映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」

スポンサーリンク
映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」2022年製作

映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アンビュランス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アンビュランス』
(2022年製作/136分/PG12/アメリカ)
原題:Ambulance
配給:東宝東和
【監督】
マイケル・ベイ
【製作】マイケル・ベイ ブラッドリー・J・フィッシャー ジェームズ・バンダービルト ウィリアム・シェラック イアン・ブライス【オリジナル脚本】ラオリツ・モンク・ペターセン ラース・アンドレアス・ペダーセン【脚本】クリス・フェダク
【出演】
ジェイク・ギレンホール
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
エイザ・ゴンザレス

(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

スポンサーリンク
  1. 映画『アンビュランス』外部リンク
  2. 映画『アンビュランス』のオススメ度は?
      1. 【暴力描写映画】『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」
  3. 映画『アンビュランス』の作品情報・概要
      1. 【暴力描写映画】『ガンパウダー・ミルクシェイク』ネタバレ・あらすじ「凄まじい殺戮描写」感想「史上最強でしょ!」結末「血しぶき映画」
  4. 映画『アンビュランス』の受賞歴
      1. 【暴力描写映画】『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」
  5. 映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【暴力描写映画】『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」
  6. 映画『アンビュランス』の感想・内容
      1. 【暴力描写映画】『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」
  7. 映画『アンビュランス』の考察・評価
      1. 【暴力描写映画】『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」
  8. 映画『アンビュランス』の結末
      1. 【暴力描写映画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」
  9. 映画『アンビュランス』のキャストについて
      1. 【暴力描写映画】『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」
  10. まとめ 映画『アンビュランス』一言で言うと!
      1. 【暴力描写映画】『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【アクション映画オススメ】
      1. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
      2. 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
      3. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』
      4. 映画『ファイヤーフォックス』
      5. 映画『チャーリーズ・エンジェル』
      6. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』
      7. 映画『ハンター』
  13. 映画『アンビュランス』の作品情報

映画『アンビュランス』外部リンク

HPサイト】
映画『アンビュランス』公式サイト

【予告映像】
映画『アンビュランス』トレーラー

【公式Twitter

映画『アンビュランス』
IMDbサイト】

映画『アンビュランス』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『アンビュランス』

スポンサーリンク

映画『アンビュランス』のオススメ度は?

3.0

星3つです

「スカッ」とします

現実逃避できます

あり得ないのが「映画」です

【暴力描写映画】『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」

映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」
映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベルファスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベルファスト』の作品情報・概要 『ベルファスト』原題『Belfast』2021年製作のアイルランド・イギリス合作のドラマ映画。ケネス・ブラナー監督作品(映画『ナイル殺人事件』)。主演はジュード・ヒル。カトリーナ・バルフ(映画『フォードvsフェラーリ』)、ジュディ・デンチ(映画『キャッツ』や『J・エドガー』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、ジェイミー・ドーナン(映画『プライベート・ウォー』)、キアラン・ハインズ (映画『アナと雪の女王』や映画『ファースト・マン』)、コリン・モーガンらが出演。俳優・監督・舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。出身地である北アイルランドのベルファストが舞台。激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像で描いている。アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされている。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の作品情報・概要

『アンビュランス』原題『Ambulance2022年公開のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。 マイケル・ベイ製作・監督作品(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)。脚本はクリス・フェダック。主演はジェイク・ギレンホール(映画『ゴールデン・リバー』や映画『ワイルドライフ』)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(映画『マトリックス レザレクションズ』)、エイザ・ゴンザレス(映画『マーウェン』)。マイケル・ベイ監督の圧倒的な演出と展開の特徴である「ベイ・ヘム(Bay-hem)」健在。カーチェイス、爆発、銃撃、炎上が休みなく続く。

【暴力描写映画】『ガンパウダー・ミルクシェイク』ネタバレ・あらすじ「凄まじい殺戮描写」感想「史上最強でしょ!」結末「血しぶき映画」

映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』ネタバレ・あらすじ「凄まじい殺戮描写」感想「史上最強でしょ!」結末「血しぶき映画」
映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』ネタバレ・あらすじ「凄まじい殺戮描写」感想「史上最強でしょ!」結末「血しぶき映画」映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』の作品情報・概要『ガンパウダー・ミルクシェイク』原題『Gunpowder Milkshake』 ナヴォット・パプシャド監督作品。アクション・スリラー映画。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のカレン・ギラン(映画『野性の呼び声』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)が主演を務め、犯罪組織に立ち向かう女たちの死闘を描いたバイオレンスアクション。レナ・ヘディ(映画『ファイティング・ファミリー』)、アンジェラ・バセット(映画『ブラックパンサー』)、ポール・ジアマッティ、ミシェール・ヨー、カーラ・グギノなど。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の受賞歴

無し(2022年3月現在)

【暴力描写映画】『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」
映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品情報・概要『THE BATMAN-ザ・バットマン-』原題『The Batman』DCコミックスの「バットマン」を主人公とした2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。マット・リーヴス監督・脚本作品。ピーター・クレイグも脚本を務めている。ロバート・パティンソン(映画『ハイ・ライフ』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、コリン・ファレル(映画『ジェントルメン』)、ポール・ダノ(映画『ワイルドライフ』)、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョン・タトゥーロ(映画『ハスラー2』)、アンディ・サーキス(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』や映画『ブラックパンサー』)、ジェフリー・ライト(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『パブリック 図書館の奇跡』)らが出演。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。シリーズ化必至。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ

アメリカ・ロサンゼルス。ウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世) は妻の手術のために231,000ドルが必要となり養子縁組の兄弟であり犯罪者のダニー(ジェイク・ギレンホール)に連絡を取り彼は3200万ドルの銀行強盗に参加するようにと語る。彼は強盗に参加するも失敗に終わり、彼らは人質として救急車に救急救命士キャム(エイザ・ゴンザレス)と瀕死のLAPDの警察官を乗せ逃走することに。

【暴力描写映画】『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」
映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』の作品情報・概要『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』原題『The United States vs. Billie Holiday』2021年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。リー・ダニエルズ監督作品。ヨハン・ハリが2015年に発表したノンフィクション『麻薬と人間 100年の物語』が原作。『奇妙な果実』という黒人差別の悲惨さを人々に知らしめ、44歳の若さで死去したアメリカジャズ界の伝説的歌手・ビリー・ホリデイを伝記として描いている。公民権運動に大きな影響を与えた反面、ホリデイの私生活は恋人からの暴力に苦しみ、自らは酒・ドラッグ依存に陥っていた。アンドラ・デイ、トレバンテ・ローズ、ギャレット・ヘドランド(映画『ドリームランド』)、ナターシャ・リオン、ダバイン・ジョイ・ランドルフ、ミス・ローレンス・ワシントン、ロブ・モーガン(映画『ドント・ルック・アップ』)、トーン・ベルらが出演。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の感想・内容

「何も考えずに観る映画」となります。監督はマイケル・ベイです。もう泣く子も黙る巨匠です。

『アルマゲドン』『パール・ハーバー』『トランスフォーマー 』など1億ドルを超えるヒット作品を持っています。

アメリカではマイケル・ベイ監督はもはや「ギャグ」のような扱いをして、何をやっても許される域に達しています。

つまり「お約束」なんですよ。

彼の映画が支持されるのは圧倒的なカーチェイス、銃撃、爆発、火災、炎上などが盛りだくさんです。

登場する男たちもタフネスです。不死身です。アメリカの男は強いのだと主張しているようです。

しかも出演する女性陣もとてもセクシーに描かれているのも特徴です。

さて、本映画『アンビュランス』の物語はいたって単純です。

「妻の手術代を稼ぐため銀行強盗をするが、失敗して逃げる」というもの。

その過程にカーチェイス、銃撃戦、爆発、炎上が次々と起こります。

猛スピードでロサンゼルスをかっ飛ばすのに、車内でも会話や雰囲気はとても120キロ出しているとは思えません。

おまけに怪我人の手術までしちゃいます。いやいや、これがマイケル・ベイ監督の「お家芸」なのです。すごいですよ。

時折、手ぶれカメラでカーアクションを捉えるのですが、軽く画面酔いするのもお約束なんです。

しかも拳銃をぶっ放す場面が続きます。いい加減「タマ切れじゃないの?」なんて愚問です。気にしてはいけません。

これがマイケル・ベイ監督なんです。

【暴力描写映画】『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」

映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」
映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」 映画『355』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『355』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『355』の作品情報・概要『355』原題『The 355』2022年イギリス製作のスパイアクション映画。サイモン・キンバーグ監督作品。世界各国(アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国)の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション映画。第3次世界大戦勃発をもくろむ国際テロ組織に戦いを挑む女性の活躍を描いている。ジェシカ・チャステイン(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、ペネロペ・クルス(映画『誰もがそれを知っている』や映画『ペイン・アンド・グローリー』)、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー(映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』や映画『マーウェン』)、ルピタ・ニョンゴ(映画『ブラックパンサー』や映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の考察・評価

もっと言うなら、いまのご時世はデジタル社会で、しかもキャッシュレス時代だから銀行強盗をやる犯罪者っていないと思うのです。

銀行からお金を盗むのだったら、ハッカーのごとくサーバーに侵入して暗号をつけて、ケイマン諸島の口座に送金とかになると思うのです。

いやいや、これはマイケル・ベイ監督の「お家芸」を観るための映画ですから、アナログ的な銀行強盗でないと成立しないのですよ。

ここまでやり切るといか、「貫く」監督は映画界にとって稀有な存在なのです。「観ましょう!」「観てください!」いや「感じてください!」

【暴力描写映画】『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」
映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さがす』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『さがす』の作品情報・概要 『さがす』2022年1月21日公開の日本映画。『岬の兄妹』で衝撃を与えた片山慎三監督作品(商業映画監督デビュー)主演は佐藤二朗(映画『今日から俺は!!劇場版』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)。伊東蒼(映画『空白』)、清水尋也(映画『青くて痛くて脆い』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、森田望智(映画『Bittersand』)、石井正太朗、松岡依都美(映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)、成嶋瞳子、品川徹(映画『Diner ダイナー』)らが出演。指名手配中の連続殺人犯を捕まえうと懸賞金300万円がもらえると聞いた父が行方不明となる。不安と孤独を押し殺しながら父親を探す娘の姿を描く。アスミック・エースとDOKUSO映画館による次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI(シネムニ)」第1弾作品。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。“人間とは”“死とは”を強烈に衝撃的に、かつ残酷なまでに訴求してくる名作。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の結末

タイトルの『アンビュランス』はそのまま「救急車」です。

一応、マイケル・ベイ監督の名誉のために書きますが、救急車内ではちょっとした人間臭いドラマがあります。

悪い泥棒ダニー(ジェイク・ギレンホール) と良い泥棒ウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世) の葛藤、そして救命士キャム(エイザ・ゴンザレス)と怪我人の警察官ザック(ギャレット・ディラハント)の奇妙な友情関係が見られます。

あの凄まじいカーチェイスの中で、、、、。

【暴力描写映画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」
映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』原題『Spider-Man: No Way Home』マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジョン・ワッツ監督作品。脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ。出演はトム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェイコブ・バタロン、アルフレッド・モリーナ、ジョン・ファブロー、ジェイミー・フォックス、ウィレム・デフォー、ベネディクト・ウォン、マリサ・トメイ、トニー・レボロリ、J・K・シモンズ。コロンビア ピクチャーズとマーベル・スタジオが共同で製作し、ソニー・ピクチャーズ リリーシングが配給。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)に次ぐシリーズ3作目であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の27作目である。『スパイダーマン』シリーズ完結作品と言われている。
スポンサーリンク

映画『アンビュランス』のキャストについて

ダニー(ジェイク・ギレンホール)
ウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
キャム(エイザ・ゴンザレス)

【暴力描写映画】『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」
映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」 映画『キングスマン ファースト・エージェント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングスマン ファースト・エージェント』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください映画『キングスマン ファースト・エージェント』の作品情報・概要『キングスマン:ファースト・エージェント』原題『The King's Man』2021年公開のイギリス・アメリカ合衆国のアクションスパイ映画。マシュー・ヴォーン監督作品。脚本はヴォーンとカール・ガイダシェク。レイフ・ファインズ(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』や映画『オフィシャル・シークレット』)、ハリス・ディキンソン、ジャイモン・フンスー(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)、ジェマ・アータートン、リス・エバンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ』や映画『ノッティングヒルの恋人』や映画『オフィシャル・シークレット』)、トム・ホランダー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、チャールズ・ダンス(映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、バレリー・パフナー(映画『名もなき生涯』)、ジョエル・バズマン、アーロン・ボドボス、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブランカ・カティチ、イアン・ケリーらが出演する。「キングスマン」シリーズでは3作目となる。第一次世界大戦前夜の時代を舞台に、イギリスのスパイ機関「キングスマン」の誕生の秘話を描く。
スポンサーリンク

まとめ 映画『アンビュランス』一言で言うと!

「ど迫力アクション映画の筆頭」

もう最初から最後まで全速力でぶっ飛ばす映画です。正直、疲れる人もいます。拳銃をぶっ放しますが、タマ切れしません。そこがすごいのです。気にしなくていいのです。

【暴力描写映画】『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」
映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」映画『ラストナイト・イン・ソーホー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の作品情報・概要 『ラストナイト・イン・ソーホー』原題『Last Night In Soho』2021年のイギリスのサイコロジカルホラー映画。エドガー・ライト監督作品。脚本はクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共作。アニヤ・テイラー=ジョイ、トーマシン・マッケンジー、マット・スミス、ダイアナ・リグ、シノーブ・カールセン、マイケル・アジャオ、テレンス・スタンプ、リタ・トゥシンハム、ジェシー・メイ・リー、カシウス・ネルソンらが出演。現代と60年代のロンドンのソーホーをタイムリープしながら、女性差別撤廃を訴求している。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」
映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」
映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイケル・ベイ
製作
マイケル・ベイ ブラッドリー・J・フィッシャー ジェームズ・バンダービルト ウィリアム・シェラック イアン・ブライス
オリジナル脚本
ラオリツ・モンク・ペターセン ラース・アンドレアス・ペダーセン
脚本
クリス・フェダク
ダニー(ジェイク・ギレンホール)
ウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
キャム(エイザ・ゴンザレス)
2022年製作/136分/PG12/アメリカ
原題:Ambulance
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました