2021年5月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

スポンサーリンク
運だぜ!アートの2021年5月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)紹介2021年製作

2021年5月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

2021年5月劇場公開・鑑賞映画

スポンサーリンク
  1. 『水を抱く女』(2020年製作/90分/G/ドイツ・フランス合作)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  2. 『プロジェクトV』(2020年製作/107分/G/中国)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  3. 『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら(2021年製作/100分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  4. 『大綱引の恋』(2020年製作/108分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  5. 『スプリー』(2020年製作/93分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  6. 『ジェントルメン』(2020年製作/113分/PG12/イギリス・アメリカ合作)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  7. 『騙し絵の牙』(2021年製作/113分/G/日本)
  8. 『ブータン 山の教室』(2019年製作/110分/G/ブータン)
  9. 『ビーチ・バム まじめに不真面目』(2019年製作/95分/R15+/アメリカ)
  10. 『SNS 少女たちの10日間』(2020年製作/104分/R15+/チェコ)
  11. 『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』(2019年製作/118分/G/フランス・ベルギー合作)
  12. 『茜色に焼かれる』(2021年製作/144分/R15+/日本)
  13. 『HOKUSAI』(2020年製作/129分/G/日本)
  14. 『野良人間 獣に育てられた子どもたち』(2018年製作/101分/メキシコ)
  15. 『藍に響け』(2021年製作/117分/G/日本)
  16. 『タイタニック(1997)』(1997年製作/189分/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  17. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008年製作/119分/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  18. 『スタンド・バイ・ミー』(1986年製作/84分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  19. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

『水を抱く女』(2020年製作/90分/G/ドイツ・フランス合作)

原題:Undine
配給:彩プロ
監督:クリスティアン・ペッツォルト
製作:フロリアン・コールナー・フォン・グストルフ ミヒャエル・ベバー
脚本:クリスティアン・ペッツォルト
撮影:ハンス・フロム
衣装:カタリーナ・オスト
編集:ベッティナ・ベーラー
出演:パウラ・ベーア フランツ・ロゴフスキ マリアム・ザリー ヤコブ・マッチェンツ アネ・ラテ=ポレ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」
映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me』1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。
スポンサーリンク

『プロジェクトV』(2020年製作/107分/G/中国)

原題:急先鋒 Vanguard
配給:ツイン
監督:スタンリー・トン
製作:スタンリー・トン バービー・タン
製作総指揮:スタンリー・トン
脚本:スタンリー・トン
アクション監督:スタンリー・トン
音楽:ネイサン・ワン
出演:ジャッキー・チェン ヤン・ヤン アレン ムチミヤ シュ・ルオハン ジュー・ジャンティン ジャクソン・ルー エヤド・ホーラーニ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら(2021年製作/100分/G/日本)

配給:東宝映像事業部
監督:松居大悟
脚本:ふじきみつ彦 宮本武史
企画:浅野敦也
プロデュース:浅野敦也
プロデューサー:濱谷晃一 石黒研三 塩入大介
共同プロデューサー:半田健
ラインプロデューサー:鷲山伸人
撮影:加藤十大
照明:高井大樹
録音:高橋寿光
美術:久渡明日香
装飾:榊さくら
衣装:青木茂
ヘアメイク:吉村英里
編集:臼杵毅
音楽:佐藤洋介
主題歌:Creepy Nuts
出演:田口トモロヲ 松重豊 光石研 遠藤憲一 濱田岳 柄本時生 菜々緒 高杉真宙 芳根京子 勝村政信 渡辺いっけい 近藤芳正 津田寛治 西村まさ彦 本宮泰風 菅田俊 小沢仁志 岸井ゆきの でんでん 北香那 木村多江 北村一輝 有村架純 天海祐希 役所広司 相島一之 阿部亮平 安藤玉恵 池谷のぶえ 石丸謙二郎 稲葉友 井上肇 伊武雅刀 宇梶剛士 宇野祥平 大倉孝二 岡田浩暉 岡山天音 小木茂光 尾上寛之 尾美としのり 加藤諒 金子大地 木下ほうか 甲本雅裕 今野浩喜 佐々木希 宍戸美和公 志田未来 渋川清彦 杉野遥亮 醍醐虎汰朗 高畑淳子 滝藤賢一 田中泯 田中要次 玉置玲央 寺島しのぶ 富田望生 波岡一喜 野間口徹 橋本じゅん 長谷川京子 浜野謙太 林泰文 速水もこみち 原田龍二 ふせえり 堀内敬子 本多力 本田博太郎 本田望結 前田敦子 前野朋哉 升毅 松尾貴史 観月ありさ 水間ロン 向井理 六平直政 村田雄浩 MEGUMI 森下能幸 吉田羊 利重剛 りょう 六角精児

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」
映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』の作品情報・概要『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』2021年4月9日公開の日本のコメディ映画。テレビ東京系列で放送されているテレビドラマ『バイプレイヤーズ』を劇場版として公開。タイトルにもある通り、総勢100人にも及ぶ俳優達が出演しているとい「スケールの大きさ」では映画『翔んで埼玉』に比肩する映画である。
スポンサーリンク

『大綱引の恋』(2020年製作/108分/G/日本)

配給:ショウゲート
監督:佐々部清
脚本:篠原高志
企画:西田聖志郎
製作:西田聖志郎
プロデューサー:臼井正明
撮影:早坂伸
照明:守利賢一
録音:藤丸和徳
整音:藤丸和徳
美術:若松孝市
美術デザイン:山下修侍
装飾:神戸信次
編集:大畑永亮
音楽:富貴晴美
主題歌
AI:助監督:山本亮
スクリプター:山下千鶴
キャスティング:空閑由美子
製作担当:古森正泰
題字:高崎正治
出演:三浦貴大 知英 比嘉愛未 中村優一 松本若菜 西田聖志郎 朝加真由美 升毅 石野真子 金児憲史 金井勇太 伊嵜充則 安倍萌生 月影瞳 小倉一郎 恵俊彰 沢村一樹 吉満寛人 池田倫太朗 小山悠 西田あい

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『スプリー』(2020年製作/93分/G/アメリカ)

原題:Spree
配給:OSOREZONE
監督:ユージーン・コトリャレンコ
製作:マシュー・バドマン スマイヤ・カベ ジョン・H・ラング ユージーン・コトリャレンコ
製作総指揮:ドレイク アデル・“フューチャー”・ヌア アンソニー・ゴンザレス マット・ベイブル アレックス・ヒューズ
脚本:ジーン・マクヒュー ユージーン・コトリャレンコ
撮影:ジェフ・リーズ・コーン
美術:カルロス・ラスロ
衣装:ナターシャ・ニューマン=トーマス
編集:ベンジャミン・モーゼス・スミス
音楽:メゾン・ウェア ジェームズ・フェラーロ
出演:ジョー・キーリー サシーア・ザメイタ ミーシャ・バートン ジョン・デルーカ ジョシュ・オバージェ ララ・ケント リチャードフランキー・グランデ カイル・ムーニー デビッド・アークエット

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『ジェントルメン』(2020年製作/113分/PG12/イギリス・アメリカ合作)

原題:The Gentlemen
配給:キノフィルムズ
監督:ガイ・リッチー
製作:ガイ・リッチー アイバン・アトキンソン ビル・ブロック
製作総指揮:ボブ・オシャー マシュー・アンダーソン アンドリュー・ゴロブ アラン・ワンズ ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン
原案:ガイ・リッチー アイバン・アトキンソン マーン・デイビス
脚本:ガイ・リッチー
撮影:アラン・スチュワート
美術:ジェマ・ジャクソン
衣装:マイケル・ウィルキンソン
編集:ジェームズ・ハーバート ポール・マクリス
音楽:クリストファー・ベンステッド
出演:マシュー・マコノヒー チャーリー・ハナム ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ドッカリー ジェレミー・ストロング エディ・マーサン コリン・ファレル ヒュー・グラント

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

 

スポンサーリンク

『騙し絵の牙』(2021年製作/113分/G/日本)

配給:松竹
監督:吉田大八
原作:塩田武士
脚本:楠野一郎 吉田大八
製作:高橋敏弘 堀内大示 木下直哉 有馬一昭 藤田浩幸 荒木宏幸 五老剛 伊藤由美 安部順一 井田寛
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁 栗橋三木也
企画:新垣弘隆
プロデュース:新垣弘隆
プロデューサー:池田史嗣 秋田周平 二木大介
撮影:町田博
照明:渡邊孝一
録音:鶴巻仁
整音:矢野正人
美術:富田麻友美
装飾:山川邦彦
衣装:小里幸子 石原徳子
ヘアメイク:千葉友子
編集:小池義幸
音楽:LITE
音響効果:伊藤瑞樹
VFXスーパーバイザー:白石哲也
スクリプター:工藤みずほ
助監督:甲斐聖太郎
製作主任:中谷康紀 緒方裕士
製作担当:篠宮隆浩
プロダクションマネージャー:岩田均
ラインプロデューサー:入交祥子
音楽プロデューサー:緑川徹
出演:大泉洋 松岡茉優 宮沢氷魚 池田エライザ 斎藤工 中村倫也 坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 國村隼 木村佳乃 小林聡美 佐藤浩市 レディビアード

スポンサーリンク

『ブータン 山の教室』(2019年製作/110分/G/ブータン)

原題:Lunana: A Yak in the Classroom
配給:ドマ

監督:パオ・チョニン・ドルジ
製作:ステファニー・ライ
脚本:パオ・チョニン・ドルジ
撮影:ジグメ・テンジン
出演:シェラップ・ドルジ ウゲン・ノルブ・へンドゥップ ケルドン・ハモ・グルン ペム・ザム

スポンサーリンク

『ビーチ・バム まじめに不真面目』(2019年製作/95分/R15+/アメリカ)

原題:The Beach Bum
配給:キノシネマ

監督:ハーモニー・コリン
製作:ジョン・レッシャー シャルル=マリー・アントニオーズ モーラ・ベルケダール ニコラ・レルミット スティーブ・ゴリン
製作総指揮:カール・シュポエリ マルク・シュミットハイニー ニック・バウアー ディーパック・ネイヤー ウィル・ワイスク トーステン・シューマッハー キアラ・ジェラルディン エメリン・ヤン・ハンキンズ エディ・モレッティ シェーン・スミス ダニー・ガバイ
撮影:ブノワ・デビエ
脚本:ハーモニー・コリン
美術:エリオット・ホステッター
衣装:ハイディ・ビベンズ
編集:ダグラス・クライズ
音楽:ジョン・デブニー
音楽監修:リンダ・コーエン
出演:マシュー・マコノヒー スヌープ・ドッグ アイラ・フィッシャー ステファニア・ラビー・オーウェン ジミー・バフェット ザック・エフロン マーティン・ローレンス ジョナ・ヒル

スポンサーリンク

『SNS 少女たちの10日間』(2020年製作/104分/R15+/チェコ)

原題:V siti
配給:ハーク

監督:バーラ・ハルポバー ビート・クルサーク
原案:ビート・クルサーク

テレザ・チェジュカー アネジュカ・ピタルトバー サビナ・ドロウハー

スポンサーリンク

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』(2019年製作/118分/G/フランス・ベルギー合作)

原題:Mon inconnue
配給:シンカ

監督:ユーゴ・ジェラン
製作:レティシア・ガリツィン ユーゴ・ジェラン ステファーヌ・セルリエール バレリ・ガルシア
原案:ユーゴ・ジェラン
脚本:ユーゴ・ジェラン イゴール・ゴーツマン バンジャマン・パラン
撮影:ニコラ・マサール
美術:ステファヌ・ローゼンバウム
衣装:イザベル・マチュー
編集:ビルジニ・ブリュアン
出演:フランソワ・シビル ジョセフィーヌ・ジャピ バジャマン・ラベルネ

スポンサーリンク

『茜色に焼かれる』(2021年製作/144分/R15+/日本)

配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ

監督:石井裕也
脚本:石井裕也
製作:五老剛 竹内力
ゼネラルプロデューサー:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎 神保友香
共同プロデューサー:中島裕作 徳原重之 長井龍
編集:石井裕也
主題歌:GOING UNDER GROUND
出演:尾野真千子 平和田庵 片山友希 オダギリジョー 永瀬正敏 大塚ヒロタ 芹澤興人 前田亜季 笠原秀幸 鶴見辰吾 嶋田久作 泉澤祐希 前田勝 コージ・トクダ

スポンサーリンク

『HOKUSAI』(2020年製作/129分/G/日本)

配給:S・D・T

監督:橋本一
企画:河原れん
脚本:河原れん
エグゼクティブプロデューサー:細野義朗
プロデューサー:中山賢一
共同プロデューサー:吉原大佑
キャスティング:川村恵
アソシエイトプロデューサー:勅使川原千春 大西結衣
ポストプロダクションプロデューサー:篠田学
ラインプロデューサー:武石宏登
撮影監督:ニホンマツアキヒコ
撮影:角田真一
照明:佐藤宗史
キーグリップ:ヒロカクハリ
録音:久連石由文
美術:相馬直樹
装飾:鈴村高正
衣装:宮本まさ江
メイク:宮内三千代
かつら:濱中尋吉 高嵜光代
編集:掛須秀一
音響効果:柴崎憲治
音楽:安川午朗
VFXスーパーバイザー:進威志
スクリプター:松澤一美
助監督:西山太郎
制作担当:田中智明
北斎スーパーバイザー:久保田一洋
浮世絵指導:向井大祐 松原亜実
音楽プロデューサー:安井輝
出演:柳楽優弥 田中泯 阿部寛 永山瑛太 玉木宏 瀧本美織 津田寛治 青木崇高 辻本祐樹 浦上晟周 芋生悠 河原れん 城桧吏

スポンサーリンク

『野良人間 獣に育てられた子どもたち』(2018年製作/101分/メキシコ)

原題:Feral
配給:TOCANA
監督:アンドレス・カイザー
製作:ニコール・メイナード・ピント マルコ・アントニオ・サルガド
脚本:アンドレス・カイザー
美術:クラウジオ・サルバドル・コントレラス
音楽:カルロ・アイヨン
出演:エクトル・イリャネス ファリド・エスカランテ カリ・ロム エリック・ガリシア

スポンサーリンク

『藍に響け』(2021年製作/117分/G/日本)

配給:アンプラグド
監督:奥秋泰男
原作:すたひろ
脚本:加藤綾子
エグゼクティブプロデューサー:蓮見智威
製作統括:清家端
プロデューサー:前信介
撮影:春木康輔
照明:大久保礼司
録音:岸川達也
整音:岸川達也
美術:寺尾淳
装飾:寺尾淳
衣装:小宮山芽以
ヘアメイク:七絵
編集:岡崎正弥
音響効果:勝亦さくら
音楽:茂野雅道
助監督:平波亘
ラインプロデューサー:雨無麻友子
制作担当:石井宏樹
スチール:久保田智
和太鼓指導・監修:山部泰嗣
出演:紺野彩夏 久保田紗友 永瀬莉子 板垣瑞生 小西桜子 山之内すず 茅島みずき 吉田凜音 川津明日香 山本亜依 カトウシンスケ 濱田マリ 須藤理彩 筒井真理子 吹越満

 

2021年5月動画配信・DVD鑑賞映画

スポンサーリンク

『タイタニック(1997)』(1997年製作/189分/アメリカ)

原題:Titanic
配給:20世紀フォックス映画
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
編集:ジェームズ・キャメロン コンラッド・バフ リチャード・A・ハリス
製作総指揮:レイ・サンキーニ
製作:ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
共同製作:アル・ギディングス グラント・ヒル シャロン・マン
撮影:ラッセル・カーペンター
美術:ピーター・ラモント
音楽:ジェームズ・ホーナー
音楽監修:ランディ・ガーソン
衣装デザイン:デボラ・L・スコット
SFXスーパーバイザー:ロバート・レガート
特殊効果コーディネーター:トーマス・L・フィッシャー
スタント・コーディネーター:サイモン・クレーン
字幕:戸田奈津子
海洋部門コーディネーター:ランス・ジュリアン

出演:レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット ビリー・ゼイン キャシー・ベイツ フランシス・フィッシャー ビル・パクストン バーナード・ヒル ジョナサン・ハイド ビクター・ガーバー デビッド・ワーナー ダニー・ヌッチ グロリア・スチュワート スージー・エイミス ヨアン・グリフィズ ジャネット・ゴールドスタイン

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」
映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
スポンサーリンク

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008年製作/119分/アメリカ)

原題:Revolutionary Road
配給:パラマウント
監督:サム・メンデス
製作:サム・メンデス ジョン・ハート スコット・ルーディン ボビー・コーエン
製作総指揮:マリオン・ローゼンバーグ デビッド・M・トンプソン ヘンリー・ファーマイン
原作:リチャード・イエーツ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット キャスリン・ハーン マイケル・シャノン デビッド・ハーバー キャシー・ベイツ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」
映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』の作品情報・概要『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』原題『Revolutionary Road』は、2008年のイギリス・アメリカ合衆国のドラマ映画。タイトルはアメリカ・コネチカット州の「レボリューショナリー・ロード」に由来する。監督はサム・メンデス(映画『1917 命をかけた伝令』)、出演はレオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『仮面の男』)とケイト・ウィンスレット(映画『タイタニック(1997)』)など。原作はリチャード・イェーツが1961年出版の小説『家族の終わりに(英語版)』から。キャスリン・ハーン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、マイケル・シャノン、デビッド・ハーバー、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)らが出演。
スポンサーリンク

『スタンド・バイ・ミー』(1986年製作/84分/G/アメリカ)

原題:Stand by Me
監督:ロブ・ライナー
製作:アンドリュー・シェインマン レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス
原作:スティーブン・キング
脚本:レイノルド・ギデオン ブルース・A・エバンス
撮影:トーマス・デル・ルース
美術:デニス・ワシントン
音楽:ジャック・ニッチェ
出演:ウィル・ウィートン リバー・フェニックス コリー・フェルドマン ジェリー・オコンネル リチャード・ドレイファス キーファー・サザーランド フランシス・リー・マッケイン マーシャル・ベル ジョン・キューザック ケイシー・シーマツコ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」
映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me』1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

合わせて観たい映画

『裏社会映画』絶対に関わりたくない。でも観たい!非合法な人たちに惹かれる理由がある
「裏社会映画」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました