映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。

映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。2019年公開

映画『ドクター・スリープ』』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ドクター・スリープ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『ドクター・スリープ』公式サイト 大ヒット上映中!
映画『ドクター・スリープ』公式サイト。大ヒット上映中!スティーヴン・キング原作、全世界を震撼させた伝説の映画『シャイニング』。世界は再びー戦慄に包まれるーー。ユアン・マクレガーが壮絶な過去を経験した主人公ダニーを演じる。
映画『ドクター・スリープ』本編映像(トゥルーノット編)大ヒット上映中!
映画『ドクター・スリープ』本予告30秒 2019年11月29日(金)公開

『ドクター・スリープ』(152分/PG12/アメリカ/2019
原題『Doctor Sleep』

【監督】
マイク・フラナガン
【製作】
トレバー・メイシー ジョン・バーグ
【出演】
ユアン・マクレガー
レベッカ・ファーガソン
カイリー・カラン

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』のオススメ度は?

4.5

4つ半です。

出演俳優が素晴らしいです。

レベッカ・ファーガソンが美しくカッコいい!

キューブリックでもなくキングでもなく、、、。

マイク・フラナガン監督の映画です。

この監督はすごい!

観るべし!

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』の作品概要

『ドクター・スリープ』原題『Doctor Sleep』(2013年発表)は、スティーヴン・キング原作のホラー小説「シャイニング」の40年後を描いた続編。監督はマイク・フラナガン。出演はユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンと新鋭カイリー・カラン 。キングは続編を書かないことで有名だがスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』への批判を込めて書いたと言われている。

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』のあらすじ・ネタバレ

40年前、コロラドの展望ホテル(オーバールックホテル)で父親に殺されそうになったトラウマを抱えたまま中年になったダニー。酒に溺れ、ドラッグもやり、行きずりの女と遊ぶ自堕落な日々を過ごしていた。超能力シャインングは封印している。バスで降り立ったある街で友人ができ断酒することに。仕事も得た。しかしある日、同じシャインングを持つ少女と出会いことで運命が変わっていく、、、。f二人は邪悪な真の絆団との戦いと通してダニーはトラウマを克服して再生を目指すが、、、

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』の感想・評価・内容・結末

マイク・フラナガン監督の独自作品である

とても面白い映画です。脚本が素晴らしい。映像も美しいし、音もいいです。

出演俳優もみんな魅力的です。

本年はキューブリックに関する作品が多く公開されています。『キューブリックに魅せられた男』『キューブリックに愛された男』など。

そして本映画『ドクター・スリープ』で本年度のキューブリック邂逅が終わります。

キューブリック死後、20年ですが未だに論争になっている『シャイニング』後継作品と言われていますが、それは適切ではない気がします。

キューブリックとキングの戦いに終止符を打つ形でマイク・フラナガン監督が絶妙の演出で二人に敬意を示して着地させたと言っていいです。

言い方は悪いですが「二人に忖度した」作品です。

しかし実際はフラナガン監督の独自作品と断言して良いと思います。

フラナガン監督恐るべしです。

スタンリー・キューブリックVSスティーブン・キングの論争とは

本作を観るにあたってやはりスタンリー・キューブリック監督作品の『シャイニング』を観て置くことをオススメします。物語にすっと入っていけます。

キューブリックの『シャイニング』にキングは激怒しました。

その理由は「外見は豪華なキャデラックだがエンジンがない」これに対して「結末のない原作にきっちりと結末をつけただけ」とキューブリックは反論しました。

そしてキング自身も自ら出資して『シャイニング』を監督しました。

しかしこちらはそれほど評価が高くありません。

キングは「キューブリックの最後は氷だが、私の最後は炎だ。それが決定的に違う」と述べています。

ここで感じるのはキングはかなり強硬に講義をしましたが、キューブリックは流しています。

キューブリックにとって原作を改変することは些細なことだったのでしょう。それが映画作家たるものだと思います。

わたしはキューブリックの方が好きです。

フラナガンの力量がわかる

さて、本作はフラナガン自身がキューブリックとキングの熱狂的なファンということもあり、双方からのオッケーをもらわなければいけません。

これはとても難しいことです。

キューブリックの芸術的な雰囲気も踏襲して、キングの目指す結末も描かなければいけません。

キューブリックはこの世にいません。

しかもキューブリック作品の映像をカットバックで挿入するわけですからキングからのクレームも気になります。

しかしながら見事に作り上げています。

全く新しいシャイニングこと『ドクター・スリープ』に仕上がりました。

トラウマの克服と人間の再生物語

正直、この映画はホラーでもありますが、人間の再生物語でもあります。

大人になったダニー(ユアン・マクレガー )は小さい頃、父親に殺されそうになった恐怖を抱えて生きています。

アル中、薬物、そして女性とも生きずりのセックスを繰り返すという堕落した日々を過ごしています。

特殊能力かシャイニングは封印しています。

しかしある街でアルコール依存症のミーティングに出席して断酒します。

そしてホスピスの仕事に就きます。この仕事は終末期を迎える患者が安らかに最後を迎える助けを施すものです。

ここでダニーは自らの封印していたシャイニングを使うことで人助けになると知り天職に目覚めます。

仕事の評判はよく皆はダニーのことを「ドクター・スリープ」と呼ぶようになります。これが映画のタイトルの意味です。

三者三様の人生物語の中に善悪とは何かを訴求

しかしある日、自身のシャイニングと同じ共鳴を感じます。

そして少女アブラ(カイリー・カラン)と出会います。ここからが面白いです。

この映画には3人のキャラクターと3つの物語が絶妙に交差されて展開していくことを念頭に入れましょう。

二人と二つは上気した通りです。

そして3人目がすごいのです。美しき悪です。ローズ・ザ・ハット(レベッカ・ファーガソン)の登場です。すっごい魅力的です。

美しいバラには棘があるがの如く、とにかく素晴らしい演技をしてくれます。

ローズも同じくシャイニングを持っています。

ローズは真の絆という一団のリーダーです(これは放浪の不死族で、太古から人間社会に溶け込んで生きてきました)

しかし彼女の場合は邪悪なことに用いています。

ドラキュラ映画って知っていますよね?あれは人の血を吸って生きている物語ですが、ローズたち真の絆の場合は人の生気を食料にして生きています。

何百年も生きてきました。ローズが求める生気の対象は主に子供です。

生気を吸う際はできるだけ子供に残虐な行為をして悲鳴、恐怖を与えることで高いエネルギーを持った生気を得られます。

フラナガンの独特に演出と新人俳優が素晴らしい

ローズの元には数名のシャイニング使いがいます。彼らが生気を吸う様はハイエナが死体に群がるがるように貪ります。この演出はとても良いと思います。

中でもスネークバイト・アンディ(エミリー・アリン・リンド)という少女がローズの真の絆のメンバーに取り込まれている場面の演技は秀逸でした。

また冒頭で一人少年が犠牲になります。ブラッドリー(ジェイコブ・トレンブレイ)です。

彼の能力を持っていためローズたちに殺されます。この時の演技は本当に素晴らしかったです。

恐怖、悲しみ、苦しみと助けてほしいという思いが発せられていました。その思いがアブラに届くことになったのです。ですからブラッドリーの場面は最も大事な箇所です。

再生、未来への希望、トラウマ克服

さてさて、本映画『ドクター・スリープ』三者三様の出自と生き方、再生と未来への希望を織り交ぜて展開していきます。

ダニーは過去のトラウマを解決するために40年前のホテルへ向かい討ち死にします。ローズは最も強い生気を放つアブラを殺そうと躍起になります。

アブラは悪を許さないこと信念にローズを倒します。

この『ドクター・スリープ』から受け取るメッセージはいくつかあります。

まずやはりアメリカ社会でのアルコール依存症の深刻さです。

本作を含め今年度のアメリカ映画は本当にアルコール依存なキャラクターが多いです。

ユアン・マクレガーも本作の主人公の人生に必要なことは断酒だと語っています。

そしてもう一つ。最も伝えたいメッセージは「自分らしく生きろ!」ということではないでしょうか。

なぜならダニーは自らの超能力シャイニングを隠し生きてきました。でもアブラはそれを隠さず人助けのために使うのです。

自身の能力を人に披露しても良いと考えてます。

つまり多様性の時代に入ったということです。

人とは違う性や思考、あるいは能力は偏見・差別の対象になっていた時代があります。

でも今やLGBTに代表されるように声を大にして主張する日が来たということです。そういった意味でもこの映画の素晴らしさを感じます。

マイク・フラナガン監督おそるべし!です。最後の最後で展望ホテルを焼きました。

キングのをちゃんと守っています。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ドクター・スリープ』一言で言うと!

「トラウマを乗り越えたら輝き(シャイニング)が見える」

トラウマとはとても恐ろしいものです。幼い頃受けた体験がその人の人生を支配することもあります。何かに挑戦しようとすると必ずあのトラウマが蘇って失敗してしまうことが脳裏をよぎります。トラウマを克服することは難しいと言われていますが、やはり対峙する必要があります。もちろん怖いです。でも専門家や信頼できる家族を仲間につけて取り組めばきっと克服できると思います。乗り越えた先には輝く世界が待っていることを信じましょう。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スタンリー・キューブリック映画】

映画『シャイニング』

映画史に燦然と輝く名作

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『キューブリックに魅せられた男』

キューブリックを愛した男のドキュメンタリー

映画『キューブリックに魅せられた男』ネタバレ・あらすじ・感想。キューブリック映画を愛することが人生の“フィルムワーカー”
2017年製作/94分/G/アメリカ映画。原題は『Filmworker』放題は『キューブリックに魅せられた男』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・感想までを書いています。『バリー・リンドン』で念願のキューブリック作品に出演したレオン・ビターリは俳優を引退してキューブリックに弟子入りする。信頼を得てあらゆる雑務を命じられる。24時間365日寝食を忘れ尽くす。なぜからがこれほどまでにキューブリックに心酔するのかをキャメラは捉えている。肉体も精神も疲れ果てはレオン・ビターリに神々しく見えてくる。

【アルコール依存症について描かれている映画】

映画『プライベート・ウォー』

戦場が彼女をアル中にしたのか?

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『ワイルドライフ』

仕事を失いアルコールへ逃げた結果、、、

ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』ネタバレ・あらすじ 毒親を優しく見るエド・オクセンボールドの優しさ
ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』はアメリカが抱える社会問題をテーマに描いている。“毒親”についてだ。子どもに過干渉するのも毒親だが、一番は“無関心”であることが最悪だ。人間は無視されることほど傷つくことはない。この作品の少年は母親から存在を消されてもポジティブに生きる姿勢を持ったことが救いだ。

映画『ガラスの城の約束』

こんな毒親にまだ子どもたちは愛を持っているなんて、、

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

クラプトンがこんなクズだったなんてショックです。

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

映画『ドント・ウォーリー』

ホアキン・フェニックスの名演技はすごい

映画『ドント・ウォーリー』はアルコール依存症を克服する物語。ネタバレ、感想
映画『ドント・ウォーリー』は身体障害者になった人があらゆる困難に立ち向かい成功への階段を駆け上がる物語ではない。アルコール依存症というアメリカ社会が抱える社会問題を取り上げ、断酒することで人生を豊かにすることができるメッセージを送っている。勇気と力をもらえる映画である。また憎悪からは何も生まれない。許すことの大切さも

映画『ジョーカー』

母親がもうクソで、、、

映画『ジョーカー』ネタバレ・あらすじ・評価・感想。「神or悪魔?」を観て決めよ!ジョーカー続出でアメリカ熱狂。
映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館ならびにあらすじ・ネタバレ・感想・結末・評価について記載してます。本映画はいま世界中で話題沸騰になっています。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得しています。貧しいアーサーが如何にジョーカーになるのか、正義と悪は表裏一体。アメリカに根付く格差社会への反発。世界はジョーカーを救世主と見るか、悪魔と見るのか。

映画『ロケットマン』

酒、ドラッグ、マリファナとなんでもござれ

エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価
エルトン・ジョンは世界的に有名なミュージシャンである。彼の人生は波乱万丈であるが、命が救われたのは彼が真の愛を諦めずに探したからだろう。ゲイであることを世界にカミングアウトした勇気。ドラッグ、アルコール依存症からの復活。そして結婚、更に子どもをもうけるなど今ではとても幸せだ。本映画はミュージカルとなっておりとても楽しく観ることができる。

映画『誰もがそれを知っている』

酒で事業が失敗します

ペネロペ&ハビエル&アスガー・ファルハディ監督 映画『誰もがそれを知っている』ネタバレ・あらすじ・評価・感想。
ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムは実生活では夫婦だ。本作は幼じめであり、元恋人同士を演じている。監督はイランの巨匠アスガー・ファルハディ。スペインの乾いた大地で人間のい深層心理の脆弱性を描いている。誰もがこの映画を観て、自身に置換えてると人間の本質の愚かさに気がつくだろう。ずっと引っ張られているような感覚を覚える作品

映画『魂のゆくえ』

牧師でも酒に頼りたくなることもあるそうです。

イーサン・ホーク主演『魂のゆくえ』はポール・シュレイダー監督最高傑作。『地球のゆくえ』とも言える作品である。ネタバレ・あらすじ・評価
ポール・シュレイダー監督作品。50年の構想を得て書き上げた脚本を自ら監督した映画。教会の牧師があバリーコーガンつ夫婦との出会いによって自らのアイデンティティーについて深く考える。また自分のせいで戦死した息子への悔恨の思いが強く、自身も死へと向かう刹那的な物語だ。人間のせいで地球は破壊へと向かう。それを止めるべく取った行動とは、、、。

映画『ガントレット』

酒に溺れる刑事が一念発起

映画『ガントレット』はクリント・イーストウッドとソンドラ・ロックの青春恋愛ロードムービーだ。燃え盛る恋の炎が激しい
1977年製作の映画。おそらくではあるが、この時期のクリント・イーストウッドが一番勢いがあったのではないだろうか。やりたい放題だ。企画も何でも通っていたのだろう。恋人ソンドラ・ロックを主演に迎え、車、バイク、拳銃を振り回し男としても魅力を全開している。映画を用いてソンドラ・ロックに愛する気持ちを伝えているようだ。青春映画です。
スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイク・フラナガン
製作
トレバー・メイシー ジョン・バーグ
製作総指揮
ロイ・リー スコット・ランプキン アキバ・ゴールズマン ケビン・マコーミック
原作
スティーブン・キング
脚本
マイク・フラナガン
撮影
マイケル・フィモナリ
美術
メイハー・アーマッド
衣装
テリー・アンダーソン
音楽
ザ・ニュートン・ブラザーズ
ダニー・トランスユアン・マクレガー
ローズ・ザ・ハットレベッカ・ファーガソン
アブラ・ストーンカイリー・カラン
ディック・ハロランカール・ランブリー
クロウ・ダディザーン・マクラーノン
エミリー・アリン・リンド
ブルース・グリーンウッド
ジョスリン・ドナヒュー
アレックス・エッソー
ビリー・フリーマンクリフ・カーティス
2019年製作/152分/PG12/アメリカ
原題:Doctor Sleep
配給:ワーナー・ブラザース映画