映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」

スポンサーリンク
映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」2021年製作

映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ハウス・オブ・グッチ』
2021年製作/159分/PG12/アメリカ
原題:House of Gucci
配給:東宝東和

【監督】
リドリー・スコット
【製作】リドリー・スコット ジャンニーナ・スコット ケビン・J・ウォルシュ マーク・ハッファム【製作総指揮】ケビン・ウルリッヒ ミーガン・エリソン エイダン・エリオット マルコ・バレリオ・プジーニ アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス【原作】サラ・ゲイ・フォーデン【原案】ベッキー・ジョンストン【脚本】ベッキー・ジョンストン ロベルト・ベンティベーニャ【撮影】ダリウス・ウォルスキー【美術】アーサー・マックス【衣装】ジャンティ・イェーツ【編集】クレア・シンプソン【音楽】ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

【出演】
レディー・ガガ アダム・ドライバー ジャレッド・レト ジェレミー・アイアンズ ジャック・ヒューストン サルマ・ハエック アル・パチーノ カミーユ・コッタン

スポンサーリンク
  1. 2022年1月14日公開映画紹介
    1. 2022年1月14日公開の映画でオススメは以下の4作品となります。
  2. 映画『ハウス・オブ・グッチ』外部リンク
      1. 【イタリア映画】不条理すぎる映画『ドッグマン』実話の解説・感想・ネタバレ・あらすじ・評価。マッテオ・ガローネ監督の描く人間の本質は闇だ。
  3. 映画『ハウス・オブ・グッチ』のオススメ度は?
      1. 【イタリア映画】『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」
  4. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要
      1. 【イタリア映画】『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」
  5. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の受賞歴
  6. 映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【イタリア映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末
  7. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の感想・内容
      1. 【イタリア映画】『道』ネタバレ・あらすじ・結末。イタリア映画最高作品。人は「道」で人生の喜怒哀楽の機微を知る。失って気がつく大切な愛がある。
  8. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の考察・評価
      1. 【イタリア映画】『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう
  9. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の結末
      1. 【イタリア映画】『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界に羽ばたいた。セルジオ・レオーネ監督と黒澤明監督への尊敬の念は消えない
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』のキャストについて
      1. 【イタリア映画】『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』ネタバレ・感想。芸術のために生き、死んだ“魂の叫び”を聞け&観て!
  11. まとめ 映画『ハウス・オブ・グッチ』一言で言うと!
  12. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】
      1. 映画『透明人間』
      2. 映画『ミッドサマー』
      3. 映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
      4. 映画『ナイチンゲール』
      5. 映画『ダーティーハリー』
      6. 映画『テッド・バンディ』
      7. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      8. 映画『シャイニング』
      9. 映画『ドクター・スリープ』
      10. 映画『ジョーカー』
  14. 映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報

2022年1月14日公開映画紹介

2022年1月14日公開の映画でオススメは以下の4作品となります。

なんと我らが長澤まさみちゃんが「生きる伝説」クリント・イーストウッドとハリウッドきっての「知性派俳優」マット・デイモン、さらに「世界のディーバ」ことレディー・ガガを迎え撃つという構図です。

わたし的には映画のクオリティでは『スティルウォーター』ですが、興行収入では「長澤まさみちゃんの圧勝」となると思っています。

「よくやった!長澤まさみちゃん」です。

 

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」
映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ祭り!」感想「四代目ツチノコは誰に?」結末「マルタ島ロケに意味がある」映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の作品情報・概要『コンフィデンスマンJP 英雄編』2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマを『コンフィデンスマンJP』の映画化第三弾。第一弾は香港ロケの『コンフィデンスマンJP ロマンス編』第二弾はマレーシアロケの『コンフィデンスマンJP プリンセス編』本作はマルタ共和国のマルタ島が舞台で、撮影はマルタ島および和歌山県のポルトヨーロッパで行われた。田中亮監督作品。長澤まさみ(映画『キングダム』や映画『すばらしき世界』や映画『海街diary』)、東出昌大(映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『マスカレード・ホテル』や映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『アルキメデスの大戦』)、松重豊(映画『罪の声』や映画『糸』)、瀬戸康史、城田優、生田絵梨花、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、角野卓造、江口洋介らが出演。  

 

 

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」
映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要『ハウス・オブ・グッチ』原題『House of Gucci』2021年公開のアメリカ合衆国の伝記クライム映画。リドリー・スコット監督作品(映画『エイリアン』や映画『ドーナツキング』)。サラ・ゲイ・フォーデン原作のノンフィクション『ザ・ハウス・オブ・グッチ』(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed)が原作。パトリツィア・レッジアーニとマウリツィオ・グッチを軸に世界的ファッションブランド「グッチ」の創業者グッチ家の経営権争いと、マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いている。レディー・ガガ(映画『アリー/スター誕生』)、アダム・ドライバー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や『ブラック・クランズマン』)、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ(映画『仮面の男』)、サルマ・ハエック(映画『エターナルズ』や映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アル・パチーノ(映画『スケアクロウ』や映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が出演している。実際に起きた史実ならびに事件を忠実に再現している。さらに現存するグッチ家の人々の実名を用いて製作されたことが話題となっている。

 

映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「意味は男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」
映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」映画『クライ・マッチョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クライ・マッチョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『クライ・マッチョ』の作品情報・概要『クライ・マッチョ』原題『Cry Macho』 2021年のアメリカ合衆国のネオウェスタンドラマ映画。監督・製作・主演をクリント・イーストウッド。本作で監督デビュー50年、40作目となる。N・リチャード・ナッシュが執筆した同名タイトルの小説を映画化。エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラベン、ドワイト・ヨーカム、フェルナンダ・ウレホラらが出演。脚本はニック・シェンクとN・リチャード・ナッシュが担当。イーストウッドは『許されざる者』(92)以来、30年ぶりに乗馬した。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』外部リンク

【HPサイト】
映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト
【予告映像】
映画『ハウス・オブ・グッチ』トレーラー
【公式Twitter】映画『ハウス・オブ・グッチ』

【IMDbサイト】映画『ハウス・オブ・グッチ』
【 Rotten Tomatoesサイト】映画『ハウス・オブ・グッチ』

【イタリア映画】不条理すぎる映画『ドッグマン』実話の解説・感想・ネタバレ・あらすじ・評価。マッテオ・ガローネ監督の描く人間の本質は闇だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』のオススメ度は?

星3つ半です

サスペンスとして面白い

レディー・ガガ「適役」&「意外と小柄」

リドリー・スコット元気すぎる

【イタリア映画】『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」
映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」 映画『ほんとうのピノッキオ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ほんとうのピノッキオ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ほんとうのピノッキオ』の作品情報・概要 『ほんとうのピノッキオ』原題『Pinocchio』2019年のイタリアのファンタジー映画。マッテオ・ガローネ監督作品(映画『ドッグマン』)。カルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』を原作を映画化。マッテオ・ガローネは脚本・製作も務めている。主要キャストはロベルト・ベニーニ(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』)、フェデリコ・エラピ、ロッコ・パパレオ(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)、マッシモ・チョッケリニ、マリーヌ・バクト、ジジ・プロイエッティ、アリーダ・バルダリ・カラブリア、マリア・ピア・ティモ、マッシミリアーノ・ガッロ、ジャンフランコ・ガッロ(映画『トスカーナの幸せレシピ』)、ダビデ・マロッタ、テコ・セリオ出演らが出演。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要

『ハウス・オブ・グッチ』原題『House of Gucci』2021年公開のアメリカ合衆国の伝記クライム映画。リドリー・スコット監督作品(映画『エイリアン』や映画『ドーナツキング』)。サラ・ゲイ・フォーデン原作のノンフィクション『ザ・ハウス・オブ・グッチ』(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed)が原作。パトリツィア・レッジアーニとマウリツィオ・グッチを軸に世界的ファッションブランド「グッチ」の創業者グッチ家の経営権争いと、マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いている。レディー・ガガ(映画『アリー/スター誕生』)、アダム・ドライバー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』『ブラック・クランズマン』)、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ(映画『仮面の男』)、サルマ・ハエック(映画『エターナルズ』や映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アル・パチーノ(映画『スケアクロウ』や映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が出演している。実際に起きた史実ならびに事件を忠実に再現している。さらに現存するグッチ家の人々の実名を用いて製作されたことが話題となっている。

【イタリア映画】『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」
映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の作品情報・概要『ニュー・シネマ・パラダイス』原題『Nuovo Cinema Paradiso』1988年公開のイタリア映画。ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。ジャック・ペラン主演。音楽はエンニオ・モリコーネ(『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』や『ザ・シークレット・サービス』)。映画愛の満ちた名作。ローマで映画監督として成功した男が「映画へ導いてくれ男の葬儀」のために数十年ぶりに帰郷する。少年時代を回想しながら葬儀へと向かう年齢差を超えた友情と若かりし日々の苦い恋愛を回顧する。初恋の女性との再会に胸を焦がす。エンニオ・モリコーネの音楽が物語を牽引している。停滞していたイタリア映画をもう一度、「世界の檜舞台に戻した」作品である。1989年カンヌ国際映画祭審査員特別賞。1989年アカデミー外国語映画賞。
スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の受賞歴

無し(2022年1月現在)

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ

グッチの創業者・グッチオ・グッチは1881年フィレンツェで生まれた。ロンドンへ渡り、高級ホテルで修行。その時、上流階級の人たちと接したことで、後の大成功へと繋がる。帰国後、フィレンツェで小さな鞄屋をオープン。二つの大戦にもめげず、努力を重ねて人気のファッションブランドへと育て上げた。息子のアルド・グッチ(アル・パチーノ)はアメリカ進出を果たす。そして息子・パオロ・グッチ(ジャレッド・レト)を後継者にする。パオロの従兄弟のマウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー) はファッションに興味がなかった。ある日、パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ) という貧乏な女性と出会って、運命は流転していく。玉の輿に乗りたいパトリツィアは色仕掛けでマウリツィオを翻弄し、結婚へこぎつける。そして彼女はグッチ家を支配していく。さらにマウリツィオ暗殺計画を企てる。

【イタリア映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末
映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能の完落ち」結末映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』の作品情報・概要『ライフ・イズ・ビューティフル』原題『La vita è bella』英題『Life Is Beautiful』1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演作品。共演は妻のニコレッタ・ブラスキ。第二次世界大戦の始まりから終結のイタリアが舞台。ナチスドイツのユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた愛が溢れた映画。第51回カンヌ国際映画祭(1998年)で審査員グランプリを受賞。第71回米国アカデミー賞(1999年)で作品賞ほか7部門にノミネートされ、主演男優賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞。ロベルト・ベニーニは外国語でのアカデミー主演男優賞を受賞した初めての男優となる。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の感想・内容

本映画『ハウス・オブ・グッチ』の最大の見所は何と言っても、映画出演2本目のレディー・ガガだと思います。映画デビュー作『アリー/スター誕生』では、お得意の歌唱を披露していました。歌が上手いのは当然です。

演技に於いては及第点という感じでした。しかし、本映画『ハウス・オブ・グッチ』の予告を観て、「ゾクッとさせる」存在力を感じました。とても自信に満ちていたからです。

映画出演2本目とは思えない表情でした。しかも共演する俳優は大物ばかりです。筆頭はアル・パチーノ。そしてジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエック、さらにアダム・ドライバーです。かなりのプレッシャーがあったと思います。

レディー・ガガはパトリツィア・レッジャーニを演じるにあたり、あらゆる書物を読みきったと答えています。20代から50代まで演じています。

一見、貧乏育ちの女性が幸せを掴む「シンデレラストーリー」と思われがちですが、なんと「クライムサスペンス映画」となっています。

本映画は実際に起きたグッチ家のお家騒動、そして、夫を暗殺するという狂気の妻をガガが演じているのです。実際のグッチ家はパトリツィアによって崩壊させられたと言って良いでしょう。今現在、グッチ家の人間は経営に関与してません。

そして殺人計画を立てたパトリツィアは、いまは出所して、悠々自適な暮らしをしているそうです。本映画『ハウス・オブ・グッチ』で自身を演じたレディー・ガガに対して「挨拶に来ない」と腹を立ているそうです。

さて、本映画『ハウス・オブ・グッチ』で最も注目している俳優は夫・マウリツィオ・グッチを演じるアダム・ドライバーです。

『スター・ウォーズ』のカイロ・レンで、記憶に新しいですが、その他でも圧巻の演技を披露しています。ジム・ジャームッシュ監督作品の 映画『マリッジ・ストーリー』では、未練たっぷりの夫を演じていました。ダメになっていく姿にもらい泣きしてしまいました。

映画『デッド・ドント・ダイ』では、大きな体で小さな車に乗っている警官を演じて笑いを誘いましたが、最後は見事ゾンビになりさらに笑いを誘いました。近い将来、アダム・ドライバーがオスカーを獲得することは間違いなしでしょう。

【イタリア映画】『道』ネタバレ・あらすじ・結末。イタリア映画最高作品。人は「道」で人生の喜怒哀楽の機微を知る。失って気がつく大切な愛がある。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の考察・評価

さて、本映画『ハウス・オブ・グッチ』のようにお家騒動って、人間関係がわかりにくいです。相関図が必要です。

特に海外の物語は日本名と違って、ややこしい氏名が多いから尚更です。パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ) は外部の人間なのでわかりやすいです。

グッチ家の人間で抑えてほしいのはパオロ・グッチ(ジャレッド・レト)はアルド・グッチ(アル・パチーノ)の息子であること。

そしてマウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー) はアルドの弟の一人息子であることを念頭に入れてください。その他のアルドの兄弟は忘れてください。

【イタリア映画】『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう

映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう
映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう。映画『夕陽のガンマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『夕陽のガンマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『夕陽のガンマン』の作品情報・概要 『夕陽のガンマン』はイタリア語『Per qualche dollaro in più』英語では『For a Few Dollars More』となる。意味は「もう数ドルのために」となる。1965年のイタリア制作の西部劇である。セルジオ・レオーネ監督作品。クリント・イーストウッド主演。共演はリー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー。前作『荒野の用心棒』と次作『夕陽のガンマン』と合わせて「ドル箱三部作」と呼ばれている。エンニオ・モリコーネの音楽が秀逸。日本公開は1967年。映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまうセルジオ・レオーネとクリント・イーストウッドが組んだドル箱三部作の第二弾。西部劇お決まりの物語進行。流れ者、いや賞金稼ぎがふらっと街へ訪れる。そしてひと稼ぎ。しかしそこには同じく賞金稼ぎを生業にするガンマンが登場する。二人は意気投合し共闘することになる。しかし敵は手強い。レオーネの独特の演出に心踊り、汗をかく。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の結末

イタリアは警察とマフィアは癒着関係と言われていますが、さすがにバレるでしょう。パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)は数年の逃亡の末、逮捕されました。

ほぼ終身刑の判決を受けて服役しました。しかし、財産があります。獄中では悠々自適に生活し、出所後も何不自由なく暮らしているそうです。

さて、本映画『ハウス・オブ・グッチ』の結末は「正義は勝つ」「悪は成敗される」というイメージで終わっています。でも実際はそうなのでしょうか。

逮捕されて、裁判にかけられるパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ) の太々しい態度を見て、どう思いましたか?わたしはまったく違和感なかったのです。

逆に「頼もしく」見えたほどです。非現実な映画だからかもしれませんが、実際に起きた出来事です。

ですから、事件が起きた当時にイタリアのリアルタイム時ではどのように国民がパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ) を見ていたのかが気になります。

弱者を虐めたり、騙したりしたら一斉に避難されます。でも、巨大国家や企業を騙して、大金をせしめると「ヒーロー」になることが多々あります。

本映画『ハウス・オブ・グッチ』では後者です。でも人を殺めているので、多くの共感はなかったかもしれません。

ただ、貧しい育ちのパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ) が成り上がる姿を応援し、称賛した人も多いと思います。

わたしもおそらくそういう人間です。最後に「わたしはグッチ夫人よ」の言葉を聞いて「頑張れ!」と思いました。

【イタリア映画】『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界に羽ばたいた。セルジオ・レオーネ監督と黒澤明監督への尊敬の念は消えない

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』のキャストについて

パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)
マウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)
パオロ・グッチ(ジャレッド・レト)
ロドルフォ・グッチ(ジェレミー・アイアンズ)
ドメニコ・デ・ソーレ(ジャック・ヒューストン)
ピーナ・アウリエンマ(サルマ・ハエック)
アルド・グッチ(アル・パチーノ)
パオラ・フランキ(カミーユ・コッタン)

【イタリア映画】『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』ネタバレ・感想。芸術のために生き、死んだ“魂の叫び”を聞け&観て!

スポンサーリンク

まとめ 映画『ハウス・オブ・グッチ』一言で言うと!

「天使か悪魔か、というより魔女でしょ!」

実際に起きた物語と聞いて、驚きました。占い師と知り合ったのが運の尽きだったのでしょうね。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】

映画『透明人間』

エリザベス・モス最高演技!「ストーキングの恐怖」と「女性の自由」を描く

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ミッドサマー』

フェスティバル・スリラーを開拓したアリ・アスター監督作品

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

青春ホラー映画の金字塔

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・感想と結末までのあらすじ。ラストの“口撃”が最強兵器だった。
『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』2017年に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で登場人物の子ども時代を描く。本作『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はその27年後を描いている。映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトにて作品情報・キャスト・ネタバレ・あらすじ・結末について書いています。

映画『ナイチンゲール』

気分が悪くなるほど悲惨は映画です

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

ゾディアック事件をモチーフに、、、

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『テッド・バンディ』

このテッド・バンディがいたからサイコパス映画が生まれてのかも、、

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ドイツにもサイコパスはいます

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『シャイニング』

やはりキューブリック描くと100倍の怖さです

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『ドクター・スリープ』

キューブリックに捧げる映画誕生!

映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ドクター・スリープ』公式サイト・作品・キャスト紹介ならびに上映館情報、ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。『ドクター・スリープ』原題『Doctor Sleep』(2013年発表)は、スティーヴン・キング原作のホラー小説「シャイニング」の40年後を描いた続編。監督はマイク・フラナガン。出演はユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンと新鋭カイリー・カラン 。キングは続編を書かないことで有名だがスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』への批判を込めて書いたと言われている。

映画『ジョーカー』

こんなに真面目で努力しているのに、、、

404 NOT FOUND | 運だぜ!アート
映画・サウンド・デザイン・写真などのアート全般を独自目線で甘口評価

 

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報

映画.comより一部引用

スタッフ・キャスト
監督
リドリー・スコット
製作
リドリー・スコット ジャンニーナ・スコット ケビン・J・ウォルシュ マーク・ハッファム
製作総指揮
ケビン・ウルリッヒ ミーガン・エリソン エイダン・エリオット マルコ・バレリオ・プジーニ アーロン・L・ギルバート ジェイソン・クロス
原作
サラ・ゲイ・フォーデン
原案
ベッキー・ジョンストン
脚本
ベッキー・ジョンストン ロベルト・ベンティベーニャ
撮影
ダリウス・ウォルスキー
美術
アーサー・マックス
衣装
ジャンティ・イェーツ
編集
クレア・シンプソン
音楽
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)
マウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)
パオロ・グッチ(ジャレッド・レト)
ロドルフォ・グッチ(ジェレミー・アイアンズ)
ドメニコ・デ・ソーレ(ジャック・ヒューストン)
ピーナ・アウリエンマ(サルマ・ハエック)
アルド・グッチ(アル・パチーノ)
パオラ・フランキ(カミーユ・コッタン)

2021年製作/159分/PG12/アメリカ
原題:House of Gucci
配給:東宝東和

 

タイトルとURLをコピーしました