映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」

スポンサーリンク
映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」お茶の間映画館

映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『イースター・パレード』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『イースター・パレード』
(1948年製作/103分/アメリカ)
原題『Easter Parade』

【監督】
チャールズ・ウォルターズ
【脚色】
シドニー・シェルダン フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット【原作】フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット【製作】アーサー・フリード【撮影】ハリー・ストラドリング【作詞】アービング・バーリン【作曲】アービング・バーリン【振り付け】ロバート・アルトン
【出演】
ジュディ・ガーランド
フレッド・アステア
ピーター・ローフォード アン・ミラー ジュールス・マンシン クリントン・サンドバーグ ジェニー・ルゴン Richard Beavers
【HPサイト】
映画『イースター・パレード』IMDbサイト
【予告映像】
映画『イースター・パレード』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『イースター・パレード』NHK BSプレミアム放送 2021年3月17日(水)午前9時00分~10時44分
    1. 3月17日(水)午前9時00分~10時44分
  2. 映画『イースター・パレード』のオススメ度は?
  3. 映画『イースター・パレード』の作品情報・概要
  4. 映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『イースター・パレード』の感想・内容
      1. 若者ギャングのミュージカル映画
      2. オードリー・ヘプバーンの最高傑作と言われているが、、、
      3. オードリー・ヘプバーンの恋愛相手は年上ばかり
  6. 映画『イースター・パレード』の考察・評価
      1. ディズニーのミュージカル映画に国境なし!
  7. 映画『イースター・パレード』の結末
      1. 我らが日本の矢口史靖監督も負けていません
  8. 映画『イースター・パレード』のキャストについて
  9. まとめ 映画『イースター・パレード』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】
      1. 映画『ロミオとジュリエット』
      2. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      3. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      4. 映画『絶唱(1975)』
      5. 映画『マディソン郡の橋』
      6. 映画『美女と野獣(1991)』
      7. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『アパートの鍵貸します』
      10. 映画『マチネの終わりに』
      11. 映画『ボーダー 二つの世界』
      12. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      13. 映画『秒速5センチメートル』
      14. 映画『マーウェン』
      15. 映画『ほしのこえ』
      16. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      17. 映画『リヴァプール、最後の恋』
  12. 映画『イースター・パレード』の作品情報

映画『イースター・パレード』NHK BSプレミアム放送 2021年3月17日(水)午前9時00分~10時44分

3月17日(水)午前9時00分~10時44分

素晴らしい映画です

世界的なエンターティナー二人の共演です

ジュディ・ガーランドとフレッド・アステアの二人

間違いなく世界の頂点に君臨していました

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』のオススメ度は?

4.0

4つです

超オススメです

娯楽映画の決定版です

「楽しい」映画です

フレッド・アステアは「恐ろしい」

ジュディ・ガーランドは「凄い」

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の作品情報・概要

『イースター・パレード』 原題『Easter Parade1948年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。 チャールズ・ウォルターズ監督作品。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステア(映画『パリの恋人』)が主演した。テクニカラー作品として撮影されている。当初はジーン・ケリー主演として撮影が行われていたが、ケリーが足を骨折したため中断。すでに引退していたアステアにケリーがお願いしてが代役に選ばれた。ケリーから直接アステアに電話連絡して、アステアは映画界することに。製作当時50歳近いアステアであったが、全く衰えのないダンスを披露して全米を驚愕させた。ジュディ・ガーランドは私生活での覚醒剤、アルコールなどのトラブルを抱えながらも本映画撮影中は大きな問題を起こさなかったと言われている。

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ

1912年。ニューヨークのブロードウェイのスター・ダンサーであるドン・ヒューズ(フレッド・アステア) は、公私ともに充実した日々を送っていた。パートナーのナディーン・ヘイル(アン・ミラー)を育てた自負もあったが、まさかのナディーンの告白に落胆する。彼女はブロードウェイの大物興業師のフローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアにスカウトされて契約を交わしてしまったと言う。いわゆる引き抜きである。しかもナディーンは

ドンの親友ジョニーのことを好きだと言う。失恋も当時に経験してやけ酒を飲む。ヒューズは行き当たりばったりの酒場で踊っているダンサー兼歌手のハンナ・ブラウン(ジュディ・ガーランド)をスカウトし、新しいパートナーにしてしまう。翌日、酔いが覚めたヒューズの元を訪れたハンナの踊りを見て失望する。しかしイースター・パレードに出かけた際にかつてもパートナーのナディーンの横柄な態度を見て決意する。「ハンナを一流のダンサーに育てて、来年はここに来よう」と。そして二人は稽古を重ねてステップアップしていく。お互いに心引かれながらも意地とメンツが邪魔して中々、接近しない。

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の感想・内容

「本当に素晴らしい映画」です。「ミュージカル映画のお手本」とも言える作品です。全編にわたって楽しめます。物語云々というよりフレッド・アステアとジュディ・ガーランドの踊りと歌、そして演技から目も耳も離せません。真のエンターティナーとはこの二人のことを言うのではないでしょうか。圧倒的な存在力を今でも放っています。まずフレッド・アステアについて書きます。

若者ギャングのミュージカル映画

彼は1899年生まれで本映画『イースター・パレード』の製作時は49歳だったと思われます。顔は確かに初老のイメージがありますが、ダンスのキレは抜群です。ステッキを使ったり、タップを踏んだりはもうお手の物です。ドラムまで叩きます。息を切らすことなく笑顔で演じているところがすごいです。マイケル・ジャクソンに「最も影響を受けたダンサー」と言わしめた理由もわかります。フレッド・アステアは後年、マイケル・ジャクソンにムーンウォークを教えてもらい、すぐさまマスターしたと逸話があるほど、日頃からダンスの練習を欠かさなかったそうです。実はフレッド・アステアは本映画『イースター・パレード』のオファーを受けた時には引退していたそうです。それは自身の体力も問題もあったと思いますが、友人のジーン・ケリーに誘われて復帰したのが本映画『イースター・パレード』だったのです。それで気を良くしたのでしょう。以後はミュージカル映画に積極的に出演します。中でも有名なのはオードリー・ヘプバーンと共演した映画『パリの恋人』です。この時のアステアは58歳です。観ていただければわかりますが、本当に軽やかにダンスしています。水の上を歩いて渡っているような場面には驚きました。アステアが後年のミュージカルに多大な影響を与えたことは言うまでもありませんが、アメリカではダンスが上手い人のことを「アステア」と呼ぶそうです。

オードリー・ヘプバーンの最高傑作と言われているが、、、

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。

そしてジュディ・ガーランドです。彼女もまたアメリカが生んだ最高のエンターティナーと言えます。歌も踊りも演技もすべてにおいて、最高峰の人でしょう。ただ悲しいことにハリウッド最大の犠牲者であるというのも事実です。昨年、公開された映画『ジュディ 虹の彼方に』で詳細に描かれていました。レネー・ゼルウィガーが演じてアカデミー主演女優賞を受賞しましたが、あまりも悲惨な幼少期に涙が溢れ出てきました。1922年生まれの彼女は姉妹と共にエンターテイメントビジネスに参入します。そして『オズの魔法使い』で世界のトップに立ちます。彼女の可愛らしい姿の裏にはまさか、「覚醒剤」などのドラッグの存在があったとは知りませんでした。太るという理由からアンフェタミン(覚醒剤の一種)を強制的に飲まされていたというのです。これは本当に酷い行いです。本映画『イースター・パレード』の撮影時は辛うじて、乗り越えていますが、以後は低迷して行きます。覚醒剤、アルコールに溺れてしまうのです。ですから本映画『イースター・パレード』のジュディ・ガーランドのダンスと踊りと演技の三拍子揃った最後の作品と言えるでしょう。

オードリー・ヘプバーンの恋愛相手は年上ばかり

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の考察・評価

さて、本映画『イースター・パレード』をジャンル分けするとどの分野に入るのか悩みます。ミュージカル、コメディ、音楽、芸術、青春、恋愛、女性活躍など複数に跨りますが、そのどれもにおいてトップクラスに君臨するからです。これほど完成された映画はそんなにありません。恋愛の描写だけ取り上げてもハンナ・ブラウン(ジュディ・ガーランド)がドン・ヒューズ(フレッド・アステア) に惹かれていく様子がつぶさに表されています。ドンの華麗なダンスに見惚れて、一気に恋に落ちます。でもプライドもあるのでは簡単には言いません。ライバルも登場します。ドンのかつてもパートナーであるナディーン・ヘイル(アン・ミラー) です。このナディーンの演技は憎らしいほど上手いのです。ハンナの性格は直線的でありますから、瞬間湯沸かし器のごとく「カッっと」なります。でも、よくあるアメリカ映画の女性のように罵声怒声を浴びせるようなことはしません。「しおらしい」のです。ドンを許して、愛していこうという決意が見えるのです。本当に素晴らしいです。青春の分野においても、「若者の挑戦」を見事に描いています。ハンナは全く芽が出ない素人ダンサーでしたが、努力を重ねて上達していきます。大きな挫折が欲しいと言えば欲しいのですが、あれだけのダンスが出来るようになるには昼夜問わずの練習を行ったからでしょう。「夢の実現」に全力で突き進む若者の姿がしっかりと描かれていました。

ディズニーのミュージカル映画に国境なし!

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の結末

結末はハンナ・ブラウン(ジュディ・ガーランド) とドン・ヒューズ(フレッド・アステア)は結婚の約束をして、イースター・パレードに繰り出します。いわゆるハッピーエンドです。予定調和と言ってしまえばそうなります。けれども一年前のイースター・パレードでの二人は、まだ暗中模索状態であり、不透明な未来でした。あの時二人は誓っています。ハンナは「この女を超えてみせる」ドンは「来年はハンナとここに来る」です。それが現実になった一年後のイースター・パレードでした。夢を持って頑張ることの大切さと、愛する人を持つことはモチベーションに繋がると教えてくれた素晴らしい映画でした。

我らが日本の矢口史靖監督も負けていません

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』のキャストについて

ハンナ・ブラウン(ジュディ・ガーランド)
ドン・ヒューズ(フレッド・アステア)
ジョナサン・ハロウ3世(ピーター・ローフォード)
ナディーン・ヘイル(アン・ミラー)
フランソワ(ジュールス・マンシン)
Mike_the_Bartender(クリントン・サンドバーグ)
Essie(ジェニー・ルゴン)
Singer(Richard Beavers)

スポンサーリンク

まとめ 映画『イースター・パレード』一言で言うと!

「娯楽映画の決定版」

こういう映画のことを称して「娯楽映画の決定版」と言っていいでしょう。本当に楽しい映画です。華やかな世界であり、まるで夢物語のように感じますが、ちゃんとした「愛がある」から名作として愛されているのでしょう。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ「聖書を読めば深く理解できる物語」感想「ジェームズ・ディーンは永遠なり」結末

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】

映画『ロミオとジュリエット』

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『伊豆の踊子(1974)』

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『マディソン郡の橋』

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『美女と野獣(1991)』

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ラストレター』

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『アパートの鍵貸します』

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」
映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」映画『アパートの鍵貸します』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アパートの鍵貸します』IMDbサイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『アパートの鍵貸します』の作品概要 『アパートの鍵貸します』は、1960年制作のアメリカ映画。原題『The Apartment』名匠ビリー・ワイルダー監督の最高演出と言われる作品。ロマンチック・コメディー最高傑作。アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞の5部門受賞。主演はジャック・レモンとシャーリー・マクレーン。ニューヨークを舞台にした恋愛映画。

映画『マチネの終わりに』

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『ボーダー 二つの世界』

映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感想・評価。LGBTをも凌駕した多様性の映画。美しい心になれる映画
映画『ボーダー 二つの世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報を記載しています。またネタバレ・あらすじ・感想・評価・まとめについても書いています。北欧デンマークから新たな映画が届きました。監督はイラン系デンマーク人です。容姿による差別・偏見、さらに性差別の問題についても大きなメッセージを感じ取ります。多様性の時代が到来しました。認め合うことが21世紀を生きるテーマ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『秒速5センチメートル』

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

映画『ほしのこえ』

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『リヴァプール、最後の恋』

女優グロリア・グレアムの最後の恋『リヴァプール、最後の恋』あらすじ・ネタバレ・感想・評価。年齢差を超えた悲哀。
かつてアカデミ助演女優賞をとった名女優の最後の恋を映画いた作品。今や落ち目となったグロリア・グレアムは渡英しチャンスを伺っていた。そんな時、若き無名の俳優ピーターと出会い激しく恋に落ちる。二人はニューヨークに移り生活を共にするが、グロリアに悲劇が訪れる。二人は別れる事になるが、グロリアはピーターを追って再びイギリスへ向かう

 

 

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
チャールズ・ウォルターズ
脚色
シドニー・シェルダン フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット
原作
フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット
製作
アーサー・フリード
撮影
ハリー・ストラドリング
作詞
アービング・バーリン
作曲
アービング・バーリン
振り付け
ロバート・アルトン
ハンナ・ブラウン(ジュディ・ガーランド)
ドン・ヒューズ(フレッド・アステア)
ジョナサン・ハロウ3世(ピーター・ローフォード)
ナディーン・ヘイル(アン・ミラー)
フランソワ(ジュールス・マンシン)
Mike_the_Bartender(クリントン・サンドバーグ)
Essie(ジェニー・ルゴン)
Singer(Richard Beavers)
1948年製作/103分/アメリカ
原題:Easter Parade
配給:セントラル

タイトルとURLをコピーしました