映画『アートのお値段』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ザザビーズの大宣伝映画。バスキアの「Untitled」(前澤友作氏、落札の瞬間映像あり)高額理由に納得。

上映中

映画『アートのお値段』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『アートのお値段』公式サイト
ナサニエル・カーン監督 映画『アートのお値段』8月17日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー
映画『アートのお値段』予告編

『アートのお値段』98/アメリカ/2018
原題『The Price of Everything

監督
ナサニエル・カーン

スポンサーリンク
  1. 映画『アートのお値段』のオススメ度は?
  2. 映画『アートのお値段』の作品概要
  3. 映画『アートのお値段』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『アートのお値段』の感想・評価・内容・結末
    1. アートには人の心に魔法をかける力がある
    2. ザザビーズの真の裏の裏まで見せて欲しかったが、、、
    3. 現在もっとも高価な作品はなんと100億円
    4. それがアートなのです
    5. 素敵な魔法をかけてくれるアートを身近に置きたい
  5. 映画『アートのお値段』まとめ 一言で言うと!
    1. バスキアの作品は爆発的な若さがあります
      1. バスキアがすごかったのは差別に負けなかったことだと思います。
      2. 特に若い10代の作品は情熱が溢れています。
    2. ウォホールはとにかく挑戦者でした
      1. この映像作品は今では上映不可かも
    3. キース・へイングのイラストはユーモラスですね
      1. ヘリングは誰にも好かれるポップなアート世界を作りました
  6. 合わせて観たい映画
    1. 【アートな映画】
      1. 映画『イメージの本』
      2. 映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
    2. 【ドキュメンタリー映画あれこれ】
      1. 映画『フリーソロ』
      2. 映画『シード 生命の糧』
      3. 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
      4. 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
      5. 映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』
      6. 映画『RBG 最強の85才』
      7. 映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
      8. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      9. 『私は、マリア・カラス』
      10. 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
      11. 映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』
  7. 映画『アートのお値段』の作品情報

映画『アートのお値段』のオススメ度は?

3

3つ半です。

アートが好きな方は必見です。

ため息が漏れてしまうでしょう。

世界のアートの裏側とまではいきませんが、、、

割と近いところまで取材しています。

サザビーズの大宣伝映画であることは間違いないです。

一人で観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『アートのお値段』の作品概要

アートとは何か、アートは誰のものか、あるいはアートの価値とは?についてアーチスト、バイヤー、コレクターたちを取材して作り上げたドキュメンタリー映画。「これがアート?」と思えるような作品から「正しくアートだ」と唸るような作品の数々を見るだけで嬉しくなる。

スポンサーリンク

映画『アートのお値段』のあらすじ・ネタバレ

アーチスト、バイヤー、コレクターたちが胸おどるシーズン到来。ザザビーズの競売に向けてそれぞれの心中をカメラが捉えていきます。勝ち負けはあるようでない、、、。いやあるでしょう。それは「値段」です。多くのアート作品を見せながら価格がつけらていく様子を遠慮しながらも捉えています。

スポンサーリンク

映画『アートのお値段』の感想・評価・内容・結末

アートには人の心に魔法をかける力がある

古今東西、芸術作品に多額のお金を出す人はいるものです。特に王族たちはこぞって芸術作品を収集していました。

フランスのルーブル美術館、ロシアのエルミタージュ美術館などはその最たる例で、世界中の芸術作品を一堂にしています。

なぜ、これほどまでにアートが人を魅了するのでしょうか。また一枚の絵画になぜこれほどまでも高価な値段が付けれるのかはわれわれ庶民には理解できない点も多々あります。

それゆえに本映画を観るとアートのお値段について納得できる答えを与えてくれるかというと、それは?マークなのです。

そもそもアートの値段とはアーチスト感性だけではなく、コレクターの好み、時代や風俗、流行にも左右されるのは当たり前ですが、今やアーチスト自体がセルフプロデュースを行い、共感を得ることで価値観を高めるという技術も必要となってきています。

そして一番大きな要素はだと思います。

ザザビーズの真の裏の裏まで見せて欲しかったが、、、

本作はニューヨークのサザビーズ(現在も操業する世界最古の国際競売会社)を舞台に進行していきます。

はっきり言えばサザビーズの宣伝映画であり、アートの権威は我にあり!と高らかに宣言している映画です。

ただここで繰り広げられる人間模様を見ているだけで過去、現在、未来において「活躍した、あるいはしている、更にするだろう」垣間見えてくるのです。

懐かしい顔のキース・ヘリングやバスキアなどは死んだから高額になったとはっきりいう人もいて笑ってしまいました。

現在もっとも高価な作品はなんと100億円

現在でもっとも高額な作品はジェフ・クーンズの作品「ラビット」です。なんと100億円。うさぎに100億です

一見、ただのステンレスのうさぎですが、映像で観ているだけでも可愛らしさが伝わってきます。実際に対面したらさぞ魅力があるのでしょう。

でもさすがに100億は高すぎる気がします。日本人として嬉しいの村上隆の作品が取引されていたことです。彼は元々、日本画を起源にしていることをご存知でしょうか?

それがアートなのです

さて、映画は結局のところ明確な答えを出しません。観ているわれわれが納得するしかないのです。

それがアートなのです。アーチスト、バイヤー、コレクターたちの宴のような世界をぼーっと眺めているだけで終わります。

それはそれで良いと思います。わたしはアートが好きです。わたしの身の回りに少しでもアート作品を置くように努めています。

それは決して高価なモノではありません。秋の稲穂の写真でも良いし、ちびっ子が画用紙に描いた頭がクジラで体が鳥みたいな天才的な絵でも構いません。

素敵な魔法をかけてくれるアートを身近に置きたい

朝、目が覚めてふとその写真を目にすると「頑張れ」と励ましてくれたり、帰宅した時は「おかえり」と迎えてくれるだけで人生が明るくなった気がして笑みがこぼれます。

素敵な魔法をかけてくるのです。故にアートの値段とは言ってしまえば人それぞれになりますが、本映画に出てきたアート作品は確かに人々を吸引するだけの魅力はあることは事実です。

できることならアンディ・ウォーホルのモンローを一瞬でいいから飾ってみたいと思いました。どんな魔法をかけてくるのか想像するだけでワクワクします。

*この映画を観ていて「世界にはとてつもない金持ちがいるもんだ」と感じたのはわたしだけでしょうか。

スポンサーリンク

映画『アートのお値段』まとめ 一言で言うと!

アートこそ真の魔法である。

美しいアートに魅せられてしまうともう脳内麻薬が分泌されて作品のいいなりになってしまうのでしょう。欲しいという感情に歯止めが効かずいつの間にか大金を支払ってしまうのです。真のアート作品は力強い魔法がかけられています。

バスキアの作品は爆発的な若さがあります

バスキアがすごかったのは差別に負けなかったことだと思います。

特に若い10代の作品は情熱が溢れています。

ウォホールはとにかく挑戦者でした

この映像作品は今では上映不可かも

キース・へイングのイラストはユーモラスですね

ヘリングは誰にも好かれるポップなアート世界を作りました

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アートな映画】

映画『イメージの本』

神さま、仏さま、ゴダールさま。

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

戦争に翻弄される芸術作品

ドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』戦争にはステータスが必要だった。ネタバレ、感想
ヒトラーは本当に芸術が好きだったのだろうか。だから芸術作品を一生懸命に集めたのだろうか。若い頃、画家を志していた少年が何故、独裁者になり世界を恐怖の坩堝に叩き落としたのか。その理由はこの映画には描かれていないが、ヒトラーとナチスは芸術作品を収集することでステータスをあげて、権威を不動のものにしようとした野心はわかった

【ドキュメンタリー映画あれこれ】

映画『フリーソロ』

命をかけて岩山を登る男アレックス

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

映画『シード 生命の糧』

タネを消滅させて人間は何を得るのだろうか?

映画『シード 生命の糧』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。種の消滅は地球を破壊する。種の保存は知性教養の象徴である。
映画『シード 生命の糧』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『シード 生命の糧』(94分/アメリカ/2016) 原題『Seed: The Untold S...

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』

ボサノバの父は何処に?歌声が聴きたい

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』作品情報・ネタバレ・あらすじ・評価。ボサノバの巨匠は気まぐれ姿見せず
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ジョアン・ジルベルトを探して』(111分/スイス・ドイツ・フランス合作/2018) 原題『Where Are You, Joao Gilber...

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

こんな立派な図書館で働いてる人が素敵な理由わかります

フレデリック・ワイズマン監督作映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』“図書館は人である”図書館を愛する人は人に優しい人。ネタバレ・あらすじ・内容・感想
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(205分/アメリカ/2017) 原題『Ex Libris: The New Yo...

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

確かにニューヨークの代表のホテルですが、、、

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は92分のCM。中身なし。時代に取り残されたホテル感が満載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
映画スター、プロスポーツ選手、政治家、王族が宿泊したホテルとして有名。カーライルホテルはそれを冠にして繁栄してきたと公言しているような映画だ。アメリカの人々が「いつか泊まりたい」と羨望してそうだ。映画は92間、このホテルのCMを見せられている気分になる。自慢、見栄のオンパレード。肝心のホテルのサービスや他のホテルとの違いが見受けられない。泊まりたくなる魅力が伝わってこない。

映画『RBG 最強の85才』

アメリカ最強の女性弁護士はほっこりバアさんだった

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』

永遠にエレガンスでいてください

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(84分/英/2018)
原題 『Westwood: Punk, Icon, Activist』 世界的に有名なファッションデザイナーである。大変申し訳ないが存じ上げなかった。でもデザインは見たことがある、いやあるような気がする。まだ存命なので当然ドキ...

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

ホイットニー、なぜ「ヘルプ!」と叫ばなかったのだ

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『私は、マリア・カラス』

あなたの一途な生き方が世界に響いてます

『私は、マリア・カラス』(114分/仏/2017)
原題 『Maria by Callas』 全身芸術家、マリア・カラス。生涯芸術家、マリア・カラス。完璧しか許されなかった芸術家。 マリア・カラスは孤独だったのか?あの満願の笑みの裏側に“不幸が似合う女”の...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

とにかく死ななくて良かったね

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』

佐川くんはなぜ殺人を犯したのか、その真実

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
フランスでオランダ人女性を殺害してその肉を食べた男が佐川氏である。世界中に報道された。しかし佐川氏はパリ警察より釈放され日本に帰国した。作家、アダルト俳優、漫画家とうの仕事で生計を立てたいたが、数年前に脳梗塞を患い下半身が不自由になる。弟の介護に頼り暮らしている。フランスの撮影クルーが佐川氏と弟の日常を残酷なまでに記録したドキュメンタリー作品。

 

スポンサーリンク

映画『アートのお値段』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ナサニエル・カーン
製作
ジェニファー・ブレイ・ストックマン デビ・ビッシュ カーラ・ソロモン
製作総指揮
レジーナ・K・スカリー
撮影
ロバート・リッチマン
編集
サビーネ・クライエンビュール ブラッド・フラー フィリップ・ショッパー
音楽
ジェフ・ビール
ラリー・プーンズ
ジェフ・クーンズ
ジョージ・コンド
ジデカ・アクーニーリ・クロスビー
マリリン・ミンター
ゲルハルト・リヒター
エイミー・カペラッツォ
シモン・デ・プリ
エド・ドルマン
オリバー・バーカー
ステファン・エドリス
ゲ―ル・ニーソン
ホリー・ピーターソン
インガ・ルーベンスタイン
ジェリー・サルツ
アレックス・ネメロフ
バーバラ・ローズ
ポール・シンメル
コニー・バトラー
メアリー・ブーン
ギャビン・ブラウン
ジェフリー・ダイチ
デニス・ヤレス
セルジュ・ティロシュ
2018年製作/98分/アメリカ
原題:The Price of Everything
配給:ユーロスペース