映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

スポンサーリンク
映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!2020年製作

映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スプリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『スプリー』
(2020年製作/93分/G/アメリカ)
原題『Spree』

【監督】
ユージーン・コトリャレンコ
【製作】マシュー・バドマン スマイヤ・カベ ジョン・H・ラング ユージーン・コトリャレンコ【製作総指揮】ドレイク アデル・“フューチャー”・ヌア アンソニー・ゴンザレス マット・ベイブル アレックス・ヒューズ【脚本】ジーン・マクヒュー ユージーン・コトリャレンコ【撮影】ジェフ・リーズ・コーン【美術】カルロス・ラスロ【衣装】ナターシャ・ニューマン=トーマス【編集】ベンジャミン・モーゼス・スミス【音楽】メゾン・ウェア ジェームズ・フェラーロ
【出演】
ジョー・キーリー サシーア・ザメイタ
ミーシャ・バートン ジョン・デルーカ ジョシュ・オバージェ ララ・ケント リチャードフランキー・グランデ カイル・ムーニー デビッド・アークエット
【HPサイト】
映画『スプリー』公式サイト
【予告映像】
映画『スプリー』トレーラー

スポンサーリンク

映画『スプリー』のオススメ度は?

4.0

星4つです

画期的な映画だと思います

人は注目されたい

「承認欲求」の悲劇

将来的にSNSはどういう形になるのか気になる

スポンサーリンク

映画『スプリー』の作品情報・概要

映画『スプリー』 原題『Spree2020年アメリカ製作のジェットコースタースリラー映画。ジョー・キーリー主演(Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)監督はウクライナの新進気鋭ユージーン・コトリャレンコ監督。SNSの恐怖と不条理を描いている。「注目されたい」からSNSを駆使して拡散し「承認欲求」を満たしていく現代人ならでは、歓喜と恐怖と悲劇を独特の世界観とスピード感を用いて描いている。

スポンサーリンク

映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ

ライドシェアドライバーのカート・カンクル(ジョー・キーリー)は数年に渡って活動しているが、一向にフォロワーが増えない。まったく芽が出ないというより才能が乏しいことに気が付いていない。カートはフォロワーを増やしたいという欲望から、人を殺すことを思いつく。自ら運転する車に乗客したお客をライブストリーミングして、生中継で「殺す」のだ。何名かに手をかけたが、フォロワーは増えない。それどころか「やらせ」とか「嘘つき」呼ばわりされる始末。SNSのネガティブな反応ばかりで、カートのイライライが募っていく。そしてカートに怒りの矛先は拡散してくれないインフルエンサーへ向かっていく。

スポンサーリンク

映画『スプリー』の感想・内容

「身近に起こる可能性がある映画」です。本映画『スプリー』は映画ファンから見れば「ポンコツ映画」と罵詈雑言を浴びそうな作りとなっています。シナリオ設計も、撮影手法も、編集もはちゃめちゃなイメージを与えてきます。しかも内容が「殺人のオンパレード」ですから、気分を害することでしょう。でも、本映画『スプリー』はしっかりとした構成の元で、作られていることは確かです。「ブレていない」のです。

映画の冒頭から最後まで、とにかく勢いよく展開します。ジェットコースタースリラーと言われる所以通りです。そして殺人を犯しまくるのです。一貫しています。撮影のほとんどはスマホや、GoProなどの小型カメラで統一されています。中々できる芸当ではありません。構図、画角、色彩、露出などを繊細に統一しないと編集で大変な事態になります。また、マルチで撮影しているため、カメラの見切りのオンとオフもシナリオに書かれていいると思います。「この場面では他のカメラは見切れてもオッケー」とか「ここは他のカメラを隠しておこう」等の問題もそつなくこなされていると思われます。もちろん、スマホ映像を縦にしての撮影が多くなりますが、その映像にはテロップが加えられて、非常にわかりやすく編集されています。音楽もスピード感溢れる楽曲で統一されているところもセンスの良さを感じます。

本映画『スプリー』の監督はウクライナ出身の新進気鋭のユージーン・コトリャレンコです。フィルモグラフィーを見ると、既成概念に囚われず、実験的な手法で次々を作品を発表しているとのこと。『スカイダイバー』という作品は「先駆的な映像美を必要最小限のかたちで表現」作品は「全編ビデオチャットとスクリーンショットを駆使して国内テロ事件を描いた」とあります。『A Wonnderful Cloud』は「21世紀のアニーホール」と賞賛されています。2作品とも日本未公開なので、どのような内容の映画なのかサッパリわかりせんし、想像できません。ですから是非とも鑑賞したいです。わたしは新しい才能の登場を歓迎しますので、近い将来ユージーン・コトリャレンコが世界の檜舞台に立つことを願っています。

スポンサーリンク

映画『スプリー』の考察・評価

さて、本映画『スプリー』は今まさに世界中でフォロワー獲得活動に躍起になっている、SNSを駆使したインフルエンサーたちの「危ない思考」を見事に描いた作品です。映像のYouTuber、記事のブロガー、写真のインスタグラムなどを駆使してみんな拡散することを狙っています。拡散することで、広告がより多く配信されますから、収入アップへと繋がります。そして何より「自己承認欲求」が満たされるから、止められないのです。人間で人から注目されて、認められると嬉しい動物です。さらにそくさま、しかも直接「いいね」を貰えるので、拡散活動には、益々アドレナリンの流れに勢いが付くという始末です。

何かに夢中になっている時って、脇目も振らず没頭することってないでしょうか。子どもの頃はよくありました。バスケットに夢中になっていたばかりに「あっという間に時間が経った」と同じです。本映画『スプリー』も同様で「とにかく有名になるんだ」という気持ちが犯罪行為に走り、善悪の分別も失ってしまうと「人間崩壊」の悲劇を描いているのです。

本映画『スプリー』の内容は凄まじいです。カート・カンクル(ジョー・キーリー) は一体何人の人を殺したのでしょうか。正直わかりません。後半になってくると観ているわたしたちでさえ、麻痺してきます。ここもユージーン・コトリャレンコ監督の狙いではないでしょうか。映画の中でカートが次々と殺人を犯して拡散とフォラワー獲得に躍起になりますが、視聴している人たちは「やらせ」とか「合成」などと言って笑います。誰も本当に殺人が行われていることに気が付きません。、気が付かないから警察への通報もしません。ここが問題なのです。どんどん過激になっていくSNSの恐ろしさを描いています。わたしも同様で、映画の冒頭から中盤までは、殺人に対して嫌悪感を抱いていましたが、あまりにも続くので、何だか「当たり前」のような気持ちになってしまったのです。錯覚というより、現実から「麻痺」の世界へとユージーン・コトリャレンコ監督の作戦にハマったのです。

スポンサーリンク

映画『スプリー』の結末

さて、本映画『スプリー』の結末は「超バッドエンド」です。カートは死にます。何も良いことがないまま死にます。彼の望んだ拡散とフォロワー数のアップも達成されません。ここは実に皮肉が効いています。パンフレットを読むとユージーン・コトリャレンコは次のように言っています。「彼らが人を殺す理由は注目を集めたいから。物語の中心になりたいのだ。一番恐ろしい反応は人の注目を集めるために凶行を犯すこと。SNSの反応による絶望が衝動となってインスタグラムで大量殺人を犯す。完全に狂っている」とのこと。本映画『スプリー』は数年後に「画期的な作品だった」と言われる日が来るでしょう。そしてユージーン・コトリャレンコ監督は必ずや世界の頂点に立つのではないかと予感させた映画でした。

スポンサーリンク

映画『スプリー』のキャストについて

カート・カンクル(ジョー・キーリー)
ジェシー・アダムス(サシーア・ザメイタ)
ロンドン(ミーシャ・バートン)
ジョン・デルーカ
ボビー(ジョシュ・オバージェ)
ケンドラ(ララ・ケント)
リチャードフランキー・グランデ
マイルズ・マンダーヴィル(カイル・ムーニー)
リチャード(デビッド・アークエット)

スポンサーリンク

まとめ 映画『スプリー』一言で言うと!

「誰もが承認欲求を満たしたい時代は正常か?」

わたし自身もブログを書いていて、記事が拡散されると嬉しいです。フォロワーが増えるとワクワクして、やる気も出てきます。でもわたしは、自分の容姿にそれほど自身がないので、写真や映像は出しません。容姿に自身がある人はYouTubeやインスタグラムに投稿して、稼ぐことができるので羨ましいかぎりです。元来、承認欲求を満たすことで生業を立ているは有名人だったと思います。でも今は一般人も気軽にネットに自身の情報を投稿できます。これって、正常なのか異常なのかわかりません。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『アルカトラズからの脱出』ネタバレ・あらすじ・その後「クリント・イーストウッド」vs「ドン・シーゲル」最後の映画。脱走モノ。
映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『スプリー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ユージーン・コトリャレンコ
製作
マシュー・バドマン スマイヤ・カベ ジョン・H・ラング ユージーン・コトリャレンコ
製作総指揮
ドレイク アデル・“フューチャー”・ヌア アンソニー・ゴンザレス マット・ベイブル アレックス・ヒューズ
脚本
ジーン・マクヒュー ユージーン・コトリャレンコ
撮影
ジェフ・リーズ・コーン
美術
カルロス・ラスロ
衣装
ナターシャ・ニューマン=トーマス
編集
ベンジャミン・モーゼス・スミス
音楽
メゾン・ウェア ジェームズ・フェラーロ
カート・カンクル(ジョー・キーリー)
ジェシー・アダムス(サシーア・ザメイタ)
ロンドン(ミーシャ・バートン)
ジョン・デルーカ
ボビー(ジョシュ・オバージェ)
ケンドラ(ララ・ケント)
リチャードフランキー・グランデ
マイルズ・マンダーヴィル(カイル・ムーニー)
リチャード(デビッド・アークエット)
2020年製作/93分/G/アメリカ
原題:Spree
配給:OSOREZONE

タイトルとURLをコピーしました