映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。SFホラーを確立「気持ち悪い」でも「観ちゃう恐怖」シガニー・ウィーバーの体が綺麗。

スポンサーリンク
映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。SFホラーを確立「気持ち悪い」でも「観ちゃう恐怖」シガニー・ウィーバーの体が綺麗。SF映画

映画『エイリアン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『エイリアン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『エイリアン』
(116分/G/アメリカ/1979)
原題『Alien』

【監督】
リドリー・スコット
【製作】
ゴードン・キャロル デビッド・ガイラー ウォルター・ヒル
【製作総指揮】
ロナルド・シャセット
【原案】
ロナルド・シャセット ダン・オバノン
【脚本】
ダン・オバノン
【撮影】
デレク・バンリント
【音楽】
ジェリー・ゴールドスミス
エイリアンデザイン
H・R・ギーガー
【出演】
シガニー・ウィーバー
ベロニカ・カートライト
トム・スケリット
イアン・ホルム
ハリー・ディーン・スタントン
ジョン・ハート
ヤフェット・コットー
【HPサイト】
映画『エイリアン』IMDbサイト
【予告映像】
映画『エイリアン』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『エイリアン』NHK BSプレミアム放送 9月21日(月)午後9時00分~10時58分
    1. 9月21日(月)午後9時00分~10時58分
  2. 映画『エイリアン』のオススメ度は?
  3. 映画『エイリアン』の作品情報・概要
  4. 映画『エイリアン』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『エイリアン』の感想・内容
    1. “SFホラー”映画の先駆けを作ったリドリー・スコット監督
      1. SF映画の金字塔と言ったら『スター・ウォーズ』ですね!
    2. 『エイリアン』シリーズは本作と『エイリアン2』が絶品
    3. 主演のリプリー演じるシガニー・ウィーバーが強烈な存在感
      1. 新海誠監督デビュー作はSF恋愛映画
    4. 閉鎖空間の映画を観るとわたしたちは“抜け出したい”気分に拍車がかかる
      1. こちらは実話の宇宙映画です
  6. 映画『エイリアン』の結末・評価
    1. 本映画『エイリアン』の“エイリアン”を観て「ギョッとした」人は多いはず
      1. 抱腹絶倒間違いなし「SFコメディー」最高傑作!
    2. アンドロイドのアッシュ(イアン・ホルム )の出来栄えが素晴らしい
    3. シガニー・ウィーバーくらいの美人度だったからヒットした
      1. ブラッド・ピット最高演技と言われています
  7. 映画『エイリアン』のキャストについて
  8. まとめ 映画『エイリアン』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
    2. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  10. 映画『エイリアン』の作品情報

映画『エイリアン』NHK BSプレミアム放送 9月21日(月)午後9時00分~10時58分

9月21日(月)午後9時00分~10時58分

秋めいてきました。

文化の日が近いです

宇宙文化が到来するのでしょうか

リドリー・スコット監督は「SFホラー」という文化を作りました

シガニー・ウィーバーは宇宙で最初の「ヒロイン女優」です

スポンサーリンク

映画『エイリアン』のオススメ度は?

3.0

3つです

単純に面白いです

飽きません

惹きつける魅力は「シガニー・ウィーバー」

そして気持ち悪い「エイリアン」です

魚か爬虫類か?

スポンサーリンク

映画『エイリアン』の作品情報・概要

巨匠リドリー・スコット監督がSFホラーを世界に見せしめた不朽の名作。本映画の経験が『ブレードランナー』に活かされたと言われている。宇宙空間でいかに恐怖を演出するかの手法を編み出した映画。「気持ち悪いエイリアン」を狭い船内ストレスを頂点に達することで恐怖を助長させている。主演のシガニー・ウィーバーは本作で女性のアクションヒロインの系譜を作った。

スポンサーリンク

映画『エイリアン』のあらすじ・ネタバレ

時は西暦2122年。宇宙貨物船ノストロモ号は搭乗員7名を乗せて、地球への帰還の途にあった。任務は他の惑星で採掘した鉱石を持ち帰ることであった。乗組員達はハイパースリープという眠りから目覚めた。「間も無く地球か」と思われたが、マザーコンピュータが知的生命体からのものと思われる信号を受信したのことがわかる。そしてノストロモ号は発信源である天体に針路を変更していた。搭乗員7名の契約書には「知的生命体からと思しき信号を傍受した場合は調査するように」の一文があり、調査せざる得ない、、、。

スポンサーリンク

映画『エイリアン』の感想・内容

“SFホラー”映画の先駆けを作ったリドリー・スコット監督

いま観ても「とても衝撃的」です。SF映画史上最も素晴らしい作品に上がられる逸品だと思います。

まず設定がいいと思います。“SFホラー映画の先駆けなのです。

コンピュータの暴走の恐怖を描いたスタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』も大変恐ろしい話でしたが、本映画『エイリアン』は気持ち悪い宇宙人との戦いをホラーテイストで描いています。

あの生ぬるい感じにゾッとします。魚のような、獣のような、そして爬虫類のような風貌はとてもショッキングでした。

SF映画の金字塔と言ったら『スター・ウォーズ』ですね!

『エイリアン』シリーズは本作と『エイリアン2』が絶品

映画『エイリアン』はその後シリーズ化されますが、この1作と第2作目の『エイリアン2』が絶品です。

1作はリドリー・スコットが監督、そして2作は若きジェームズ・キャメロンです。物語の繋がりもバッチリですから是非とも連続してみて欲しいです。

さて、映画『エイリアン』の冒頭は『2001年宇宙の旅』や『猿の惑星』同様、眠り状態から始まります。

宇宙へ調査に出かけた船の帰還途中です。

SF映画では時間と空間の関係性を前面に出して、脚本を書かれていた時期があり、本映画を観ると懐かしく思います。『スターウオーズ 』シリーズなどはもう、時間も空間も一瞬で処理されています。宇宙の端っこから端っこまでひとっ飛びです。

主演のリプリー演じるシガニー・ウィーバーが強烈な存在感

まず主演のリプリー演じるシガニー・ウィーバーが強烈な存在感を発揮しています。「強い女性」「負けない女性」を印象付けてきます。そして頭が良いのです。

本映画『エイリアン』で女性を主演にしたのは大正解だと思います。

おそらく1979年以前までの映画作品の多くは男性がヒーローを貼っていたと思います。

『スーパーマン』『ロッキー』『ジョーズ』その他たくさんありますが、女性のアクションヒロインは思う浮かびません。

その後の『ターミネーター』のサラ・コナーや、『ワンダーウーマン』『ブラック・ウィドウ』にも繋がる女性アクションヒロインの系譜になったことは間違い無いでしょう。

新海誠監督デビュー作はSF恋愛映画

閉鎖空間の映画を観るとわたしたちは“抜け出したい”気分に拍車がかかる

映画はほぼ宇宙船ノストロモ号の船内で展開して行きます。この構成は今はSF宇宙映画では鉄板です。

閉鎖空間の映画を観るとわたしたちは抜け出したい気分に拍車がかかり、強いストレスに見舞われるのです。

そのストレスを逆手にとって描くのがSFホラーの演出の賜物なのです。

逆に『スターウォーズ』シリーズは船内だけではなく、あちこちの惑星に着陸してユニークな異星人から土や水、あるいは植物も登場させることでエンタメ要素を取り入れています。

こちらは実話の宇宙映画です

スポンサーリンク

映画『エイリアン』の結末・評価

本映画『エイリアン』の“エイリアン”を観て「ギョッとした」人は多いはず

さて本映画『エイリアン』のエイリアンを観て「ギョッとした」人は多いのではないでしょうか。本当に気持ち悪いです。

死んだエイリアンを解剖する場面もショックです。一時期、カニが食べられなくなったほどです。

そしてエイリアンが鮮明に姿を現したのはクルー・ケイン(ジョン・ハート) のお腹を突き破った時のショックも大きかったです。

蛇なのか魚なのかわかりませんが、鋭い牙をむき出して「シャー」と声を出した時は体が後ろへ吹っ飛びました。本当にびっくりしました。

ただその後のエイリアンは成長して大きくなっていきますが、それほど気持ち悪くなかったのです。というのはあまり全体像を明るく見せていないのも一因があると思うのです。

もちろん、宇宙空間ですから仕方がないと思うのですが、やはり当時の技術では限界だったのではないでしょうか。

その代わり、素早く動かしたり、時折、奇声を上げさせることでより一層恐怖感を煽ることに成功しています。

抱腹絶倒間違いなし「SFコメディー」最高傑作!

アンドロイドのアッシュ(イアン・ホルム )の出来栄えが素晴らしい

もうひとつアンドロイドのアッシュ(イアン・ホルム )の出来栄えが素晴らしい点を忘れてはいけません。

シリコンやら、ゴムやら、チューブなどがむき出しになって、頭がゴロンと転がっていますが、こちらは特に気持ち悪さがありません。それは血液の赤色がないからです。

人間は本能的にに対しての恐怖反応があるからだと思います、もし、このアンドロイドの体液を赤色にしていたら、逆に覚めてしまったかもしれません。その点では体液を白っぽくしたのは大正解だったと思います。

シガニー・ウィーバーくらいの美人度だったからヒットした

それにしてもシガニー・ウィーバーの演技は素晴らしかったです。髪の毛がライオンのようにボサボサなのも良いです。

そしてとてもスリムな体です。バストはそれほどありません。それがとても好感を持ちます。

筋骨隆々ではありませんが、二の腕や太ももなどの真っ直ぐに走っている筋をみると、しっかりとトレーニングしているのがわかります。

身長が180センチありますからスクリーン映えします。

宇宙船の中なのでロング映像、いわゆる引きの映像は多用できませんから、顔のアップも重要になったと思います。

そう考えるとシガニーの顔は嫌味がありません。これが超絶美人女優であったのなら116分は辛かったかもしれません。

美人は三日で飽きるという言葉がありますが、それってわかるのです。

美人はずっと美人が続けば良いのですが、ある瞬間というかある角度から見て幻滅する時があるのです。

わたしの知っている美人に幻滅したのは「アホ面の寝顔」です。口を開けて眠っている美人には幻滅しました。

それと最悪なのは「鼻毛美人」です。こちらもダメです。もう見たくありません。

そう考えると引きの絵が少なくなる、狭い宇宙船内で展開される映画の女優はそれほどの美人ではない方が無難かもしれません。

*ほとんど記憶になかったのですが、ウディ・アレンの『アニー・ホール』の端役でデビューしているとのことで確認してみると良いでしょう。

*ヴィム・ヴェンダース監督の『パリ、テキサス』に出演した名優ハリー・ディーン・スタントンにも注目してみたい。

ブラッド・ピット最高演技と言われています

スポンサーリンク

映画『エイリアン』のキャストについて

シガニー・ウィーバー
ベロニカ・カートライト
トム・スケリット
イアン・ホルム
ハリー・ディーン・スタントン
ジョン・ハート
ヤフェット・コットー

スポンサーリンク

まとめ 映画『エイリアン』一言で言うと!

「閉所恐怖症の人は宇宙旅行できない」

小さい頃、かくれんぼで車のトランクに入ったことがあります。バカでした。本の少しの時間でしたが、とても怖かったです。それ以来、わたしは暗くて狭いところが苦手になりました。飛行機も苦手です。まして宇宙など、、、。宇宙旅行の時代がきますが、そもそものそんなお金がないので余計な心配はしなくても良いです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃...

 

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ。
映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』エピソード9のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説。公式サイトにて作品情報・キャストもご確認。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から始まったスカイウォーカーファミリーの物語が完結。前売り券は呼ぶように売れ劇場グッツやパンフレットも様々あるが?レイとカイロのその後の物語

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『エイリアン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
リドリー・スコット
製作
ゴードン・キャロル デビッド・ガイラー ウォルター・ヒル
製作総指揮
ロナルド・シャセット
原案
ロナルド・シャセット ダン・オバノン
脚本
ダン・オバノン
撮影
デレク・バンリント
音楽
ジェリー・ゴールドスミス
エイリアンデザイン
H・R・ギーガー
リプリー(シガニー・ウィーバー)
ランバート(ベロニカ・カートライト)
ダラス船長(トム・スケリット)
アッシュ(イアン・ホルム )
ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)
ケイン(ジョン・ハート)
パーカー(ヤフェット・コットー)
1979年製作/116分/G/アメリカ
原題:Alien
配給:20世紀フォックス映画

タイトルとURLをコピーしました