映画『空母いぶき』は忖度映画である。ネタバレ、感想、評価、残念。

上映中
スポンサーリンク
映画『空母いぶき』公式サイト
映画『空母いぶき』公式サイト。主演・西島秀俊、佐々木蔵之介。5.24 全国公開

映画『空母いぶき』(134分/日本/2019)

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報

【原題】
空母いぶき
【製作年】
2019年
【製作国】
日本
【上映時間】
134分
【日本公開】
2019年
【原作】
かわぐちかいじ
【監督】
若松節朗
【脚本】
伊藤和典 長谷川康夫

【キャスト】
西島秀俊
佐々木蔵之介
本田翼
小倉久寛
高嶋政宏
玉木宏
戸次重幸
市原隼人
堂珍嘉邦
片桐仁
和田正人
石田法嗣

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品概要

日本がもし他国によって軍事攻撃されたどうするか?をテーマにした作品。原作者のかわぐちかいじさんの意図が全く反映されていない。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』のあらすじとネタバレ

南西諸島を航行中の空母いぶきが東亜連邦という新興国に攻撃された。憲法遵守の元、攻撃する。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の感想と評価

クランクインしてから脚本が手直しされたのだろうか

俳優にとって出演する映画を選ぶと言うことはとても重要だ。

まず良い作品になる、ならないかは設計図である脚本の良し悪しで決まると言って良い。その設計図をちゃんと読むことができるのが良い俳優の証と言える。

だから伸びない俳優は脚本を読めない俳優とレッテル貼られ、声もかからないと言う悪循環に陥る。

西島さんは優秀な俳優だ。

勝手な予想だが、初期の脚本を読んで出演をオッケーしたが、それからすったもんだの繰り返しで、改定された脚本になったのではないか。

西島さんもどうしようなかったと思いたい。

同調圧力に屈したのか、権力に忖度したのか、、、

この映画は正直言ってクソみたい脚本だ。

何も描かれていない。まず政府の忖度し過ぎている映画だ。

政府のご機嫌を損ねないように必死に作った、と言う印象しか受けない。おそらくであるが、今夏、衆参同時選挙が行われる可能性が高い。

もし与党が圧勝すれば一気に改憲へと進むだろう。

政府としては長年の夢であった日本独自の憲法を持つことになる。

であるから本作に於いて自衛隊は絶対に先制攻撃をしない、専守防衛に徹する。

そして攻撃された際の事実を重ねて“戦闘”を行うことに徹している。ちなみ戦闘と戦争は違うそうだ。前者は自衛隊が戦うモノで、後者は国家が戦うことを意味するそうだ。人を殺すことには同じだが、、、。

もし先制攻撃、あるいは既成事実が曖昧のまま攻撃した際は憲法違反になると言う束縛された世論に裁かれる憂いもあるからだ。

はっきり言ってしまえば誰も責任を取りたくないからだ。

真の映画人は忖度しない

この無責任の空気感がこの映画には漂っているから駄作になってしまったのだ。

プロデューサーを始め、出資者たち製作者サイドの姿勢と思考が忖度という無責任なチャネルを作ってしまった。

無論、犠牲者は俳優である。主演の西島さんはとても良い俳優だ。

何と言っても彼はテレビではなく映画でずっと活躍してきた。映画を愛しているからこそ私は応援しているのだ。

でもだ、本作は俳優たちとは違う次元の人たちの知性も教養の皆無どころか、この映画がどっち転ぼうと構わない、転んだ方で利用するだけという貧困なる精神が駄作になった所以と言えるのだ。

例えば『バイス』を観て欲しい。一切の忖度がない。とても勇気あるアメリカの映画人たちの素晴らしい作品だ。

表現の自由が失われてしまう危惧感

はっきり言ってしまえば、本作で伝えるメッセージは「改憲に賛成」もしくは「改憲に反対」だけで良いのだ。

宣言すれば良いのだ。

映画という芸術はそういう役目を持っているのだ。こういう時代は曖昧にしてはいけないのだ。

もし後者を宣言したなら、今後の映画製作に暗雲がかかると心配するなら映画をやらなければ良い。今年観た『この道』を見習って欲しい。完全なる反戦映画だ。『ソラーキンの見た桜』も反戦映画だ。だからこそ本作は追従して欲しかった。

だからこそ、表現の自由が遵守されている国であることを今一度、確認しておきたい。

隙間だらけになった脚本を埋めるための配役なのではないか

さて、一応映画についての感想を書いておく。

まず不要というか違和感を覚えたのはコンビニ店長、中井貴一を取り巻く人たちの関係性である。全くストーリーに関係ない。

一瞬、自衛隊員の家族、もしくは恋人なのかと勝手に想像したが何も繋がりがない。であるから削除で良い(中井貴一が出演している理由はおそらく今夏公開される『記憶にございません!』への忖度だろう)

もう一つ、記者二人が空母に乗船しているが、彼らの役割が希薄すぎる。

どう見てもジャーナリストではない。

真のジャーナリストであるなら監禁状態を力づくで抜け出し艦内をカメラを振り回し取材するべきである。

艦長と激しく争うくらいの演出があれば良かったがまるでない。何もせず監禁状態でいる腰抜けジャーナリストなど見たくない。

こんな良いなりの牧羊みたいに口をポカーンと開けているだけの記者は不要である。であるからこちらも削除。

結果的に隙間だらけの脚本ってことを露呈している。

そしてもう一つとても大切なことがある。

製作者たちは原作者のかわぐちかいじさんへの尊敬の念を持っているのだろうか。

原作とは似てもいつかない作品になってしまった。

それが最大の侮辱だ。制作費は回収できるだろう、でも映画に対して不信感を抱いた人は帰ってこない。失ったものは大きいことを認識しなければいけない。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』まとめ 一言で言うと!

映画は忖度しない崇高な芸術である!

以下、反戦映画

『この道』

『この道』は平和を願う平成最後の映画と言える。ネタバレ、感想、評価
この映画は反戦映画の名作になるだろう。平成最後にこの平和を願う映画に出会えたことを嬉しくたまらない。『この道』は明日の道でもある。白秋と山田が友情を築く場面は秀逸だ。この二人によって数々の童謡が日本を明るくしたことは言うまでもない。二人はいつまでも平和を願った。その気持ちだけはいつまでも未来に伝えたいと思っている。

『ソローキンの見た桜』

100年前の日本人女性とロシア人将校の秘められた恋物語『ソローキンの見た桜』ネタバレ、感想、評価
ロシア革命直前、日本の松山で繰り広げられた恋物語。公開前の触れ込みは日本女性とロシア将校の『ロミオとジュリエット』とあったからとても楽しみにしていた。戦争に翻弄された二人とあるが、そんなに翻弄されていないと思う。もっと翻弄された人は多いはず。しかも日本人女性をチープに描いているところに違和感を覚える。

以下、アメリカの映画人のノー忖度作品

『バイス』

チェイニー副大統領モデルの実話『バイス』を観れば現在の世界の争いが見えてくる。ネタバレ、評価。
ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に副大統領として仕えたディック・チェイニーについて描いた作品である。世界はこの人間を中心に動いた。そして現在の悲劇をもたらしたと言っていい。当時はメディアも盲目的になり、イスラムへの敵意を増長させてしまった責任も大きい。情報を自在に操ることで悪を正義に変える恐ろしさも伝えている。

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 若松節朗
,
脚本 伊藤和典 長谷川康夫
企画 福井晴敏
監修 かわぐちかいじ
撮影監督 柴主高秀
照明 長田達也
録音 尾崎聡
美術 原田満生 江口亮太
音楽 岩代太郎
キャスト
西島秀俊秋津竜太
佐々木蔵之介新波歳也
本田翼本多裕子
小倉久寛田中俊一
高嶋政宏滝隆信
玉木宏瀬戸斉明
戸次重幸淵上晋
市原隼人迫水洋平
堂珍嘉邦有澤満彦
片桐仁藤堂一馬
和田正人岡部隼也
石田法嗣葛城政直
平埜生成柿沼正人
土村芳吉岡真奈
深川麻衣森山しおり
山内圭哉浮船武彦
千葉哲也山本修造
金井勇太井上明信
加藤虎ノ介
三浦誠己赤司徹
工藤俊作浦田鉄人
横田栄司清家博史
岸博之
渡辺邦斗備前島健
遠藤雄弥
橋本一郎
後藤光利
山田幸伸
綱島郷太郎
袴田吉彦大村正則
井上肇
藤田宗久
中井貴一中野啓一
村上淳中根和久
吉田栄作沢崎勇作
佐々木勝彦沖忠順
中村育二城山宗介
益岡徹石渡俊通
斉藤由貴晒谷桂子
藤竜也湧井継治
佐藤浩市垂水慶一郎
伊達円祐和田正幸
岩谷健司一ノ瀬隆
今井隆利飯野智司
横山由依
作品データ
製作年 2019年
製作国 日本
配給 キノフィルムズ
上映時間 134分
映倫区分 G