なセットと衣装に大英帝国と言う時代が見える。エマ・ストーンが美しい。感想とネタバレあり。
イギリス王朝を舞台にした映画である。王朝物はたくさんあるが、本作のアン王女には可愛げが全くない。人間の持つ本性とは権力を手に入れるとこれほどまでに醜くなるのかを痛切した。高い場所から見下すことで自己のアイデンティティーを保っているように見える。またアン王女に取り付く侍女たちも権力を宝石の如く手に入れようとする。

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

アメリカ女子テニスのスーパースターが性差別撤廃に向けて戦う。自身も同性愛者とカミングアウトする。

世紀の対決『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』この一戦から女性の地位が向上した
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』(122分/米/2017) 原題  『Battle of the Sexes』 女性の地位向上と男女差別是正を目指したテニス選手の物語でもあるが、LGBTへの理解を世界に示した勇...

映画『J・エドガー』

長年FBIを務めたエドガーの半生

クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』は実話。米大統領を操った男である。ケネディーの死にも関与している。ネタバレ、感想、評価。
『J・エドガー』(138分/米/2011) 原題『J. Edgar』 アメリカの近代史はJ・エドガー無しには語れない。功績も大きいが非難の声もある。 約50年、FBI長官を務める。情報収集に全力をかけた人生。 ジョン...

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
セバスティアン・レリオ
製作
フリーダ・トレスブランコ エド・ギニー レイチェル・ワイズ
製作総指揮
ローズ・ガーネット ダニエル・バトセック ベン・ブラウニング グレン・バスナー アンドリュー・ロウ エリック・ラウファー ジョバンナ・ランドール
原作
ナオミ・オルダーマン
脚本
セバスティアン・レリオ レベッカ・レンキェビチ
撮影
ダニー・コーエン
美術
サラ・フィンレイ
衣装
オディール・ディックス=ミロー
編集
ネイサン・ヌーゲント
音楽
マシュー・ハーバート
ロニート・クルシュカ(レイチェル・ワイズ)
エスティ・クパーマン(レイチェル・マクアダムス)
ドヴィッド・クパーマン(アレッサンドロ・ニボラ)
2017年製作/114分/PG12/イギリス
原題:Disobedience
配給:ファントム・フィルム

タイトルとURLをコピーしました