映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。

スポンサーリンク
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミス と息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。2020年公開

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』 | オフィシャルサイト| ソニー・ピクチャーズ | ブルーレイ&DVD&デジタル発売
ウィル・スミス主演 アクション・エンタテインメント超大作!!『バッドボーイズ フォー・ライフ』4.29(水)ブルーレイ&DVD&デジタル同時発売
『バッドボーイズ フォー・ライフ』予告4 2020年1月31日(金)全国ロードショー

『バッドボーイズ フォー・ライフ』(124分/アメリカ/2020
原題『Bad Boys for Life

【監督】
アディル・エル・アルビ ビラル・ファラー
【製作】
ジェリー・ブラッカイマー ウィル・スミス ダグ・ベルグラッド
【出演】
ウィル・スミス
マーティン・ローレンス
バネッサ・ハジェンズ
ケイト・デル・カスティーリョ
ジェイコブ・スキピオ

スポンサーリンク
  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のオススメ度は?
  2. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の作品概要
  3. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の感想・評価・内容・結末
    1. アクション映画は世界“共通語”
    2. バディームービーのお手本映画
    3. トップカットの掴みで心をワシ掴みにする
    4. わかっていてもハラハラする「まさか、まさか」の連続
    5. ジェイコブ・スキピオの存在感も魅力
    6. ハリウッド映画のおきまりの演出は、、、
    7. アメリカとメキシコの違いを色彩で描いている
    8. もう少し人間としての深みを掘り下げて欲しかった
    9. ウイル・スミスと息子のバディームービーが始まる予感
  5. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のキャストについて
    1. マイク・ローリー(ウィル・スミス)
    2. マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)
    3. ケリー(バネッサ・ハジェンズ)
    4. リタ(パオラ・ヌニェス)
    5. ドーン(アレクサンダー・ルドウィグ)
    6. レイフ(チャールズ・メルトン)
    7. イサベル(ケイト・デル・カスティーリョ)
    8. アルマンド(ジェイコブ・スキピオ)
  6. まとめ 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』一言で言うと!
  7. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメのバディームービー】
      1. 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
      2. 映画『明日に向かって撃て!』
      3. 映画『新聞記者』
  8. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の作品情報

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のオススメ度は?

3.0

3つです

ストレス発散になります

何も考えないで観られます

ポルシェの走りっぷりが良い

サイドカーのマーカスが笑えます

メキシコのギャングが怖い

全米大ヒット爆進中です

スポンサーリンク

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の作品概要

『バッドボーイズ フォー・ライフ』原題『Bad Boys for Life2020年に公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。『バッドボーイズ2バッド』(2003年)の続編。アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーの二人が監督。製作は『アルマゲドン』等のヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマー。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ

マイアミ市警の刑事マイクとマーカス。二人は長年、市警のために働いてきた。マイクは独身。マーカスには孫が誕生する。マーカスは引退宣言する。相棒を失って悲しい気持ちのマイク。ある日、マイクが何者かに狙撃される。ほぼ死亡。しかし脅威の回復で現場復帰する。そして狙撃犯逮捕のために引退したマーカスを説得する。狙撃犯はかつても市警の仲間たちを次々と殺害していく、犯人の狙いは何か、犯人はどういう人物か、、、。そしてマイクの意外な過去が明らかになる。舞台はマイアミからメキシコへ移る。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の感想・評価・内容・結末

アクション映画は世界“共通語”

やっぱりアクション映画はストレス発散にはうってつけです。

もう何も考えなくても良いのです。大体、最後は「正義は勝つ!」です。わかっていても楽しめるのが良いと思います。

しかも百戦錬磨のウィル・スミスですから安心です。

映画には色んなジャンルがありますが、最も人を楽しませるのはアクション分野ではないでしょうか。

国は違えど、言葉が違えど大体は理解できます。

その映画の方程式を開発したアメリカの映画人は本当に尊敬に値します。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミス と息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。

マイアミの有名な場所

バディームービーのお手本映画

さて、映画の話に移ります。舞台はアメリカ・マイアミ市警。

破天荒は刑事のマイク・ローリー(ウィル・スミス) とちょと頼りないが、人が良いマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス) が主人公になります。

俗にいうバディームービーです(二人一組の相棒)トップカットからかっ飛ばしてくれます。

ピカピカのポルシェでマイアミ市内を暴走します。二人が刑事だから凶悪犯人を追跡しているのかと思ったのですが、様相が違います。

なんと二人をマイアミ市警のパトカーが追跡しています。「え、まさか今回から犯罪者に職業替え?」と思わせるような暴走っぷりです。

トップカットの掴みで心をワシ掴みにする

そして二人が着いた先が病院です。マーカスの娘が出産しました。初孫です。「ええええー」っとツッコミが入ります。

孫の出産のために駆けつけたの?です。あれだけマイアミ市内を暴走して大騒ぎしたのに一切のお咎めがなく物語は進んでいきます。

良いのです、良いのです、これで良いのです。さすがアメリカ映画です。こういった演出好きです。

監督アディル・エル・アルビとビラル・ファラとなっていますが、プロデューサーはジェリー・ブラッカイマーです。『アルマゲドン 』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズと大ヒットを手がけています。

派手好きです。芸術系ではありません。映画は庶民の娯楽と考えていると思います。

ですからお客さんに満足してもうらことが第一です。そういった意味ではトップカットの掴みは大成功でしょう。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミス と息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。

マイアミ警察のパトカー

わかっていてもハラハラする「まさか、まさか」の連続

さてさて、マイクたちと打って変わってスパニッシュ系の人たちの声が聞こえてきます。これが妙に怖いのです。

明るいマイアミと対比させるかのような薄暗い映像です。『バッド・ボーイズ』シリーズは麻薬関係の操作で犯罪組織を撲滅するテーマで作られていますからその流れを予想しました。

けれども実際は麻薬犯罪は表に出てきません。ギャング組織の狙いはマイク以下、かつて捜査官を暗殺することに注視していきます。

そしてまさかのマイクが狙撃されます。胸を数カ所打たれて、死にます。始まって30分です。でも終わりません。

驚異の肉体の持ち主ですから完全復帰します。いやあ、さすがです。

そこからはもう復讐ですね。捜査と言いながら打たれたプライドが許せません。

ひたすら狙撃犯を追いかけてます。街中のバイクアクションは見どころです。サイドカーです。

運転はマイクでサイドはマーカスです。サイドカーが真っ二つに割れます。この時のマーカスの顔は最高でした。

ジェイコブ・スキピオの存在感も魅力

犯人役のアルマンド(ジェイコブ・スキピオ)が良いですね。ちょっと影があるのですが、本当に危ない感じを漂わせています。

昼間でもこんな男にあったら嫌です。拳銃の構え方も素晴らしいのですが、格闘センスもとても良いと思います。

パンチもキックも絞め技も若いのでキレがあります。少し背が低いのが気になりましたが、これから期待ができる俳優だと感じました。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミス と息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。

マイアミビーチ

ハリウッド映画のおきまりの演出は、、、

さて、こういった刑事物映画にはお決まりがあります。仲間だと思っていた人物があ実は裏切っていた、というパターンです。

映画を観ながら「誰が裏切っているのか」と勘ぐっていましたが、本作にはそういったお決まりはありませんでした。

その代わりマイクにまさかの隠し子が発覚します。「おお、そう来たか」です。マイクがまだ駆け出しの頃の恋が暴かれます。

若きマイクがメキシコ系マフィアに潜入捜査していた時に知り合った魔女的な存在のイサベル(ケイト・デル・カスティーリョ) と恋仲になっていたということです。

ちなみにイサベルは組織のボスの妻ですから、不倫です。ボスのバレたら速攻射殺だったでしょう。

この設定がいま一つなんですよね。軽いというか、安易というか、もったいないと感じました。

だって潜入操作自体が命がけですから、ましてボスの妻に手を出したら絶対にバレるでしょう。ここはもっと複雑にするというか、、、。

例えばイサベルは一般人と思って付き合っていたら、実際は組織からの潜入スパイだったとか、、、。

アメリカとメキシコの違いを色彩で描いている

そして映画の舞台はマイアミからメキシコへ移ります。メキシコシティーの雰囲気がとても良いですね。

フィルムのカラーが暖色っぽくなっています。アメリカのイケイケムードとは違います。

ゆったりとした穏やかさの中に潜む恐怖感があります。荒廃した街並みも良いエッセンスです。

マイクとマーカスは組織と対決します。絶対の危機にAMMOが援軍として駆けつけます。そして最後は銃の乱射、爆発、炎上、崩壊で一気に終焉です。

もう少し人間としての深みを掘り下げて欲しかった

実はこの映画の冒頭からマーカスが刑事引退を表明しています。孫も生まれたので静かに暮らしいからです。

でもマイクが強引に捜査に参加させます。この下りになんとなく違和感を覚えますし、新しさが見えます。

従来の刑事物映画は相棒が引退するのを引き止めません。そりゃあ、危険と隣り合わせですから当たり前でしょう。

もし引き止めて相棒が死んでしまえばたまりません。しかし本映画ではマイクが必死になって口説きます。

「これが最後だ」「お前としか組めない」です。もちろんバディームービーとしては相棒がいなければ成立しないので、納得できますし必須です

ただなぜマーカスが復帰を決めたかの心情をもっと描いて欲しかったです。「やっぱり刑事が好きだ」とか「マイアミの正義を守る」です。

これって映画としてとても重要なことだと思います。やっぱり人間成長物語として映画からのメッセージが欲しいのです。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミス と息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。

マイアミの夕暮れ

ウイル・スミスと息子のバディームービーが始まる予感

そして最後はハッピーエンドになります。冒頭のポルシェの暴走から狙撃、死亡、復活、復讐、愛と喜怒哀楽を刺激しまくりです。

自身の息子は殺せません。息子を刑務所送りにします。刑務所を訪れたマイクとアルマンドが鉄格子越しに会話します。

「罪を償っている」と息子。「出る機会がある」と父。これはもう次回作へG0じゃないですか。

あれだけ人を殺したけれど卓越した能力を認められて釈放ってことか。そしてマイクとアルマンドの親子鷹のバディームービーが始まる予感がします。

兎にも角にもストレス発散にはもってこいの映画でした。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のキャストについて

マイク・ローリー(ウィル・スミス)

破天荒な刑事です。捜査のためなら多少の違法もお構いなし。独身でリッチ、ファッションにも気を使っている。ウイル・スミスはもはやいうことがありません。アクションは流石にキレがなくなった感じがします。その分、演技に深みが出てきた感じがします。『アラジン』での好演が印象に残っています。確かにノリとしてはバッド・ボーイズです。はちゃめちゃ暴れます。ユーモアセンスは今回あまり感じられませんでした。

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)

妻に頭があがらない、仕事も鈍臭い。でも好感がもてる刑事を演じています。今回は刑事を引退するという設定でした。若くして孫が生まれます。さすがに刑事という危険な仕事に疲れて切ったのでしょう。妻と孫とゆっくり暮らしたい気持ちは万国共通です。とは言いつつもマイクの懇願に乗って復活しますが、、、。

ケリー(バネッサ・ハジェンズ)

マイアミ・ハイテク捜査班(AMMO)のメンバー。勇気ある刑事です。危険を物ともせずマイクと共に飛び込んでいきます。ガンアクションが良かったです。銃の構え方が良かったです。

リタ(パオラ・ヌニェス)

AMMOのリーダーでマイクの元恋人。とても頭が良く冷静に行動します。チームをまとめることにかけてはピカイチです。頭脳戦でテロリスト駆逐を考えますが、マイクの暴走に振り回されます。元恋人なのでマイクに厳しくできない。

ドーン(アレクサンダー・ルドウィグ)

AMMOの頭脳です。コンピュータやドローン操作のプロフェッショナル。しかし外見は筋肉むきむき。実際は相当強いソルジャー。マイクに頼まれて違法なハッキングしたり、ドローンで潜入スパイをしますが、戦闘になったら大活躍でした。この体は実戦向きでしょう。

レイフ(チャールズ・メルトン)

AMMOのメンバー。ちょっとバイセクシャルなイメージです。マイクに絡みますが、最後はきっちりと活躍します。

イサベル(ケイト・デル・カスティーリョ)

魔女と呼ばれる悪女。かつてのマイクの恋人。マイクに裏切られて刑務所送りになった。しかも刑務所で出産。その子どもと騒動を起こします。この女優さんは見た目がとてもセクシーだと感じました。スペイン語での演技がとても新鮮でした。悪女的な役ですが、もう少し強調して欲しかったです。

アルマンド(ジェイコブ・スキピオ)

イサベラの息子です。とても凶暴です。若くして組織のボスになり、狙撃を繰り広げます。実はマイクの子どもでした。 ジェイコブ・スキピオのエナジーはウイル・スミスに引けを取らないくらいに発揮されていました。格闘シーンが特に良かったです。あとやっぱり顔がハンサムですね。これからの俳優さんでしょう。

まとめ 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』一言で言うと!

「コンプライアンスなんてクソ喰らえ!」

今では毎日のようにコンプライアンスという言葉を聞きます。この言葉を出される何もできなくなってしまいます。地域の小さな自治会でも聞きます。そのうち家族間でも利用されるのでしょうか。このコンプライアンスって言葉は幼少の頃、かくれんぼをやってた時、一番小さい子は見つかっても捕まらないという特殊な立場に属していた経験ってないでしょうか。トランプの大富豪で言えばみたいな存在。いやいや、昔のお巡りさんて結構、はちゃめちゃな人っていたと思います。わたし、警察に課外授業で行った時、色々なモノを触らせてもらったことあります。今じゃアウトです。時代は変わったのか、人が変わったのかわかりませんが、、、。

合わせて観たい映画

【オススメのバディームービー】

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

今が旬、やっぱりドウェイン・ジョンソンです

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『フレンチ・コネクション』

ジーン・ハックマンとロイ・シェイダーが走る、走る

映画『フレンチ・コネクション』ネタバレ・あらすじ・結末。“相棒ムービー”の決定版。水谷豊はジーン・ハックマンを見ただろう。
1971年製作のアメリカ映画。原作『The French Connection』(ロビン・ムーア )による同名のノンフィクション小説を映画化。第44回アカデミー賞に8部門でノミネートされ、作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した。主演はジーン・ハックマン。本作で世界的なスターになった。映画『フレンチ・コネクション』インターネット・ムービー・データベースにて作品情報・キャストについてご確認ください。

映画『明日に向かって撃て!』

アメリカン・ニューシネマの金字塔

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『新聞記者』

これもある意味バディーです。

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アディル・エル・アルビ ビラル・ファラー
製作
ジェリー・ブラッカイマー ウィル・スミス ダグ・ベルグラッド
製作総指揮
チャド・オマン バリー・ウォルドマン マイク・ステンソン ジェームズ・ラシター
原案
ピーター・クレイグ ジョー・カーナハン
脚本
クリス・ブレムナー ピーター・クレイグ ジョー・カーナハン
撮影
ロブレヒト・ハイファールト
美術
ジョン・ビリントン
衣装
デイナ・ピンク
編集
ダン・レーベンタール ピーター・マクナルティ
音楽
ローン・バルフェ
マイク・ローリー(ウィル・スミス)
マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)
ケリー(バネッサ・ハジェンズ)
ドーン(アレクサンダー・ルドウィグ)
レイフ(チャールズ・メルトン)
リタ(パオラ・ヌニェス)
イサベル(ケイト・デル・カスティーリョ)
ズウェイロ(ニッキー・ジャム)
ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)
テレサ(テレサ・ランドル)
メーガン(ビアンカ・ベチューン)
アルマンド(ジェイコブ・スキピオ)
マニー(DJキャレド)
2020年製作/124分/アメリカ
原題:Bad Boys for Life
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました