映画『レプリカズ』ネタバレ、あらすじ。キアヌ、どうしたんだ?と叫んでしまった映画

上映中
映画『レプリカズ』公式サイト
『トランスフォーマー』『RED』の製作陣がキアヌ・リーブス(『ジョン・ウィック』)主演で贈るノンストップSFアクション!大ヒット上映中!

 

映画『レプリカズ』(107分/米/2019)

原題 『Replicas』

映画『レプリカズ』の作品情報

【原題】
『Replicas』
【製作年】
2019年
【製作国】
アメリカ合衆国
【上映時間】
107分
【日本公開】
2019年
【アメリカ公開】
2019年

【原案】
スティーヴン・ハーメル
【監督】
ジェフリー・ナックマノフ
【脚本】
チャド・セント・ジョン
【キャスト】
キアヌ・リーブス
アリス・イヴ
トーマス・ミドルディッチ
ジョン・オーティス

映画『レプリカズ』の作品概要


SF映画と言えばそうなる。人が死ぬとどうなるのか。それは倫理に反することなのか。それとも科学の進歩のために必要なのか。

クローン。生物を複製する。

この映画はクローン技術によって人間は永久的に命を手に入れることは可能か、また肉体はコピーできたが脳はコピーできるかのかについてをそ最新の映像技術によって表現している映画である。命とは何か、生きることは何かについて考えさせられる映画です。

映画『レプリカズ』のあらすじとネタバレ

キアヌ・リーブス扮する科学者ウイリアムが事故で妻子を失ったが、どうしてももう一度、妻子に会いたい思いを自身が研究している技術を使って蘇らせることに成功した物語。

肉体に複製はできたが、記憶、つまり心の複製に難儀する。遂に世界初となる死人から肉体と心の複製に成功するが、多くの問題が待ち受けていた。

果たして妻子は元のように生きていけるか、そしてウイリアムがクローンの人間でも成功を知った者たちから追われる危機に瀕する。

もしクローン技術が応用される時代が来たら人類はそれを平和的利用に使うのだろうか。

映画『レプリカズ』の感想と評価

まずこの映画が始まってすぐ「キアヌ、どうした?」と叫んでしまった。正直言って、私が記憶しているキアヌらしさが感じられなかったからだ。

まず“キレがない”のだ。キレにも二種類ある。体のキレ、演技のキレ。

前者は動きだ。太っているから緩慢な動きをNGというわけではない。俳優は太るのも仕事のうちだ。ここでいう動きとは映画に出る準備が出来ていない動きのことを指す。

そして演技のキレは目線もどこか浮ついているような印象なのだ。そうなると次の演技への導線が描けないのだ。だから観ている我々は映画の中へ入っていけないのだ。

キアヌの場合、この二種類のキレの両方がなかったのだ。これはちょっと深刻だ。

キアヌの作品の中で一番輝いていたのは『マイ・プライベート・アイダホ』だと思う。もちろん若い頃の作品であるから純真さだけで演技ができる。

その後、『スピード』『マトリックス』などのアクション系で世界的なスターになったが何故か心惹かれなかった。昨年観た『おとなの恋は、まわり道』も復活には程遠く感じた。

最近、キアヌは映画で有名というより、その私生活で有名になっている。“気取らない、飾らない、庶民的”等々。ぼっちキアヌなどのフィギュアまである。

おまけにユーチューブには電車で座席を譲る優しいキアヌなどが配信されている有様だ。

はっきり言ってそんなの必要ないのだ。キアヌはスターでいなきゃいけないのだ。選ばれた人間なのだ。我々庶民と一緒ではいけないのだ。だから銀幕からの発信に徹して欲しいのだ。

さてさて、肝心の映画の感想だ、正直言って特に面白くないのだ。キアヌ演じるウイリアムは人間の心を複製する研究をしている。

死者の肉体ではなく心をデジタル的にコピーしてロボットに移植するのだ。それがひょんなことから事故で亡くなった妻子をクローンで蘇らせるだけでは、記憶、つまり心を複製できなければ意味がないと考え悪戦苦闘するのだ。

それがうまくいって、妻子との生活を取り戻すのだ。よくある物語と言えばそうかもしれない。本作を観ていた時に色んな映画を思い出した。

まず『ミクロの決死菌』『ターミネーター』『AI』『攻殻機動隊』など。

このような物語はいくら科学が進歩しても実現不可能であると思うのだ。いくら映画と言えどやはりどこかに現実になるだろうと期待させなければいけない。

しかしながら本作の心の複製は不可能のように感じる。その点でも本作に共感できない部分がある。もう一つ、もしクローンを作り出すのであれば研究施設もセキュリティーが厳しく、衛生管理も万全だと思うが、そのあたりが幼稚な設定になっていたのも気になった。

あれくらいの設備でクローンが出来てしまうのか、、、、とがっかりしてしまった。

いずれにしてもエンディングではまさかのto be continueで終わった。

それもアラブ首長国連合の大富豪に移植する場面で、、、。

これは次回作はいよいよクローンを用いた戦争シリーズになるのかと感じた。

映画『レプリカズ』まとめ 一言で言うと!

「頑張れ!キアヌ」わたしは踏ん張ります!

『おとなの恋は、まわり道』(87分/米/2018)
原題 『Destination Wedding』 若き日の美男子キアヌ・リーヴスと美少女ウィノナ・ライダーの円熟味のある演技が素晴らしい。お互い公私ともに様々な経験を乗り越えてきた姿に思い感ずる作品。 映画出...

 

以下は最近多い、記憶を操作する映画

『パラレルワールド・ラブストーリー』

東野圭吾作品映画化『パラレルワールド・ラブストーリー』ネタバレ、あらすじ、感想、評価。吉岡里帆さん、惜しい。
人の記憶は曖昧だ。作ろうと思えば簡単に作れる。また作り変えることも可能だ。強烈な体験を与えたり、刷り込みのように何度も繰り返すことで可能だ。しかし本作はコンピューターを用いて脳に直接データを送ることで記憶を消したり、書き換える技術を用いて人の脳をいじっている。そして被験者はパラレルワールドの混乱で精神的な異常を覚える。

映画のことなら映画.comより引用

監督ジェフリー・ナックマノフ 製作スティーブン・ハーメル

キアヌ・リーブス

ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ

マーク・ガオ

製作総指揮ニック・バウアー

ディーパック・ネイヤー

ビル・ジョンソン

ジム・セイベル

アラ・ケシシアン

マキシム・レミラール

クラーク・ピーターソン

エリク・ハウサム

チャド・セント・ジョン

ウォルター・ジョステン

グレゴリー・ウェノン

セバスティアン・ボネタ

原案スティーブン・ハーメル脚本チャド・セント・ジョン撮影チェコ・バレス美術ジョニー・ブリート編集ジェイソン・ヘルマン

ペドロ・ハビエル・ムニス

音楽ホセ・オヘダ

マーク・キリアン

音楽監修クリス・ピッカーロ

キャスト

キアヌ・リーブス

アリス・イブ

トーマス・ミドル

ジョン・オーティス

作品データ

原題 Replicas

製作年 2019年

製作国 アメリカ

配給 ショウゲート

上映時間 107分

映倫区分 G

オフィシャルサイト