映画『キャッツ』ネタバレ・あらすじ・感想。“生”の躍動感が伝わって来なかった。

スポンサーリンク
映画『キャッツ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。2020年公開

映画『キャッツ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『キャッツ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

https://cats-movie.jp
『キャッツ』日本版予告

『キャッツ』(109分/G/イギリス・アメリカ合作/2019
原題『Cats』

【監督】
トム・フーパー
【製作】
トム・フーパー ティム・ビーバン
エリック・フェルナー デブラ・ヘイワード
【出演】
フランチェスカ・ヘイワード
ロビー・フェアチャイルド
ジェニファー・ハドソン
ジュディ・デンチ

スポンサーリンク

映画『キャッツ』のオススメ度は?

2.5

2つ半です

事前にキャッツのDVD鑑賞をオススメします

歌と踊りは素晴らしいです

セットも素晴らしいです

肉体美も素晴らしいです

ただ付いていくのが、、、

トム・フーバー監督は挑戦しました

スポンサーリンク

映画『キャッツ』の作品概要

『キャッツ』原題『Cats』は、TS・エリオットの『キャッツポッサムおじさんの猫とつき合う法』に基づいた同名のミュージカル劇を原作として映画化。ミュージカル・ファンタジー・コメディ・ドラマ映画。監督は『英国王のスピーチ』 『レ・ミゼラブル』のトム・フーバー。

スポンサーリンク

映画『キャッツ』のあらすじ・ネタバレ

ロンドンの裏路地に捨てられたネコ。その夜はネコたちにとって特別な夜だった。歌って踊って天上への旅たちを目指す。

映画『キャッツ』の感想・評価・内容・結末

おそらくとても素晴らしい物語だと思います。本映画『キャッツ』はとても楽しみにしていました。しかしながらわたしはキャッツを生で鑑賞したことがありません。ですから映画で観る喜びを抱いて映画館に行きました。冒頭から歌とダンスの連続でした。それはとても華やかで一瞬で虜になりました。しかしながらずっと歌とダンスだけで続くにつれて集中力が途切れていく自分がいました。

映画『キャッツ』ネタバレ・あらすじ・感想。“生”の躍動感が伝わって来なかった。

つまりわたしはこの名作『キャッツ』についていけなくなったのです。失敗でした。やっぱりキャッツの舞台を生で、あるいはDVDで視聴してから鑑賞すべきでした。話は大体わかっていましたが、延々と続く歌とダンスで瞼が重くなり、ウトウトとしてしまったのです。「いけない、いけない、寝てはダメだ」と何度も頬をつねるのですが、耐えられませんでした。

映画『キャッツ』ネタバレ・あらすじ・感想。“生”の躍動感が伝わって来なかった。

決して悪いのではありません。セットも豪華絢爛です。役者のメイクも独特です。クロマキーやCGは最小限しか使っていません。撮影も2、3台以上のキャメラで捉えています。ミュージカルの撮影はとても難しいと思います。前後左右に演者が動き回りますから見切れないように注意を払います。動きがあるので顔のアップは多用できません。舞台全体の雰囲気が大事です。

監督のトムフーバーは良い仕事をしたと思います。評価は散々です。酷評されています。でもこのキャッツという名作を映画化したことがひとつの実績と言えるでしょう。全編にわたってセリフにメロディを付けての演出は並大抵の能力では不可能です。演じる役者もネコに扮していますから顔でも感情表現も難しかったと思います。鍛え上げられた体には余計な贅肉はありませんでした。おそらく本映画のために相当鍛え上げたのでしょう。準備万端だったと思います。

映画『キャッツ』ネタバレ・あらすじ・感想。“生”の躍動感が伝わって来なかった。

でも、でもです。映画を通してどうしても伝わって来ないモノがありました。それは躍動感なのです。生の躍動感が伝わって来ないのです。役者の息使い、床を叩く足音、飛び散る涙と汗、匂い、そして空気に伝わる体温です。五感でいうと本映画には視覚と聴覚は抜群だったでしょう。しかし臭覚、味覚、触覚が未熟でした。それともう一つ、第六感がありません。この場合の第六感は夢や希望、挑戦などを総じて「生きるって素晴らしいなあ」という感覚のことを指します。これが伝わって来なかったのです。

ゆえにわたしが舞台鑑賞歴が少ないことが理由かと思います。今一度、キャッツのDVDを鑑賞してからリベンジしたく思っています。またレビュではメイクに不要なCGを施しているのが気持ち悪い、不気味だという書き込みがありますが、わたしは気になりませんでした。それは美術として見れば納得できました。

映画『キャッツ』ネタバレ・あらすじ・感想。“生”の躍動感が伝わって来なかった。

まとめ 映画『キャッツ』一言で言うと!

「ミュージカルはやっぱり“生”に限る」

歌って踊る物語が主体ならやっぱり舞台に限るのかもしれません。躍動感が圧倒的に違います。小さな子どもが幼稚園で行う劇などが感動を覚えるのはやっぱりそこに生きている生き物の存在があるからだと思います。

合わせて観たい映画

【オススメミューカル映画】

映画『アラジン』

やっぱりディズニーのミュージカルは絶品です

ディズニー映画『アラジン』実写 ウィル・スミスが青い ネタバレ・あらすじ・評価・結末
『千夜一夜物語』の一つにこの『アラジン』がある。不朽の名作と言われる所以は恋愛、友情、ファンタジーを喜怒哀楽の表現で進行していく。子供から大人まで、アジアからヨーロッパ、アフリカの人々誰もがわかりやすい物語が特徴である。今回ディズニーが実写化した。監督はガイ・リッチー。ウィル・スミスの演技が全篇で楽しめる。

映画『パリの恋人』

オードリー・ヘプバーンが可憐すぎる

映画『パリの恋人』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンの歌と踊りに大満足できます。
オードリー・ヘプバーン最初のミューカル映画。大スター、フレッド・アステアとの共演。監督はスタンリー・ドーネン。1957年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。映画『パリの恋人』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。

映画『ロケットマン』

エルトン・ジョンの半生を歌と踊りで描く

エルトン・ジョン伝記映画『ロケットマン』はカミングアウトする勇気&愛の尊さを世界に歌う。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価
エルトン・ジョンは世界的に有名なミュージシャンである。彼の人生は波乱万丈であるが、命が救われたのは彼が真の愛を諦めずに探したからだろう。ゲイであることを世界にカミングアウトした勇気。ドラッグ、アルコール依存症からの復活。そして結婚、更に子どもをもうけるなど今ではとても幸せだ。本映画はミュージカルとなっておりとても楽しく観ることができる。

映画『ダンスウィズミー』

矢口史靖監督の新たなる世界

矢口史靖×三吉彩花&やしろ優&宝田明 ミュージカル最高映画『ダンスウィズミー』で幸せホルモン大補給。生きる活力ゲット。ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
矢口史靖監督最新作『ダンスウイズメー』は心から楽しめるミュージカル映画です。幸せホルモンが出てきます。元気になります。主役の三吉彩花さんが本当に綺麗、そしてカッコイイです。やしろ優さんもムロツヨシさんも存在感あり。でも圧巻は宝田明さん。めっちゃカッコいいです。世界中の映画館で上映されて欲しい映画です。

映画『キャッツ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
トム・フーパー
製作
トム・フーパー ティム・ビーバン エリック・フェルナー デブラ・ヘイワード
製作総指揮
スティーブン・スピルバーグ アンドリュー・ロイド=ウェバー アンジェラ・モリソン ジョー・バーン
原作
T・S・エリオット アンドリュー・ロイド=ウェバー
原案
T・S・エリオット アンドリュー・ロイド=ウェバー
脚本
トム・フーパー リー・ホール
撮影
クリストファー・ロス
美術
イブ・スチュワート
衣装
パコ・デルガド
ヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)
マンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド)
グリザベラ(ジェニファー・ハドソン)
オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)
バストファージョーンズ(ジェームズ・コーデン)
ミストフェリーズ(ローリー・デビッドソン)
スキンブルシャンクス(スティーブン・マックレー)
ラム・ラム・タガー(ジェイソン・デルーロ)
ジェニエニドッツ(レベル・ウィルソン)
ガス(イアン・マッケラン)
マキャヴィティ(イドリス・エルバ)
ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)
マンゴジェリー(ダニー・コリンズ)
ランペルティーザ(ニーブ・モーガン)
2019年製作/109分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Cats
配給:東宝東和

タイトルとURLをコピーしました