映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」

スポンサーリンク
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』
(2022年製作/103分/G/日本)
配給:松竹メディア事業部
【監督】
多田俊介
【原作】田中芳樹【シリーズ構成】高木登【助監督】森山悠二郎【キャラクターデザイン】菊地洋子 寺岡巌 津島桂【総作画監督】後藤隆幸 菊地洋子【特技監督】竹内敦志【メカデザイン】竹内敦志 臼井伸二 常木志伸【オリジナルメカデザイン】加藤直之【プロップデザイン】太田恵子【プロップデザイン・紋章デザイン】秋篠Denforword日和【3D】ランドック・スタジオ I.G3D【3D監督】磯部兼士【美術】Bamboo【美術監督】竹田悠介【美術設定】塩澤良憲 曽野由大 金平和茂【美術デザイン】渡部隆【色彩設計】竹田由香【撮影監督】荒井栄児【音響監督】三間雅文【編集】黒澤雅之【音楽】橋本しん 井上泰久【主題歌】SennaRin【テーマソング】SennaRin【ナレーション】下山吉光【制作】Production I.G【監修】らいとすたっふ
【出演】
宮野真守 
鈴村健一 
梅原裕一郎 
梶裕貴 諏訪部順一
 小野大輔 中村悠一 川島得愛 遠藤綾 三木眞一郎 坂本真綾 花澤香菜 鈴木達央 
石川界人

スポンサーリンク
  1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』外部リンク
  2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のオススメ度は?
      1. 【英雄映画】『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画
  3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要
      1. 【英雄映画】『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く
  4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の受賞歴
  5. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:承
      1. 【英雄映画】『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」
    3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:結
      1. 【英雄映画】『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』フィンランドの世界での立ち位置が理解できる。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
  6. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の感想・内容
      1. 【英雄映画】『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」
  7. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の考察・評価
      1. 【英雄映画】『紅の豚』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿の夢物語」感想「戦争反対」結末「『魔女の宅急便』のプレッシャーがあった」
  8. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の結末
      1. 【英雄映画】『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」
  9. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のキャストについて
      1. 【英雄映画】『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
  10. まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』一言で言うと!
      1. 【英雄映画】『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  13. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』外部リンク

HPサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』公式サイト

【予告映像】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』トレーラー

【公式Twitter

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』
IMDbサイト】

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第一章』

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のオススメ度は?

4.0

星4つです

もう「観るしかない」でしょ

【英雄映画】『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要

『銀河英雄伝説』は田中芳樹による大長編SF小説(累計発行部数が1500万部を超える)。小説からアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック、舞台、そして映画などのメディア展開・商品化が大成功している。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。本作はProduction I.Gの制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のサードシーズン第1章となる。

【英雄映画】『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。
映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。 映画『父親たちの星条旗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父親たちの星条旗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父親たちの星条旗』の作品情報・概要 『父親たちの星条旗』原題『Flags of Our Fathers』2006年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッドが監督作品。ジェームズ・ブラッドリーが父ジョン・“ドク”・ブラッドリーの半生を彼の知り合いたちを取材し、ロン・パワーズとまとめたノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)を元にしている。脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』のポール・ハギスを迎えている。スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが製作。太平洋戦争の最大の激戦と言われている硫黄島の戦いを本作と『硫黄島からの手紙』の「硫黄島プロジェクト」を立ち上げ、本作はアメリカ側からの視点で描いた名作である。
スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の受賞歴

無し(2022年3月現在)

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:起

帝国歴489年、自由惑星同盟軍と銀河帝国軍は長年の間、抗争状態にある中で大きな転機を迎えていました。自由惑星同盟軍のヤン大将は、ユリアンを養子に受け入れ彼が15歳を迎える頃に軍に入隊します。新兵を鍛える熟練兵は「ユリアンはヤンの寵愛を受けている」と思い込み、厳しい目を向けることもしばしばそれでもユリアンは友人のピーターと共に切磋琢磨し、ついに2人は初陣を果たしました。

イゼルローン要塞駐留艦隊分艦隊司令官であるアッテンボローは、訓練のため若い兵を連れてパトロールに赴きます。すると、帝国軍の艦隊と遭遇臨戦態勢となってユリアンも出陣し、初めての戦いにも関わらず功績を上げました。

ヤンはメルカッツ提督の提案もあり全軍を率いて仲間の元に駆け付け、圧倒的な数を前にした帝国軍はその場を引き、ヤンはユリアンの無事に安堵します。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:承

帝国軍の司令官・ラインハルトは幼い頃からの親友であるキルヒアイスを失ってから、少しずつ変わっていきました。そんな彼を慕うのは「双璧」と呼ばれるミッターマイヤーとロイエンタールという2人組。2年前、クロプシュトック候がテロ行為を起こし、彼の領地を討伐した際にミッターマイヤーはとある事件を起こしてしまいました。討伐作戦に赴いた兵が私利私欲のまま民を襲い、ミッターマイヤーは軍人として相応しくないと判断して一人を処罰したのです。その男は門閥貴族のブラウンシュバイクの親族だったため、ミッターマイヤーは軍事法廷にかけられることになりました。

【英雄映画】『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:転

ロイエンタールは彼を救うべく、ラインハルトを訪ねます。「ミッターマイヤーを助けてくれれば忠誠を誓う」と提案し、ラインハルトはそれを受け入れてキルヒアイスと共に動き出しました。ミッターマイヤーはフレーゲル男爵と拷問係により痛めつけられ、そこにラインハルトたちが到着。フレーゲル男爵は動揺しつつ、忠臣であるアンスバッハに止められて渋々その場を出ていきます。

ミッターマイヤーはお礼を述べ、ロイエンタールと共にラインハルトのために戦うことを誓いました。その後、ラインハルトは戦線に赴き、彼らと共に戦果を挙げ続けたことで今に至ります。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ:結

ラインハルトは国家財政を立て直すための改革を進め、貴族の中でも民主的な者を登用して民から支持を得ます。その噂は自由惑星同盟軍にも広がり、ヤンはラインハルトの功績から今後の展開を予想しました。

一方、ラインハルトはキルヒアイスの最期の言葉である「宇宙を手にお入れください」という約束を果たすため、作戦を立てていきますが彼の様子を秘書官であるヒルデガルドは気に掛けていました。

帝国軍と同盟軍の戦いはまだ続きます。

【英雄映画】『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』フィンランドの世界での立ち位置が理解できる。ネタバレ・あらすじ・感想・評価

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の感想・内容

専制政治と民主主義の2つに別れた抗争を、宇宙を舞台にして描く『銀河英雄伝説』シリーズ。アニメの続編を映画化することで、壮大な音響と共に各軍の戦いを大画面で見れるのはやはり良いなと思いました。艦隊同士がレーザーを放ちあい、命のやり取りをする様子は緊張感があります。そんな中、ユリアンの訓練や戦いが前半の見どころでしょう。

ユリアンはまだ10代なのにも関わらず、しっかりしており、厳しい訓練に根を上げることが無いのが印象に残りましたね。ヤン提督の役に立ちたいという一心で、初陣の際には生きて帰ることを目標とするのですが戦闘機に乗って一対一で戦い、相手の背後を上手くとって撃墜するのは凄かったです。

ユリアンは敵を2機撃墜した際に高揚感を覚えたようですがそうした感情を良しとしない彼の心持から、大人っぽさを感じましたね。また、この戦いの中で亡くなった人たちの死を悼むユリアンの様子からも彼の人となりが伝わってきます。

【英雄映画】『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」

映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」
映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」映画『ナイル殺人事件』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイル殺人事件』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイル殺人事件』の作品情報・概要『ナイル殺人事件』原題『Death on the Nile』ケネス・ブラナー監督作品。2022年公開のアメリカ合衆国・イギリスのミステリ・スリラー映画。原作はアガサ・クリスティの1937年の小説『ナイルに死す』。1978年に映画化されている。2004年にはテレビシリーズ『名探偵ポワロ』のエピソードとしても描かれている。脚本はマイケル・グリーン(映画『野性の呼び声』)。ガル・ギャドット、アーミー・ハマー(映画『 ホテル・ムンバイ』や『J・エドガー』)、トム・ベイトマン、アネット・ベニング(『リヴァプール、最後の恋』や『キャプテン・マーベル』)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル(『ヴィクトリア女王 最期の秘密』) 、ドーン・フレンチ 、ローズ・レスリー、エマ・マッキー、ソフィー・オコネドー(映画『ワイルド・ローズ』)、ジェニファー・ソーンダース、レティーシャ・ライト(映画『ブラックパンサー』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)らが出演。  
スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の考察・評価

帝国軍にも個のエピソードが深堀されていました。双璧と呼ばれるミッターマイヤーとロイエンタールですが、彼らのストーリーに注目です。ミッターマイヤーは実家に引き取られたエヴァンゼリンに一目惚れしてから、数年を経てプロポーズをしたというエピソードが素敵でした。その話を今でもはやし立てるのがロイエンタールで、「黄色いバラの花ことばを知ってるのか?」と言いつつ煽るのは微笑ましさもありましたね。

そんなロイエンタールですが、赤ん坊の頃に母親から命を狙われたという辛辣なエピソードが左右の目の色が違ったことで、母親は愛人の存在がバレるのではと動揺し、ナイフを手にしたという話から、彼が女性不信になるのも仕方なかったなと思わされました。

【英雄映画】『紅の豚』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿の夢物語」感想「戦争反対」結末「『魔女の宅急便』のプレッシャーがあった」

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の結末

正義感の強いミッターマイヤーは、権力を笠に着る兵に対しても容赦なく罰したことで自身の命も危ぶまれるのにはハラハラしました。ロイエンタールと共に軍人としての手腕があったことで、ラインハルトの関心を買っていたため生き延びることができ、その後も活躍の場が多く与えられたという展開が良かったです。

ラインハルト、ヤン両名の元に集う者たちのエピソードが語られ、今後はどういったストーリーを繰り広げるのか、とても楽しみですね。戦艦どうしの戦いや、抗争の終結まで色々と見届けたいと思いました。

【英雄映画】『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のキャストについて

ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ジークフリード・キルヒアイス(梅原裕一郎)
ユリアン・ミンツ梶裕貴
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト(坂本真綾)
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(花澤香菜)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)

【英雄映画】『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』の作品情報・概要『シャン・チー/テン・リングスの伝説』原題『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』デスティン・ダニエル・クレットン監督作品(映画『黒い司法 0%からの奇跡』や映画『ガラスの城の約束』)。脚本はデヴィッド・キャラハムと共作。マーベル・コミックのキャラクター「シャン・チー」をベースに映像化。2021年のアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作する、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目。シム・リウ、オークワフィナ(映画『フェアウェル』)、張夢児、ファラ・チャンらが出演する。
スポンサーリンク

まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』一言で言うと!

「世界中にあるSF小説も映画も本作には到底かなわない」

あまりにもスケールが大きすぎます。世界中にあるSF小説、映画が束になってかかってきても、本作はビクともしないでしょう。それくらい素晴らしい作品です。

【英雄映画】『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末
映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の作品情報・概要監督・製作総指揮を手掛けたのはイギリスのアシフ・カパディア。『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、イギリス人歌手のエイミー・ワインハウスを描いた『AMY エイミー』で第88回アカデミー賞 - 長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実績を持っている。製作は『オアシス スーパーソニック』のジェームズ・ゲイ=リース、編集は映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』 』のクリス・キング。音楽は映画『風をつかまえた少年』のアントニオ・ピント。マラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像とインタビューを元に「栄光と挫折を繰り返す天才の光と影」をうまく描いている。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートされた。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う
 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
多田俊介
原作
田中芳樹
シリーズ構成
高木登
助監督
森山悠二郎
キャラクターデザイン
菊地洋子 寺岡巌 津島桂
総作画監督
後藤隆幸 菊地洋子
特技監督
竹内敦志
メカデザイン
竹内敦志 臼井伸二 常木志伸
オリジナルメカデザイン
加藤直之
プロップデザイン
太田恵子
プロップデザイン・紋章デザイン
秋篠Denforword日和
3D
ランドック・スタジオ I.G3D
3D監督
磯部兼士
美術
Bamboo
美術監督
竹田悠介
美術設定
塩澤良憲 曽野由大 金平和茂
美術デザイン
渡部隆
色彩設計
竹田由香
撮影監督
荒井栄児
音響監督
三間雅文
編集
黒澤雅之
音楽
橋本しん 井上泰久
主題歌
SennaRin
テーマソング
SennaRin
ナレーション
下山吉光
制作
Production I.G
監修
らいとすたっふ
ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ジークフリード・キルヒアイス(梅原裕一郎)
ユリアン・ミンツ梶裕貴
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト(坂本真綾)
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(花澤香菜)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)
2022年製作/103分/G/日本
配給:松竹メディア事業部

タイトルとURLをコピーしました