映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」

スポンサーリンク
映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」2021年製作

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『マトリックス レザレクションズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『マトリックス レザレクションズ』
2021年製作/148分/G/アメリカ
原題:The Matrix Resurrections
配給:ワーナー・ブラザース映画
【監督】
ラナ・ウォシャウスキー
【製作】ジェームズ・マクティーグ ラナ・ウォシャウスキー グラント・ヒル【製作総指揮】ギャレット・グラント テリー・ニーダム マイケル・サルベン カリン・ウォシャウスキー ジェシー・アーマン ブルース・バーマン【キャラクター創造】ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー【脚本】ラナ・ウォシャウスキー デビッド・ミッチェル アレクサンダル・ヘモン【製作】ダニエレ・マッサチェージ ジョン・トール【美術】ヒュー・ベイトアップ ピーター・ウォーポル【衣装】リンジー・ピュー【編集】ジョセフ・ジェット・サリー【音楽】ジョニー・クリメック トム・ティクバ【視覚効果監修】ダン・グラス
【出演】
キアヌ・リーブス キャリー=アン・モス ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世 ジョナサン・グロフ ジェシカ・ヘンウィック トニール・パトリック・ハリス プリヤンカー・チョープラー・ジョナス ジェイダ・ピンケット・スミス クリスティーナ・リッチ テルマ・ホプキンス エレンディラ・イバラ トビー・オンウメール マックス・リーメルト ブライアン・J・スミス ランベール・ウィルソン ダニエル・バーンハード アンドリュー・コールドウェル チャド・スタエルスキ

スポンサーリンク
  1. 映画『マトリックス レザレクションズ』外部リンク
  2. 映画『マトリックス レザレクションズ』のオススメ度は?
      1. キアヌ・リーブス映画『レプリカズ』ネタバレ、あらすじ。キアヌ、どうしたんだ?と叫んでしまった映画
      2. キアヌ・リーブス映画『おとなの恋は、まわり道』
  3. 映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報・概要
      1. 【コメディ映画】『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」
  4. 映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:起
    2. 映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:承
      1. 【コメディ映画】『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」
    3. 映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:転
    4. 映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:結
      1. 【コメディ映画】『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
  5. 映画『マトリックス レザレクションズ』の感想・内容
      1. 【コメディ映画】『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」
  6. 映画『マトリックス レザレクションズ』の考察・評価
      1. 【コメディ映画】『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」
  7. 映画『マトリックス レザレクションズ』の結末
      1. 【コメディ映画】『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」
  8. 映画『マトリックス レザレクションズ』のキャストについて
      1. 【コメディ映画】『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」
  9. まとめ 映画『マトリックス レザレクションズ』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  12. 映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報

映画『マトリックス レザレクションズ』外部リンク

HPサイト】
映画『マトリックス レザレクションズ』公式サイト

【予告映像】
映画『マトリックス レザレクションズ』トレーラー

映画『マトリックス レザレクションズ』公式Twitter

映画『マトリックス レザレクションズ』IMDbサイト

映画『マトリックス レザレクションズ』 Rotten Tomatoesサイト

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』のオススメ度は?

4.0

星4つです

ラナ・ウォシャウスキー監督の苦悩が見える

「コメディ」かもしれない

キアヌ・リーブス映画『レプリカズ』ネタバレ、あらすじ。キアヌ、どうしたんだ?と叫んでしまった映画

キアヌ・リーブス映画『おとなの恋は、まわり道』

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報・概要

『マトリックス レザレクションズ』原題『The Matrix Resurrections』ラナ・ウォシャウスキーが製作・監督・共同脚本作品。2021年公開のアメリカのSFアクション映画。映画「マトリックス」シリーズの第4作目。キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ランベール・ウィルソン(映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』や映画『パリに見出されたピアニスト』)、ダニエル・バーンハード、ジョナサン・グロフ(映画『アナと雪の女王2』映画『アナと雪の女王』)、ジェシカ・ヘンウィック(映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、トニール・パトリック・ハリス、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、ジェイダ・ピンケット・スミス、クリスティーナ・リッチ、テルマ・ホプキンスらが出演。性転換したラナ・ウォシャウスキー監督の葛藤・苦悩を乗り越えて、完成した映画。

【コメディ映画】『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」
映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ・ネタバレ

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:起

トリニティーがエージェントと戦うワンシーンを見ていたバッグスは、不正な侵入がバレたことでその場から逃走。

彼女は死んだはずのネオが生きていると信じて仮想空間を探していましたが、意図せずしてモーフィアスと出会います。

その頃、ネオはゲーム会社で「マトリックス」というソフトを開発し、有名人となっていました。彼は仮想世界の中で人生を送り、そこを現実だと思っているのですが…。

時折、ゲームの内容が自身の体験だったかのように思われ、ビルの屋上から飛ぼうとすることもあったのです。

セラピーのアナリストの元に通って青いピルを処方される中、トリニティーそっくりの女性「ティファニー」に惹かれる日々を送っていると、モーフィアスとバッグスが現れてネオを目覚めさせます。

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:承

ネオは赤いピルを飲んで仮想世界のことを認識。

敵に追われつつも現実に戻って彼の身体が入っていたポッドから覚醒すると、もう一つのポッドにトリニティーの姿があったのです。

最愛の彼女を助けたいと考え、ネオはバッグスと彼女の仲間たちと共に再び仮想世界へ向かいました。

すると、仮想世界で目覚めたスミスが放浪者を連れて襲ってきたことで、ネオはスミスと一騎打ち。

力の解放に成功してその場を脱し、ネオはトリニティーに会って現実の話をしようとします。

そこにアナリスト現れて時間を止めつつ、彼だけは悠々としながら仮想世界のためにネオたちを助けた経緯を語りました。

ネオの死後、ポッドで身体を再生させて彼のエネルギーを制御するためにトリニティーも側に置いた…。

仮想世界を維持すべく、トリニティーに手を出して欲しくなければネオに再び戻って来るよう言いました。

【コメディ映画】『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:転

ネオはいったん現実に戻り、バッグスに連れられて「アイオ」の将軍の元へ。

将軍は人々が暮らしていた「ザイオン」が滅びた後、この地を統率して守っていました。

バッグスが勝手な行動をとったことを叱咤し、船長の権限をはく奪。

ネオは将軍から前に世話になったモーフィアスのその後や彼女の思想を聞いて、ネオが仮想世界で勝手なことをすれば、アイオに危険が及ぼされる可能性がある…。

それでもネオは再びバッグスたちの協力を得て仮想世界へ向かいます。

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ:結

ネオはトリニティーを現実に戻るよう説得しますが、アナリストが先手を打って彼女の家族に危機が迫っていると知らせます。

トリニティーは仮想世界の家族を選びそうになりますが、ネオと共に行くことを決意。

すると、アナリストは周囲の人間を操った「ボット」を使って襲わせ、時間も止めるのです。

そこにスミスが現れてアナリストを止めました。動けるようになったネオとトリニティはバイクで都市を走り、多くのボットに襲われつつもビルの屋上へ。

ヘリコプターが襲ってきたことでネオは攻撃を回避しつつ、意を決してトリニティーとビルから飛び降りると、彼女も空を飛べることに驚きます。

2人はアナリストの元に行って復活させたことの礼と、不当に扱ったことに対する報復を済ませて旅立ちました。

【コメディ映画】『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の感想・内容

序盤でシリーズの1作目『マトリックス』の再現のようなシーンがあったり、その他のシリーズ作品のカットを挟んだりするのが見どころでしたね。

そして、ネオがゲームの内容だと思っていたストーリーが自身の体験そのものだったと気付くまでの葛藤も凄かったです。

ゲーム会社で働いて、会議や打ち合わせを重ねるのですがネオはずっと悩みを抱えているような面持ちをし続ける…。

そんな彼を見ていると、これまでの作品の出来事が現実に起きたものではなかったのかもと思わされます。

最初はモーフィアスに声を掛けられるネオが彼を信じず、社内で銃を持った者たちに襲われて危機に陥るのにもハラハラさせられました。

その後、バッグスの説得で現実に引き戻されますが、1作目のシーンを映す演出が多かったのも良かったですね。

【コメディ映画】『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」
【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」 映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『そして、バトンは渡された』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『そして、バトンは渡された』の作品情報・概要 『そして、バトンは渡された』2021年製作の日本映画。前田哲監督作品。第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を映画化。永野芽郁、田中圭(映画『哀愁しんでれら』や映画『美人が婚活してみたら』)、岡田健史(映画『望み』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、稲垣来泉(映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、朝比奈彩、安藤裕子 、戸田菜穂(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』) 、木野花(映画『MOTHER マザー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、石原さとみ(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、大森南朋(映画『空に住む』や映画『コクリコ坂から』や映画『この道』)市村正親(映画『燃えよ剣』)らが出演。血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子を主軸に「家族とは?」「親とは?」について掘り下げている。原作小説とは大きく異なる結末となっている。

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の考察・評価

その後、モーフィアスと共に戦い方の訓練をするシーンでは、美しい湖の景色が素敵な和室で一対一で戦うのも見ものです。

拳を合わせ、強力な一撃を繰り出す両者をシルエットで映すという演出も粋だなと思いました。

また、ネオがスミスと対峙する際のアクションも過去作品を習って作り上げた感じが良かったですね。

スミスが止めどなくパンチを連発したり、ネオはコンクリートを破壊するほどの力を解放したりと目が離せませんでした。

今作で真新しかったのは、アナリストの能力でしょう。

時間を止めたり、かなりのスローにして銃弾だけゆっくり動くように見せたりする一方で、アナリストだけは悠々と動くのがおもしろかったです。

ネオですら抵抗できない中、最後のシーンではスミスがアナリストをボコボコにするのには笑ってしまいました。

スミスは仕方なくネオと協力関係になってしまったと言いますが、これまでの関係性を考えると意外な展開だったなと思います。

【コメディ映画】『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」
映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の作品情報・概要『ロン 僕のポンコツ・ボット』原題『Ron’s Gone Wrong』イギリス、アメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションのSFコメディ映画。ロックスミス・アニメーションの初の作品。ディズニーと20世紀スタジオが配給する唯一の作品となる。「Bボット」とは、最新式のロボット型デバイス。ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽といったあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のような存在である。ザック・ガリフィアナキス、ジャック・ディラン・グレイザー(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、オリビア・コールマン(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、エド・ヘルムズ、ジャスティス・スミス(映画『名探偵ピカチュウ』)、ロブ・ディレイニー (映画『スキャンダル』)、カイリー・キャントラル 、リカルド・ウルタド 、マーカス・スクリブナー、トーマス・バーブスカらが出演。

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の結末

過去作品で登場したサティーがネオに協力してくれたり、電話に変わって鏡を通じて世界を行き来したりするのも見どころでしたね。

シリーズを通して見ることで演出の違いを比べられるのも楽しみとなる中、これまでのネオとトリニティの関係性を意識しつつ第2の人生を歩むことになる二人を見届けられるのが良いなと思いました。

最後のトリニティが仮想世界を見渡した際に、夜明けに照らされる都市の景観に感動している姿も心に残り、世界の素晴らしさも身に沁みます。

【コメディ映画】『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』のキャストについて

ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーブス)
トリニティー/ティファニー(キャリー=アン・モス)
モーフィアス(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
スミス(ジョナサン・グロフ)
バッグス(ジェシカ・ヘンウィック)
アナリス(トニール・パトリック・ハリス)
サティー(プリヤンカー・チョープラー・ジョナス)
ナイオビ(ジェイダ・ピンケット・スミス)
グウィン(クリスティーナ・リッチ)
テルマ・ホプキンス
レクシー(エレンディラ・イバラ)
セコイア(トビー・オンウメール)
シェパード(マックス・リーメルト)
バーグ(ブライアン・J・スミス)
メロビンジアン(ランベール・ウィルソン)
エージェント・ジョンソン(ダニエル・バーンハード)
ジュード(アンドリュー・コールドウェル)
チャド(チャド・スタエルスキ)

【コメディ映画】『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。
スポンサーリンク

まとめ 映画『マトリックス レザレクションズ』一言で言うと!

「“同窓会”って感じで、懐かしい気持ちになった」

やっぱり映画スターも歳をとって、昔のような輝きは失せてしまうのかあっと。当たり前ですが、ちょっと寂しい気持ちになりました。同窓会へ行ったような気持ちになりました。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ラナ・ウォシャウスキー
製作
ジェームズ・マクティーグ ラナ・ウォシャウスキー グラント・ヒル
製作総指揮
ギャレット・グラント テリー・ニーダム マイケル・サルベン カリン・ウォシャウスキー ジェシー・アーマン ブルース・バーマン
キャラクター創造
ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー
脚本
ラナ・ウォシャウスキー デビッド・ミッチェル アレクサンダル・ヘモン
撮影
ダニエレ・マッサチェージ ジョン・トール
美術
ヒュー・ベイトアップ ピーター・ウォーポル
衣装
リンジー・ピュー
編集
ジョセフ・ジェット・サリー
音楽
ジョニー・クリメック トム・ティクバ
視覚効果監修
ダン・グラス
ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーブス)
トリニティー/ティファニー(キャリー=アン・モス)
モーフィアス(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)
スミス(ジョナサン・グロフ)
バッグス(ジェシカ・ヘンウィック)
アナリス(トニール・パトリック・ハリス)
サティー(プリヤンカー・チョープラー・ジョナス)
ナイオビ(ジェイダ・ピンケット・スミス)
グウィン(クリスティーナ・リッチ)
テルマ・ホプキンス
レクシー(エレンディラ・イバラ)
セコイア(トビー・オンウメール)
シェパード(マックス・リーメルト)
バーグ(ブライアン・J・スミス)
メロビンジアン(ランベール・ウィルソン)
エージェント・ジョンソン(ダニエル・バーンハード)
ジュード(アンドリュー・コールドウェル)
チャド(チャド・スタエルスキ)
2021年製作/148分/G/アメリカ
原題:The Matrix Resurrections
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました