映画『ドント・ウォーリー』はアルコール依存症を克服する物語。ネタバレ、感想

上映中
映画「ドント・ウォーリー」
一度は酒に溺れた車椅子の風刺漫画家、実在したジョン・キャラハンの不屈の半生。それは、ガス・ヴァン・サントが描き出す、やさしさと生きる希望に満ちた人間賛歌。/監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント/原題:Don't Worry He Won't Get Far on Foot

『ドント・ウォーリー』(113//2018年)

原題 Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot

監督 ガス・バン・サント

スポンサーリンク

身体障害者が苦難に立ち向かう話ではない。アルコール依存症と向き合い成長する物語

アルコールによって自身も家族も友人も仕事も失くなる。人生を狂わす劇薬である

この映画の予告を観た時、身体障害者のお涙頂戴映画だと勝手に思っていた。身体障害者が苦難に立ち向かって成功する物語だと思っていたのだ。でも実際は違った。アルコール依存症の物語だ。とってもシビアなものだ。アメリカの社会構造、社会基盤、社会問題を真摯に扱っている。とても重たい映画をユーモアたっぷりに描いている。さすがガス・バン・サント監督。アメリカはドラックの問題も多いが、それ以上にアルコール依存症で苦しむ人たちの抱える問題は深刻と言える。アルコールが原因での事件、事故は後を絶たず、破産、家族の崩壊、更には人格が破綻することが多々あるそうだ。

ジョン・キャラバンという著名な漫画家を主人公に迎えた理由とは

この映画は身体障害者になったジョン・キャラバンという著名な漫画家を主人公に迎えどうして、下半身麻痺になったかを振り返りながらアルコールの是非について享受する映画である。アルコールは恐ろしい。観ているとドラッグより恐ろしく感じる。それは法律で許されているから歯止めがかからないという側面もある。なぜ人はアルコールを摂るのだろうか?何かに理由をつけて飲む。例えば仕事をやり終えたご褒美とか、恋人の誕生日とか、あるいは精神的なストレス発散とか、更にはプレッシャーから逃れるためとか、誰かの葬い等々。人はあらゆる口実を作ってアルコールを摂る。それはつまり自己憐憫であるのだ。大した理由もないのに自分はよくやった、自分は悪くない、自分はできるなどと憐れみに浸り、更にアルコールが勇気と力をくれるなどと嘯いて飲むのだ。

アルコールがもたらす善行はないかもしれない。負の連続性だけだ

でもアルコールは一時的に脳を麻痺させるだけで良い連続性はないのだ。いや、むしろ悪い連続性を生む。習慣であり依存症という負の連続性だ。飲まないと落ち着かない、飲まないと恐ろしくなる、飲まないと目が覚めないとか。でも確実に脳を破壊していくのだ。映画では身体障害者になったジョンがAA(アルコホーリクス・アノニマス)に通うことで自らの過去と対峙して人生を成功させる方法を見つける。それまでの酔っ払い生活では到底成り得なかった優しい自分の存在に気がつくのだ。そして人に対して抱いていた憎悪という感情とお別れするために謝罪の旅にも出る。この場面は涙ものだ。人を許す、これがとても大事なのだ。

人を許すことで自分の人生が始まる。憎悪からは何も生まれない

この映画では人を許すことで人生が始まると言っているようだ。キリスト教だ。私は仏教徒だからキリスト教の細部まではわからないが、どんな宗教でも許すと言う行為が大事であると説いているはずだ。憎しみを持っていると人は前進できないのだ。許せない人を許し幸せを願うことで、自身も幸せになり、社会も世界も幸せになるのだ。ガス・バン・サントはとても大きなメッセージをこの映画に込めていると思う。現在の世界情勢にだ。アメリカは未だ戦時国家だ。世界中から憎まれているかもしれない。今こそ世界に対して謝るべきなのではと言っているように聞こえる。今のこの世界の混乱と騒乱を作った責任の一端は確かにアメリカにある。それを真摯に認めて謝罪し許しを得れば世界は平和になるような気がするのだ。

【アルコール依存についての描写がある映画】

『ドント・ウォーリー』

映画『ドント・ウォーリー』はアルコール依存症を克服する物語。ネタバレ、感想
映画『ドント・ウォーリー』は身体障害者になった人があらゆる困難に立ち向かい成功への階段を駆け上がる物語ではない。アルコール依存症というアメリカ社会が抱える社会問題を取り上げ、断酒することで人生を豊かにすることができるメッセージを送っている。勇気と力をもらえる映画である。また憎悪からは何も生まれない。許すことの大切さも

『魂のゆくえ』

イーサン・ホーク主演『魂のゆくえ』はポール・シュレイダー監督最高傑作。『地球のゆくえ』とも言える作品である。ネタバレ・あらすじ・評価
ポール・シュレイダー監督作品。50年の構想を得て書き上げた脚本を自ら監督した映画。教会の牧師があバリーコーガンつ夫婦との出会いによって自らのアイデンティティーについて深く考える。また自分のせいで戦死した息子への悔恨の思いが強く、自身も死へと向かう刹那的な物語だ。人間のせいで地球は破壊へと向かう。それを止めるべく取った行動とは、、、。

『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』実話は映画史上最高傑作の反戦映画である。ネタバレ、感想、評価
クリント・イーストウッドは多くの戦争映画を制作している。西部劇作品も一貫して戦争映画だ。『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も戦争映画だ。そして本作はおそらくイーストウッド自身ストレートに描いた最高傑作の反戦映画であると言える。事実、アメリカの戦争映画の興行収入の記録を作った。そこに反戦の事実がある。

 

【薬物依存症についての描写がある映画】

『ビューティフル・ボーイ』

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

『ベン・イズ・バック』

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇
ジュリア・ロバーツが薬物依存で苦しむ息子を救おうと格闘する演技が素晴らしい。自身も年頃の息子を持つ身として体当たりで挑んでいる。アメリカ社会の深層について如実に描いている。薬物依存症から復活するのはとても難しい。自身の子供が壊れていくのは辛い。果たして息子は帰ってくるのか。そして以前のように平和に暮らす日々は戻るのか。

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『暁に祈れ』

『暁に祈れ』(117分/英仏合作/2017)
原題 『 A Prayer Before Dawn』 イギリスから来た青年が、タイでドラッグに溺れ沈没して刑務所にぶち込まれる。凶悪犯罪者の囲まれ、生き抜いていくための手段として用いたのは“拳”だった 最...

『アリー/ スター誕生』

『アリー/ スター誕生』(135分 米)
『アリー/ スター誕生』 原題 A Star Is Born レディー・ガガにどっぷり浸れる映画。ガガがこの映画で勝負しているのが実感できる。確実に“獲り”に行っている。 レディー・ガガ150パー...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

『ボヘミアン・ラプソディ』

クイーン伝説『ボヘミアン・ラプソディ』フレディーの世界を変えた変えた生き様を観よ
ロック史上、いや音楽史上最高のバンド、クイーン。ボーカルを務めたのはフレディー・マーキュリー。唯一無二の美声と圧倒的なパフォーマンスで世界中を魅了した。しかしフレディーには大きな悩みがあった。出自ではなく自らのセクシャリティーだ。そして愛を求め愛を歌うことで、本当の愛を掴んだ。フレディー死すとも魂は伝承されていく。

【こちらはギャンブル依存】

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ

世紀の対決『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』この一戦から女性の地位が向上した
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』(122分/米/2017) 原題  『Battle of the Sexes』 女性の地位向上と男女差別是正を目指したテニス選手の物語でもあるが、LGBTへの理解を世界に示した勇...

 

*アルコール依存症を扱った映画

『酒とバラの日々』

『男が女を愛する時』

 

映画のことなら映画.comより引用スタッフ

監督 ガス・バン・サント
製作 シャルル=マリー・アントニオーズ モーラ・ベルケダール スティーブ・ゴリン ニコラ・レルミット
製作総指揮 ブレット・J・クランフォード
脚本 ガス・バン・サント
撮影 クリストファー・ブロベルト
衣装 ダニー・グリッカー
編集 ガス・バン・サント デビッド・マークス
音楽 ダニー・エルフマン
キャスト
ホアキン・フェニックスジョン・キャラハン
ジョナ・ヒルドニー
ルーニー・マーラアヌー
ジャック・ブラックデクスター
マーク・ウェバー
ウド・キア
キャリー・ブラウンスタイン
ベス・ディットー
キム・ゴードン
作品データ
原題 Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot
製作年 2018
製作国 アメリカ
配給 東京テアトル
上映時間 113
映倫区分 PG12