映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」

スポンサーリンク
映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」お茶の間映画館

映画『ダイヤルMを廻せ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ダイヤルMを廻せ!』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ダイヤルMを廻せ!』
(1954年製作/106分/アメリカ)

原題『Dial M for Murder』

【監督】
アルフレッド・ヒッチコック
【原作】フレデリック・ノット【脚本】フレデリック・ノット【撮影】ロバート・バークス【美術】エドワード・キャレア【編集】ルーディ・ファー【音楽】ディミトリ・ティオムキン

【出演】
レイ・ミランド グレイス・ケリー
ロバート・カミングス ジョン・ウィリアムズ アンソニー・ドーソン レオ・ブリット パトリック・アレン ジョージ・リー ジョージ・アルダーソン ロビン・ヒューズ
【HPサイト】
映画『ダイヤルMを廻せ!』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ダイヤルMを廻せ!』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』NHK BSプレミアム放送 2021年6月30日(水)午後1時00分~2時46分 

6月30日(水)午後1時00分~2時46分 

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』のオススメ度は?

4.0

星4つです

「面白い」です

ワクワクドキドキします

グレース・ケリーは本当に「綺麗」「美人」すぎる

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』の作品情報・概要

『ダイヤルMを廻せ!』原題『Dial M for Murder1954年のアメリカ合衆国のサスペンス・ミステリー映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス、ジョン・ウィリアムズ、アンソニー・ドーソン、レオ・ブリット、パトリック・アレン、ジョージ・リー、ジョージ・アルダーソンら。妻の浮気を知った男が完全殺人を計画しし、実行する。

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』のあらすじ・ネタバレ

元プロテニスの花形選手だったトニー(レイ・ミランド) は、資産家である妻のマーゴ(グレイス・ケリー) とロンドンのアパートに住んでいる。引退したトニーはテニスのツアーのためにロンドンを離れることが多い。よってマーゴとの夫婦仲は冷え込んでいた。マーゴはトニーの留守を良いことにアメリカ人の推理作家マーク・ハリディ(ロバート・カミングス) と不倫関係を持ってしまった。マーゴはトニーと別れてマークと結婚したいと考えていた。ある日、トニーはマーゴがトニー宛てに書いた手紙を見つけて、二人の関係に気がつく。しかしトニーはマーゴと別れるより、彼女を殺して、莫大な遺産を手に入れることを思いつく。そして緻密な殺害計画を立てる。自らは実行はせず、かつての大学の同級生で、犯罪歴のあるスワン(アンソニー・ドーソン) に依頼することにする。

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』の感想・内容

「何度も繰り返し観たくなる映画」となります。最初から最後まで、ドキドキハラハラは元より、「どうやって捕まえるのか?」とワクワクさせます。本当に面白いです。やはりサスペンス映画の巨匠の演出は世界中の人々を楽しめる術を持っています。映画『ダイヤルMを廻せ!』は1954年製作で、ヒッチコックが54歳の時です。ヒッチコックの最高傑作と言われている『めまい』が1958年ですから、頂点へ向かう一番勢いがある時だったと思います。

映画『ダイヤルMを廻せ!』は室内撮影で完結しています。オープニングからエンディングまで一室で起きた殺人事件をめぐってのサスペンス群像劇です。もう最初から犯人はわかっています。こういう見せ方は「倒叙」と言います。後々、推理映画などで用いられています。

さて、映画『ダイヤルMを廻せ!』のオープニングはとても華やかな音楽と共に始まります。そしてトニー(レイ・ミランド) とマーゴ(グレイス・ケリー)の熱い抱擁へと繋がり、さらにマーゴと マーク・ハリディ(ロバート・カミングス)の抱擁へと繋げるところが上手いと思います。「この美しい女性、浮気しているじゃん」となるのです。

でも、マーゴ演じるグレイス・ケリーがあまりにも「美人」なため、不貞に対しての嫌悪感を抱かずに観てしまうのです。これは大変失礼な例えになりますが、奔放なイメージが付けられたマリリン・モンローであったのなら、「やっぱり」と思わざるを得ません。このような清楚なイメージで売っているグレース・ケリーをキャスティングするセンスもヒッチコックの素晴らしいところでしょう。

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』の考察・評価

本映画『ダイヤルMを廻せ!』は元テニスプレイターの夫トニー(レイ・ミランド) が資産家の妻マーゴ(グレイス・ケリー) の浮気に憎悪を抱き、完全殺人を計画します。しかし自分は実行しません。かつての大学の旧友スワン(アンソニー・ドーソン) に依頼します。スワンは手グセが悪く前科持ちです。しかもジゴロです。お金を持っていそうなご婦人と懇意になり、お金を得ています。トニーがスワンに近寄り、殺人依頼する場面も必見です。心理戦が繰り広げられます。普通であったのなら固辞するのですが、スワンが「断れない状況」に導くのです。スワンは悪党顔ですが、トニーはとても紳士顔なのです。このハンサムでスマートな男が笑いながら殺人を依頼する演出が後半になるにつれて恐ろしくなってくるのです。ひょっとしたらわたしたちの日常生活で、「隣人が殺人者かも」と思わせてくるのです。

マーゴ(グレイス・ケリー) は本当に「美人」です。実際にこんな美人に遭遇したら気絶してしまうのではないかと思うほどです。でも、マーゴはトニーに飽きているのです。もうテニスプレイヤーではありませんし、お金も稼いでくれません。トニーの生活費や交際費はマーゴが出しています。そんな時にアメリカ人の推理小説家であるマーク・ハリディ(ロバート・カミングス) と出会い、二人は恋に落ちます。「不倫」です。マークには才能があります。マーゴは彼の住むアメリカへ行きたいのです。その前にトニーと離婚する必要があります。二人は周到に離婚計画を練っているのです。

でも、でもですね、そうは問屋がおろさないのです。というかトニーが先走ってマーゴ殺人へと舵を切るのです。冷静に考えるとトニーの気持ちがわかります。裏切る妻が憎くなるのは当たり前なのです。二人の不倫の証拠を掴んだのですから、裁判ではとても有利になるでしょう。慰謝料もとれるはずです。でもトニーはそうしなかったのは、やはり元テニスのスター選手というプライドもあったのでしょう。「妻を寝取られた男」ってカッコ悪いのです。世間は同情をはらんだ目で見ますが、実は「嘲笑」していると思わざるを得ません。そして憎悪が募り実行へと向かったのです。

本映画『ダイヤルMを廻せ!』で、スワンがマーゴ殺人を実行する場面は確かにハラハラドキドキさせます。でも、ヒッチコック映画の最大の見せ所はトニーを追い詰めていく過程なのです。こちらの方がドキドキします。推理小説家のマークとトニーのやりとりは、もう完全に殺人ストーリーを上書きしています。トニーが「バレないように」表情をキープしますが、完全に動揺しています。

そしてハバード警部(ジョン・ウィリアムズ) の登場で一旦和やかな雰囲気に逆戻りします。映画展開の緩急がきっちりと表されています。一度、盛り上がったわたしたちの感情も少しクールダウンします。でもここからが秀逸なんです。トニーがの存在に気がつく場面です。窓越しからトニーの後ろ姿を中心にとっています。もうわたしたちの心もドキドキなんです。素晴らしい演出です。最後は真犯人が終わりエンドとなります。

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』の結末

本映画『ダイヤルMを廻せ!』を鑑賞して、「マーゴが不貞をしなければ」何も起こらなかったという意見もあります。その通りです。マーゴの有名人が好きがもたらした悲劇とも言えます。奔放な女性でありますが、やっぱり旬な男を隣に置くことで自身の承認欲求を満たしていると言えます。これは当たり前かもしれません。かつてのテニスんおスター選手も引退してしまえば、普通の男です。マーゴのような美しい女性にとってはひとつのアイテムでしかないのです。「はい、次の男」となるのは必然だったのです。

ただトニーが殺意を抱く気持ちもわかります。ここが重要だと思うのです。浮気相手のマークも憎いでしょう。でも妻を殺すということは、マーゴにはすでに浮気の前科があったかもしれません。もしくはトニー自身がマーゴを誰かから奪ったのかもしれません。ここにトニーのマーゴに寄せる強い愛を感じるのです。そして殺人するイコール「永遠に自分のモノにする」という独占欲が達成されるのです。人を束縛したり、独占したいという気持ちが、こういう凶行に走らせる人間を恐るべき本性を描き出した名作だと思います。

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』のキャストについて

トニー(レイ・ミランド)
マーゴ(グレイス・ケリー)
マーク・ハリディ(ロバート・カミングス)
ハバード警部(ジョン・ウィリアムズ)
スワン(アンソニー・ドーソン)
レオ・ブリット
パトリック・アレン
ジョージ・リー
ジョージ・アルダーソン
ロビン・ヒューズ

スポンサーリンク

まとめ 映画『ダイヤルMを廻せ!』一言で言うと!

「妻が浮気したら怒るの当然でしょ!」

もし自分の愛する人が浮気をしたら、冷静でいられる人ってすごいと思います。「争いが嫌い」、つまり人間ができているという言い方もありますが、ちょっと違う気もします。やっぱり感情を抑えることができないんのが、人間の本質だと思うのです。トニーの心は騒がしかったと思います。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ・あらすじ「平野紫耀vs橋本環奈の美男美女」感想「焦れったいすぎる」結末「もう続編ないでしょ!」
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『ダイヤルMを廻せ!』の作品情報

映画.comより一部引用
監督
アルフレッド・ヒッチコック
原作
フレデリック・ノット
脚本
フレデリック・ノット
撮影
ロバート・バークス
美術
エドワード・キャレア
編集
ルーディ・ファー
音楽
ディミトリ・ティオムキン
トニー(レイ・ミランド)
マーゴ(グレイス・ケリー)
マーク・ハリディ(ロバート・カミングス)
ハバード警部(ジョン・ウィリアムズ)
スワン(アンソニー・ドーソン)
レオ・ブリット
パトリック・アレン
ジョージ・リー
ジョージ・アルダーソン
ロビン・ヒューズ
1954年製作/106分/アメリカ
原題:Dial M for Murder
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました