映画『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」

スポンサーリンク
映画『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」2018年製作

映画『ストレイ・ドッグ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ストレイ・ドッグ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ストレイ・ドッグ』
(121分/PG12/アメリカ/2018)
原題『Destroyer』

【監督】
カリン・クサマ
【製作】
フレッド・バーガー フィル・ヘイ マット・マンフレディ
【製作総指揮】
ミッチ・グリーン ダニエル・ステインマン ダン・フリードキン ネイサン・ケリー ライアン・カバナー=ジョーンズ トーステン・シューマッハー ニック・バウアー
【脚本】
フィル・ヘイ マット・マンフレディ
【撮影】
ジュリー・カークウッド
【美術】
ケイ・リー
【衣装】
オードリー・フィッシャー
【編集】
プラミー・タッカー
【音楽】
セオドア・シャピロ
【音楽監修】
ランドール・ポスター
【出演】
ニコール・キッドマン
トビー・ケベル タチアナ・マズラニー スクート・マクネイリー
ブラッドリー・ウィットフォード セバスチャン・スタン
【HPサイト】
映画『ストレイ・ドッグ』公式サイト
【予告映像】
映画『ストレイ・ドッグ』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』のオススメ度は?

1.0

星一つです

ちょっときついです

ニコール・キッドマンが新境地へ挑戦と、、、

物語がチンケです

アクションの様になってない、、、

キッドマン「上品すぎる」のです

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の作品情報・概要

『ストレイ・ドッグ』原題『Destroyer』は2018年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。監督は『インビテーション』のカリン・クサマ(クサマは父ハルオ・クサマとアメリカ人の母の間に生まれた日系人である)主演は『スキャンダル』『ある少年の告白』ニコール・キッドマン。特殊メイクによって老女のような風貌になったことで話題になる。アクションにも挑戦。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』のあらすじ・ネタバレ

15年前、ロサンゼルス市警の警察官・エリン・ベルは砂漠地帯に潜伏するギャングを捜査している最中に、凄惨な事件に巻き込まれることになった。ベルは警察官を続けていたが、その事件のトラウマから逃れることができない。酒に溺れ、同僚からの奇異な目で見られ、娘からも軽蔑されている。呑んだくれた翌朝、河原で目が覚めたエリンは死体の脇に置かれた紙幣を見て当時の記憶を思い出す。「奴らだ」恐怖を覚えるが、トラウマを克服するためにも殺人事件の捜査へと乗り込んでいく。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の感想・内容

「キッドマンどうしちゃったの?」映画です。いやあ、ショックでした。あのニコール・キッドマンがボロボロなんです。汚いのです。一体、あの美しい顔のキッドマンはどこへ行ったのかって思うくらいの激変なのです。もちろんメイクの力が大きいのですが、内面からの汚らしさがにじみ出ています。歩き方も異様なんです。まっすぐに歩けないのですよ。体が傾いている姿に「この人、もう先がないなあ」って予感させるのです。特殊メイクの力って本当にすごいことを認識しました。かつて『モンスター』でシャーリーズ・セロンのメイクにも驚愕しましたが、今回のニコール・キッドマンはさらに上を行きました。美人女優が薄汚い役に挑戦するのはかなりのリスクがあると言われて時代がありますが、年齢を重ねると率先して挑戦する時代が来たようです。これは歓迎できます。

特にアメリカで活動する女優たちは年をとると演じる役が減ってしまいます。女性に「若さと美」を求めるばかりに仕事を失った女優たちがたくさんいます。代表的なのはデブラ・ウィンガーですね。彼女は年を重ねてからオファーが激減し、一時映画界から遠ざかることになります。メグ・ライアンやレネー・ゼルウィガーも同じように悩みました。ゼルウィガーは今春『ジュディ 虹の彼方に』https://undazeart.com/judy/を演じてオスカーを獲得して見事、映画界の最前線に戻ってきました。

さて本映画『ストレイ・ドッグ』の冒頭でクリント・イーストウッドの『ガントレット』を思い出しました。朝まで酒を飲むダメな刑事をクリント・イーストウッドやっています。同じようにエリン・ベル(ニコール・キッドマン) はかなり深酒をしたようで、千鳥足で殺人現場に到着します。ただ両作品の決定的な違いは『ガントレット』がアリゾナ州フェニックスの曇天の朝に対して、本映画『ストレイ・ドッグ』はカルフォルニアの気持ちの良い朝なのです。スカッとしています。こんな晴天の朝に「この女なにやってんの!」ってツッコミを入れてしまいます。もちろん『ガントレット』は重たいフィルムノワールを背負っていますから、これからとんでもないことが起きると予感させます。しかしながら本映画『ストレイ・ドッグ』のオープニングは真逆の設定なのです。ここが結構面白いと思いました。結果的にどうしてスカッと爽やかな朝から始まるのはエンディングカットで同ポジさせることで成功した言って良いでしょう。

エリン・ベル(ニコール・キッドマン) は刑事なんです。でも17年前の事件がトラウマでアルコール依存症になっています。同僚たちからも煙たがれています。娘もいますが、エリンのことを嫌っています。そりゃそうでしょう。毎日、酒浸りでまともに家事もしなかったわけですから。しかもボーイフレンドと別れさそうとしますから。

さて物語は17年前の復讐劇となります。エリンはFBIの捜査官で、ある組織の潜入調査に入ります。同じ潜入捜査員としてクリス(セバスチャン・スタン)と恋人を装ってです。目的はサイラス(トビー・ケベル) という悪党の尻尾つかみ逮捕することです。エリンとクリスはサイラスの腹心となって信用を得ます。そして銀行強盗をやります。本来ならここで一斉検挙となる予定でしたが、クリスの正体がバレてしますのです。クリスはサイラスの殺されました。エレンは逃げますが、瀕死の重傷を負って、なんとか生き残ります。サイラスは逃げます。以後、17年間エレンはサイラスに怯えて暮らしているのです。

正直、本映画『ストレイ・ドッグ』の脚本と構成が問題あります。物語に入れないのです。その理由は現在と過去のエピソードを「行ったり来たり」を何度も繰り返すので飽きてくるのです。こういう手法はもう古いのです。もし現在と過去を往復するのであればせめて2回まででしょう。もしくは狂言回しのようにナレーションがしっかりしていないとダメだと思うのです。一応、エレンが語るのですが、最後に死んでしまうので「あれ?」っと思うのです。「死んだ人の語り?」ってシラけるのです。語りは客観的になってこそ活かされるのです。そこが勿体無いです。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の結末・評価

本映画『ストレイ・ドッグ』の見所は冒頭に書きました通り「キッドマンの顔」です。言い方は悪いのですが「ババア」です。薄汚いババアです。顔の原型もないのです。肌はカラカラに乾燥しているし、ソバカスだらけです。目尻は下がり、老女のようです。キッドマンの挑戦は評価に値しますが、肝心の物語がありふれているのと、アクションシーンがやっぱりキッドマンはこなしきれていないのです。キレが悪いのです。拳銃を振り回しても、ライフルを構えても、様になっていないのです。上品なんです。

オープニングの酒浸りの朝に戻りますが、その意味はソバカスだらけの顔に表されています。つまり17年間も厳しい太陽の光を浴びて顔がボロボロになってしまった、暗闇にいるとサイラスの恐怖に支配されて恐ろしくなるから、太陽の光を浴び続けたことを意味しているのでしょう。トラウマという恐怖の戦いによって老女のように変貌してしまったのです。ニコール・キッドマンがこの役に挑戦した理由を色々と考えてみました。まさかではありますが、元夫・トム・クルーズの現在のアクション俳優としての活躍が影響しているのではないでしょうか。トム・クルーズは『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』などでもスタントマンを使わずに演技しています。58歳です。キッドマンも昔のように「若さと美」で仕事をとれなくなっています。新しい境地に踏み出すきっかけを本映画『ストレイ・ドッグ』で作ろうとしたのかもしれませんが、やめた方が良いでしょう。やっぱりニコール・キッドマンは薄汚い女性では美しくエレガントな女性が似合います。今後はメリル・ストリープのように年齢に見合う作品に出演して欲しいです。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』のキャストについて

エリン・ベル(ニコール・キッドマン)
サイラス(トビー・ケベル)
ペトラ(タチアナ・マズラニー)
イーサン(スクート・マクネイリー)
ディフランコ(ブラッドリー・ウィットフォード)
クリス(セバスチャン・スタン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ストレイ・ドッグ』一言で言うと!

「映画俳優って本当に難しいお仕事だ」

本映画『ストレイ・ドッグ』はニコール・キッドマンがイメージチェンジを図るべく挑んだ作品だと思います。しかしながら「難しかった」としか言いようがありません。映画評も芳しくないです。映画の世界で生きていくのは本当に難しいですね。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

実話『ハドソン川の奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッド「法廷物語」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
カリン・クサマ
製作
フレッド・バーガー フィル・ヘイ マット・マンフレディ
製作総指揮
ミッチ・グリーン ダニエル・ステインマン ダン・フリードキン ネイサン・ケリー ブライアン・カバナー=ジョーンズ トーステン・シューマッハー ニック・バウアー
脚本
フィル・ヘイ マット・マンフレディ
撮影
ジュリー・カークウッド
美術
ケイ・リー
衣装
オードリー・フィッシャー
編集
プラミー・タッカー
音楽
セオドア・シャピロ
音楽監修
ランドール・ポスター
エリン・ベル(ニコール・キッドマン)
サイラス(トビー・ケベル)
ペトラ(タチアナ・マズラニー)
イーサン(スクート・マクネイリー)
ディフランコ(ブラッドリー・ウィットフォード)
クリス(セバスチャン・スタン)
2018年製作/121分/PG12/アメリカ
原題:Destroyer
配給:キノフィルムズ

タイトルとURLをコピーしました