映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

スポンサーリンク
映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」2021年製作

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』
(2021年製作/105分/PG12/アメリカ)
原題:Prisoners of the Ghostland
配給:ビターズ・エンド
【監督】
園子温
【製作】マイケル・メンデルソーン レザ・シクソ・サファイ ローラ・リスター コウ・モリ ネイト・ボロティン【製作総指揮】ナタリー・ペロッタ ニック・スパイサー アラム・ターツァキアン 定井勇二 横濱豊行【脚本】アーロン・ヘンドリー レザ・シクソ・サファイ【撮影】谷川創平【美術】磯見俊裕【衣装】松本智恵子【編集】テイラー・レビ【音楽】ジョセフ・トラパニーズ【視覚効果監修】ジョージ・A・ルーカス

【出演】
ニコラス・ケイジ ソフィア・ブテラ ビル・モーズリー ニック・カサベテス TAK∴
 中屋柚香 YOUNG DAIS  古藤ロレナ
 縄田カノン 栗原類
 渡辺哲 
潤浩

スポンサーリンク
  1. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』外部リンク
  2. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のオススメ度は?
      1. 【犯罪映画】『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」
  3. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要
      1. 【犯罪映画】『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
  4. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【犯罪映画】『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ・あらすじ「サイコパスヤクザ鈴木亮平が談合刑事松坂桃李と愛を交わす」感想「国家権力の闇を暴く」結末「続編決定!」
  5. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の感想・内容
      1. 【犯罪映画】『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」
  6. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の考察・評価
      1. 【犯罪映画】『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」
      2. 【犯罪映画】『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」
  7. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の結末
      1. 【犯罪映画】『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」
  8. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のキャストについて
  9. まとめ 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】
      1. 映画『透明人間』
      2. 映画『ミッドサマー』
      3. 映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
      4. 映画『ナイチンゲール』
      5. 映画『ダーティーハリー』
      6. 映画『テッド・バンディ』
      7. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      8. 映画『シャイニング』
      9. 映画『ドクター・スリープ』
      10. 映画『ジョーカー』
  12. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』外部リンク

【HPサイト】
映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』公式サイト

【予告映像】
映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』トレーラー

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト
映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』 Rotten Tomatoesサイト

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

園子温監督の「世界観」を満喫しよう!

TAKさんの殺陣がカッコいい

ニコラス・ケイジは「ダラっとしている」オッケー

【犯罪映画】『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。

【犯罪映画】『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』の作品情報・概要『シャン・チー/テン・リングスの伝説』原題『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』デスティン・ダニエル・クレットン監督作品(映画『黒い司法 0%からの奇跡』や映画『ガラスの城の約束』)。脚本はデヴィッド・キャラハムと共作。マーベル・コミックのキャラクター「シャン・チー」をベースに映像化。2021年のアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作する、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目。シム・リウ、オークワフィナ(映画『フェアウェル』)、張夢児、ファラ・チャンらが出演する。

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ

ヒーロー(ニコラス・ケイジ)はプロの犯罪者として名をとどろかせていた。ある日、サイコ(ニック・カサベテス) と共に銀行強盗を行うが失敗する。女・子どもに銃口を向けてしまったのだ。裏社会を牛耳るガバナー(ビル・モーズリー) に失敗を責められたヒーローは、ガバナーから自分のもとを逃げ出した女バーニス(ソフィア・ブテラ) を連れ戻すよう命じられる。ヒーローは差し出されたボディスーツを着る。そのスーツには爆弾が仕掛けられていた。期限は5日。バーニスを救出しないと命ははい。ヒーローは彼女を探すうち、ゴーストランドという町にたどり着く。そこは、東洋と西洋の文化が混じり合う、暴力に満ちた町だった。

【犯罪映画】『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ・あらすじ「サイコパスヤクザ鈴木亮平が談合刑事松坂桃李と愛を交わす」感想「国家権力の闇を暴く」結末「続編決定!」

映画『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ・あらすじ「サイコパスヤクザ鈴木亮平が談合刑事松坂桃李と愛を交わす」感想「国家権力の闇を暴く」結末「続編決定!」
映画『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ・あらすじ「サイコパスヤクザ鈴木亮平が談合刑事松坂桃李と愛を交わす」感想「国家権力の闇を暴く」結末「続編決定!」 映画『孤狼の血 LEVEL2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『孤狼の血 LEVEL2』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『孤狼の血 LEVEL2』の作品情報・概要 『孤狼の血 LEVEL2』柚月裕子の小説『孤狼の血』シリーズを原作とした日本のヤクザ画。前作映画『孤狼の血』の続編。白石和彌監督作品。2021年8月20日に公開。主演は前作で助演の松坂桃李(映画『新聞記者』や映画『あの頃。』や映画『いのちの停車場』)。鈴木亮平(映画『海街diary』)、村上虹郎(映画『楽園』や映画『ある船頭の話』)、西野七瀬(】映画『一度死んでみた』)、音尾琢真(映画『凪待ち』や映画『カツベン!』)、早乙女太一、渋川清彦(映画『ばるぼら』や映画『37セカンズ』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、毎熊克哉(映画『万引き家族』)、筧美和子、青柳翔、斎藤工(映画『糸』)、中村梅雀、滝藤賢一(映画『さんかく窓の外側は夜』)らが出演。柚月裕子の原作ではなく完全なオリジナルストーリー。

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の感想・内容

「園子温監督の最高傑作映画」となります。本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は間違いなく邦画史に残る名作となるでしょう。今はそれほど評価されないです。それは時代が「園子温監督に追いついていない」からです。各映画サイトのレビューは軒並み「酷評コメント」が続出していますが、わたし的に「そうか、園子温監督は既成概念をぶち壊したかったのか!」と賛否の拍手を送っています。すごい心意気だと思うのです。よくぞここまで「トチ狂った映画」を作ってくれたと感動しています。

まずは圧倒的な世界観に敬意の念を抱きます。「ここはどこ?」「時代設定は?」などの雑念が頭に浮遊しますが、そんなことはどうでも良くなるのです。確かに『マッドマックス』『キル・ビル』っぽいと思われる方も多いと思いますが、全然違います。とにかく「はちゃめちゃ」な設定が最高ではないですか!こういう狂った映画って昔はたくさんあったのです。でも、近年はとても「お利口さん映画」が多いのは、やはりフィルムメーカーの「コンプライアンスを気にしている」としか言いようがありません。特に邦画はやたらと格差社会“LGBTQ”を意識した映画製作が花盛りと言えます。アメリカ映画ではこのブームは一段落しています。

ですから園子温監督の本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のぶっ飛ばし方にわたしは「めっちゃスッキリした」のです。映画のオープニングからエンディングまで、園子温監督の好きなように作っているのです。やりたいことの80パーセントくらいは達成しているのではないでしょうか。展開される物語のメッセージとか、登場人物への心情移入など関係ないです。そんなこと考える必要はありません。もう、最初から最後まで「園子温監督のわがままを観るしかない」のです。本当に素晴らしいと思います。

ハリウッド資本ですから、それなりの製作費がかかっていると思います。羨望の目を向けている日本人の映画監督も多いのではないでしょうか。「やりたい放題」ですもん。わたしとしては、園子温監督が海外へ拠点を移して、素晴らしい映画作品を作ってくれることを期待します。

【犯罪映画】『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」

映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」
映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」映画『モンタナの目撃者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『モンタナの目撃者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『モンタナの目撃者』の作品情報・概要『モンタナの目撃者』原題『Those Who Wish Me Dead』2021年アメリカ映画。サバイバルスリラーのジャンルに入る。テイラー・シェリダン監督作品。アンジェリーナ・ジョリー主演。ニコラス・ホルト(映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』や映画『女王陛下のお気に入り』)、フィン・リトル、エイダン・ギレン(映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、メディナ・センゴア、タイラー・ペリー(映画『バイス』)、ジェイク・ウェバー 、ジョン・バーンサル(映画『フォードvsフェラーリ』)らが出演。原作はマイケル・コリータの小説『Those Who Wish Me Dead』。原題を邦訳すると「私の死を願う者たち」となる。

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の考察・評価

さて、肝心の映画の内容について書きます。本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』はアメリカの西部劇、日本の時代劇、さらには人類滅亡間近の近未来などのイメージが浮かびます。はっきり申しますと「全部当たっている」のです。どの時代でも構いません。西部劇の荒くれガンマンと武士道を貫くサムライが、スクリーンを縦横無尽に駆け巡ります。特に目につくのは、ヤスジロウ演じるTAKさんでしょう。この人の存在感は半端ないですね。 映画『キングダム』でも話題になりましたが、「近寄りがたい雰囲気」を醸し出しています。近づいたら「殺される」ような危ない人間なのです。

このTAKさんが映画全体をピシッと締めてくれたのは間違いないと思います。主演のヒーロー演じるニコラス・ケイジですが、近年はあまりヒット作がありません。奇行蛮行ばかりが話題になっています。でも、俳優ですからそれで良いのです(しかしSNSの普及でちょっとヤバいかも)元々、酒好きなので、酒がフリーで飲みまくれるラスベガスに引越したり、「ノリで結婚と離婚を繰り返したり」で、大いに笑わせてくれています。しかも本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』に出演している芝田璃子さんと5度目の結婚をしています。若いアジア人女性がお好きなようです。

【犯罪映画】『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」

話を戻しますが、実際ニコラス・ケイジに関しては辛口コメンントしか言えないのです。何だか「ダラっとしてる」印象なのです。アクションのキレもそんなにありません。ガン捌きはまだしも、日本刀を振り回す殺陣は目も当たられないほどの演技です。ですからTAKさんの存在がとても重要になってくるのです。主演ニコラス・ケイジにしっかりと光を当てる演技をしていたと思います。

それとわたし的にとても素晴らしいと思ったのはママチャリです。ヒーロー(ニコラス・ケイジ) がママチャリを乗って暴走するのです。これは最高です。車でもないし、馬でもないのです。わが国が世界に誇るママチャリなのです。この発想をした園子温監督に「あっぱれ」です。背の高いニコラス・ケイジが必死に漕ぐ姿になんだか涙が出てきました。「哀愁感たっぷり」でした。

それと原爆を想起させる場面の用い方も上手いのではないでしょうか。ひとつ間違えると、抗議が殺到しそうな演出です。戦後生まれのわたし的にオッケーだと思いました。アニメーションとして原爆グモ、つまりキノコ雲を何度も登場させています。わたしたちは世界で唯一の被爆国で生まれ育っています。戦争、そして核兵器に対してはとても敏感です。原爆投下の映像を見ると「悲しくて辛い気落ち」になります。でも、海外の人、特にアメリカ人の心情は日本人のそれと違います。放浪時代、アメリカ人と食事をしている時に、サラダのマッシュルームをフォークで持ち上げて、「原爆」と笑いながら言った時はショックでした。

【犯罪映画】『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」
映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オールド』の作品情報・概要『オールド』原題『Old』2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の結末

わたしたちは原爆について、好意的な意見を言う人を排除しがちです。もちろん、「核兵器は許されない」のは重々承知しています。でも、被爆国でない外国の人たちは割りと安易に考えている人が多いことも忘れてはいけません。わたし的な見解ですが、園子温監督は敢えて、「日本人と外国人の原爆に対する温度差」を描くために紙芝居アニメーションにしたのではないでしょうか。わたしの心には新たに「核廃絶」への気持ちが強くなりました。それと女・子どもに対して暴言や暴力的なことをすると「爆破」する危険があるという点は素晴らしいと思いました。「DV反対」や「男女平等」の世界を描いていると思います。

さて、本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の結末ですが、「一体、何だったのか」で終わります。観終わった後、わたしの目の前には荒果てた砂塵の世界、あるいは人類滅亡を迎えた『猿の惑星』、破壊と創生を目指す『マッドマックス』などのエンディングが浮かんできました。圧倒的な世界観を満喫したのと、とてつもない脱力感と虚無感が包まれて家路に着いた一本となりました。

【犯罪映画】『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の作品情報・概要南勝久が『週刊ヤングマガジン』で連載漫画を岡田准一主演(映画『コクリコ坂から』)で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作。江口カン監督作品。裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブルだが、ボスからの命令で「1年間誰も殺さず普通に暮らせ」と命じられ、佐藤アキラという偽名を使い、相棒の佐藤ヨウコ(木村文乃(映画『小さいおうち』)) と兄妹を装って一般人として暮らすことになる。しかし数年前に行った殺人事件に紐づく女性と出会って、再び裏社会へ足を踏み入れる。堤真一(映画『望み』や映画『一度死んでみた』)の怪演は必見!

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のキャストについて

ヒーロー(ニコラス・ケイジ)
バーニス(ソフィア・ブテラ)
ガバナー(ビル・モーズリー)
サイコ(ニック・カサベテス)
ヤスジロウ(TAK∴)
スージー(中屋柚香)
ラットマン(YOUNG DAIS)
ステラ(古藤ロレナ)
ナンシー(縄田カノン)
キュリ(栗原類)
ナベ(渡辺哲)
ガムボールボーイ(潤浩)

スポンサーリンク

まとめ 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』一言で言うと!

「やりたいことをやって生きよう!」

本映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』を鑑賞して思ったことです。これほどまでに、映画製作を自由にやっていることに驚愕しました。わたしも自分のやりたいことをやろうと決意しました。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『永遠に僕のもの』実話はロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ペドロ・アルモドバル製作
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】

映画『透明人間』

エリザベス・モス最高演技!「ストーキングの恐怖」と「女性の自由」を描く

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ミッドサマー』

フェスティバル・スリラーを開拓したアリ・アスター監督作品

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

青春ホラー映画の金字塔

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・感想と結末までのあらすじ。ラストの“口撃”が最強兵器だった。
『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』2017年に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で登場人物の子ども時代を描く。本作『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はその27年後を描いている。映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトにて作品情報・キャスト・ネタバレ・あらすじ・結末について書いています。

映画『ナイチンゲール』

気分が悪くなるほど悲惨は映画です

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

ゾディアック事件をモチーフに、、、

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『テッド・バンディ』

このテッド・バンディがいたからサイコパス映画が生まれてのかも、、

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ドイツにもサイコパスはいます

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『シャイニング』

やはりキューブリック描くと100倍の怖さです

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『ドクター・スリープ』

キューブリックに捧げる映画誕生!

映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ドクター・スリープ』公式サイト・作品・キャスト紹介ならびに上映館情報、ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。『ドクター・スリープ』原題『Doctor Sleep』(2013年発表)は、スティーヴン・キング原作のホラー小説「シャイニング」の40年後を描いた続編。監督はマイク・フラナガン。出演はユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンと新鋭カイリー・カラン 。キングは続編を書かないことで有名だがスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』への批判を込めて書いたと言われている。

映画『ジョーカー』

こんなに真面目で努力しているのに、、、

404 NOT FOUND | 運だぜ!アート
映画・サウンド・デザイン・写真などのアート全般を独自目線で甘口評価

 

スポンサーリンク

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報

映画.comより一部引用

スタッフ・キャスト
監督
園子温
製作
マイケル・メンデルソーン レザ・シクソ・サファイ ローラ・リスター コウ・モリ ネイト・ボロティン
製作総指揮
ナタリー・ペロッタ ニック・スパイサー アラム・ターツァキアン 定井勇二 横濱豊行
脚本
アーロン・ヘンドリー レザ・シクソ・サファイ
撮影
谷川創平
美術
磯見俊裕
衣装
松本智恵子
編集
テイラー・レビ
音楽
ジョセフ・トラパニーズ
視覚効果監修
ジョージ・A・ルーカス
ヒーロー(ニコラス・ケイジ)
バーニス(ソフィア・ブテラ)
ガバナー(ビル・モーズリー)
サイコ(ニック・カサベテス)
ヤスジロウ(TAK∴)
スージー(中屋柚香)
ラットマン(YOUNG DAIS)
ステラ(古藤ロレナ)
ナンシー(縄田カノン)
キュリ(栗原類)
ナベ(渡辺哲)
ガムボールボーイ(潤浩)
2021年製作/105分/PG12/アメリカ
原題:Prisoners of the Ghostland
配給:ビターズ・エンド

タイトルとURLをコピーしました