映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」

スポンサーリンク
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」2021年製作

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021年製作/107分/G/アメリカ)
原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
配給:ディズニー

【監督】
ウェス・アンダーソン
【製作】
ウェス・アンダーソン ジェレミー・ドーソン【製作総指揮】ロマン・コッポラ ヘニング・モルフェンター クリストフ・フィッサー チャーリー・ウォーケン【原案】ウェス・アンダーソン ロマン・コッポラ ヒューゴ・ギネス ジェイソン・シュワルツマン【脚本】ウェス・アンダーソン【撮影】ロバート・イェーマン【美術】アダム・ストックハウゼン【衣装】ミレナ・カノネロ【編集】アンドリュー・ワイスブラム【音楽】アレクサンドル・デスプラ【音楽監修】ランドール・ポスター
【出演】
ビル・マーレイ ティルダ・スウィントン 
フランシス・マクドーマンド ジェフリー・ライト オーウェン・ウィルソン
 ベニチオ・デル・トロ エイドリアン・ブロディ レア・セドゥー ティモシー・シャラメ
 リナ・クードリ マチュー・アマルリック スティーブン・パーク リーブ・シュレイバー エリザベス・モス ギョーム・ガリエンヌ エドワード・ノートン ジェイソン・シュワルツマン ウィレム・デフォー トニー・レボロリ ロイス・スミス ルパート・フレンド シアーシャ・ローナン ボブ・バラバン セシル・ドゥ・フランス イポリット・ジラルド アンジェリカ・ヒューストン

【芸術映画】『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」

映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」
 映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」映画『ドライブ・マイ・カー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドライブ・マイ・カー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドライブ・マイ・カー』の作品情報・概要『ドライブ・マイ・カー』英題『Drive My Car』濱口竜介監督・脚本作品(映画『スパイの妻 劇場版』)。第74回「カンヌ国際映画祭」コンペティション部門へ正式出品。脚本賞、国際映画批評家連盟賞、エキュメニカル審査員賞、AFCAE賞を受賞。主演は西島秀俊(映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『空母いぶき』や映画『風立ちぬ』)、三浦透子(映画『天気の子』)、霧島れいか、パク・ユリム、ジン・デヨン、ソニア・ユアン、ペリー・ディゾン 、アン・フィテ 、安部聡子、岡田将生(映画『さんかく窓の外側は夜』)出演。原作は村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を主軸に「シェラザード」と「木野」の要素を盛り込んで脚本を執筆している。さらにロシアの作家アントン・チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』とフランスの劇作家サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』 を練りこんでいる。撮影監督は四宮秀俊(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、音楽は石橋英子。

スポンサーリンク
      1. 【芸術映画】『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」
  1. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』外部リンク
      1. 【芸術映画】『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」
  2. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のオススメ度は?
      1. 【芸術映画】『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」
  3. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報・概要
      1. 【芸術映画】『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」
  4. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の受賞歴
    1. 受賞歴
      1. 第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)ノミネート
      2. 第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)出品
      3. 第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)出品
      4. 【芸術映画】『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」
  5. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【芸術映画】『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」
  6. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の感想・内容
      1. 【芸術映画】『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末
  7. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の考察・評価
      1. 【芸術映画】『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
  8. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の結末
      1. 【芸術映画】『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?
  9. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のキャストについて
  10. まとめ 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』一言で言うと!
      1. 【芸術映画】『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメコメディ映画】
      1. 映画『とんかつDJアゲ太郎』
      2. 映画『デッド・ドント・ダイ』
      3. 映画『今夜、ロマンス劇場で』
      4. 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』
      5. 映画『翔んで埼玉』
      6. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』
      7. 映画『カイジ ファイナルゲーム』
      8. 映画『カツベン!』
      9. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』
      10. 映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』
      11. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
  13. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』外部リンク

HPサイト】
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』公式サイト

【予告映像】
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』トレーラー

【公式Twitter

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
IMDbサイト】

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

【芸術映画】『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」

映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」
映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」映画『アメリカン・ユートピア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アメリカン・ユートピア』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アメリカン・ユートピア』の作品情報・概要アメリカの伝説的なパンクグループ「トーキング・ヘッズ」のボーカルだったデビッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に作られたブロードウェイ舞台を映像化。監督は『マルコムX』や「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督。舞台ではあらゆる国籍の人間が「歌って、踊って、演奏」を繰り広げて構成されている。一切のケーブルを排除して、生演奏、生歌唱で行われている。照明の美しさも秀逸。スパイク・リーの撮影と編集テクニックに惚れ惚れする。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のオススメ度は?

4.5

星4つ半です

芸術映画です

ウェス・アンダーソン監督の「ラブレター」

【芸術映画】『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」
映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『市民ケーン』の作品情報・概要『市民ケーン』原題『 Citizen Kane』1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報・概要

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』原題『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。ウェス・アンダーソン監督作品。出演はビル・マーレイ(映画『オン・ザ・ロック』)、ティルダ・スウィントン(映画『デッド・ドント・ダイ』『サスペリア』)、フランシス・マクドーマンド(映画『ノマドランド』)、ジェフリー・ライト(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、オーウェン・ウィルソン(映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、ベニチオ・デル・トロ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、エイドリアン・ブロディ、レア・セドゥー、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『ビューティフル・ボーイ』)、リナ・クードリ、マチュー・アマルリック(映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)、スティーブン・パーク、リーブ・シュレイバー 、エリザベス・モス(映画『透明人間』 、ギョーム・ガリエンヌ 、エドワード・ノートン。20世紀のフランスの架空の都市で発行されたアメリカの雑誌「ザ・フレンチ・ディスパッチ」の最終号に掲載された3つのストーリーを描く。20217月に開催された第74回カンヌ国際映画祭で初上映された。

【芸術映画】『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」
映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワー神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」映画『天国の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天国の日々』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天国の日々』の作品情報・概要『天国の日々』原題『Days of Heaven』1978年のアメリカ製作の映画。テレンス・マリック監督作品(映画『名もなき生涯』や映画『ソング・トゥ・ソング』)撮影はネストール・アルメンドロスとハスケル・ウェクスラー。音楽はエンニオ・モリコーネ(『荒野の用心棒』や映画『ザ・シークレット・サービス』や映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)。マジック・アワー(魔法の時間)のみで撮影し、世界中のフィルムメーカーに多大な影響を与えた。【第93回アカデミー賞総括】『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門含む3冠を達成したクロエ・ジャオ監督もその一人。リチャード・ギア主演(映画『プリティ・ウーマン』や映画『愛と青春の旅だち』)。リンダ・マンズ、サム・シェパード、ブルック・アダムス、スチュアート・マーゴリン。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の受賞歴

受賞歴

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)ノミネート

  • 最優秀作曲賞 アレクサンドル・デスプラ

第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)出品

  • コンペティション部門出品作品

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)出品

  • カンヌレーベル「常連(もしくは過去に一回でも選出されたことがある制作陣)」出品作品

【芸術映画】『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」
映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」映画『マッチポイント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マッチポイント』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マッチポイント』の作品情報・概要『マッチポイント』原題『Match Point』2005年公開のイギリスの映画。ウディ・アレン監督・脚本作品(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』)(36本目の監督作で未出演は10本目)2005年のアカデミー脚本賞にノミネート。ジョナサン・リース=マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』)、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、マシュー・グード(映画『オフィシャル・シークレット』)らが出演。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ

【芸術映画】『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」
映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」映画『古都(1980)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『古都(1980)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『古都(1980)』の作品情報・概要『古都』1980年製作の日本映画。原作は川端康成。市川崑監督作品。撮影は長谷川清。山口百恵が一人二役という難役に挑戦して話題になった。双子の姉妹が離れ離れになるが再会して心を通い合わせるが、相手を慮って永遠の別れを選択する。川端康成の日本人の美意識を京都という舞台で究極まで高めた。市川崑監督の演出も際立っている。山口百恵作品の中で「最も美しい映画」と言われる所以も理解できる。三浦友和の登場尺数は短いのが気になる。實川延若、岸惠子、北詰友樹、沖雅也、石田信之、加藤武共演。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の感想・内容

「芸術映画の最高傑作」と言えます。来ました。待ってました。「ウェス・アンダーソン監督作品」です。もう彼の作品を一度観たら虜になるのは間違いなしでしょう。わたし自身は『ダージリン急行』で嵌って以来のファンです。フィルモグラフィーを拝見しますと、本映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は10作目なのですね。あまりにもインパクトが強い作品で、「完璧な映画」を思わせるので、もっと多い思っていました。本映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』はフランスと、昔ながらの活字ジャーナリズム、特に旅行記へのラブレターであると言われています。脚本、物語、撮影、美術、演技、音楽、編集などは、今現在の映画において「最高芸術作品」と言わしめるには十分な一本です。

【芸術映画】『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の考察・評価

さて、本映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ですが、ウェス・アンダーソンはアンソロジー”“ニューヨーカー”“フレンチムービーの三つがテーマとなっているそうです。アンソロジーとは、異なる作者による作品を集めたものと定義すれば、本映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の全体像が見えてきます。

まずはアンダーソン自身が映画、フランス、活字カルチャーに愛を捧げて作り上げていること。そして登場するライターが一癖も二癖もある人たちが集まって、雑誌を作り上げることに繋がります。

まず私生活に秘密を抱えた高潔なジャーナッリストとしてルシンダ・クレメンツ(フランシス・マクドーマンド) 、食を愛する祖国を追われた孤独な記者をローバック・ライト(ジェフリー・ライト) が演じています。そして編集長お気に入りの無鉄砲な記者としてエルブサン・サゼラック(オーウェン・ウィルソン) などの個性豊かなキャラクターで展開していきます。そして彼らを束ねるのが編集長・アーサー・ハウイッツァー・Jr.(ビル・マーレイ) です。しかしこの編集長が序盤で、、、、。

本映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』はアンダーソン監督自身が影響を受けた雑誌『ニューヨーカー』の創設と文化的側面とアメリカンカルチャーへの功績を称えています。だた、舞台はニューヨークではなくフランスというところも大いに意味があります。「なぜフランスなのか」についても考えさせられました。アンダーソン監督はアメリカ人ですが、彼の作品の舞台はインド、ハンガリー、日本などで撮られています。国籍や人種を越えてというイメージがありますが、実際はアメリカ人が主人公であると言えます。アメリカ人を異国で描くことで、「アメリカ人とは」を言及しているように感じます。

さて、アーサー・ハウイッツァー・Jr.(ビル・マーレイ)を頂点に曲者の記者たちに、三つの物語が待っています。「確固たる名作」「宣誓書の改定」「警察署長の食事室」です。これらが組み合わさって、結末へと向かっていくのです。頭を整理しないとわからなくなります。あと、アンダーソン監督の独特のテンポに慣れていないと、映画のついていけないかもしれません。さらに映像が白黒、カラー、アニメーションとやりたい放題なのです。そこにアンダーソンお得意のユーモアが加わってくるのです。これらの変化に乗り遅れてしまうと楽しめなくなります。

ただですね、出演している俳優たちの面々が素晴らしいのです。物語についていけなくなってら、俳優たちを観ましょう!まずはビル・マーレイ。近年は「人生を終えた感」の役柄が多いです。ちょっとくたびれている雰囲気の役をやらせたら天下一品です。次にフランシス・マクドーマンド。彼女はもうオスカーを三回も獲っていますから、文句なしの演技です。ティルダ・スウィントンもティモシー・シャラメも良いのですが、わたしの一押しはベニチオ・デル・トロです。「男臭い」役者です。今現在、これほど男臭い雰囲気を出せる人はいませんね。

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』もそうでしが、これだけ癖のある俳優を演出するのってとてつもない労力だと感じます。さらに美術セット。ここまで「やりたい放題」できる監督ってそんなにはいないでしょう。

【芸術映画】『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の結末

【芸術映画】『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のキャストについて

アーサー・ハウイッツァー・Jr.(ビル・マーレイ)
J・K・L・ベレンセン(ティルダ・スウィントン)
ルシンダ・クレメンツ(フランシス・マクドーマンド)
ローバック・ライト(ジェフリー・ライト)
エルブサン・サゼラック(オーウェン・ウィルソン)
モーゼス・ローゼンターラー(ベニチオ・デル・トロ)
ジュリアン・カダージオ(エイドリアン・ブロディ)
シモーヌ(レア・セドゥー)
ゼフィレッリ・B(ティモシー・シャラメ)
ジュリエット(リナ・クードリ)
アンニュイ警察署長(マチュー・アマルリック)
ネスカフィエ(スティーブン・パーク)
リーブ・シュレイバー
エリザベス・モス
ギョーム・ガリエンヌ
エドワード・ノートン
ジェイソン・シュワルツマン
ウィレム・デフォー
トニー・レボロリ
ロイス・スミス
ルパート・フレンド
シアーシャ・ローナン
ボブ・バラバン
セシル・ドゥ・フランス
イポリット・ジラルド
アンジェリカ・ヒューストン

スポンサーリンク

まとめ 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』一言で言うと!

「映画って本当に素晴らしい」

この言葉は映画評論家の水野晴郎さんの名言です。心底そう思った映画でした。

【芸術映画】『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」
映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」
映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!

 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメコメディ映画】

映画『とんかつDJアゲ太郎』

北村匠海くん最高コメディー!

映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末
映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末映画『とんかつDJアゲ太郎』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『とんかつDJアゲ太郎』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『とんかつDJアゲ太郎』の作品情報・概要『とんかつDJアゲ太郎』は『少年ジャンプ+』(集英社)にて、イーピャオと小山ゆうじろうによって書かれた漫画を原作としています。脚本・監督は『チワワちゃん』の二宮健氏。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。共演は『宇宙でいちばんあかるい屋根』『今日から俺は!!劇場版』の伊藤健太郎。『マチネの終わりに』『翔んで埼玉』の伊勢谷友介ら。

映画『デッド・ドント・ダイ』

ジム・ジャームッシュの笑える「ゾンビ映画」は超芸術的

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。

映画『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかさんは「コメディー」も「シリアス」もイケる!

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

こんなに痛快な「コメディー映画」は久しぶりです

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『翔んで埼玉』

埼玉県人ってひょっとして「おバカさん?」ってツッコミたくなる

映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。
映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。うまいうますぎる!海が欲しい埼玉県愛溢れる作品です。映画『翔んで埼玉』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んで埼玉』公式サイトを紹介し、作品・キャストもご案内。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

祝・完結!テリー・ギリアムは「コメディーをやりたかったのか?」

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。
映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』公式サイトを紹介し作品・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品概要『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』原題『 The Man Who Killed Don Quixote』テリー・ギリアム監督による2018年のファンタジー・アドベンチャー・コメディ映画。企画発案から30年で完成。頓挫すること9回。『ロスト・イン・ラマンチャ』の悲劇から18年。ギリアム自身がドン・キホーテだった。

映画『カイジ ファイナルゲーム』

カイジに日本の未来を託したくないよ!

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。映画『カイジ ファイナルゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ ファイナルゲーム』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『カイジ ファイナルゲーム』の作品概要福本伸行の人気コミック「カイジ」シリーズの3作目。1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』2作目『カイジ2 人生奪回ゲーム』で本作が最終章。  

映画『カツベン!』

成田凌くんの俳優魂に「驚愕」

映画『カツベン!』ネタバレ・あらすじ・結末。周防正行&成田凌主演。活動弁士へ愛を込めて。大正時代へGO。日本映画の原点。
映画『カツベン!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カツベン!』の作品概要『カツベン!』は、2019年12月13日公開の日本映画[。周防正行監督作品。主演は成田凌。大正時代、映画は活動写真と呼ばれていた。映画の上映に合わせて解説を入れる弁士たちの腕によって興業の成否が問われていた。周防監督が当時の世相、風俗を再現して挑んだ作品。

映画『シンクロ・ダンディーズ!』

切なすぎるほど笑える「頑張れ!大人」と言いたくなる

映画『シンクロ・ダンディーズ!』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。中年男がシンクロで人生の生き甲斐をつかんだ!妻よ、振り返れ!
映画『シンクロ・ダンディーズ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報の記載。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価について書いています。冴えない中年男たちがシンクロナイズドスイミングをはじめ夢中になる。仲間との間に友情も芽生え世界大会に出場。見事メダルを獲得。仕事に家庭に行き場がない男たちの会心の一撃がある。イギリス映画らしいブラックジョークも満載。

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

「おバカさん」映画を創る人は「知的生物」当確!

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』監督ティモ・ブオレンソラは偉大だ。世界情勢がわかる映画。ネタバレ・あらすじ・評価・感想
監督ティモ・ブオレンソラの創造性には驚かされる。前作『アイアン・スカイ』が大ヒットしての第二弾だが、これは紛れもなく未来に起きる物語だと言える。監督はもはや“現代のノストラダムス”だ。地球の歴史上、悪人と称される人物が登場している。彼らを映画にすると確かに悪役が似合う。キャスティングしたセンスは最高だ。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人て本当に「家族愛」が強い!

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。
スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ウェス・アンダーソン
製作
ウェス・アンダーソン ジェレミー・ドーソン
製作総指揮
ロマン・コッポラ ヘニング・モルフェンター クリストフ・フィッサー チャーリー・ウォーケン
原案
ウェス・アンダーソン ロマン・コッポラ ヒューゴ・ギネス ジェイソン・シュワルツマン
脚本
ウェス・アンダーソン
撮影
ロバート・イェーマン
美術
アダム・ストックハウゼン
衣装
ミレナ・カノネロ
編集
アンドリュー・ワイスブラム
音楽
アレクサンドル・デスプラ
音楽監修
ランドール・ポスター
アーサー・ハウイッツァー・Jr.(ビル・マーレイ)
J・K・L・ベレンセン(ティルダ・スウィントン)
ルシンダ・クレメンツ(フランシス・マクドーマンド)
ローバック・ライト(ジェフリー・ライト)
エルブサン・サゼラック(オーウェン・ウィルソン)
モーゼス・ローゼンターラー(ベニチオ・デル・トロ)
ジュリアン・カダージオ(エイドリアン・ブロディ)
シモーヌ(レア・セドゥー)
ゼフィレッリ・B(ティモシー・シャラメ)
ジュリエット(リナ・クードリ)
アンニュイ警察署長(マチュー・アマルリック)
ネスカフィエ(スティーブン・パーク)
リーブ・シュレイバー
エリザベス・モス
ギョーム・ガリエンヌ
エドワード・ノートン
ジェイソン・シュワルツマン
ウィレム・デフォー
トニー・レボロリ
ロイス・スミス
ルパート・フレンド
シアーシャ・ローナン
ボブ・バラバン
セシル・ドゥ・フランス
イポリット・ジラルド
アンジェリカ・ヒューストン
2021年製作/107分/G/アメリカ
原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました