映画『禁断の惑星』ネタバレ・あらすじ「SF映画の金字塔的作品」感想「ルーカスも影響受けた」結末「潜在能力が宇宙で炸裂」

スポンサーリンク
映画『禁断の惑星』ネタバレ・あらすじ「SF映画の金字塔的作品」感想「ルーカスも影響受けた」結末「潜在能力が宇宙で炸裂SF映画

映画『禁断の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『禁断の惑星』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『禁断の惑星』
(1956年製作/アメリカ)
原題『Forbidden Planet』

【監督】
フレッド・M・ウィルコックス
【脚本】
シリル・ヒューム
【原作】
アービング・ブロック アレン・アドラー
【製作】
ニコラス・ネイファック
【撮影】
ジョージ・J・フォルシー
【出演】
ウォルター・ピジョン アン・フランシス
レスリー・ニールセン ウォーレン・スティーブンス ジャック・ケリー リチャード・アンダーソン アール・ホリマン ジョージ・ウォレス ボブ・ディックス
【HPサイト】
映画『禁断の惑星』IMDbサイト
【予告映像】
映画『禁断の惑星』トレーラー

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』NHK BSプレミアム放送 2021年3月9日(火)午後1時00分~2時39分

3月9日(火)午後1時00分~2時39分

面白いです

内容が大人向けです

美術が良い

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

美術セットが良いです

「レトロ感」がSFマニアの心をくすぐります

ジョージ・ルーカスも観ているはず

SF映画の金字塔的作品

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』の作品情報・概要

『禁断の惑星』原題『Forbidden Planet1956年のアメリカ合衆国のSF映画。フレッド・M・ウィルコックス監督作品。出演はウォルター・ピジョンとアン・フランシス、レスリー・ニールセン、ウォーレン・スティーブンス、ジャック・ケリー、リチャード・アンダーソンら。物語のモチーフはシェイクスピアの「テンペスト」となっている。以後のSF映画に多大な影響を与えた作品。称して「SF映画の金字塔」的作品と呼ばれている。宇宙空間に人間の持つ、願望、欲望、理想から憎悪、支配、暴力、破滅的な思想(潜在意識)を持ち込んだ秀逸な映画。『スタートレック』『スター・ウォーズ』シリーズ『エイリアン』に与えた影響は大きい。

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』のあらすじ・ネタバレ

22世紀。人類の航空技術の進歩は目覚ましく、宇宙空間を光速で航行していた。無限に広がる宇宙のあちらこちらには、植民地となっている星が多く存在する。地球から飛び立った宇宙船C-57-Dの任務は、通信を絶った惑星第4アルテアへ行くこと。船長はジョン・J・アダムス機長(レスリー・ニールセン)。378日かけてアルテアの太陽系に到着する。もはや人類の生存は絶望とされていたが、突然通信が入る。「ここに着陸するな。立ち去れ!」と。通信者はかつてここに入植したエドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン) だった。ジョンは地球からの命令のため、調査しなければならないことを伝えて着陸する。そこには博士と博士の美しいむ娘・アルティラ・モービアス(アン・フランシス) が悠々自適の生活をしていたのだった。しかしこのアルテラには秘密が隠されていた。

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』の感想・内容

「とても面白いSF映画です」ぜひとも、観て欲しい映画です。本映画『禁断の惑星』の製作年は1956年というところに注目しましょう。この時代にこれほど、奇想天外な物語を描くことに、驚きの念を覚えます。『スター・ウォーズ』『エイリアン』『マーベル』を観ている若い世代からしたら、「古臭い」とか「紙っぽいセット」と笑われるかもしれませんが、当時としては最高品質のセット、衣装、特撮であったことは間違い無いでしょう。こういったレトロ感に惹かれる映画マニアには垂涎の映画だと言えます。また以後の映画作品に大きな影響を与えたことを垣間見ることで、より一層本映画『禁断の惑星』を楽しむことができるでしょう。

本映画『禁断の惑星』は『スタートレック』『スター・ウォーズ』に多大な影響を与えてきます。劇中、登場するロボット・ロビーは後のR2-D2へと受け継がれます。デザインはロバート・キノシタです(日系なのか確認中です)そして思想的な内容は間違いなく『スタートレック』に通じています。わたしは小さい頃、『スタートレック』をテレビで見ていましたが、とても恐ろしい気持ちに度々させられました。舞台が宇宙ということもありますが、やはり「宇宙人が怖い」という洗脳感があったからでしょう。これは本映画『禁断の惑星』で編み出された「音の使い方」を受け継いだ効果音から生まれた恐怖感だったと思います。

宇宙空間ってどんな音が鳴り響いているのかはわかりません。アポロが月に到達したのは1969年ですから、その時に初めて地球外の音を拾ったと思うのです。でも本映画『禁断の惑星』の音はすでに完成されているように思えるのです。それは以後、製作されたSF映画の多くの場面で用いられている「音響効果そのもの」ですから。シンセサイザーを用いてのプルルルルとかビヨンビヨンさら光線銃を発射するとこのピピピピーなどは後の映画で多く使われています。

セットのデザインも非常に凝っています。宇宙船の内部もアルタイル第4惑星(アルタイル4)のエドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン) の邸宅も、今からするととても地味な色つかいなのですが、宇宙という閉鎖的なイメージを出すにはこれくらいが良いのでは無いでしょうか。ジョン・J・アダムス機長(レスリー・ニールセン)が栓抜きのようなマイクロフォンを持ち歩きますが、このマイクロファンは電話でもあり、カメラが付いていますから、さながら現代のスマホですね。もうひとつ、ホログラム映像がすでにあることも驚きです。これは『スター・ウォーズ』でジョージ・ルーカスも使っています。

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』の考察・評価

さて、本映画『禁断の惑星』の感想を書きます。モチーフにしたのはウイリアム・シェイクスピアの『テンペスト』とのことです。物語はエドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン) の変質的な愛と支配が崩壊して行くものです。愛は娘・アルティラ・モービアス(アン・フランシス) へ向けられています。それを実体である博士が行うのではなく、博士の「潜在能力」が実行しているところがミソなんです。

つまり悪い奴は博士なのです。博士が作った世界でみんなが右往左往しているのです。公開直後、あまりにも難解だということでヒットしなかったそうですが、近年ではその世界観が見直されています。エドワード・モービアス博士は地球人と20年以上、連絡を絶っていた理由はアルタイル第4惑星に残されたクレール人の高い文明を独占していたこともありますが、自らを実験台にして、究極の人間を目指していたのでしょう。そして誰にも渡したく無い秘密があったからでしょう。

しかしながら、ジョン・J・アダムス機長(レスリー・ニールセン)らの登場と着陸によって全てが崩落していきます。これも博士は予想していたと思うのです。ではなぜ「着陸を許したのか」という疑問が湧いてきます。彼らが着陸しなかっら、博士は「平穏に暮らせた」のでは無いか、です。その通りです。でも、アルタイル第4惑星に生存者がいることがわかれば、第二弾がきます。事態はますます面倒臭くなるでしょう。よって博士はジョンたちの殺戮を考えたのは無理もありません。しかしジョンたちもバカではなかったのです。ましては博士の娘・アルティラ・モービアス(アン・フランシス) が美しすぎたのも誤算でした。アルティラが船員とキスをする場面が面白いです。「何も感じない」のです。無理もありません。父以外の人間に会ったのは初めてですし、恋愛についての学習経験がありません。でも彼女の心は騒ぎ始めるのです。ジョンへの想いが募って、彼とキスした時に愛の存在に気がつくのです。この場面は良かったです。

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』の結末

本映画『禁断の惑星』の素晴らしいところは人間成長がちゃんと描かれているところです。博士は最後に自爆を決意する理由は、「このような装置を持っていると、人類に災いをもたらす」と気がついたからです。ジョンは一見、乗員に冷酷な人間像でしたが、アルティラと出会ったことで、優しい人間になります。アルティラもジョンと出会って、愛を知って、ルーツである地球へ向かいます。彼女はずっと裸足で歩いていましたが、最後は靴を履いています。

潜在能力については昔からよく見聞きしますが、懐疑的な側面もあります。科学的根拠が実証されていないからでしょう。本映画『禁断の惑星』のエドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン) のように、巨大な怪物を作り出したりするのは今では難しいかもしれません。でも次代の技術によっては現実化する可能性があります。アメリカのGAFAを中心に研究が進められている最先端の分野は「脳」です。わたしたちが考えていることを一瞬で映像化ならびに音声化、さらにテキスト化にしようとする研究があります。となると、わたしのように何時間もかけてブログを書く時間も「一瞬で終わる」時代が来ることになります。「こんな映画を作りたい」と思い描いたら、即ホログラムのように映像化できたら、とても素敵です。でも何かの技術が開発されると、それに比例して犯罪が生まれる事実を考慮しなければいけないでしょう。電話が発明されて良いこともありますが、それ以上に悪用された事件・事故は枚挙に遑がないからです。本映画『禁断の惑星』を観ていると、わたしたち人類とは発明・開発・生産を繰り返すことで、「滅亡」へと向かっている、いや「目指している」破滅的な生物だと感じました。

スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』のキャストについて

エドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン)
アルティラ・モービアス(アン・フランシス)
ジョン・J・アダムス機長(レスリー・ニールセン)
ドク・オストロウ(ウォーレン・スティーブンス)
ジェリー・ファーマン(ジャック・ケリー)
クイン(リチャード・アンダーソン)
クック(アール・ホリマン)
ボースン(ジョージ・ウォレス)
グレイ(ボブ・ディックス)

スポンサーリンク

まとめ 映画『禁断の惑星』一言で言うと!

「宇宙でマッチングなんて素敵だ」

男女の出会いって地球だけではない時代が来るかもしれません。想像するだけで、とてもエキサイティングです。宇宙へ行って、出会って、恋に落ちるって、どんな気分かを想像するだけで眠れなくなります。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「クソ人間」「児童失踪2万件(年間)」の韓国の闇を暴く!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『糸』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。中島みゆきさんの「評価はいかに?」小松菜奈&榮倉奈々最高演技!音楽勝ち映画決定版!
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
【ネタバレ酷評】映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』あらすじ「北川景子の眉間のシワが気になる」感想「結局、安楽死問題はどうなった?」結末

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『禁断の惑星』の作品情報

映画.comより一部引用
監督
フレッド・M・ウィルコックス
脚本
シリル・ヒューム
原作
アービング・ブロック アレン・アドラー
製作
ニコラス・ネイファック
撮影
ジョージ・J・フォルシー
エドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン)
アルティラ・モービアス(アン・フランシス)
ジョン・J・アダムス機長(レスリー・ニールセン)
ドク・オストロウ(ウォーレン・スティーブンス)
ジェリー・ファーマン(ジャック・ケリー)
クイン(リチャード・アンダーソン)
クック(アール・ホリマン)
ボースン(ジョージ・ウォレス)
グレイ(ボブ・ディックス)
1956年製作/アメリカ
原題:Forbidden Planet
配給:MGM

タイトルとURLをコピーしました