映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ネタバレ・あらすじ・感想。ローラ・アルバートの才能を評価。SNS炎上ビジネスの先駆け。

スポンサーリンク
2018年公開

映画『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』(2018年製作/108分/PG12/アメリカ)
原題『JT LeRoy

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」2/14(金)新宿シネマカリテほかにて全国公開!なぜ世界中がダマされたのか?2000年代半ばにセンセーショナルとなった文壇のカリスマの、嘘に基づく真実の物語!
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

【監督】
ジャスティン・ケリー
【製作】
パトリック・ウォームズリー ジュリー・ヨーン ソー・ブラッドウェル
ゲイリー・パール カシアン・エルウィズ ギリ・サラン マーク・アミン デイブ・ハンセン
【出演】
クリステン・スチュワート
ローラ・ダーン
ジム・スタージェス
ダイアン・クルーガー

スポンサーリンク
  1. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のオススメ度は?
  2. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の作品情報・概要
  3. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の感想・評価・内容・結末
    1. SNSがなかった時代の炎上ビジネス
      1. 女性作家が生き辛かった時代を描いた映画
    2. ローラ・アルバートは才能豊かな人に変わりない
      1. 村上春樹を愛してやまない翻訳家の物語
    3. 思わぬベストセラーでアバターを作り上げた
      1. 太宰も劇場型の作家だった
    4. メディアの本性が見える映画でもある
    5. メディアを逆手にとった面白さがある
      1. トールキンの名作『ロード・オブ・ザ・リング』誕生秘話に感動
    6. ローラ・アルバートの才能を再評価したい映画
      1. 図書館を愛する人たちのお話
  5. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のキャストについて
    1. サヴァンナ(クリステン・スチュワート)
    2. ローラ(ローラ・ダーン)
    3. ジェフ(ジム・スタージェス)
    4. エヴァ(ダイアン・クルーガー)
  6. まとめ 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』一言で言うと!
  7. 合わせて観たい映画
    1. 【作家の人生を描いた映画】
      1. 映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』
      2. 映画『コレット』
      3. 『天才作家の妻 40年目の真実』
      4. 映画『ドリーミング村上春樹』
      5. 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』
      6. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      7. 映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』
      8. 『Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』
  8. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の作品情報

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のオススメ度は?

4.0

4つです

劇場型作家誕生物語と言えるのでは

現代ならSNSを利用して大成功しているのに

JTリロイのアバターは誰だったのか

原作者のローラ・アルバートの才能を再評価

面白い

スポンサーリンク

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の作品情報・概要

『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』原題『JT LeRoy2018年に公開された米英加合作のドラマ映画。ジャスティン・ケリー監督作品。主演はローラ・ダーンが務めた。製作総指揮のサヴァンナ・クヌープが発表した自叙伝『Girl Boy Girl: How I Became JT Leroy』を原作としている。JTを演じるサヴァンナの苦悩が描かれている。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ

ローラ(ローラ・ダーン) は夫のジェフ(ジム・スタージェス)と組んだバンドのセールスに躍起だ。しかし如何せん音楽的な才能がない。そこで小説『サラ、いつわりの祈り』を書き、作者がそのバンドの熱狂的なファンだとアピールすることでバンドを売り出そうと考えた。しかしながら発表した小説が予想外のスマッシュヒット。ローラは夫の妹サヴァンナ(クリステン・スチュワート) を作者に仕立て上げメディア展開していく。乗り気でなかったサヴァンナも注目されることに戸惑いながらJT・リロイを演じていく。しかしことは上手く運ばない。やがて正体がバレて大バッシングを食らうことになる。果たして、、、。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の感想・評価・内容・結末

SNSがなかった時代の炎上ビジネス

とても面白い映画です。このJT・リロイを作り出したのはローラ・アルバートという女性作家です。

わたしはまずこのローラという女性の才能を評価したいと思います。彼女のやり方はいわゆる炎上ビジネスです。

今ではSNSでは常套手段です。その先駆けになった人です。ただ時代的に早すぎた手法だったと思います。

もし現在であるならブログ、ツイッター、ファイスブックを大活用してもっと大きな展開になっていたと思います。

しかもSNSでの展開はある程度「虚飾もオッケー」という曖昧なルールが浸透しているので違った形になったのではないでしょうか。

しかしながらローラ・アルバートはこの事件以降、作家としてある程度成功しているわけですからやはり才能があったのはいうまでもありません。

女性作家が生き辛かった時代を描いた映画

ローラ・アルバートは才能豊かな人に変わりない

さて、映画『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ですが、ローラ・アルバートが自身の小説を発表したいのですが、女であることや用紙などを揶揄されて出版できませんでした。

そこで考えたのは毒親の元に育ちドラッグをやり、エイズにかかった男娼として生業を立てながらも芸術的才能があるという少年を作り上げたのです。

これが見事に功を奏しました。全米で大ヒットです。

しかもマドンナ、コートニー・ラブ、ウィノナ・ライダーらの著名人からも絶対的な支持を取り付けます。JTの生い立ちに同情したという意見もありますが、やはり繊細な文章が評価されたのも事実です。

村上春樹を愛してやまない翻訳家の物語

思わぬベストセラーでアバターを作り上げた

メディアからの取材攻勢、そして映画化へと猛進して行きます。

その際にローラ(ローラ・ダーン)は 婚約者ジェフ(ジム・スタージェス) の妹サヴァンナ(クリステン・スチュワート)をリロイに仕立て上げるのです。

今さらローラが書いたとは言えません。ちなみにローラの生い立ちも壮絶です。毒親、施設育ち、肥満。それらがコンプレックスとなっていました。

ですから自らのアバターとしてJTリロイを作り上げて、リロイのアバターにサヴァンナを当てたのです。

サヴァンナはローラの命令に赴くまま演じていましたが、やはり無理があります。

作家性の高いローラの世界観についていけなかったこともありますが、自身もメディアで注目され、有名になっていくことに快感を覚えたのも崩壊への始まりといってもいいでしょう。

サヴァンナがもっとうまく演じていれば今もJTリロイは存在していたのかもしれません。

太宰も劇場型の作家だった

メディアの本性が見える映画でもある

さて、この映画『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』から読み取れるのは「メディアは恐ろしい、でもすぐ飽きる」ということです。

確かに全米を巻き込んだスキャンダルってイメージがありますが、エンタメビジネスの世界ではもっと酷い嘘やイメージ操作が行われていることも認識しなければいけません。

俳優でも歌手でもそれほど歌も上手くないのにもてはやされている人っていますよね?「なんであの人が?」って日常茶飯事です。

大手の事務所の戦略にしてもやりすぎではと感じる事例はたくさんあります。例えば世界の美しい顔100人などの企画はたくさんあります。

でもそれって単なるごく一部の人が選んだ基準であって、誰もが認めているわけではありません。でもネットに流れると誰もがすごいと捉えてしまいます。

メディアを逆手にとった面白さがある

もっと言うなら「フランスでは日本アニメがブーム」とかのニュースあるじゃあないですか。来場者が50万人とか。でもたった50万人です。

それを日本のメディアが報道するとわたしたち日本人は活気付き、変な自意識が生まれてます。確かにフランスは親日家が多いですが、そこまでブームになっていないのです。

メディアというのは恐ろしいものです。でもこのJT・リロイはそのメディアを逆手にとって展開した劇場型の事件だったのです。

それはそれで面白いのです。ですから騙されたメディアの反撃は凄まじいものだったそうです。

トールキンの名作『ロード・オブ・ザ・リング』誕生秘話に感動

ローラ・アルバートの才能を再評価したい映画

ただここで改めて評価しなければいけないのは作家ローラ・アルバートの才能です。

メディアを巻き込んだ劇場型物語を完遂させたのは実は自身の作家性を世に問うために手段だったとしたらそれはとてつもない才能だと思うのです。

実際、その後の彼女は小説家としていくつか出版し高評価をえています。一方で主人公を演じたサヴァンナはJTリロイの亡霊に取り憑かれて苦悩した時期があったようです。

しかしながら本映画『ふたりのJT・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』で製作総指揮・原作も兼ねています。

映画の中では退廃的なイメージを持っていましたが、彼女なりに辛酸を舐めて表舞台に戻ってきました。ですからこの映画自体がJTリロイの終焉であるのかもしれません。

ちなみに中心人物のローラ・アルバートはもうJTリロイに興味はないそうです。いわゆる「過去のもの」なのでしょう。作家とはそうあるべきなのかもしれません。

図書館を愛する人たちのお話

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のキャストについて

サヴァンナ(クリステン・スチュワート)

ローラにJT・リロイに仕立て上げられる。嘘であるから葛藤するが次第に自己陶酔していく自分に気がつく。クリステン・スチュワートの退廃的というか、けだるい感じの演技がとても良かったです。いかにもデリケートで中性的な若者感という雰囲気を出していました。

ローラ(ローラ・ダーン)

本映画の主人公ローラ・アルバート役です。才能豊かな女性です。もうローラ・ダーン以外は考えられないような演技でした。『マリッジ・ストーリー』のイケ好かない役もぴったりですが、本作のローラも圧巻です。まったく罪悪感もなく、とにかくぶっ飛ばし感が満載でした。最高です。

ジェフ(ジム・スタージェス)

ローラの夫でさえないバンドマン。音楽で世界に打って出ようと目論んでいますが、あまり才能がありません。映画の中では割と善人のように扱われていますが、ローラを煽ったのは事実でしょう。最後にローラを裏切るのは男としてどうか、と感じました。ジム・スタージェスは顔がいいですね。

エヴァ(ダイアン・クルーガー)

JT・リロイの映画化権を獲得して監督します。リロイの才能に惚れ込んでいますが、実際のリロイに会って何かを知ったようです。ダイアン・クルーガーは美しいですね。意地悪な雰囲気を出すのがとてもうまいですね。

*尚、実際の映画はアーシア・アルジェントが監督している。彼女はハーヴェイ・ワインスタインのレイプを訴えて、#MeToo運動の先駆け的存在である。

まとめ 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』一言で言うと!

「能ある鷹は爪を隠す」

ちょっと意味合いは違うかもしれませんが、ローラは爪を隠したばかりに大炎上してしまいました。本人は表舞台に出ることをせず、陰で君臨したかったと思いますが、世の中は都合よく進みません。爪を隠したことがバレて大炎上したことがローラの望んだ売名成功とは行きませんでした。ですからこのことわざは能力がある人が爪を隠すと後々、大変なことになるかも、です。

合わせて観たい映画

【作家の人生を描いた映画】

映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』

自殺志望の作家がたどり着いた先は?

映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。自殺願望の作家と暗殺者のコメディードラマ。
イギリスは紳士・淑女の国だ。そしてかつて世界の7つの海を制覇した国だ。彼らは日常からジョークを楽しむ習慣がある。それは過去の戦いの中から見出した楽しみの一貫なのだろう。本映画は“死”をテーマに展開される。誰もが避けたいと思う死をユーモアたっぷりに描いている。死は悲劇ではなくコメディーみたいな存在とでも言っているようだ

映画『コレット』

女性作家が差別されていなかった時代の勇気をみよ!

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。

『天才作家の妻 40年目の真実』

『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ(感想)どんな夫婦にも“特殊”な世界観があるということ。
妻子ある大学教授と恋に落ち、略奪婚をしてしまった負い目もあるのだろうか。自らの夢である“作家”を諦め夫のゴーストライターに徹することで良き妻『糟糠の妻』を演じるているのか。ノーベル文学賞と言う名誉が二人の絆を壊そうとする。二人の感情揺れ動く。妻は全てを告白するのか、夫はそれを許すのか。夫婦である意味とは、、、。

ダメ夫のゴーストライターを演じるのはコリゴリ

映画『ドリーミング村上春樹』

村上春樹作品の翻訳に人生をかける情熱

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。
デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

太宰治の人生は映画で描ききれないのでは、、、

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公式サイトにて作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想を記述。極彩色で映画を描く蜷川実花が小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみを迎え、太宰治の半生を描く。太宰を支えて三人の女たちがどのように太宰文学に関わってきたのかについても言及。太宰の“ダメっぷり、クズっぷり”を描こうとしている。二階堂ふみさんの演技が秀逸。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と過ごした日々が名作を生み出した

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』

サリンジャーほど素敵な作家はいない

天才伝説!『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』サリンジャーの名言が溢れてる映画
アメリカ文学史に燦然と輝く偉大な作家、サリンジャー。彼の後半の人生は謎に満ちている。なぜ表舞台から立ち去ったのか、その謎に迫る映画である。この映画はサリンジャーの名言が随所に盛り込まれている垂涎の作品である。天才作家の苦悩と葛藤、そして伝説になった生き方を如実に表している。

『Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』

ディケンズの執筆方法が超面白い

『Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』(104分/米/2017)
原題 『The Man Who Invented Christmas』 作家とは素晴らしい仕事であると再認識させてくれる。ディケンズが後世の作家たちに影響は計り知れない。もちろん『クリスマス・キャロル』は永遠なり。...

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジャスティン・ケリー
製作
パトリック・ウォームズリー ジュリー・ヨーン ソー・ブラッドウェル ゲイリー・パール カシアン・エルウィズ ギリ・サラン マーク・アミン デイブ・ハンセン
製作総指揮
ジャスティン・ケリー サバンナ・クヌープ フィリス・レイング デバン・タワーズ アンダース・エアデン サイモン・ウィリアムズ ウェイン・マーク・ゴッドフリー ロバート・ジョーンズ カミ・ウィニコフ タイラー・ボーム ジェド・ルート トレイシー・クリスチャン ナディーン・ドゥ・バロス エリカ・オールド マーゴット・ハンド
原作
サバンナ・クヌープ
脚本
ジャスティン・ケリー サバンナ・クヌープ
撮影
ボビー・ブコウスキー
美術
ジャン=アンドレ・カリエール
衣装
エイバリー・プルーズ
編集
アーロン・I・バトラー
音楽
ティム・クバスノスキー
音楽監修
ジョエル・C・ハイ
サヴァンナ(クリステン・スチュワート)
ローラ(ローラ・ダーン)
ジェフ(ジム・スタージェス)
エヴァ(ダイアン・クルーガー)
サシャ(コートニー・ラブ)
ケルビン・ハリソン・Jr.
ジェームズ・ジャガー
デイブ・ブラウン
2018年製作/108分/PG12/アメリカ
原題:JT LeRoy
配給:ポニーキャニオン

タイトルとURLをコピーしました