映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。信じている。

スポンサーリンク
映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。お茶の間映画館

映画『ミッドナイト・イン・パリ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ミッドナイト・イン・パリ』
(94分/G/スペイン・アメリカ合作/2011)
原題『Midnight in Paris』

【監督】
ウッディ・アレン
【脚本】
ウッディ・アレン
【製作】
レッティ・アロンソン スティーブン・テネンバウム ハウメ・ロウレス
【出演】
キャシー・ベイツ
エイドリアン・ブロディ
カーラ・ブルーニ
マリオン・コティヤール
レイチェル・マクアダムス
マイケル・シーン
オーウェン・ウィルソン
ニーナ・アリアンダ
ジョンカート・フラー
トム・ヒドルストン
ミミ・ケネディ
アリソン・ピル
レア・セドゥー
コリー・ストール
【HPサイト】
映画『ミッドナイト・イン・パリ』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ミッドナイト・イン・パリ』トレーラー

映画『ミッドナイト・イン・パリ』NHK BSプレミアム放送 8月25日(火)午後1時00分〜2時35分

8月25日(火)午後1時00分〜2時35分

ウディ・アレンさま。

これほど女性をロマンティックにしてくれる映画作家はいません。

「満たしてくれる」のです。

フランス・パリの美しい光景とうっとりするジャズのメロディー。

もうウディ・アレンにメロメロです。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』のオススメ度は?

4.0

星4つです

もう「うっとり」します

パリが素敵

ジャズのメロディーに溶けちゃいます

ウディ・アレンにメロメロです

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の作品情報・概要

『ミッドナイト・イン・パリ』 原題『Midnight in Paris2011年製作のスペイン・アメリカ映画。ウディ・アレン脚本・監督作品。パリで撮影。第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。売れっ子脚本家がパリを徘徊するうちに1920年代へタイムスリップし、本当にやりたい「小説家」を目指そうと決意する物語。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』のあらすじ・ネタバレ

ハリウッドで映画の脚本家として成功しているギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン) は何か満たされない日々を過ごしていた。婚約者のイネス (レイチェル・マクアダムス)と彼女のお金持ちの両親とともにパリを訪れる。ギルは出来ることならハリウッドからパリへ移住して「屋根裏部屋」を借りて、小説を書いて暮らしたいと考えている。しかしイネズはマリブに住みたいという。価値観の相違だ。ギルは一人で夜のパリを徘徊する。すると一台のクラシックカーが止まり、手招きする。乗り込んで着いた先が1920年代の黄金時代のパリだった。そこには憧れの作家、画家、作曲家などの多くの芸術家が集う場所であった。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の感想・内容

わたし「ウディ・アレン大好き」なんです。この世の映画監督の中で一番好きかも!もちろんクリント・イーストウッドも好きなんですが、やっぱり脚本を書ける映画人っていうのに憧れと尊敬の念を持ってしまうのです。ウディ・アレンは本当に頭が良いです。知性教養にあふれています。あの皮肉いっぱいのユーモアでわかります。ハリウッドの女優たちが彼に作品に出たくなる理由もわかります。ウディ・アレンの映画に出ればオスカー獲得の近道であり、しかも芸術的に撮ってくれるからです。

雨のニューヨークって素敵です!

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは?
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報・概要.。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』原題『A Rainy Day in New York』2019年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレン監督作品。主演はティモシー・シャラメとエル・ファニング。共演はセレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど。1935年生まれで85歳のウディ・アレンがマンハッタンへ戻ってきた話題作。雨のニューヨークで繰り広げられる若者の恋物語。Me Too運動の影響でアメリカでは公開されていない。

でも、ウディ・アレンの近況は最悪と言って良い状況です。過去の諸問題が掘り起こされ、作家としての生命線が危うくなっています。わたしはどんなことがあってもウディ・アレンを支持していますし、信じています。ですから今後も映画を撮り続けて欲しいです。

さて、本映画『ミッドナイト・イン・パリ』はニューヨーク好きのアレンが舞台をフランス・パリへ移します。悩める映画の脚本家がパリの真夜中を徘徊しているとタイムスリップして1920年代へ行き、夢のようなひと時を味わうお話です。どうみても街をさまよっているのは若き日のウディ・アレンですが、如何せんもう歳をとっていますから、主演のギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン) が演じています。

パリを舞台にした少年の成功物語

映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。
映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要『ファヒム パリが見た奇跡』原題『Fahim』2019年制作のフランスのドラマ映画。バングラデシュでチェスで有名になったため妬み・僻みやあ嫌がらせを受けた息子を守るためフランス・パリへ逃れる。パリでチェスの頭角を表す。不法移民として国外退去にされそうになるが、ジュニアのフランスチャンピオンになることで父子ともに滞在許可を得る。原作はファヒム・モハンマドの書籍、“Un roi clandestine”(ファヒムの書籍/「もぐりの王様」監督はピエール=フランソワ・マンタン=ラバル。アサド・アーメッド主演。ジェラール・ドパルデュー、ミザヌル・ラハマン、イザベル・ナンティ共演。

さてさて、本題に入る前にまず注目して欲しいのはオープニングです。これが本当に素晴らしいのです。月並みな言葉で「おしゃれ」くらいしか思い浮かばないのですが、本当に素敵な気持ちになるのですよ。音楽が良いのです。ジャズです。シドニー・ベシェの『Si tu vois ma mère』が流れます。クラリネットとトロンボーンなどの管楽器です。これが本当に切ないというかロマンティックなんですよ。そして映し出されるパリの街並みのカット、カット、カットです。まるで写実画を切り取ったような美しさなのです。このオープニングを観ただけで、もう大満足なのです。ウディ・アレンがノックアウトされます。「なんて素敵なんだろう」「なんて感性なのだろう」とウディ・アレン様の顔を思い浮かべてしまうのです。

Sidney Bechet – Si tu vois ma mère

でも、でもです。ウディ・アレンはそんなに色男ではありません。愛着を込めて書きますが、背も低いですし、頭部の薄いですし、顔だってそんなにイケメンではありません。しかし彼には才能があるのです。物語を作って、人々を喜ばせ、素敵なあ気持ちにさせるという天から授けらた才能が!美しすぎるのです。ウディ・アレンの感性が、、、。美しすぎるのです。誰にも辿り着けない世界があるのです。

すみません、話を戻します。オープニングでノックアウトされましたが、映画は魅惑の雰囲気をたっぷりただ良いながら進んでいきます。主人公のギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン) はどこか虚ろです。仕事はハリウッドで映画の脚本を書いています。それなりに売れっ子です。しかし自身の本当にやりたいことは小説を書いて、パリの屋根裏で暮らすことです。彼には恋人イネズ(レイチェル・マクアダムス) はバリバリのアメリカンです。パリなんかよりマリブでセレブとして暮らしたいのです。もうここで二人の価値観が雲泥の差だとわかります(今回、二人はイネズの両親とパリへ来ている)

パリの本当に姿が描かれています

憧れのパリへ来たギルは観光などあまり興味がなく、街をふらつきます。そして夜中、目の前に一台のクラシックカーが止まり、それに乗車すると、それは1920年代のパリだったのです。いわゆる黄金時代です。そこにはギルが尊敬して止まない芸術家たちがいたのです。コール・ポーター、F・スコット・フィッツジェラルド、ジャン・コクトー、ジョセフィン・ベイカー、アーネスト・ヘミングウェイ、ガートルード・スタイン、パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、、ルイス・ブニュエル、マン・レイなどです。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の結末・評価

もう夢のような世界に驚くギルですが、目が覚めると再び現代に戻って来ます。そしてその夜も次の夜も同じようにタイムスリップします。こういうタイムスリップ映画は世界中にありふれていて「もう飽き飽きだ」という方も多いでしょうが、なぜかウディ・アレンのタイムスリップには抵抗もなく入り込めるのです。それは音楽の力が大きいと思います。選曲が素晴らしいのです。ウディ・アレンはジャズ演奏家としても有名です。今でもクラリネットの練習を欠かさないそうです。彼の映画は本当にうっとりするようなジャズのメロディーが流れます。本映画『ミッドナイト・イン・パリ』とて同じ。非現実のタイムスリップ物語にジャズのメロディーを付けることで、幻想的かつ「満たされた気持ち」にさせてくれるのです。満たされた気持ちとはすなわち体験達成獲得があると思うのです。ウディ・アレンの映画を観て同じようにパリを体験し、目的を達成する。さらに学んで新しい何かを獲得した気持ちになるのです。ここなんです、ここ!これがウディ・アレンの映画の最大の魅力なのです。

「ピアノが弾きたい」貧乏な青年の挑戦

もうウディ・アレンの映画を観ていると主人公と同調・同化していく自分が止められません。こんな気持ちにさせてくれる映画作家はウディ・アレンのみです。すみません、話が逸れました。映画に戻ります。結果的にギルはイネズを捨てて、パリに残ります。ハリウッドの脚本書きもやめる決心をします。前途多難ではありますが、パリの屋根裏で小説を書く道を選択するのです。つまり、映画の主人公のギルはハリウッドで成功しているにも関わらず、満たされていなかったのです。わたしたちは映画を観ながら満たされたのに、主人公は満たされていなかったというウディ・アレンのマジックが発揮されます。すごいですね。韻を踏んでいるかのような高度な脚本と演出です。

そしてギルは本当にやりたいことを探す旅の出発点であり、ゴールでもあるパリに移住するのです。出発もゴールも同じだったら進歩ないじゃん?って突っ込まれそうですが、パリの懐の深さは永遠です。芸術家の多くがパリに住む理由はやはり創作意欲を駆り立てるからでしょう。その創作はインスタントなビジネスではなく崇高な芸術性が内包しているのでしょう。だからこそ1920年代の黄金時代には世界中から芸術家が集まって競い合ったのでしょう。でも単なる集まりではなく、その時のムーブメントによって生み出されたものは現代にも遺産として残っていると思います。

クリント・イーストウッドもパリで映画を撮っています

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』のキャストについて

ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)
美術館ガイド(カーラ・ブルーニ)
アドリアナ(マリオン・コティヤール)
イネズ(レイチェル・マクアダムス)
ポール(マイケル・シーン)
ギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』楽曲紹介

Sidney Bechet – Si tu vois ma mère
Midnight in Paris OST – 02 – Je Suis Seul Ce Soir
Recado – Original Paris Swing
Can-Can from 'Orpheus in the Underworld'
Conal Fowkes – Let's Do It (Let's Fall In Love) / Midnight In Paris OST
Midnight in Paris OST – 06 – You've Got That Thing
La Conga Blicoti – Joséphine Baker
Midnight in Paris OST – 08 – You Do Something to Me
Parlez-moi d'amour – Midnight in Paris Soundtrack
Francois Parisi – Ballad du Paris / Midnight In Paris OST
Midnight in Paris OST – 16 – Le Parc De Plaisir
スポンサーリンク

まとめ 映画『ミッドナイト・イン・パリ』一言で言うと!

「芸術に埋没されたい」

わたしも出来ることなら毎日、芸術に囲まれて生活したいです。好きな絵を飾って、ポエムを読んで、音楽を聴いて、、、、。でもそれが当たり前になると飽きてくるのでしょうね。一度くらいは経験したいって思ってるうちが華かもしれません。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ芸術的な映画】

映画『デッド・ドント・ダイ』

ジム・ジャームッシュは全身芸術家です

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。

映画『イメージの本』

ゴダールの世界観はどこまでも続く

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』

ゴッホを守り抜く

映画『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』ネタバレ・感想。芸術のために生き、死んだ“魂の叫び”を聞け&観て!
原題『Van Gogh - Tra il grano e il cielo』2018年製作のイタリア映画。放題は『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』フィンセント・ファン・ゴッホ作品の個人のコレクターとしては最大規模となる約300点を収集したヘレーネ・クレラー・ミュラー。彼女の目を通してゴッホを描いたドキュメンタリー映画。

映画『草間彌生∞INFINITY』

我らが草間彌生さんは世界で頑張った!

映画『草間彌生∞INFINITY』ネタバレ・あらすじ・感想。アーチスト草間彌生さんはビジネスマンでもあった。水玉模様を描く理由とトラウマとの戦い。
世界的に著名な前衛芸術家・草間彌生の半生を追ったドキュメンタリー映画です。監督はヘザー・レンズ。女性監督です。2004年に企画がスタートして14年の歳月をかけた力作。単なる草間ファンではなく、草間彌生の生い立ち、活動、現在の生き方をちゃんと描いている。

映画『世界の涯ての鼓動』

ベンダースはどこへ行く?

ヴィム・ヴェンダース監督作品 映画『世界の涯ての鼓動』作品情報・あらすじ・ネタバレ・感想・評価。世界の果てと涯ての絶望的な二人の愛は共鳴する。大人の純愛映画。
ヴィム・ヴェンダース監督最新作『世界の涯ての鼓動』は大人の男女の恋愛物語である。女性生物数学者とMI6諜報員の出会って、別れて、再会を恋焦がれる様が切ない。深海と南ソマリアは絶望的な距離なのか。空間も時間も越えて二人は生きる糧として魂から共鳴し合う。果たして二人は無事生還して地上で再び出会うことが叶うのか。純愛です。

映画『シャイニング』

キューブリックのカットは全部が芸術品

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『アートのお値段』

芸術ってこうやって価格が決まるんだ!

映画『アートのお値段』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ザザビーズの大宣伝映画。バスキアの「Untitled」(前澤友作氏、落札の瞬間映像あり)高額理由に納得。
映画『アートのお値段』公式サイトにて作品情報・上映館の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。われわれのような一般人には夢のような話です。ウォホール、ヘリング、バスキア作品がなぜ高額なのかわかります。ジェフ・クーンズの100億円のうさぎも登場。村上隆も。ZOZO前社長前澤友作氏、落札の瞬間映像あり
スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ウッディ・アレン
製作
レッティ・アロンソン スティーブン・テネンバウム ハウメ・ロウレス
製作総指揮
ハビエル・メンデス
脚本
ウッディ・アレン
撮影
ダリウス・コンジ
美術
アン・セイベル
編集
アリサ・レプセルター
衣裳
ソニア・グランデ
ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)
美術館ガイド(カーラ・ブルーニ)
アドリアナ(マリオン・コティヤール)
イネズ(レイチェル・マクアダムス)
ポール(マイケル・シーン)
ギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)
キャロル(ニーナ・アリアンダ)
ジョンカート・フラー
F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)
ヘレンミミ・ケネディ
ゼルダ・フィッツジェラルド(アリソン・ピル)
ガブリエルレア・セドゥー
アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)
2011年製作/94分/G/スペイン・アメリカ合作
原題:Midnight in Paris
配給:ロングライド

タイトルとURLをコピーしました