「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎」

スポンサーリンク
「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎SF映画

映画『フラッシュ・ゴードン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『フラッシュ・ゴードン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『フラッシュ・ゴードン』
(1980年製作/アメリカ)
原題『Flash Gordon』
【監督】
マイク・ホッジス
【脚本】ロレンツォ・センプル・Jr.【原案】アレックス・レイモンド【製作総指揮】バーナード・ウィリアムズ【製作】ディノ・デ・ラウレンティス【撮影】ギルバート・テイラー【美術】ジョン・グレイスマーク ノーマン・ドーム【音楽】クイーン【編集】マルカム・クック【特殊効果】グレン・ロビンソン ジョージ・ギブス リチャード・コンウェイ【字幕】岡枝慎二
【出演】
サム・ジョーンズ メロディ・アンダーソン オルネラ・ムーティ マックス・フォン・シドー トポル ティモシー・ダルトン マリアンジェラ・メラート ブライアン・ブレスド ピーター・ウィンガード
【HPサイト】
映画『フラッシュ・ゴードン』IMDbサイト
【予告映像】
映画『フラッシュ・ゴードン』トレーラー

映画『フラッシュ・ゴードン』NHK BSプレミアム放送 未定

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』のオススメ度は?

3.5

3つ半

面白いです

BSF映画として大人気

「クイーン」音楽担当

フレディ・マーキュリー「アアアー」

ジョージ・ルーカスに与えた影響大

クイーン関係の映画は必見!

クイーン伝説映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ・あらすじ「フレディの人生を観よ!」感想「世界一のバンドへ」結末「最後に得た最愛のジム・ハットン素敵」
クイーン伝説映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ・あらすじ「フレディの人生を観よ!」感想「世界一のバンドへ」結末「最後に得た最愛のジム・ハットン素敵」映画『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボヘミアン・ラプソディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の作品情報・概要『ボヘミアン・ラプソディ』原題『Bohemian Rhapsody』ブライアン・シンガー監督作品。フレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記映画。「パキスタン野郎」と差別されながらも、音楽への情熱を捨てきれずクイーンを結成して、頂点へと駆け上がるフレディ。恋愛、友情、家族、そして性的指向の悩みと葛藤を描く。孤独との戦いと最後には最愛のパートナーとなるジム・ハットンとの出会いまでをヒット曲に乗せて描いた名作。ラミ・マレック主演(映画『パピヨン』や映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』)。ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョゼフ・マゼロ、エイダン・ギレン、トム・ホランダー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や映画『プライベート・ウォー』)、アレン・リーチ、マイク・マイヤーズらが出演。音楽プロデューサーはクイーンの現役メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラー。第91回アカデミー賞で、作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の最多4冠を獲得。ロック史上、いや音楽史上最高のバンド、クイーン。ボーカルを務めたのはフレディー・マーキュリー。唯一無二の美声と圧倒的なパフォーマンスで世界中を魅了した。しかしフレディには大きな悩みがあった。出自ではなく自らのセクシャリティーだ。そして愛を求め愛を歌うことで、本当の愛を掴んだ。フレディ死すとも魂は伝承されていく。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ&「答えあわせ」映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』「ライヴエイド(LIVE AID)への出演の真相」感想「フレディの製作意欲に敬意」結末「ジョン・ディーコンの功績が大きい」
映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ&「答えあわせ」映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』「ライヴエイド(LIVE AID)への出演の真相」感想「フレディの製作意欲に敬意」結末「ジョン・ディーコンの功績が大きい」 映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』の作品情報・概要『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』原題『Queen: Under Review 1980-1991』ロブ・ジョンストーン監督作品。イギリスの世界的ロックバンド「クイーン」の軌跡をたどるドキュメンタリー映画。第一弾『クイーン ヒストリー 1973-1980』に続く第二弾。成功から低迷、そして復活の様子をクイーンの映像と音声を交えての構成となっている。メンバーに近かった人たちのコメントが必見。フレディ・マーキュリーがエイズの感染してからも精力的にアルバム製作に取り組む様子なども語られている。映画『ボヘミアン・ラプソディ』を深く観るために必見の作品。
スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』の作品情報・概要

『フラッシュ・ゴードン』原作『Flash Gordon1980年のアメリカ合衆国のSF映画。マイク・ホッジス監督作品。製作はディノ・デ・ラウレンティス(映画『道』)出演はサム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー、トポル、ティモシー・ダルトン(映画『トイ・ストーリー3』)、マリアンジェラ・メラート、ブライアン・ブレスド、ピーター・ウィンガードら。アメリカのコミック・ストリップ(新聞連載漫画)であり、同名の主人公が活躍するスペースオペラである。『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカスが愛読しており、映画化を望んでいた。音楽は世界的なロックバンド・クイーンが担当。主題歌「フラッシュのテーマ」のフレディ・マーキュリーの絶叫が印象的。

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』のあらすじ・ネタバレ

惑星モンゴを支配する悪の皇帝ミンの気まぐれによって天変地異に見舞われた地球。10日以内に月と衝突して消滅する危機にあった。すなわち人類滅亡となる。科学者のハンス・ザーコフ博士(トポル) は独自に和平交渉をするために自前のロケットでモンゴに向かうことを決意。発車寸前、飛行機の不時着でたまたま居合わせたアメフトのスター選手であるフラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)と1人旅をしていた女性デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン) 2人も同行することになった。無事?惑星モンゴい到着した三人はミンの部下らに捕らえられてしまう。極悪冷酷は皇帝ミンに「和平交渉」は不可能であった。しかもミンはデイルを妻とすることに。そしてゴードンを処刑し、ザーコフを洗脳して下僕として使うように画策する。

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』の感想・内容

「映画史を変えた貴重な映画」となります。本映画『フラッシュ・ゴードン』の存在無くして、クイーンを語ることはできません。

さらにジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズは製作されなかったのです。

まず、ルーカスの少年時代、最も熱狂して購読したのが、本映画『フラッシュ・ゴードン』の漫画作品だったのです。

ルーカスは是非とも『フラッシュ・ゴードン』の映画化を目論んでいましたが、すでに版権を抑えられていました。

版権を手中に持っていたのは、映画『道』の製作者ディノ・デ・ラウレンティスでした。大御所です。世界の大御所です。

当時のルーカスが束になってかかっても敵う相手ではありません。

ですから、ルーカスは諦めてオリジナルストーリーとして『スター・ウォーズ』を製作することになるのです。

そしてもう一点。音楽担当が「クイーン」なんです。彼らにとっては初めての映画音楽の製作となっています。

なぜ彼らが本映画『フラッシュ・ゴードン』の音楽を担当したかについての理由は「スター・ウォーズが嫌いだから」となります。

19781013日リリースの『バイシクル・レース』原題『Bicycle Race』の中ではっきりと「嫌い」と歌っています。

映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』 の中でも語られています。理由としては、クイーンの活動を保守的なアメリカ社会が締め出しにかかっていたことが挙げれます。

また、『スター・ウォーズ』ではシンセサイザーが多用されており、「シンセ嫌い」の彼らなりの抵抗もあったのだと思います。

しかしながら、本映画『フラッシュ・ゴードン』ではシンセサイザーが多用されています。実はクイーンは新しいシンセを導入するチャンスとして本映画『フラッシュ・ゴードン』の音楽を担当した趣もあります。

本映画『フラッシュ・ゴードン』はディノ・デ・ラウレンティスの大号令のもと「スターウォーズを超えろ!」とのことでしたが、まったく足元にも及ばない興行収入となっています。大惨敗どころか、大バッシングを受ける結果になりました。

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』の考察・評価

さて、本映画『フラッシュ・ゴードン』ですが、今では超BSF映画としてマニアからは絶対的な支持を受けています。

映画『禁断の惑星』と双璧をなしています。わたし的には「撮影技術はオッケー」になります。

しかし、物語と脚本、そしてキャストが「ダメダメ」です。まず、本映画『フラッシュ・ゴードン』を端的に言うと「アメフトのスター選手が宇宙へ行って地球の危機を救う」となります。

しかも宇宙でアメフトのボールを敵軍に投げつけるという戦法に腹を抱えて笑わせてもらいます。

一応ですが、ラブロマンスもあります。その出会いと展開が実に陳腐なのです。

アメフトのスター選手であるフラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)が飛行機に乗る時に飛行機嫌いの旅行添乗員のデイル・アーデン(メロディ・アンダーソン) と安易に出会います。

ここで、早速ツッコミを入れてしまいます。「飛行機嫌いなら転職しないさいよ!」です。

で、なぜかNASAの一流研究者ハンス・ザーコフ博士(トポル) が保有する宇宙船で空へ銀河へ飛び立つのです。目的は「地球を救うため」です。

惑星モンゴを支配する悪の皇帝ミンの気まぐれによって、巨大地震などの天変地異に侵されていたのです。とても巨大な力を持っています。

10日間しか猶予がないのです。ですからハンス・ザーコフ博士(トポル) は勝手に「地球代表」として、ミン皇帝に救済を求めに行くという素晴らしき責任感を発揮しているのです。

ちなみにここのは世界各国の首脳や要人は一切、登場しません。

ここもすごいです。つまり「変人であるハンス・ザーコフ博士(トポル) と花形フットボーラーのフラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)が地球の危機を勝手に救う」のです。

いやいや、本映画『フラッシュ・ゴードン』はある意味、画期的なんです。

こういうチープな物語製作が許された大らかな時代だったのです。

製作年月日は1980年です。アメリカン・ニューシネマは終焉を迎えようとしています

60年代のアメリカ社会はベトナム戦争と公民権運動などで暗黒の時代でした。

そして70年代はその重しを外そうと懸命になっていた時代です。

ようやく1975年にベトナム戦争が終わると少しづつ明るい兆しが見てきて、その流れをくんで本映画『フラッシュ・ゴードン』が製作されたと予想されます。

繰り返しますが、興行的には大失敗です。

さて、本映画『フラッシュ・ゴードン』の中で、クイーンはどのように自身の音楽性を主張しているのでしょうか。

まず耳に飛び込んでくるのは「フラッシュ、アアア」と絶叫するフレディ・マーキュリーの声です。

オープニングから発せられています。クイーンお得意の多重録音だと思われます。

そして必聴なのは、どドドドドと響いてくる低音です。最初はジョン・ディーコンのベースかと思いましたが、よく聴くと「シンセサイザー」です。

演奏はブライアン・メイとのことです。クイーンはそれまで、シンセサイザーを毛嫌いしていました。

でも本映画『フラッシュ・ゴードン』で挑戦しているのです。

そして以後のクイーンの作品にはシンセサイザーも導入されますから、おそらく実験的な気落ちで本映画『フラッシュ・ゴードン』の音楽製作に挑んだのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』の結末

実際、フレディ・マーキュリーは本映画『フラッシュ・ゴードン』の出来を大変気に入っていたとのことです。

デザインを学んでいたフレディだけあって、オープニングはとてもお洒落感があります。

衣装も当時としてはかなり「イケてる」のではないでしょうか。

と言うわけで、本映画『フラッシュ・ゴードン』をまとめますと、ジョージ・ルーカスに多大な影響を与えた原作であること。

そして『スター・ウォーズ』誕生の元になった映画であること。さらにクイーンが初めて映画音楽に挑戦した作品であること、さらに自身たちの音楽活動の方向性を実験した映画となります。

*のちに「007」シリーズで大活躍するティモシー・ダルトンに驚きます。

スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』のキャストについて

フラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)
デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン)
オーラ姫(オルネラ・ムーティ)
ミン皇帝(マックス・フォン・シドー)
ハンス・ザーコフ博士(トポル)
バリン公(ティモシー・ダルトン)
カーラ将軍(マリアンジェラ・メラート)
ヴァルタン公(ブライアン・ブレスド)
クライタス(ピーター・ウィンガード)

スポンサーリンク

まとめ 映画『フラッシュ・ゴードン』一言で言うと!

「フレディ・マーキュリーはよほど『スター・ウォーズ』がお嫌いらしい」

すごい映画でした。しかしながら、フレディ・マーキュリーがなぜ、『スター・ウォーズ』が嫌いになったのかについて、完全なる答えは見つかりませんでした。でも、ルーカスが欲しかった映画化権を手にしているディノ・デ・ラウレンティスと組んだことで「してやったり」だったのでしょう。21世紀においては物語は陳腐ですが、「なにも考えずに観る」映画としては最高です。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『フラッシュ・ゴードン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイク・ホッジス
脚本
ロレンツォ・センプル・Jr.
原案
アレックス・レイモンド
製作総指揮
バーナード・ウィリアムズ
製作
ディノ・デ・ラウレンティス
撮影
ギルバート・テイラー
美術
ジョン・グレイスマーク ノーマン・ドーム
音楽
クイーン
編集
マルカム・クック
特殊効果
グレン・ロビンソン ジョージ・ギブス リチャード・コンウェイ
字幕
岡枝慎二
フラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)
デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン)
オーラ姫(オルネラ・ムーティ)
ミン皇帝(マックス・フォン・シドー)
ハンス・ザーコフ博士(トポル)
バリン公(ティモシー・ダルトン)
カーラ将軍(マリアンジェラ・メラート)
ヴァルタン公(ブライアン・ブレスド)
クライタス(ピーター・ウィンガード)
KlytusPeter Wyngarde
Vultanブライアン・ブレッスド
Luroジョン・ハラム
1980年製作/アメリカ
原題:Flash Gordon
配給:20世紀フォックス

タイトルとURLをコピーしました