映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

スポンサーリンク
映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」2021年製作

映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『オールド』
(2021年製作/108分/G/アメリカ)
原題『Old』
配給:東宝東和
【監督】
M・ナイト・シャマラン
【製作】M・ナイト・シャマラン アシュウィン・ラジャン マーク・ビエンストック【製作総指揮】スティーブン・シュナイダー【原作】ピエール=オスカル・レビ フレデリック・ペータース【脚本】M・ナイト・シャマラン
【出演】
ガエル・ガルシア・ベルナル ビッキー・クリープス アレックス・ウルフ イーモン・エリオット ノーラン・リヴァー ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲスエリザ・スカンレン カイル・ベイリー ミカヤ・フィッシャー トーマサイン・マッケンジー エンベス・デイヴィッツ アレクサ・スウィントン アビー・リー ケン・レオン アーロン・ピエール ニキ・アムカ=バード キャスリーン・チャルファント グスタフ・ハマーステン フランチェスカ・イーストウッド マシュー・シアー M・ナイト・シャマラン
【HPサイト】
映画『オールド』公式サイト
【予告映像】
映画『オールド』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『オールド』のオススメ度は?
  2. 映画『オールド』の作品情報・概要
  3. 映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ
      1. 映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」
  4. 映画『オールド』の感想・内容
      1. 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」
  5. 映画『オールド』の考察・評価
      1. 映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」
  6. 映画『オールド』の結末
      1. 映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
  7. 映画『オールド』のキャストについて
      1. 映画『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」
  8. まとめ 映画『オールド』一言で言うと!
  9. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  10.  合わせて観たい映画
    1. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  11. 映画『オールド』の作品情報

映画『オールド』のオススメ度は?

4.0

星4つです

「人生について」

「時間とは限られている」

迫り来る余命がわかったら「あなたはどうする?」

ウエルカムドリンク「飲みたくない」

スポンサーリンク

映画『オールド』の作品情報・概要

『オールド』原題『Old2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン

スポンサーリンク

映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ

ガイ・カッパ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ・カッパ(ビッキー・クリープス) は息子トレント・カッパ(6歳)(ノーラン・リヴァー)と娘マドックス・カッパ(11歳)(アレクサ・スウィントン)の四人でリゾート旅行にやってきた。島はサンゴ礁が囲まれており、ビーチがきれいだ。ホテルについてウエルカムドリンクを頂き、部屋に入る。するとすぐにガイとプリスカが喧嘩を始めて、子どもたちはゲンナリする。ホテルの進めで「シークレットビーチ」は招待されて四人は行くことに。その他のツアー客も一緒になって楽しむことになる。運転手(M・ナイト・シャマラン)はビーチから遠い場所に車を止めて立ち去る。ビーチにはセダン/ブレンダン(アーロン・ピエール)という名の知れたラッパーが佇んでいた。

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」
映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の作品情報・概要『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』吾峠呼世晴の漫画『鬼滅の刃』を原作としたufotable制作の日本の長編アニメーション映画。「週刊少年ジャンプ」で2016~20年に連載され、単行本1~22巻の累計発行部数が1億部を突破する吾峠呼世晴の大ヒット漫画をアニメ化した「鬼滅の刃」の劇場版。2021年現在、日本歴代興行収入第1位。2020年の年間興行収入世界第一。兄が鬼になった妹をもう一度、人間に戻すために努力、修行、格闘を通して兄妹愛を描いている。コロナ禍に覆われた2020年度に於いて、爆発的なヒットとなった要因は、奇しくも「自粛生活」開けと“3密”を守っての上映マナーが功を奏したと言える。

スポンサーリンク

映画『オールド』の感想・内容

「人生について考えてしまう映画」となります。M・ナイト・シャマラン監督作品です。彼が世界の映画界に衝撃を与えたのは間違いなく『シックス・センス』でした。わたしも物語の進展に引き込まれて、最後まで「騙された」記憶があります。スリラー映画の旗手と言われていますが、彼の作り出す恐怖とは血しぶきや絶叫などの作品とは違って、一滴一滴が天井から頭に落ちて浸透していくような怖さを醸し出しているのが魅力です。

本映画『オールド』も同様に何か得体の知れないとんでもない事実が「ポツリポツリ」と迫ってくる静かなる迫力がありました。オープニングからエンディングまでのスクリーンへの吸引力はとても強かったと言えます。

本映画『オールド』はM・ナイト・シャマラン監督のオリジナルストーリーではありません。2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』にインスパイアされて映画化したものです。「なんだ、オリジナルではないのか」とガッカリする人もいるかもしれません。でも脚本は原作とかなり異なっています。その点についての是非が問われていますが、わたしとしては本映画『オールド』の結末を支持したいと思っています。というのはやはり世界中がコロナ禍に包まれています。コロナワクチンの特効薬の開発もあっという間というか、いま現在も続けれています。結末的にはスリラー要素や、大どんでん返しのネタバレはありません。製薬会社の壮大なる人体実験が行われていた、となっています。つまり、世界の人たちが「生命とは何か」あるいは「自分の身は自分で守れ」的なメッセージも内包していると思うのです。

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」
映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の作品情報・概要『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』原題『A Quiet Place: Part II』2020年に製作されたアメリカ合衆国のホラー映画で2018年に公開されたホラー映画『クワイエット・プレイス』の続編。ジョン・クラシンスキー監督作品。主演はエミリー・ブラント(映画『プラダを着た悪魔』)。キリアン・マーフィ、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ(映画『ハニーボーイ』や映画『フォードvsフェラーリ』)、ジャイモン・フンスー(映画『チャーリーズ・エンジェル』)らが出演。監督は「成長した子供たち(リーガンとマーカス)に焦点を当てている。2人は世界を探検すると共に、自分の身を自分で守る術を習得していくのです」と述べている。

スポンサーリンク

映画『オールド』の考察・評価

タイトルが『オールド』で、予告でも「一日であっと言う間に歳をとる物語」と紹介されていた通りの展開です。親などの年配の人が次々と亡くなっていくという展開も予想できます。そして、集まっているメンバー内での内紛というか、騒動も予想通りです。「何か恐ろしい存在」がある雰囲気がずっと漂っていますが、登場人物たちがそれを暴き出して、退治するという展開ではありません。

本映画『オールド』で意識して観てほしいのは「時間という概念」についてです。わたしたち日常生活に於いて、時間ほど大事なことはありません。そうです「人生とは時間」なのです。でも、それが当たり前になってしまって、「時間」についてあまり考えることがないと思うのです。毎日「時間ない、時間がない」と口々に言っている人っていますが、それは目の前の雑多に追われているだけであって、人生という時間について考えているのではありません。

本映画『オールド』のガイ・カッパ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ・カッパ(ビッキー・クリープス) 夫妻はビーチへ来た時は、離婚寸前の状態でした。ガイは妻ブリスカが浮気を知っているけれど、見て見ぬ振りをしています。ブリスカは自身のお腹に出来た腫瘍が肥大して死を悟っています。二人はホテルでもビーチでも喧嘩ばかりしています。子どもたちの面前です。でも、30分が一年分の時間が流れるビーチでどんどん年をとっていくに連れて、「やさしく」なっていくのです。相手を慮る人間へと変化するのです。これは人間という生き物が人生を終える瞬間、いわゆる「終活」をうまく表していると思うのです。

若い時は「未来」ばかりと夢見ています。過去を振り返る若者はあまりいませんし、好感を持てません。でも人間は年を重ねるといつの間にか「過去を懐かしむ」懐古思想を発動させて、余命のエネルギーに転換します。もちろん、人によって異なりますが過去を懐かしむことは、「人間が丸くなる」ことへも繋がるのです。許せなかった事柄や人のことも許せるようになるし、憎しみも和らいでいく効果をもたらします。そういった作用を引き起こすのは「時間」なのです。ガイとブリスカ夫妻の体が衰えていくと同時に、そういった心の年齢も「終活」へ向かって、見事に昇華されていったの良かったです。二人がビーチで亡くなる場面はM・ナイト・シャマラン監督も一番のこだわりがあったのではないでしょうか。

ただですね、子どもたちの描き方はどうなんでしょうか?体はどんどん大きくなっていきますが、「心の成長速度」も比例しているのです。ここはちょっと工夫して欲しいという意見もあります。6歳のトレント・カッパ(ノーラン・リヴァー)と11歳のマドックス・カッパ(アレクサ・スウィントン)はどんどん大人になっていき、50歳越えのトレント・カッパ(イーモン・エリオット)マドックス・カッパ(エンベス・デイヴィッツ)になっています。彼らは知恵を出してビーチを脱出しました。そして人間的にも成熟しています。ここはもう少し考えて欲しかったです。心と体の成長が比例せず「葛藤」「苦悩」「恐怖」する場面等を挿入するのであったなら、完全なる「人間成長物語」が達成されていたと思うのです。

映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」

スポンサーリンク

映画『オールド』の結末

映画の結末には賛否両論が繰り広げられるでしょう。原作ではビーチでみんな死ぬという終わり方になっているようです。そこにはある意味、諦念というか、人生を達観した境地に至ってのだそうです。でも本映画『オールド』は製薬会社の新薬開発の陰謀論を交えての結末です。これはコロナによって、世界は変容してしまったこと、そして「犠牲者があって、人は助かる」的なダーウイン論と「世界を信じてはいけない」的な他者否定論を描いていると思います。こういう時期ですから、結末はこれで良かったと思います。

映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」

映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」 映画『見知らぬ乗客』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『見知らぬ乗客』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『見知らぬ乗客』の作品情報・概要『見知らぬ乗客』原題『Strangers on a Train』1951年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。出演はファーリー・グレンジャー、ルース・ローマン、ロバート・ウォーカー、レオ・G・キャロル、パトリシア・ヒッチコック、ケイシー・ロジャースら。女流小説家のパトリシア・ハイスミスの同名小説を作家レイモンド・チャンドラーらが脚色して映画化。善人である人間の弱点をつくことで、悪の行いへと誘うことも容易ことを巧みな演出を持って描写している。第24回アカデミー賞撮影賞(白黒部門)にてロバート・バークスがノミネートされたが受賞を逃す。

スポンサーリンク

映画『オールド』のキャストについて

ガイ・カッパ(ガエル・ガルシア・ベルナル)
プリスカ・カッパ(ビッキー・クリープス)
トレント・カッパ(15歳)(アレックス・ウルフ)
トレント・カッパ(中年)(イーモン・エリオット)
トレント・カッパ(6歳)(ノーラン・リヴァー)
トレント・カッパ(11歳)(ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス)
カラ(15歳)(エリザ・スカンレン)
カラ(6歳)(カイル・ベイリー)
カラ(11歳)(ミカヤ・フィッシャー)
マドックス・カッパ(16歳)(トーマサイン・マッケンジー)
マドックス・カッパ(中年)(エンベス・デイヴィッツ)
マドックス・カッパ(11歳)(アレクサ・スウィントン)
クリスタル(アビー・リー)
ジャリン・カーマイケル(ケン・レオン)
セダン/ブレンダン(アーロン・ピエール)
パトリシア・カーマイケル(ニキ・アムカ=バード)
アグネス(キャスリーン・チャルファント)
マネジャー (グスタフ・ハマーステン)
マドリード(フランチェスカ・イーストウッド)
シドニー(マシュー・シアー)
運転手(M・ナイト・シャマラン)

映画『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」

スポンサーリンク

まとめ 映画『オールド』一言で言うと!

「人生という時間を大事にしなくては」

わたしは毎日、怠惰に生きている方の人間です。守るべき存在がないから、その日暮らしでも良いと考えてしまいます。でも、やっぱり人生って限られた時間しかありません。「やりたいことをやりきって死にたい」と再認識させてくれた映画でした。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『オールド』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
M・ナイト・シャマラン
製作
M・ナイト・シャマラン アシュウィン・ラジャン マーク・ビエンストック
製作総指揮
スティーブン・シュナイダー
原作
ピエール=オスカル・レビ フレデリック・ペータース
脚本
M・ナイト・シャマラン
ガイ・カッパ(ガエル・ガルシア・ベルナル)
プリスカ・カッパ(ビッキー・クリープス)
トレント・カッパ(15歳)(アレックス・ウルフ)
トレント・カッパ(中年)(イーモン・エリオット)
トレント・カッパ(6歳)(ノーラン・リヴァー)
トレント・カッパ(11歳)(ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス)
カラ(15歳)(エリザ・スカンレン)
カラ(6歳)(カイル・ベイリー)
カラ(11歳)(ミカヤ・フィッシャー)
マドックス・カッパ(16歳)(トーマサイン・マッケンジー)
マドックス・カッパ(中年)(エンベス・デイヴィッツ)
マドックス・カッパ(11歳)(アレクサ・スウィントン)
クリスタル(アビー・リー)
ジャリン・カーマイケル(ケン・レオン)
セダン/ブレンダン(アーロン・ピエール)
パトリシア・カーマイケル(ニキ・アムカ=バード)
アグネス(キャスリーン・チャルファント)
マネジャー (グスタフ・ハマーステン)
マドリード(フランチェスカ・イーストウッド)
シドニー(マシュー・シアー)
運転手(M・ナイト・シャマラン)
2021年製作/108分/G/アメリカ
原題:Old
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました