映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」

スポンサーリンク
映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」2022年製作

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ミニオンズ フィーバー』
2022年製作/88分/G/アメリカ
原題:Minions: The Rise of Gru
配給:東宝東和
【監督】
カイル・バルダ
【共同監督】ブラッド・エイブルソン ジョナサン・デル・バル【製作】クリス・メレダンドリ ジャネット・ヒーリー クリス・ルノー【原案】マシュー・フォーゲル ブライアン・リンチ【脚本】マシュー・フォーゲル【編集】クレア・ドッジソン【音楽】ヘイター・ペレイラ【音楽プロデューサー】ジャック・アントノフ
【出演】
スティーブ・カレル タラジ・P・ヘンソン 
ミシェル・ヨー RZA ジャン=クロード・バン・ダム ルーシー・ローレス ドルフ・ラングレン ダニー・トレホ ラッセル・ブランド ジュリー・アンドリュース アラン・アーキン ピエール・コフィン 笑福亭鶴瓶 市村正親 尾野真千子 渡辺直美 LiSA 田中真弓 速水奨 大塚明夫 立木文彦 宮野真守 鈴木拡樹

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』外部リンク

HPサイト】
映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト

【予告映像】
映画『ミニオンズ フィーバー』トレーラー

【公式Twitter
映画『ミニオンズ フィーバー』

IMDbサイト】
映画『ミニオンズ フィーバー』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ミニオンズ フィーバー』

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』のオススメ度は?

4.0

星4つです

シリーズとして観ましょう!

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報・概要

『ミニオンズ フィーバー』原題『Minions: The Rise of Gru』は、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画。カイル・バルダ監督作品。共同監督はブラッド・アブルソンとジョナサン・デル・ヴァル。イルミネーション製作。2015年に公開された『ミニオンズ』 の続編。『怪盗グルーシリーズ』の5作目。グルー役はスティーヴ・カレル(映画『ビューティフル・ボーイ』映画『マーウェン』『バイス』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、ミニオン役はピエール・コフィン。他はタラジ・P・ヘンソン、ミシェル・ヨー(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、RZA(映画『デッド・ドント・ダイ』、ジャン=クロード・バン・ダム、ルーシー・ローレス、ドルフ・ラングレン、ダニー・トレホ、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、アラン・アーキンらが声を担当。日本語版は笑福亭鶴瓶(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、市村正親(映画『そして、バトンは渡された』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『ハケンアニメ!』)、渡辺直美、LiSA(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』、田中真弓 、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹らが担当

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の受賞歴

無し(20227月現在)

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ:起

小学校に通うグルーは、将来の夢を聞かれた時に「悪党になりたい」と答えます。

クラスメイトが彼を笑う中、帰宅する際にミニオンの3人が迎えに来てくれました。

ケビン、スチュアート、ボブはグルーを「ミニボス」と呼び、一緒に悪事を働いて慕うのです。

そうして家に着くと「ヴィシャス6」からの郵便が届いていたことで驚くグルー。

悪党として憧れていたヴィシャス6に空き要因ができたとのことで、メンバーとなるべく面接しに行くことになりました。

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ:承

グルーは地下のアジトを作っていたミニオンたちに報告しつつ眠りにつき、面接のために身なりを整えます。

面接先の店で合言葉を伝えたグルーは地下に通され、ヴィシャス6の面接を受けますが彼らはグルーが子供だったとは思わず、帰るよう言うのです。

グルーは彼らに実力を見せつけるため、大切に保管されていた伝説の石を盗み出しました。

ヴィシャス6はその石を使って大きな悪事を働こうとしていたため、急いでグルーを追いかけますがグルーは外にいたケビン達と共に見事、逃げおおせます。

アジトに戻ったグルーは、伝説の石を預けていたオットーの帰宅を待ちました。

オットーが戻ると、伝説の石を子供と交換したと聞き、グルーは失望ミスの多いミニオンズたちに愛想を尽かして出ていくと、ワイルド・ナックルズに誘拐されてしまいます。

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ:転

ケビンはそれを見て急いで助けに行くことにし、オットーは途中で伝説の石を探しに向かいました。

グルーがさらわれたサンフランシスコに到着したケビンたちは、ナックルズの手下にボコボコにされてピンチに…。

それを見たカンフー・マスターの女性によって助けられ、修業をつけてもらいます。

グルーはナックルズに伝説の石のことを話し、彼がヴィシャス6のメンバーに裏切られたことを知りました。

2人は銀行で絵画を盗み、グルーは喜びますがナックルズの家がヴィシャス6に壊されたことをキッカケに家に帰るよう言われます。

そうしてグルーはバスに乗ると、中華街でオットーを発見。彼は伝説の石を取り戻しており、グルーはそれに喜びます。

映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ:結

そこにヴィシャス6が現れ、グルーを時計台に張り付けにして伝説の石の力で龍や虎の姿に変身。

巨大化してパワーも増した彼らの前になんとケビン、スチュアート、ボブ、そしてナックルズが立ち塞がったのです。

彼らはグルーを助けるために奮闘し、ケビン達は伝説の石で鳥などに姿を変えられてしまいました。

それでも、カンフー・マスターの教えを思い出して戦い、グルーを助けることに成功。グルーは伝説の石を取り戻して、ヴィシャス6をネズミの姿に変えて刑務所に送るのです。

傷付いたナックルズは後日、こっそりグルーに会いに行って彼らはミニオンと共に車を走らせます。

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の感想・内容

グルーとミニオンたちが働く悪事は可愛らしいイタズラから本当に悪いことまで様々!

映画館を貸し切り状態にするためにお手製の煙爆弾を使ったり、ジムの前でアイスを美味しそうに食べたりグ。

ルーとミニオンたちとの息が合っているのも伝わってきます。

地下アジトには数多くのミニオンがいる中、オットーというおしゃべりな子にも注目ですね。

ケビンがオットーを撒くためにかくれんぼをしようと騙しますが、勝手に付いてきてしまうオットー…。

グルーに伝説の石を託された際には頼もしさを感じますが、誕生日パーティーをする子供と伝説の石を交換してしまった際にはハラハラさせられます。

それでも、伝説の石を追いかけてバイカーの後ろをひたすら三輪車で走るシーンでは笑いあり、涙ありという感動を見せてくれたのも印象的。

グルーに返せて良かったなと思いました。

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の考察・評価

ケビン達はカンフー・マスターの元で修業を積みますが、あまり努力などが得意という感じではありませんでしたね。

それでも、戦う術や内なる野生を呼び覚ます方法などを学んだことで、ラストでは凄まじいパワーを見せてくれたのではと思います。

ヴィシャス6が伝説の石でケビンたちを動物に変身させますが、ウサギのスピード、羊の突進力を活かしたり、鳥の卵で攻撃をしたりと賑わせてくれたのがおもしろかったです。

内なる野生を呼び覚ました彼らが敵を吹き飛ばすのも合わせてカッコいいなと思いました。

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の結末

ヴィシャス6はメンバーが6人いて、ワイルド・ナックルズがリーダーでしたね。

彼が伝説の石「ゾディアック・ストーン」を入手する経緯が冒頭で語られましたが、ダンジョンの仕掛けをかわしていくのが見ものでした。

伝説の石を守る者たちがナックルズを襲う中、仲間が助けに来てくれてひと安心かと思いきや、まさか裏切られてしまうとは驚きです。

リーダーの座はベル・ボトムに奪われますが、彼女がバイクに乗って伝説の石の場所を記す地図を持ち出した際のアクションも凄かったです。

また、他のメンバーも個性的でシスターの姿をしたヌン・チャックの動き、スベンジャンスのローラースケートさばき、ジャン・クロードの大きなハサミを使った豪快な見せ場などからは特に目が離せません。

彼らがそれぞれをイメージした乗り物に乗り込み、グルーの元へ行くシーンにも目を見張りましたね。最後は、彼らが龍、虎、牛、ヘビなどに変身して襲ってくるのも見逃せません。

伝説の石の力も凄かったですが、グルーとミニオンズたちが協力して戦うのも見ものとなる映画!過去作ももう一度、見たくなりました。

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』のキャストについて

グルー(スティーブ・カレル)
ベル・ボトム(タラジ・P・ヘンソン)
マスター・チャウ(ミシェル・ヨー)
RZA
ジャン・クロード(ジャン=クロード・バン・ダム)
ヌン・チャック(ルーシー・ローレス)
スべンジャンス(ドルフ・ラングレン)
ストロング・ホールド(ダニー・トレホ)
ラッセル・ブランド
ジュリー・アンドリュース
アラン・アーキン
ピエール・コフィン
グルー(日本語吹き替え)笑福亭鶴瓶
ワイルド・ナックルズ(日本語吹き替え)市村正親
ベル・ボトム(日本語吹き替え)尾野真千子
マスター・チャウ(日本語吹き替え)渡辺直美
グランドスタッフ(日本語吹き替え)LiSA
ヌン・チャック(日本語吹き替え)田中真弓
スべンジャンス(日本語吹き替え)速水奨
ジャン・クロード(日本語吹き替え)大塚明夫
ストロング・ホールド(日本語吹き替え)立木文彦
バイカー(日本語吹き替え)宮野真守
ワイルド・ナックルズの子分(日本語吹き替え)鈴木拡樹

スポンサーリンク

まとめ 映画『ミニオンズ フィーバー』一言で言うと!

「アニメは面白い」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末
 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【】

スポンサーリンク

映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
カイル・バルダ
共同監督
ブラッド・エイブルソン ジョナサン・デル・バル
製作
クリス・メレダンドリ ジャネット・ヒーリー クリス・ルノー
原案
マシュー・フォーゲル ブライアン・リンチ
脚本
マシュー・フォーゲル
編集
クレア・ドッジソン
音楽
ヘイター・ペレイラ
音楽プロデューサー
ジャック・アントノフ
グルー(スティーブ・カレル)
ベル・ボトム(タラジ・P・ヘンソン)
マスター・チャウ(ミシェル・ヨー)
RZA
ジャン・クロード(ジャン=クロード・バン・ダム)
ヌン・チャック(ルーシー・ローレス)
スべンジャンス(ドルフ・ラングレン)
ストロング・ホールド(ダニー・トレホ)
ラッセル・ブランド
ジュリー・アンドリュース
アラン・アーキン
ピエール・コフィン
グルー(日本語吹き替え)笑福亭鶴瓶
ワイルド・ナックルズ(日本語吹き替え)市村正親
ベル・ボトム(日本語吹き替え)尾野真千子
マスター・チャウ(日本語吹き替え)渡辺直美
グランドスタッフ(日本語吹き替え)LiSA
ヌン・チャック(日本語吹き替え)田中真弓
スべンジャンス(日本語吹き替え)速水奨
ジャン・クロード(日本語吹き替え)大塚明夫
ストロング・ホールド(日本語吹き替え)立木文彦
バイカー(日本語吹き替え)宮野真守
ワイルド・ナックルズの子分(日本語吹き替え)鈴木拡樹
2022年製作/88分/G/アメリカ
原題:Minions: The Rise of Gru
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました