映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」

スポンサーリンク
映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」2021年製作

映画『MEMORIAメモリア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『MEMORIAメモリア』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『MEMORIA メモリア』
(2021年製作/136分/G/コロンビア・タイ・イギリス・メキシコ・フランス・ドイツ・カタール合作)
原題:Memoria
配給:ファインフィルムズ
【監督】
アピチャッポン・ウィーラセタクン【脚本】アピチャッポン・ウィーラセタクン【撮影】サヨムプー・ムックディープロム
【出演】
ティルダ・スウィントン
 エルキン・ディアス ジャンヌ・バリバール フアン・パブロ・ウレゴ アグネス・ブレッケ ダニエル・ヒメネス・カチョ へロニモ・バロン
 コンスタンザ・グティエレス

(C)Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF-Arte and Piano, 2021

【オススメ芸術映画】『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報・概要 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』原題『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun』2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。ウェス・アンダーソン監督作品。出演はビル・マーレイ(映画『オン・ザ・ロック』)、ティルダ・スウィントン(映画『デッド・ドント・ダイ』や『サスペリア』)、フランシス・マクドーマンド(映画『ノマドランド』)、ジェフリー・ライト(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、オーウェン・ウィルソン(映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、ベニチオ・デル・トロ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、エイドリアン・ブロディ、レア・セドゥー、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『ビューティフル・ボーイ』)、リナ・クードリ、マチュー・アマルリック(映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)、スティーブン・パーク、リーブ・シュレイバー 、エリザベス・モス(映画『透明人間』) 、ギョーム・ガリエンヌ 、エドワード・ノートン。20世紀のフランスの架空の都市で発行されたアメリカの雑誌「ザ・フレンチ・ディスパッチ」の最終号に掲載された3つのストーリーを描く。2021年7月に開催された第74回カンヌ国際映画祭で初上映された。

スポンサーリンク
      1. 【オススメ芸術映画】『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
  1. 映画『MEMORIA メモリア』外部リンク
      1. 【オススメ芸術映画】『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
  2. 映画『MEMORIA メモリア』のオススメ度は?
      1. 【オススメ芸術映画】『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」
  3. 映画『MEMORIA メモリア』の作品情報・概要
      1. 【オススメ芸術映画】『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」
  4. 映画『MEMORIA メモリア』の受賞歴
    1. 第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)
      1. コンペティション部門
      2. 【オススメ芸術映画】『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」
  5. 映画『MEMORIA メモリア』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【オススメ芸術映画】『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」
  6. 映画『MEMORIA メモリア』の感想・内容
      1. 【オススメ芸術映画】『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末
  7. 映画『MEMORIA メモリア』の考察・評価
      1. 【オススメ芸術映画】『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
  8. 映画『MEMORIA メモリア』の結末
      1. 【オススメ芸術映画】『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?
  9. 映画『MEMORIA メモリア』のキャストについて
      1. 【オススメ芸術映画】『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
  10. まとめ 映画『MEMORIA メモリア』一言で言うと!
      1. 【オススメ芸術映画】『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
  13. 映画『MEMORIA メモリア』の作品情報

映画『MEMORIA メモリア』外部リンク

HPサイト】
映画『MEMORIAメモリア』公式サイト

【予告映像】
映画『MEMORIAメモリア』トレーラー

【公式Twitter

映画『MEMORIAメモリア』
IMDbサイト】

映画『MEMORIAメモリア』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『MEMORIAメモリア』

【オススメ芸術映画】『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』のオススメ度は?

4.0

星4つです

浮遊するティルダ・スウィントン

「地球の核」

芸術映画です

【オススメ芸術映画】『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」

映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」
 映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」映画『ドライブ・マイ・カー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドライブ・マイ・カー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドライブ・マイ・カー』の作品情報・概要『ドライブ・マイ・カー』英題『Drive My Car』濱口竜介監督・脚本作品(映画『スパイの妻 劇場版』)。第74回「カンヌ国際映画祭」コンペティション部門へ正式出品。脚本賞、国際映画批評家連盟賞、エキュメニカル審査員賞、AFCAE賞を受賞。主演は西島秀俊(映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『空母いぶき』や映画『風立ちぬ』)、三浦透子(映画『天気の子』)、霧島れいか、パク・ユリム、ジン・デヨン、ソニア・ユアン、ペリー・ディゾン 、アン・フィテ 、安部聡子、岡田将生(映画『さんかく窓の外側は夜』)出演。原作は村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を主軸に「シェラザード」と「木野」の要素を盛り込んで脚本を執筆している。さらにロシアの作家アントン・チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』とフランスの劇作家サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』 を練りこんでいる。撮影監督は四宮秀俊(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、音楽は石橋英子。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の作品情報・概要

MEMORIAメモリア』 原題『Memoria 2021年の泰古仏独墨中合作のドラマ映画。アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品。主演はティルダ・スウィントン(『サスペリア』や映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『どん底作家の人生に幸あれ!』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はエルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール(映画『レ・ミゼラブル』や映画『COLD WAR あの歌、2つの心』)、フアン・パブロ・ウレゴ、アグネス・ブレッケ、ダニエル・ヒメネス・カチョら。第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ナダヴ・ラピド監督の『הַבֶּרֶךְ』と共に審査員賞を受賞した。音に悩まされる女性を主軸に展開。物語性を追うのではなく芸術性の高さを感じる映画。本作はDVD販売、動画配信の予定はなく、映画館でしか公開しないと明言している。

【オススメ芸術映画】『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」

映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」
映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」映画『アメリカン・ユートピア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アメリカン・ユートピア』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アメリカン・ユートピア』の作品情報・概要アメリカの伝説的なパンクグループ「トーキング・ヘッズ」のボーカルだったデビッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に作られたブロードウェイ舞台を映像化。監督は『マルコムX』や「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督。舞台ではあらゆる国籍の人間が「歌って、踊って、演奏」を繰り広げて構成されている。一切のケーブルを排除して、生演奏、生歌唱で行われている。照明の美しさも秀逸。スパイク・リーの撮影と編集テクニックに惚れ惚れする。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の受賞歴

第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)

コンペティション部門

審査員賞 アピチャッポン・ウィーラセタクン

【オススメ芸術映画】『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」
映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『市民ケーン』の作品情報・概要『市民ケーン』原題『 Citizen Kane』1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』のあらすじ・ネタバレ

南米コレオンビアのメデジンで花屋を営むジェシカ・ホランド(ティルダ・スウィントン)は、呼吸器疾患で入院している姉のカレン・ホランド(アグネス・ブレッケ)とその夫のフアン・オスピナ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)を訪ねるため、ボゴタに滞在していた。ある夜、ジェシカは爆発音のような奇妙な音や衝撃波のようなものを感じ、眠りから目を覚ます。ジェシカはこの不可解な体験を探求する中でコロンビアを旅していくうちに、更なる感覚異常を感じ始める。「地球の核から響いてくる音」と表現して、音の正体を突き止めていく。

【オススメ芸術映画】『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」
映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワー神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」映画『天国の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天国の日々』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天国の日々』の作品情報・概要『天国の日々』原題『Days of Heaven』1978年のアメリカ製作の映画。テレンス・マリック監督作品(映画『名もなき生涯』や映画『ソング・トゥ・ソング』)撮影はネストール・アルメンドロスとハスケル・ウェクスラー。音楽はエンニオ・モリコーネ(『荒野の用心棒』や映画『ザ・シークレット・サービス』や映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)。マジック・アワー(魔法の時間)のみで撮影し、世界中のフィルムメーカーに多大な影響を与えた。【第93回アカデミー賞総括】『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門含む3冠を達成したクロエ・ジャオ監督もその一人。リチャード・ギア主演(映画『プリティ・ウーマン』や映画『愛と青春の旅だち』)。リンダ・マンズ、サム・シェパード、ブルック・アダムス、スチュアート・マーゴリン。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の感想・内容

「感覚を楽しむ映画」となります。おそらく今年一番の芸術映画になるのではないでしょうか。監督はタイの巨匠・アピチャッポン・ウィーラセタクンです。邦画ばかり観る日本人からしたら、タイの映画って馴染みがないかもしれません。でも彼は世界的に有名で、しかも期待されています。世界最高の映画祭であるカンヌで4度の受賞を成し得ています。まだまだ若手ですから今後も目が離せません。

さて、本映画『MEMORIAメモリア』ですが、前評判から「難解である」とスレッドが立っています。しかしながら辛口の海外レビューサイトRotten Tomatoesでは概ね好評となっています。おそらくレビューを投稿している評論家はかなりの映画通であり、「映画に芸術性を求める」人たちだと思われます。逆に映画に娯楽を求めるブロガーは最初から本映画『MEMORIAメモリア』を観る気がないので、レビューの投稿をしていないと思われます。ですから炎上は免れているのではないでしょうか。

さて、本映画『MEMORIAメモリア』はアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の実体験を元に製作された物語です。監督自身が「頭内爆発音症候群」という病にかかったそうです。頭内爆発音症候群とは、寝入る直前や目覚めた直後に短時間の大きな幻聴が発生する状態のことを指すそうです。不規則に発生し、痛みなどの深刻な健康問題は無いそうです。しかし閃光が見えるなどといった一時的な視覚障害が発生する場合もあるとのこと。治療方法は確立されていないそいうです。

【オススメ芸術映画】『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の考察・評価

わたしは関係の仕事をしていますから、音がもたらす影響力の大きさを知っています。目を閉じれば不快な画像や映像を防ぐことが出来ます。不味い食べ物を口に含んだら吐き出せます。臭い匂いがしたら、そこから逃げ出すことが出来ます。でも、頭の内部、つまり脳内から響いてくる音を防ぐ方法はありません。しかもいつ何時、襲いかかてくるのかも不明です。逃れられない恐怖にビクビクする日々なのです。ですから、この病気を想像するだけで気が狂いそうになります。

さて、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の分身となるのはティルダ・スウィントン です。オスカー女優です。彼女は南米コロンビアの地を徘徊します。長身の彼女は終始猫背でゆったりと浮遊し続けます。身振り手振りを派手に動かす大仰な演技もなければ、感情むき出しの台詞回しもありません。の正体を探るべく、真摯に向かいます。悠久なる地球との対話を交わしていくのです。何とも摩訶不思議な映画体験となっています。スクリーンから聞こえてくるに吸着させられます。

【オススメ芸術映画】『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の結末

【オススメ芸術映画】『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』のキャストについて

ジェシカ・ホランド(ティルダ・スウィントン)
エリナン・ベドヤ(エルキン・ディアス)
アニエス・チェルキンスキー(ジャンヌ・バリバール)
若いエリナン・ベドヤ(フアン・パブロ・ウレゴ)
カレン・ホランド(アグネス・ブレッケ)
フアン・オスピナ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)
マテオ・オスピナ(へロニモ・バロン)
コンスタンザ博士(コンスタンザ・グティエレス)

【オススメ芸術映画】『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。

スポンサーリンク

まとめ 映画『MEMORIA メモリア』一言で言うと!

「巨匠は芸術映画を目指す」

世界的に評価される映画監督の作品って、本当に素晴らしいと思います。映画はまさに総合芸術であると鼓舞しているような体験でした。

【オススメ芸術映画】『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【】

スポンサーリンク

映画『MEMORIA メモリア』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アピチャッポン・ウィーラセタクン
脚本
アピチャッポン・ウィーラセタクン
撮影
サヨムプー・ムックディープロム
ジェシカ・ホランド(ティルダ・スウィントン)
エリナン・ベドヤ(エルキン・ディアス)
アニエス・チェルキンスキー(ジャンヌ・バリバール)
若いエリナン・ベドヤ(フアン・パブロ・ウレゴ)
カレン・ホランド(アグネス・ブレッケ)
フアン・オスピナ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)
マテオ・オスピナ(へロニモ・バロン)
コンスタンザ博士(コンスタンザ・グティエレス)
2021年製作/136分/G/コロンビア・タイ・イギリス・メキシコ・フランス・ドイツ・カタール合作
原題:Memoria
配給:ファインフィルムズ

タイトルとURLをコピーしました