A24映画『オン・ザ・ロック』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソフィア・コッポラがウディ・アレン越えを狙う!ビル・マーレイの優しさが沁みる「親娘映画」

スポンサーリンク
A24映画『オン・ザ・ロック』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソフィア・コッポラがウディ・アレン越えを狙う!ビル・マーレイの優しさが沁みる「親娘映画」2020年公開

映画『オン・ザ・ロック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『オン・ザ・ロック』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『オン・ザ・ロック』
(97分/G/アメリカ/2020)
原題『On the Rocks』

【監督】
ソフィア・コッポラ
【製作】
ユーリー・ヘンリー ソフィア・コッポラ
【製作総指揮】
フレッド・ルース ミッチ・グレイザー ロマン・コッポラ
【脚本】
ソフィア・コッポラ
【撮影】
フィリップ・ル・スール
【美術】
アン・ロス
【衣装】
ステイシー・バタット
【編集】
サラ・フラック
【音楽】
フェニックス
【出演】
ビル・マーレイ
ラシダ・ジョーンズ
マーロン・ウェイアンズ
【HPサイト】
映画『オン・ザ・ロック』公式サイト
【予告映像】
映画『オン・ザ・ロック』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『オン・ザ・ロック』のオススメ度は?
  2. 映画『オン・ザ・ロック』の作品情報・概要
  3. 映画『オン・ザ・ロック』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『オン・ザ・ロック』の感想・内容
    1. 本映画『オン・ザ・ロック』はAppleがA24契約して製作したことでも話題
      1. ヴィム・ヴェンダース監督も芸術性が高いです
    2. 家族愛の映画の中の「親娘映画」
      1. ニューヨーク映画の「芸術王」はウディ・アレンです
    3. ビル・マーレイって本当にすごい役者と再認識させてくれる映画
      1. ジム・ジャームッシュが描くゾンビは芸術ホラーです
    4. ソフィア・コッポラ映画の魅力って役者全員が際立つところ
  5. 映画『オン・ザ・ロック』の結末・評価
    1. 父・フェリックスは最初からディーンは浮気をしていない知っていた
      1. 「芸術的」フェスティバルホラーを開拓したのはやはりA24
    2. 何がスランプの根源かと突き止めたいローラの暴走もある
      1. 観よ!アルフォンソ・キュアロンの究極の映画芸術を
    3. 夫婦関係に父親という他者が介在することで丸く収まるというレアなケース
  6. 映画『オン・ザ・ロック』のキャストについて
  7. まとめ 映画『オン・ザ・ロック』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【家族がテーマの映画】
      1. 映画『浅田家!』
      2. 映画『望み』
      3. 映画『となりのトトロ』
      4. 映画『WAVES ウェイブス』
      5. 映画『ゴッドファーザーPARTIII』
      6. 映画『リメンバー・ミー』
      7. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
      8. 映画『ポルトガル、夏の終わり』
      9. 映画『フェアウェル』
      10. 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』
      11. 映画『借りぐらしのアリエッティ』
      12. 映画『この世界の片隅に』
      13. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      14. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      15. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      16. 映画『ファイティング・ファミリー』
  9. 映画『オン・ザ・ロック』の作品情報

映画『オン・ザ・ロック』のオススメ度は?

4.0

4つです

大人の映画です

「気持ちよく」鑑賞できます

ビル・マーレイのような父親がいたら、、、

スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』の作品情報・概要

『オン・ザ・ロック』原題『On the Rocks2020年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。ソフィア・コッポラ監督作品。主演は映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ。ラシダ・ジョーンズとマーロン・ウェイアンズ共演。AppleA24と複数年の契約を結んだことも話題となる。2020102日に劇場公開された後、1023日にApple TV+で配信される。ネットフリックスと同じビジネス戦略をとっている。

スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』のあらすじ・ネタバレ

作家のローラ(ラシダ・ジョーンズ) はニューヨークで夫・ディーン(マーロン・ウェイアンズ)と二人の娘と幸せな日々を過ごしていた。夫は新しいビジネスに取り組んでおり、出張が多い。ある日、夫のカバンから女性用のローションを見つけてしまい、浮気を疑う。父のフェリクッス(ビル・マーレイ) に相談すると完全に「黒」と言い切る。心配でたまらないローラを父と一緒にディーンの素行を調査する。まるで探偵のように、、、。次第にディーンの疑わしき行動が明らかになっていく、、、、。

スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』の感想・内容

本映画『オン・ザ・ロック』はAppleがA24契約して製作したことでも話題

「大人の映画」です。とてもゆったりと観ることができる映画です。気持ち良い時間を映画館で過ごすには最高の映画だと思います。

物語は派手な起承転結はありません。アクションも絶叫もありませんし、大笑いするような演出もありません。そして涙にくれることもありません。

ただスクリーンを「ボーッと観る」映画です。心地良いのです。

監督は巨匠フランシス・フォード・コッポラの娘のソフィア・コッポラです。もう彼女はアメリカ映画界を牽引する年齢になっています。

でも改めてフィルムグラフィーを見ましたら、本映画『オン・ザ・ロック』で8作目であることに驚きを感んじました。もっと撮っていると思ったのです。

彼女の名作である『ヴァージン・スーサイズ 』と『ロスト・イン・トランスレーション』の2本の印象がとても強いからでしょう。

しかも本映画『オン・ザ・ロック』は、AppleA24契約して製作したことでも話題となっています。

ソフィア・コッポラ作品は芸術性が高いです。

ヴィム・ヴェンダース監督も芸術性が高いです

家族愛の映画の中の「親娘映画」

本映画『オン・ザ・ロック』ニューヨークに暮らす家族愛の映画と言っても良いです。

ローラ(ラシダ・ジョーンズ) は作家で、夫・ディーン(マーロン・ウェイアンズ)は起業したばかりで張り切っています。二人には小さい娘が二人います。

そしてローラはディーンに浮気の疑心を抱くのです。ここまで書くとよくある夫婦の危機物語とか離婚訴訟物語と思われるでしょうが、実は「親娘映画」なのです。

ローラの父親・フェリクッス(ビル・マーレイ) が娘が大好きで、ずっと一緒にいたいことが伝わってきます。娘が可愛くて可愛くて仕様がないのです。

ニューヨーク映画の「芸術王」はウディ・アレンです

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは?
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報・概要.。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』原題『A Rainy Day in New York』2019年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレン監督作品。主演はティモシー・シャラメとエル・ファニング。共演はセレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど。1935年生まれで85歳のウディ・アレンがマンハッタンへ戻ってきた話題作。雨のニューヨークで繰り広げられる若者の恋物語。Me Too運動の影響でアメリカでは公開されていない。

ビル・マーレイって本当にすごい役者と再認識させてくれる映画

でも、でもですね、物語の本筋はローラとディーンの夫婦を軸に展開して行くのです。全くズレないのです。ここが良いのです。

途中で父親のフェリックスが目立つとこの映画はダメになります。決して目立たず騒がずを貫き通すのです。

やっぱりビル・マーレイはすごい。

飄々とした演技がそれを可能にしていると思うのです。

例えばこの父親をロバート・デ・ニーロやクリント・イーストウッドがやったとしたらこうはならないと思うのです。彼らは全部持って行くと思うです

キャラクターが強い云々もありますが、目立つことが大スターであった時代を生きていますから仕方ありません。

もちろんビル・マーレイも大スターですから、全部を持って行くことも可能ですが、自分をわきまえているというか、主張の仕方が絶妙です。

こんな雰囲気を出す俳優はそうはいません。

ジム・ジャームッシュが描くゾンビは芸術ホラーです

ソフィア・コッポラ映画の魅力って役者全員が際立つところ

映画はローラとフェリクッスの珍道中を中心に進められるのにディーンの存在が引き立ってくるのが魅力だと思います。

不思議なんですよ。もちろんディーン演じるマーロン・ウェイアンズは個性的ではありますが、ローラとフェリックスの会話を聞いているだけでディーンの人となりが伝わってくるのです。

これがソフィア・コッポラ映画の魅力だと改めてわかりました。すごいです。

スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』の結末・評価

父・フェリックスは最初からディーンは浮気をしていない知っていた

映画の結末もきっちり決めてくれます。完全なるハッピーエンドです。

父親のフェリックスは最初からディーンは浮気をしていないと知っていました。それは自身が散々浮気をしていたから「どんな男が浮気するかわかる」と思うのです。

でもローラにはわざとディーンが浮気をしていると煽るのは、娘と一緒に探偵ごっこをしたい気持ちと、ローラとディーンの夫婦仲をより一層強固にしたい親心からだったのです。

とてもほっこりします。ローラはディーンが潔白とわかってバツが悪く、父にぶち当たります。でも父はそれがわかっていました。

そしてローラも「父が作った演出」だと気がつきます。口では言いませんが「パパ、ありがとう」という言葉が聞こえてきました。

「芸術的」フェスティバルホラーを開拓したのはやはりA24

何がスランプの根源かと突き止めたいローラの暴走もある

夫婦生活は山あり谷ありです。夫婦生活が破綻する原因はやはり浮気が多いとデータがあります。次に金銭問題です。夫の稼ぎが少ないことにです。

もちろん今は夫が働くというのが常識ではありません。妻が働いて夫が主夫をしても良いのです。本映画『オン・ザ・ロック』では妻のローラは子育てに家事に忙しそうには見えません。

舞台がニューヨークであるからかもしれませんが、やはりセレブ感があることも原因です。

映画概要は一般的な家庭の物語と書いてありますが、どうしても上流階級感が抜けません。

ローラは作家ですが、スランプ状態というのも気になります。スランプの時というのは他のことに意識を向けたがります。

何がスランプの根源かと突き止めたいのです。そしてそれを悪としたいのです。本映画『オン・ザ・ロック』では夫ディーンの浮気が原因でスランプになったと、決めつけたかったのでしょう。

でも父親のフェリクッスがさりげなく「そいうじゃあないよ」と寄り添ってくれていたのです。大きな愛ですね。

観よ!アルフォンソ・キュアロンの究極の映画芸術を

夫婦関係に父親という他者が介在することで丸く収まるというレアなケース

もしローラ一人で暴走していたら間違いなく二人は離婚へまっしぐらだったと思います。「小説が書けない原因はあんたのせいだ!」と言って夫婦ケンカしておしまいです。

今年観た映画『マリッジ・ストーリー』はまさにその典型です。夫の活躍に嫉妬して離婚へと向かう妻です。

あれこれと難癖をつけて離婚します。どちらかというとこちらの方がリアルアメリカです。

と考えると本映画『オン・ザ・ロック』は夫婦関係に父親という他者が介在することで丸く収まるというレアなケースでした。

普通は他者が入るとこじれますから。親娘映画としては良作と言える一本です。気持ちの良い物語でした。

スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』のキャストについて

フェリクッス(ビル・マーレイ)
ローラ(ラシダ・ジョーンズ)
ディーン(マーロン・ウェイアンズ)

スポンサーリンク

まとめ 映画『オン・ザ・ロック』一言で言うと!

「ソフィア・コッポラって落ち着く」

ソフィア・コッポラは女優としては全く芽が出なかったけれど、監督になって本当にいい映画を作っているので憧れますね。独特の雰囲気の映画です。なんか「落ち着く」のです。やっぱりコッポラファミリーという映画一家に生まれているので、あまり焦り感がないのでしょう。躍起になって企画を売り込まなくても映画を作れる環境にあるので余裕が感じられるのです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【家族がテーマの映画】

映画『浅田家!』

写真を通して「家族愛」を深める映画

映画『浅田家!』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也は「共演者を光らせる」唯一無二の俳優である。結末はハッピーエンド!
映画『浅田家!』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也は「共演者を光らせる」唯一無二の俳優である。結末はハッピーエンド! 映画『浅田家!』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也は「共演者を光らせる」唯一無二の俳優である。結末はハッピーエンド!映画『浅田家!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『浅田家!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『浅田家!』の作品情報・概要『浅田家!』2020年10月2日公開の日本映画。『長いお別れ』の中野量太監督作品。主演は映画『硫黄島からの手紙』二宮和也。「浅田家」で第34回 木村伊兵衛写真賞(2008年度)受賞した写真家・浅田政志の写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』を原案として映画化された。写真と通して家族の大切さを訴求した名作と言える。黒木華、妻夫木聡。

映画『望み』

少年犯罪に巻き込まれた息子の安否を巡って、、、

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。映画『望み』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『望み』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『望み』の作品情報・概要『望み』2020年公開のドラマ映画。殺人事件で行方不明となった息子を巡って「加害者か、それとも被害者か」揺れ動く家族の心情を描いている。マスコミのバッシング、遠ざかる知り合い、そして夫婦の価値観の相違などを家を通して描いている。原作は雫井脩介の長編小説。堤幸彦監督作品(映画『十二人の死にたい子どもたち』)主演は堤真一(映画『一度死んでみた』)共演は石田ゆり子(映画『マチネの終わりに』)、清原果耶(映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』)岡田健史。

映画『となりのトトロ』

やっぱり家族みんなで暮らしたい

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『WAVES ウェイブス』

高校生の息子が殺人犯になってしまった、、、

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”
映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”。映画『WAVES ウェイブス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『WAVES ウェイブス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAVES ウェイブス』の作品情報・概要 『WAVES/ウェイブス』原題『Waves』は2019年のアメリカ合衆国の青春映画。トレイ・エドワード・シュルツ監督。主演は『ルース・エドガー』のケルヴィン・ハリソン・Jrと『エスケープ・ルーム』テイラー・ラッセル。共演は『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズ。音楽はトレント・レズナー アティカス・ロス、その他カニエ・ウエストも提供している。

映画『ゴッドファーザーPARTIII』

イタリア人の家族愛は深すぎる

映画『ゴッドファーザーPARTIII』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「家族愛」テーマにコッポラの「家族愛」が強すぎて不評となった映画。
映画『ゴッドファーザーPARTIII』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「家族愛」テーマにコッポラの「家族愛」が強すぎて不評となった映画。映画『ゴッドファーザーPARTIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴッドファーザーPARTIII』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ゴッドファーザーPARTIII』の作品情報・概要 『ゴッドファーザー PART III』原題:『The Godfather Part III』は、1990年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。脚本はまマリオ・プーゾと共同執筆。『ゴッドファーザー PART Ⅱ』より16年を経て製作された。コッポラファミリー終結の作品。主演女優に娘のソフィア・コッポラを据えている。評価・興行は過去作と比べると程遠いものだった。

映画『リメンバー・ミー』

死んでしまった父を呼び戻すのだ!

映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。
映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。あなたは泣ける?泣けない?金曜ロードSHOW!テレビ初登場!ミゲルの歌・歌詞がすばらしい!ピクサー最高映画作品。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい映画です。「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」映画『リメンバー・ミー』の詳細な解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介!物語のラストまで解説しています。ディズニーサイト公式などでの、作品情報・キャスト情報のご確認ができます。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

てんやわんやの家族物語

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

映画『ポルトガル、夏の終わり』

終活のためにみんなを集めたが、、、

映画『ポルトガル、夏の終わり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。イザベル・ユペール主演映画は人生の終活は「夕日にあり」
映画『ポルトガル、夏の終わり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。イザベル・ユペール主演映画は人生の終活は「夕日にあり」映画『ポルトガル、夏の終わり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ポルトガル、夏の終わり』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ポルトガル、夏の終わり』の作品情報・概要『ポルトガル、夏の終わり』原題『Frankie』2019年に公開された米仏葡合作のドラマ映画である。アイラ・サックス監督作品。イザベル・ユペール主演。ユベールがアイラ・サックスの『リトル・メン』を観て、手紙を書いてニューヨークで会い意気投合。アイラがすぐさま脚本を書き映画化された。死を目前にして襲われる感情を表現することの無力さを描いている。

映画『フェアウェル』

生まれは中国で育ちはアメリカ「わたしはわたし」

映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語!
映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語! 映画『フェアウェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フェアウェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『フェアウェル』の作品情報・概要『フェアウェル』原題『The Farewell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はルル・ワン、主演はオークワフィナ。本作はルル・ワン監督の実体験を題材にしている。2017年に出演したラジオ番組『ディス・アメリカン・ライフ』で語った「What You Don't Know」を原作としている。2019年7月12日に4館のみの限定公開であったが、話題となり全米704館まで拡大。主演のオークワフィナはゴールデングローブ賞で主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を獲得した傑作。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』

ほんわか家族に癒される映画です

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の作品情報・概要『宇宙でいちばんあかるい屋根』は小説家、児童文学作家、翻訳家、エッセイスト、イラストレーターである野中ともその長編ファンタジー小説を映画化した作品。多感な中学3年生の少女・つばめが屋上で出会った老婆「星ばあ」とひと夏の交流を通して、恋、家族との絆を「屋根の大切さ」を通して描いている。脚本・監督は『新聞記者』の藤井道人。出演は清原果耶、伊藤健太郎、水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗、坂井真紀、吉岡秀隆、桃井かおりら。

映画『借りぐらしのアリエッティ』

小人家族の小さな幸せ物語

映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」
映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」映画『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『借りぐらしのアリエッティ』ジブリ公式サイト、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『借りぐらしのアリエッティ』の作品情報・概要 『借りぐらしのアリエッティ』英題『The Borrower Arrietty』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は本作が初監督作品となる米林宏昌。通称“麻呂”。イギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』が原作。人間の家に隠れて暮らしモノを“借り”ながら暮らしている小人アリエッティと少年翔の交流を描いている。セシル・コルベルの歌が評判になる。声優が豪華と話題になる。志田未来、 神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林。

映画『この世界の片隅に』

優しい家族と乗り越える

映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」
映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。原作こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」映画『この世界の片隅に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『この世界の片隅に』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『この世界の片隅に』の作品情報・概要『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)作家・こうの史代の同名漫画を映画化。『アリーテ姫』『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督・脚本の長編アニメーション映画。資金調達に困窮し、クラウドファンディングを募って資金を集める。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた。しかしすぐに公開規模を累計484館(2019年10月31日時点)まで拡大してロングランとなる。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

アメリカ人好きな家族映画の決定版

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

家族で農場経営って本当に理想的です

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

絶対に「無実」だと信じる強い家族

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ファイティング・ファミリー』

家族の夢を実現するために「わたしは戦う!」

映画『ファイティング・ファミリー』ネタバレ・あらすじ・感想。プロレスこそアメリカン・ショービジネスの最高峰のエンターテイメントである。大感動間違い無し。
映画『ファイティング・ファミリー』は2019年のアメリカ合衆国・イギリスの伝記映画。監督は『蜘蛛の巣を払う女』などに俳優として出演したスティーブン・マーチャント。脚本を手がけている。ドウェイン・ジョンソン製作。主演はフローレンス・ピュー。本作は2012年に放送されたドキュメンタリー『The Wrestlers: Fighting with My Family』を原作としている。
スポンサーリンク

映画『オン・ザ・ロック』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ソフィア・コッポラ
製作
ユーリー・ヘンリー ソフィア・コッポラ
製作総指揮
フレッド・ルース ミッチ・グレイザー ロマン・コッポラ
脚本
ソフィア・コッポラ
撮影
フィリップ・ル・スール
美術
アン・ロス
衣装
ステイシー・バタット
編集
サラ・フラック
音楽
フェニックス
フェリクッス(ビル・マーレイ)
ローラ(ラシダ・ジョーンズ)
ディーン(マーロン・ウェイアンズ)
2020年製作/97分/G/アメリカ
原題:On the Rocks
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

タイトルとURLをコピーしました