2021年6月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

スポンサーリンク
運だぜ!アートの2021年6月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)紹介映画

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

2021年6月劇場公開・鑑賞映画

スポンサーリンク
  1. 『胸が鳴るのは君のせい』(2021年製作/104分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  2. 『トゥルーノース』(2020年製作/94分/G/日本・インドネシア合作)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  3. 『グリーンランド 地球最後の2日間』(2020年製作/119分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  4. 『いのちの停車場』(2021年製作/119分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  5. 『猿楽町で会いましょう』(2019年製作/122分/R15+/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  6. 『アオラレ』(2020年製作/90分/PG12/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  7. 『ファーザー』(2020年製作/97分/G/イギリス・フランス合作)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  8. 映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(2020年製作/104分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  9. 『銀座の恋の物語』(1962年製作/93分/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  10. 『見知らぬ乗客』(1951年製作/101分/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  11. 『市民ケーン』(1941年製作/119分/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  12. 『フラッシュ・ゴードン』(1980年製作/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  13. 『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』(2006年製作/78分/イギリス)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  14. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

『胸が鳴るのは君のせい』(2021年製作/104分/G/日本)

配給:東映
監督:高橋洋人
原作:紺野りさ
脚本:横田理恵
製作:村松秀信 與田尚志 藤島ジュリーK. 久保雅一 長坂信人
企画:木村元子
プロデュース:木村元子
エグゼクティブププロデューサー:柳迫成彦
プロデューサー:峠本悠悟 谷鹿夏希
制作統括:福冨薫
撮影:斑目重友
照明:川里一幸
録音:高須賀健吾
美術:長谷川功 寒河江陽子
装飾:坂本朗
衣装:藤山晃子
ヘアメイク:加藤まり子
音響効果:壁谷貴弘
編集:伊藤伸行
音楽:KYOHEI
選曲:壁谷貴弘
主題歌:美 少年/ジャニーズJr.
助監督:高橋由妃
スクリプター:中村愛由美
制作担当:小川勝美

出演:有馬隼人(浮所飛貴) 篠原つかさ(白石聖) 長谷部泰広(板垣瑞生) 長谷部麻友(原菜乃華) 酒井みどり(河村花) 高岡俊樹(若林時英) 星川弥生(箭内夢菜) 金子圭祐(入江海斗) 真野梨々子(浅川梨奈) かき氷屋の大将(RED RICE) 中村(城島茂)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『トゥルーノース』(2020年製作/94分/G/日本・インドネシア合作)

原題:True North
配給:東映ビデオ
監督:清水ハン栄治
製作:清水ハン栄治
制作総指揮:ハン・ソンゴン
脚本:清水ハン栄治
音楽:マシュー・ワイルダー

出演:ジョエル・サットン マイケル・ササキ ブランディン・ステニス エミリー・ヘレス

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『トゥルーノース』ネタバレ・あらすじ「北朝鮮の真実」感想「地上の楽園は生き地獄だった」結末「わたしは生き残れない」
映画『トゥルーノース』ネタバレ・あらすじ「北朝鮮の真実」感想「地上の楽園は生き地獄だった」結末「わたしは生き残れない」 映画『トゥルーノース』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トゥルーノース』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トゥルーノース』の作品情報・概要『トゥルーノース』原題『True North』2020年制作の日本・インドネシア合作の3Dアニメーション映画。清水ハン栄治監督作品。北朝鮮の強制収容所の実態を3Dアニメで描く。ディズニーなどのCGとは異なり、一見「予算不足」などの声も聞かれるが「実写化に近づけるとトラウマになるほど残酷」と判断してポリゴンっぽいアニメーションにした。それは評価されている。内容は、清水監督自身が、収容体験を持つ脱北者たちに取材を行い、10年もの歳月をかけて制作したとのこと。国際的にも好評を博している。
スポンサーリンク

『グリーンランド 地球最後の2日間』(2020年製作/119分/G/アメリカ)

原題:Greenland
配給:ポニーキャニオン
監督:リック・ローマン・ウォー
製作:ジェラルド・バトラー アラン・シーゲル セバスティアン・レボ ベイジル・イバニク
製作総指揮:ダニエル・ロビンソン ニック・バウアー ディーパック・ネイヤー
脚本:クリス・スパーリング
撮影:デイナ・ゴンザレス
美術:クレイ・グリフィス
編集:ガブリエル・フレミング
音楽:デビッド・バックリー
音楽監修:ローラ・カッツ

出演:ジョン・ギャリティ(ジェラルド・バトラー) アリソン・ギャリティ(モリーナ・バッカリン) デビッド・デンマン ホープ・デイビス ネイサン・ギャリティ(ロジャー・デイル・フロイド) アンドリュー・バイロン・バチェラー メリン・ダンジー ホルト・マッキャラニー デイル(スコット・グレン

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『グリーンランド 地球最後の2日間』ネタバレ・あらすじ「隕石落下の危機で家族再生」感想「CGの完成度は高い」結末「人類は滅びないのか?」
映画『グリーンランド 地球最後の2日間』ネタバレ・あらすじ「隕石落下の危機で家族再生」感想「CGの完成度は高い」結末「人類は滅びないのか?」映画『グリーンランド 地球最後の2日間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グリーンランド 地球最後の2日間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『グリーンランド 地球最後の2日間』の作品情報・概要『グリーンランド -地球最後の2日間-』原題『Greenland』2020年のアメリカ合衆国の災害映画(ディザスター映画)リック・ローマン・ウォー監督作品。出演はジェラルド・バトラー、モリーナ・バッカリン、デビッド・デンマン、ホープ・デイビス ロジャー・デイル・フロイド、アンドリュー・バイロン・バチェラー、メリン・ダンジー ホルト・マッキャラニー、デイル(スコット・グレンら。地球に無数の隕石が落下してくる。選ばれた人間だけがシェルターに避難できる。その場所はグリーンランド。離婚危機の男が家族再生を目指して奮闘する。
スポンサーリンク

『いのちの停車場』(2021年製作/119分/G/日本)

配給:東映
監督:成島出
原作:南杏子
脚本:平松恵美子
製作総指揮:岡田裕介
製作統括:早河洋
企画:木下直哉
製作:手塚治 亀山慶二 吉崎圭一 原口宰 山口寿一 渡辺雅隆 與田尚志 渡辺章仁 温井伸 能田剛志 吉村和文 丸山伸一 野中雅志
エグゼクティブプロデューサー:村松秀信 西新
アソシエイトプロデューサー:木村光仁 三輪祐見子
プロデューサー:富永理生子
キャスティングプロデューサー:福岡康裕
音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:相馬大輔
美術:福澤勝広
照明:佐藤浩太
録音:藤本賢一
装飾:湯澤幸夫
VFXスーパーパイザー:野口光一
衣装:宮本茉莉
ヘアメイク:田中マリ子
編集:大畑英亮
音楽:安川午朗
音響効果:岡瀬晶彦
エンディングテーマ(作曲):村治佳織
応援歌作詞:小椋佳
スクリプター:松澤一美
助監督:谷口正行
医療担当助監督:桑原昌英
俳優担当:林まゆみ
制作担当:関浩紀 曽根晋
ラインプロデューサー:林周治
プロダクション統括:木次谷良助
出演:白石咲和子(吉永小百合)野呂聖ニ(松坂桃李)星野麻世(広瀬すず)若林祐子(南野陽子)宮嶋一義(柳葉敏郎)寺田智恵子(小池栄子)江ノ原一誠(伊勢谷友介)柳瀬尚也(みなみらんぼう)並木徳三郎(泉谷しげる)宮嶋友里恵(森口瑤子)並木シズ(松金よね子)中川朋子(石田ゆり子)白石達郎(田中泯)仙川徹(西田敏行)白石咲和子(幼少期)鈴木咲 佐々木みゆ(若林萌)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」
【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』ネタバレ・あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」映画『いのちの停車場』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『いのちの停車場』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『いのちの停車場』の作品情報・概要『いのちの停車場』小説家・内科医[である南杏子による長編小説の映画化。救急医だった女性医師がある交通事故でも問題の責任をとって辞職。そして訪問診療医に転身する。最初は戸惑ってばかりの在宅医療の現場で、老老介護や終末期医療、積極的安楽死問題に触れて成長していく。主演は吉永小百合(映画『キューポラのある街』や『愛と死の記録』)松坂桃李(映画『あの頃。』や映画『新聞記者』)広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『海街diary』)南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、伊勢谷友介(映画『マチネの終わりに』や映画『翔んで埼玉』)、みなみらんぼう、泉谷しげる、森口瑤子、松金よね子、石田ゆり子(映画『望み』や映画『記憶にございません!』)、田中泯(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『アルキメデスの大戦』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』)、白石咲和子、佐々木みゆ(映画『万引き家族』)
スポンサーリンク

『猿楽町で会いましょう』(2019年製作/122分/R15+/日本)

配給:エレファントハウス
監督:児山隆
脚本:児山隆 渋谷悠
製作:長坂信人
エグゼクティブプロデューサー:神康幸
プロデューサー:利光佐和子
音楽プロデューサー:鶴丸正太郎
協力プロデューサー:井上潔
撮影:松石洪介
照明:佐伯琢磨
録音:桐山裕行
美術:三ツ松けいこ
装飾:山田真太郎
スタイリスト:JOE
ヘアメイク:中山有紀
編集:柿原未奈
音楽:橋本竜樹
主題歌:春ねむり
助監督:東條政利
キャスティング:新江佳子
制作担当:高橋恒次
写真:草野庸子
出演:小山田修司(金子大地)田中ユカ(石川瑠華)北村良平(柳俊太郎)大島久子(小西桜子)長友郁真大窪人衛久万紀子(呉城久美)
岩瀬亮 嵩村秋彦(前野健太)山本優一(大窪人衛)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『アオラレ』(2020年製作/90分/PG12/アメリカ)

原題:Unhinged
配給:KADOKAWA
監督:デリック・ボルテ
製作:リサ・エルジー マーク・ギル アンドリュー・ガン
製作総指揮:ガイ・ボサム クリスタル・ブルボ メアリー・C・ラッセル クリストファー・ミルバーン ギャレス・ウェスト ピーター・タッチ アンダース・エアデン
脚本:カール・エルスワース
撮影:ブレンダン・ガルビン
美術:フレデリック・ワフ
衣装:デニス・ウィンゲイト
編集:マイク・マカスカー スティーブ・ミルコビッチ ティム・ミルコビッチ
音楽:デビッド・バックリー
音楽監修:セリーナ・アリザノビッチ
出演:男(ラッセル・クロウ)レイチェル(カレン・ピストリアス)カイル(ガブリエル・ベイトマン)アンディ(ジミ・シンプソン)オースティン・P・マッケンジー

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『ファーザー』(2020年製作/97分/G/イギリス・フランス合作)

原題:The Father
配給:ショウゲート
監督:フロリアン・ゼレール
製作:デビッド・パーフィット ジャン=ルイ・リビ クリストフ・スパドーヌ サイモン・フレンド
製作総指揮:エロイーズ・スパドーネ アレッサンドロ・マウチェリ ローレン・ダーク オリー・マッデン ダニエル・バトセック ティム・ハスラム ヒューゴ・グランバー ポール・グラインディ
原作:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン フロリアン・ゼレール
撮影:ベン・スミサード
美術:ピーター・フランシス
衣装:アナ・メアリー・スコット・ロビンズ
編集:ヨルゴス・ランプリノス
音楽:ルドビコ・エイナウディ

出演:アンソニー(アンソニー・ホプキンス) アン(オリビア・コールマン) 男(マーク・ゲイティス) ローラ(イモージェン・プーツ) ポール(ルーファス・シーウェル) 女(オリビア・ウィリアムズ)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(2020年製作/104分/G/アメリカ)

原題:The Comeback Trail
配給:アルバトロス・フィルム
監督:ジョージ・ギャロ
製作:フィリップ・キム パトリック・ヒブラー ジョイ・シロット・ハーウィッツ ジュリー・ロット・ギャロ リチャード・サルバトーレ デビッド・E・オーンストン
製作総指揮:パトリック・マルドゥーン サイモン・ウィリアムズ ジョー・シンプソン ピーター・タッチ ジョージ・ギャロ ベン・ルェディンガー ジェイソン・アリソン マイケル・S・スミス フランチェスカ・ランツ アンドレア・チュン カイル・ストラウド ルーク・ダニエルズ アラン・パオ マーティン・スプロック ライアン・R・ジョンソン ジョエル・マイケリー ジェフ・ウォールナー ジェフ・ライス ロブ・モラン チャンドラー・リアソン チャールズ・アンドロス
オリジナル脚本:ハリー・ハーウィッツ
脚本:ジョージ・ギャロ ジョシュ・ポスナー
撮影:ルーカス・ビエラン
美術:スティーブン・J・ラインウィーバー
衣装:メリッサ・バーガス
編集:ジョン・M・ビターレ
音楽:アルド・シュラク
出演:マックス(ロバート・デ・ニーロ) デューク(トミー・リー・ジョーンズ) レジー(モーガン・フリーマン) ザック・ブラフ エミール・ハーシュ エディ・グリフィン ケイト・カッツマン ブレメル・デシュタニ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」
映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の作品情報・概要『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』原題『The Comeback Trail』2020年のアメリカ合衆国のクライムコメディ映画。ジョージ・ギャロ監督作品。脚本家ハリー・ハーウィッツの『The Comeback Trail』のリメイク作品。年老いた映画プロデューサー役のロバート・デ・ニーロ(映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』)、引退した往年の大スターをトミー・リー・ジョーンズ(映画『アド・アストラ』)、老齢なギャングのボスをモーガン・フリーマン(映画『ショーシャンクの空に』や映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『許されざる者(1992)』)が演じている。

2021年6月動画配信・DVD鑑賞映画

スポンサーリンク

『銀座の恋の物語』(1962年製作/93分/日本)

原題:The Love Story of Ginza
配給:日活
監督:蔵原惟繕
脚本:山田信夫 熊井啓
企画:水の江瀧子
撮影:間宮義雄
美術:松山崇
音楽:鏑木創
録音:福島信雅
照明:藤林甲
編集:鈴木晄
スチール:井本俊康

出演:伴次郎(石原裕次郎) 宮本修二(ジェリー藤尾) 秋山久子(浅丘ルリ子) 関口典子(江利チエミ) 春山(清水将夫) 沢村(深江章喜) お松(清川虹子) 武さん(高品格) 柳井樹理(牧村旬子) 源六(河上信夫) 秀子(三崎千恵子) キン子(和泉雅子) 銀座屋のマダム(南風洋子) 須藤女史(新井麗子) 橋本(守屋徹) 尾形(織田俊彦) 弘美(千代侑子) 千枝(金井克予) 芸者(星ナオミ) トランペットの青年(小島忠夫) 佐藤(木浦佑三) 医者(下絛正巳) 男A(神山勝) 男B(古田祥) 男C(林茂朗) 刑事(山之辺潤一) 月賦屋(峰三平) 吉本(花村典昌) 部長(松下達夫) 東北弁の巡査(井上昭文)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『見知らぬ乗客』(1951年製作/101分/アメリカ)

原題:Strangers on a Train
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:レイモンド・チャンドラー チェンツイ・オルモンド ウィットフィールド・クック
撮影:ロバート・バークス
編集:ウィリアム・ジーグラー
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演:ガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー) アン・モートン(ルース・ローマン) ブルーノ・アントニー(ロバート・ウォーカー) モートン上院議員(レオ・G・キャロル) バーバラ・モートン(パトリシア・ヒッチコック) ミリアム(ケイシー・ロジャース) ブルーノの母(マリオン・ローン) ジョナサン・ヘイル ターリー署長(ハワード・セント・ジョン) コリンズ教授(ジョン・ブラウン) ノーマ・バーデン ヘネシー刑事(ロバート・ギスト) ハモンド刑事(ジョン・ドーセット)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」 映画『見知らぬ乗客』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『見知らぬ乗客』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『見知らぬ乗客』の作品情報・概要『見知らぬ乗客』原題『Strangers on a Train』1951年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。出演はファーリー・グレンジャー、ルース・ローマン、ロバート・ウォーカー、レオ・G・キャロル、パトリシア・ヒッチコック、ケイシー・ロジャースら。女流小説家のパトリシア・ハイスミスの同名小説を作家レイモンド・チャンドラーらが脚色して映画化。善人である人間の弱点をつくことで、悪の行いへと誘うことも容易ことを巧みな演出を持って描写している。第24回アカデミー賞撮影賞(白黒部門)にてロバート・バークスがノミネートされたが受賞を逃す。
スポンサーリンク

『市民ケーン』(1941年製作/119分/アメリカ)

原題:Citizen Kane
配給:ATG
監督:オーソン・ウェルズ
脚本:ハーマン・J・マンキウィッツ オーソン・ウェルズ
撮影:グレッグ・トーランド
編集:ロバート・ワイズ
音楽:バーナード・ハーマン

出演:チャールズ・フォスター・ケーン(新聞王)(オーソン・ウェルズ) ジェデッドアイア・リーランド(ケーンの親友)(ジョセフ・コットン) スーザン・アレクサンダー(ケーンの2番目の妻)(ドロシー・カミンゴア) バーンステイン(ケーンの親友)(エヴェレット・スローン)ジェームズ・W・ゲティス(ケーンの政敵)(レイ・コリンズ) ウォルター・サッチャー(ケーンの後見人)(ジョージ・クールリス) メアリー・ケーン(ケーンの母)(アグネス・ムーアヘッド) レイモンド(ケーンの執事)(ポール・スチュアート) エミリー・ノートン(ケーンの最初の妻)(ルース・ウォリック) ハーバート・カーター(インクワイラー紙の編集長)(アースキン・サンフォード) ジェリー・トンプソン(ニュース記者)(ウィリアム・アランド) ジム・ケーン(ケーンの父)(ハリー・シャノン) ロールストン(ニュース映画のプロデューサー)(フィリップ・ヴァン・ツァント) 新聞記者:アラン・ラッド、アーサー・オコンネル

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」
映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『市民ケーン』の作品情報・概要『市民ケーン』原題『 Citizen Kane』1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。
スポンサーリンク

『フラッシュ・ゴードン』(1980年製作/アメリカ)

原題:Flash Gordon
配給:20世紀フォックス
監督:マイク・ホッジス
脚本:ロレンツォ・センプル・Jr.
原案:アレックス・レイモンド
製作総指揮:バーナード・ウィリアムズ
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
撮影:ギルバート・テイラー
美術:ジョン・グレイスマーク ノーマン・ドーム
音楽:クイーン
編集:マルカム・クック
特殊効果:グレン・ロビンソン ジョージ・ギブス リチャード・コンウェイ
字幕:岡枝慎二

出演:フラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ) デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン)オーラ姫(オルネラ・ムーティ) ミン皇帝(マックス・フォン・シドー) ハンス・ザーコフ博士(トポル) バリン公(ティモシー・ダルトン) カーラ将軍(マリアンジェラ・メラート) ヴァルタン公(ブライアン・ブレスド) クライタス(ピーター・ウィンガード) KlytusPeter Wyngarde Vultanブライアン・ブレッスド Luroジョン・ハラム

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎」
「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎」映画『フラッシュ・ゴードン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『フラッシュ・ゴードン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『フラッシュ・ゴードン』の作品情報・概要『フラッシュ・ゴードン』原作『Flash Gordon』1980年のアメリカ合衆国のSF映画。マイク・ホッジス監督作品。製作はディノ・デ・ラウレンティス(映画『道』)出演はサム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー、トポル、ティモシー・ダルトン(映画『トイ・ストーリー3』)、マリアンジェラ・メラート、ブライアン・ブレスド、ピーター・ウィンガードら。アメリカのコミック・ストリップ(新聞連載漫画)であり、同名の主人公が活躍するスペースオペラである。『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカスが愛読しており、映画化を望んでいた。音楽は世界的なロックバンド・クイーンが担当。主題歌「フラッシュのテーマ」のフレディ・マーキュリーの絶叫が印象的。
スポンサーリンク

『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』(2006年製作/78分/イギリス)

原題:Queen: Under Review 1980-1991
配給:ジェットリンク
監督:ロブ・ジョンストーン
製作:トム・アルジェント

出演:クイーン(フレディ・マーキュリー) クイーン(ブライアン・メイ) クイーン(ロジャー・テイラー) クイーン(ジョン・ディーコン) ポール・ガンバッチーニ マルコム・ドーム ダリル・イーズリー クリス・ウェルチ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ&「答えあわせ」映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』「ライヴエイド(LIVE AID)への出演の真相」感想「フレディの製作意欲に敬意」結末「ジョン・ディーコンの功績が大きい」
映画『ボヘミアン・ラプソディ』ネタバレ&「答えあわせ」映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』「ライヴエイド(LIVE AID)への出演の真相」感想「フレディの製作意欲に敬意」結末「ジョン・ディーコンの功績が大きい」 映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』の作品情報・概要『クイーン ヒストリー 2 1980-1991』原題『Queen: Under Review 1980-1991』ロブ・ジョンストーン監督作品。イギリスの世界的ロックバンド「クイーン」の軌跡をたどるドキュメンタリー映画。第一弾『クイーン ヒストリー 1973-1980』に続く第二弾。成功から低迷、そして復活の様子をクイーンの映像と音声を交えての構成となっている。メンバーに近かった人たちのコメントが必見。フレディ・マーキュリーがエイズの感染してからも精力的にアルバム製作に取り組む様子なども語られている。映画『ボヘミアン・ラプソディ』を深く観るために必見の作品。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

タイトルとURLをコピーしました