映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」

スポンサーリンク
映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」2022年製作

映画『355』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『355』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『355』
(2022年製作/122分/PG12/イギリス)
原題:The 355
配給:キノフィルムズ
【監督】
サイモン・キンバーグ
【製作】ジェシカ・チャステイン ケリー・カーマイケル サイモン・キンバーグ【製作総指揮】リチャード・ヒューイット エスモンド・レン ワン・ルイ・ファン【原案】テレサ・レベック【脚本】テレサ・レベック サイモン・キンバーグ【撮影】ティム・モーリス=ジョーンズ【美術】サイモン・エリオット【衣装】ステファニー・コーリー【編集】ジョン・ギルバート リー・スミス【音楽】トム・ホルケンボルフ
【出演】
ジェシカ・チャステイン
 ペネロペ・クルス 
ファン・ビンビン 
ダイアン・クルーガー 
ルピタ・ニョンゴ
 エドガー・ラミレス 
セバスチャン・スタン

【女性活躍映画】『前科者』ネタバレ・あらすじ「保護司はボランティア・無報酬」感想「非常勤の国家公務員」結末「善意だけで出来るお仕事なのか?」

スポンサーリンク
      1. 【女性活躍映画】『前科者』ネタバレ・あらすじ「保護司はボランティア・無報酬」感想「非常勤の国家公務員」結末「善意だけで出来るお仕事なのか?」
  1. 映画『355』外部リンク
      1. 【女性活躍映画】『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」
  2. 映画『355』のオススメ度は?
  3. 映画『355』の作品情報・概要
      1. 【女性活躍映画】『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」
  4. 映画『355』の受賞歴
  5. 映画『355』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【女性活躍映画】『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」
  6. 映画『355』の感想・内容
      1. 【女性活躍映画】『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」
      2. 【女性活躍映画】『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」
  7. 映画『355』の考察・評価
      1. 【女性活躍映画】『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」
  8. 映画『355』の結末
      1. 【女性活躍映画】『189』ネタバレ・あらすじ「DV・虐待は絶対ダメ!」感想「吉沢悠さんの勇気に拍手!」結末「嫌なことをさせない」
  9. 映画『355』のキャストについて
  10. まとめ 映画『355』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ反戦映画】
      1. 映画『この世界の片隅に』
      2. 映画『硫黄島からの手紙』
      3. 映画『父親たちの星条旗』
      4. 映画『名もなき生涯』
      5. 映画『1917 命をかけた伝令』
      6. 映画『彼らは生きていた』
      7. 映画『ジョジョ・ラビット』
      8. 映画『プライベート・ウォー』
      9. 映画『アルキメデスの大戦』
      10. 映画『芳華-Youth-』
      11. 映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
      12. 映画『愛と死の記録』
      13. 映画『あゝひめゆりの塔』
      14. 映画『父と暮せば』
      15. 映画『絶唱(1975)』
      16. 『アメリカン・スナイパー』
  13. 映画『355』の作品情報

映画『355』外部リンク

HPサイト】
映画『355』公式サイト

【予告映像】
映画『355』トレーラー

【公式Twitter

映画『355
IMDbサイト】

映画『355

Rotten Tomatoesサイト】

映画『355

【女性活躍映画】『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」
映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さがす』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『さがす』の作品情報・概要 『さがす』2022年1月21日公開の日本映画。『岬の兄妹』で衝撃を与えた片山慎三監督作品(商業映画監督デビュー)主演は佐藤二朗(映画『今日から俺は!!劇場版』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)。伊東蒼(映画『空白』)、清水尋也(映画『青くて痛くて脆い』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、森田望智(映画『Bittersand』)、石井正太朗、松岡依都美(映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)、成嶋瞳子、品川徹(映画『Diner ダイナー』)らが出演。指名手配中の連続殺人犯を捕まえうと懸賞金300万円がもらえると聞いた父が行方不明となる。不安と孤独を押し殺しながら父親を探す娘の姿を描く。アスミック・エースとDOKUSO映画館による次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI(シネムニ)」第1弾作品。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。“人間とは”“死とは”を強烈に衝撃的に、かつ残酷なまでに訴求してくる名作。

スポンサーリンク

映画『355』のオススメ度は?

2.0

星2つです

「うーん」

使い古された演出

「昨日の敵は、今日の友」映画

スポンサーリンク

映画『355』の作品情報・概要

355』原題『The 3552022年イギリス製作のスパイアクション映画。サイモン・キンバーグ監督作品。世界各国(アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国)の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション映画。第3次世界大戦勃発をもくろむ国際テロ組織に戦いを挑む女性の活躍を描いている。ジェシカ・チャステイン(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、ペネロペ・クルス(映画『誰もがそれを知っている』や映画『ペイン・アンド・グローリー』)、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー(映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』や映画『マーウェン』)、ルピタ・ニョンゴ(映画『ブラックパンサー』や映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』)らが出演。

【女性活躍映画】『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」

映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」
映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」映画『コーダ あいのうた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コーダ あいのうた』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画コーダ あいのうた『』の作品情報・概要『コーダ あいのうた』原題『CODA』シアン・ヘダー監督・脚本作品。2021年アメリカ・フランス・カナダ合作のコメディドラマ映画である。聴覚障害者の両親をもつ子供(コーダ)である10代の少女の葛藤を描いている。歌の才能があることがわかるが、聴覚障害者の父母と兄を助けなければいけない。「夢をとるか家族をとるか」を悩む女子高校生が成長していく。2014年のフランス映画『エール!』の英語リメイクである。実際に聴覚障害者である俳優が出演したことも大きな評価となっている。ワールド・プレミアは2021年1月28日にサンダンス映画祭で行われた。Appleは映画祭史上最高額となる2500万ドルでこの映画の配給権を獲得した。劇場と配信サービスのApple TV+で公開されて大絶賛される。第79回ゴールデングローブ賞ドラマ映画賞と映画助演男優賞にノミネートされた。エミリア・ジョーンズ、トロイ・コッツァー、マーリー・マトリン、ダニエル・デュラント、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エウヘニオ・デルベス 、エイミー・フォーサイスらが出演。

スポンサーリンク

映画『355』の受賞歴

無し(20222月現在)

スポンサーリンク

映画『355』のあらすじ・ネタバレ

格闘術のスキルが高いCIAのメイソン・メイス・ブラウン(ジェシカ・チャステイン) 、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結。当初はライバルであった。しかし、ある出来事を機にチームを作り、コードネーム「355」を結成。第3次世界大戦を目論む国際テロ組織に立ち向かっていく。

【女性活躍映画】『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」
映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の作品情報・概要『コンフィデンスマンJP 英雄編』2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマを『コンフィデンスマンJP』の映画化第三弾。第一弾は香港ロケの『コンフィデンスマンJP ロマンス編』第二弾はマレーシアロケの『コンフィデンスマンJP プリンセス編』本作はマルタ共和国のマルタ島が舞台で、撮影はマルタ島および和歌山県のポルトヨーロッパで行われた。田中亮監督作品。長澤まさみ(映画『キングダム』や映画『すばらしき世界』や映画『海街diary』)、東出昌大(映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『マスカレード・ホテル』や映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『アルキメデスの大戦』)、松重豊(映画『罪の声』や映画『糸』)、瀬戸康史、城田優、生田絵梨花、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、角野卓造、江口洋介らが出演。  

スポンサーリンク

映画『355』の感想・内容

「女性活躍映画」です。もう何もかも詰め込んでいる映画です。「鍋映画」とでも言うのでしょうか。ネットでの情報にもありますが、『チャーリーズ・エンジェル』『ジェイソン・ボーン』シリーズ、『オーシャンズ8』『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ブラック・ウィドウ』などを十把ひとからげにした映画となります。こういう映画についての評論は難しいです。映画のストーリーにも新しいものはありません。

映画『355』の製作に至る過程はジェシカ・チャステインが「『ミッション:インポッシブル』や『ジェームズ・ボンド』といったシリーズと同じ精神で、女性主導によるスパイ映画を作りたい」と提案したところから始まっています。もうこの初動から「ダメ映画」「事故映画」になる可能性があったと思います。アイデアの上塗りは良いのですが、それ以上に観客を引きつけるストーリー展開がないとシリーズ化は難しいでしょう。もしくはトム・クルーズ、ダニエル・クレイグのような圧倒的なカリスマ性がある俳優であれば期待大です。さらにアクション映画の部類ですから、ダブルスタントに頼らず、自ら危険なアクションにトライするクルーズを目指すのであれば、今後シリーズ化は確約できると思います。

【女性活躍映画】『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」
映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要『ハウス・オブ・グッチ』原題『House of Gucci』2021年公開のアメリカ合衆国の伝記クライム映画。リドリー・スコット監督作品(映画『エイリアン』や映画『ドーナツキング』)。サラ・ゲイ・フォーデン原作のノンフィクション『ザ・ハウス・オブ・グッチ』(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed)が原作。パトリツィア・レッジアーニとマウリツィオ・グッチを軸に世界的ファッションブランド「グッチ」の創業者グッチ家の経営権争いと、マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いている。レディー・ガガ(映画『アリー/スター誕生』)、アダム・ドライバー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や『ブラック・クランズマン』)、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ(映画『仮面の男』)、サルマ・ハエック(映画『エターナルズ』や映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アル・パチーノ(映画『スケアクロウ』や映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が出演している。実際に起きた史実ならびに事件を忠実に再現している。さらに現存するグッチ家の人々の実名を用いて製作されたことが話題となっている。

さて、本映画『355』に出演する女性たちは慎重に選ばれていると思います。まず人種的に白人、黒人、黄色人種から選ばれています。世界的に「多様性の時代」が叫ばれていますから、従来のように白人ばかりキャスティングされる映画は好ましくありません。我らがアジアからはファン・ビンビンが出演しています。おそらくファンをキャスティングした理由は間違いなく中国での興行の成功を狙っていると思われます。それと英語が堪能であったからでしょう。

【女性活躍映画】『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」

映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」
映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」映画『決戦は日曜日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『決戦は日曜日』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『決戦は日曜日』の作品情報・概要 『決戦は日曜日』2022年1月7日公開予定の日本映画。坂下雄一郎監督作品、主演は窪田正孝(映画『えんとつ町のプペル』や映画『Diner ダイナー』)。宮沢りえ(映画『父と暮せば』や映画『日本独立』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、赤楚衛二(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、内田慈
(映画『ホテルローヤル』)、小市慢太郎、
音尾琢真(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)、たかお鷹、高瀬哲朗、今村俊一、小林勝也らが出演。かつて防衛大臣を務めた衆議院議員である父親が病に倒れて、代わって立候補した令嬢を当選させようとする私設秘書の奮闘を描く。思ったことをズケズケ言って周囲を混乱させるが、本心は議員になりたくない。そこでSNSを使い自ら落選を目指すがが、逆効果で当選してしまう。北朝鮮のミサイル問題に対しても描いている。日本の世襲政治を皮肉を持って描いてる。

スポンサーリンク

映画『355』の考察・評価

マーベル作品もそうでしたが、もう海外のフィルメメーカーのアジア戦略は中国オンリーというイメージが拭えません。かつて、日本の映画市場は大きなマーケットで、アメリカ製作の映画が公開される際は日本で大掛かりなプロモーションを行っていましたが、いまでは皆無です。また、本映画『355』に出演できる日本人女優をイメージしても中々思い浮かびません。まず容姿的にセクシーであること、アクションができること、そして最後に英語が堪能であることとなります。長澤まさみちゃん、綾瀬はるかさん、二階堂ふみさんの3人を合わせたような女優さんです。

本映画『355』の見所は出演の女優たちです。本当にこれだけかもしれません。アカデミー賞において、ノミネートあるいは受賞経験のある力のある女優たちです。わたしはペネロペ・クルスが好きなので彼女に注目して鑑賞します。役柄はコロンビアの心理学者です。派手なアクションはありません。ちょっと弱気で、故郷に残した子どもに泣きながら電話したりします。冒頭のジェシカ・チャステインとダイアン・クルーガーの追走劇は確かに迫力あります。ただ、その前段階の演出がいまひとつです。コーヒーを運んできたカフェの女性店員が手を滑らせ、CIA2人の頭上にコーヒーをこぼすのです。その瞬間、バックを強奪してからの逃走劇となるのですが、「使い古されている演出」なんです。もっと考えてほしいと思いました。

【女性活躍映画】『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」

映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」
映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」映画『ヴォイス・オブ・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴォイス・オブ・ラブ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴォイス・オブ・ラブ』の作品情報・概要『ヴォイス・オブ・ラブ』原題『Aline』バレリー・ルメルシエ監督・脚本・主演作品。世界的歌姫セリーヌ・ディオンの半生をモチーフに描いた音楽映画。アーチストの伝説をモチーフにした映画としては珍しく、ドラッグ、酒などのネガティブな要素が皆無の作品となっています。まだセリーヌ・ディオンが健在ということで遠慮したのか。映画の構成や演出においては及第点に至っていない。楽曲に頼った「音楽勝ち映画」となってしまった感が否めない。

スポンサーリンク

映画『355』の結末

さらに「昨日の敵は、今日の友」とのことわざがありますが、いままで敵対していた人たちが協力するということはそれ相当な理由がないといけません。一応、「第三次世界大戦阻止」となっていますが、それも過去に使い古された展開です。勿体無いですね。

本映画『355』の結末も予定調和です。

【女性活躍映画】『189』ネタバレ・あらすじ「DV・虐待は絶対ダメ!」感想「吉沢悠さんの勇気に拍手!」結末「嫌なことをさせない」

スポンサーリンク

映画『355』のキャストについて

メイソン・“メイス”・ブラウン(ジェシカ・チャステイン)
ドクター・グラシエラ(グラシー)(ペネロペ・クルス)
リン・ミーシェン(ファン・ビンビン)
マリー(ダイアン・クルーガー)
ハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)
ルイス(エドガー・ラミレス)
ニック(セバスチャン・スタン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『355』一言で言うと!

 「こんな美女ばかりにスパイって天国」

これほど美女ばかりが暗躍する世界に行ってみたいです。実際、こんな女性スパイっているのでしょうか?世界各国には公安がありますが、少なからず頭脳明晰で体力も異次元の人っていると信じたいです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」
映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」
映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!
 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ反戦映画】

映画『この世界の片隅に』

戦争映画の認識を変えた名作

映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」
映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。原作こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」映画『この世界の片隅に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『この世界の片隅に』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『この世界の片隅に』の作品情報・概要『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)作家・こうの史代の同名漫画を映画化。『アリーテ姫』『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督・脚本の長編アニメーション映画。資金調達に困窮し、クラウドファンディングを募って資金を集める。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた。しかしすぐに公開規模を累計484館(2019年10月31日時点)まで拡大してロングランとなる。

映画『硫黄島からの手紙』

二宮和也の名演が素晴らしい

映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。映画『硫黄島からの手紙』の作品情報・概要『硫黄島からの手紙』原題『Letters from Iwo Jima』2006年のアメリカ合衆国の戦争映画。『父親たちの星条旗』(原題『Flags of Our Fathers』)と企画された「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品となる。栗林忠道陸軍大将が本土の妻子に当てた手紙『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいて脚本を練られている。監督は『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッド。

映画『父親たちの星条旗』

アメリカ側から見た硫黄島

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。
映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。 映画『父親たちの星条旗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父親たちの星条旗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父親たちの星条旗』の作品情報・概要 『父親たちの星条旗』原題『Flags of Our Fathers』2006年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッドが監督作品。ジェームズ・ブラッドリーが父ジョン・“ドク”・ブラッドリーの半生を彼の知り合いたちを取材し、ロン・パワーズとまとめたノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)を元にしている。脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』のポール・ハギスを迎えている。スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが製作。太平洋戦争の最大の激戦と言われている硫黄島の戦いを本作と『硫黄島からの手紙』の「硫黄島プロジェクト」を立ち上げ、本作はアメリカ側からの視点で描いた名作である。

映画『名もなき生涯』

何も利益もない「神の教えに忠実」でいたいだけ

映画『名もなき生涯』ネタバレ・あらすじ・感想。テレンス・マリック自身の神への忠誠映画。正義を通して得られるものは?
映画『名もなき生涯』ネタバレ・あらすじ・感想。テレンス・マリック自身の神への忠誠映画。正義を通して得られるものは? 映画『名もなき生涯』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名もなき生涯』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『名もなき生涯』の作品情報・概要『名もなき生涯』原題『A Hidden Life』2019年のアメリカ合衆国・ドイツの伝記映画。テレンス・マリック監督作品。アウグスト・ディール主演。ヴァレリー・パフナー)ブルーノ・ガンツ共演。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに併合されたオーストリアを舞台に田舎の農村で農業を営みながら、信仰心の厚い夫婦の生涯を描く。ナチス・ドイツからの忠誠を拒否することで人間の尊厳を貫き通した名もなき人がいた。

映画『1917 命をかけた伝令』

第一次世界大戦の塹壕戦での伝令は少年が担った

映画『1917 命をかけた伝令』ネタバレ・あらすじ・感想。塹壕戦の恐怖。ワンカット風に撮影した戦争映画。アカデミー賞3冠。
映画『1917 命をかけた伝令』ネタバレ・あらすじ・感想。塹壕戦の恐怖。ワンカット風に撮影した戦争映画。アカデミー賞3冠。 映画『1917 命をかけた伝令』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『1917 命をかけた伝令』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。 『1917 命をかけた伝令』原題『1917』2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国の戦争映画。第一次世界大戦の塹壕戦を舞台に2人の若きイギリス兵が伝令を届ける一日を全編ワンカット風に撮影している。サム・メンデス監督。第92回(2020年)アカデミー賞では撮影賞、視覚効果賞、録音賞の3冠。

映画『彼らは生きていた』

ピーター・ジャクソンの作家性に驚愕

映画『彼らは生きていた』ネタバレ・あらすじ・感想。「賢者は歴史に学べ!」ピーター・ジャクソンの作家性に驚嘆。映画史を変える名作。
映画『彼らは生きていた』ネタバレ・あらすじ・感想。「賢者は歴史に学べ!」ピーター・ジャクソンの作家性に驚嘆。映画史を変える名作。映画『彼らは生きていた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『彼らは生きていた』公式サイトを案内し作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『彼らは生きていた』の作品情報・概要『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督作品。イギリスの帝国戦争博物館が所蔵する2,200時間を超える第一次世界大戦を記録した映像を最新のデジタル技術で修復・着色・3D化して制作している。退役軍人のインタビュー音声も交えて戦争、主に塹壕戦のおぞましさを伝えている。

映画『ジョジョ・ラビット』

母のプライドは死んでも消えない

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『プライベート・ウォー』

隻眼の女性ジャーナリスト「シリアで死す」

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『アルキメデスの大戦』

戦争阻止のための計算式ってあるのか?

映画『アルキメデスの大戦』戦争を阻止と言っているが結局、止められなかった数学者。ネタバレ・感想・評価 菅田将暉さんだけの130分
映画『アルキメデスの大戦』戦争を阻止と言っているが結局、止められなかった数学者。ネタバレ・感想・評価 菅田将暉さんだけの130分 映画『アルキメデスの大戦』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アルキメデスの大戦』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『芳華-Youth-』

戦争の一番の犠牲者は子どもと女性

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

記者の精神は真実を伝えるためにある

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価
イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。

映画『愛と死の記録』

戦争が終わっても戦いが終わらない人もいる

映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と死の記録』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『愛と死の記録』の作品情報・概要『愛と死の記録』1966年製作の日本映画。吉永小百合、渡哲也主演。中尾彬、芦川いづみ、浜川智子共演。蔵原惟繕監督作品。原作は大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」の中で紹介された実話をベースにしている。当初は浜田光夫だったが右目を負傷し、渡哲也が代役となった。本映画で共演した吉永小百合と渡哲也は私生活でも恋愛に発展したことで話題となる。

映画『あゝひめゆりの塔』

沖縄での戦闘で罪のない女性が亡くなった

映画『あゝひめゆりの塔』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉永小百合さんの“涙”に「不戦を誓う」ひめゆり学徒隊を忘れてはいけない。
映画『あゝひめゆりの塔』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉永小百合さんの“涙”に「不戦を誓う」ひめゆり学徒隊を忘れてはいけない。映画『あゝひめゆりの塔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『あゝひめゆりの塔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『あゝひめゆりの塔』の作品情報・概要『あゝひめゆりの塔』1968年9月21日に公開された日本の映画である。舛田利雄監督作品。主演は吉永小百合。浜田光夫、和泉雅子、遠山智英子共演。太平洋戦争末期の沖縄を舞台に沖縄師範学校の女子学生たちの悲劇を描く。

映画『父と暮せば』

原爆で死んだ父が亡霊となって娘に会いにきた

映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。
映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。映画『父と暮せば』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父と暮せば』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父と暮せば』の作品情報・概要。『父と暮せば』作家・井上ひさしによる戯曲を黒木和雄監督が映画化。主演・宮沢りえ。共演は原田芳雄と浅野忠信。原爆投下後の1948年の広島を舞台に被爆した父の亡霊と娘を描いた二人芝居。舞台劇の構成で展開していく。原爆で破壊された広島の街はCGで再現。撮影箇所は父娘の家と図書館くらいである。宮沢りえと原田芳雄の演技が素晴らしい。

映画『絶唱(1975)』

若き二人の恋愛を邪魔したのは戦争です

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

『アメリカン・スナイパー』

狙撃兵って「ヒーロー」なのだろうか?

クリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』実話は映画史上最高傑作の反戦映画である。ネタバレ、感想、評価
クリント・イーストウッドは多くの戦争映画を制作している。西部劇作品も一貫して戦争映画だ。『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も戦争映画だ。そして本作はおそらくイーストウッド自身ストレートに描いた最高傑作の反戦映画であると言える。事実、アメリカの戦争映画の興行収入の記録を作った。そこに反戦の事実がある。

 

 

スポンサーリンク

映画『355』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
サイモン・キンバーグ
製作
ジェシカ・チャステイン ケリー・カーマイケル サイモン・キンバーグ
製作総指揮
リチャード・ヒューイット エスモンド・レン ワン・ルイ・ファン
原案
テレサ・レベック
脚本
テレサ・レベック サイモン・キンバーグ
撮影
ティム・モーリス=ジョーンズ
美術
サイモン・エリオット
衣装
ステファニー・コーリー
編集
ジョン・ギルバート リー・スミス
音楽
トム・ホルケンボルフ
メイソン・“メイス”・ブラウン(ジェシカ・チャステイン)
ドクター・グラシエラ(グラシー)(ペネロペ・クルス)
リン・ミーシェン(ファン・ビンビン)
マリー(ダイアン・クルーガー)
ハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)
ルイス(エドガー・ラミレス)
ニック(セバスチャン・スタン)
2022年製作/122分/PG12/イギリス
原題:The 355
配給:キノフィルムズ

タイトルとURLをコピーしました